ロケ地:横浜中華街

chuka01

ゲストは東京03飯塚悟志さん、YOUさん、小島瑠璃子さん。

chuka1

今回は中華食材の最新事情をレポートします。

chuka2

中華食材№001 くらげ

chuka3
 
 もちろん中国の人もくらげは大好き。

chuka4

くらげの炒め物は歯ごたえがコリコリしておいしいそうです。 

chuka5
 
ところが、中国では乱獲が進み高級なくらげが不足しているそうです。
そこに救世主として登場したのが、日本のビゼンクラゲ。

chuka7

ここからの解説はくらげ普及協会会長の福田さんにお願いします。

chuka8

重慶飯店別館の「くらげの冷菜(1700円・2人前)」を食べながらお話を聞きます。

chuka9

中国でとれる高級なくらげは大連クラゲ。
もともと中国では安価な沙クラゲを食べていましたが、経済成長とともに高級な大連クラゲを食べるようなったそうです。

chuka10

大連クラゲは乱獲で数が減少しました。

chuka11

そこに日本の有明海に救世主が出現。

chuka12

ここで獲れるビゼンクラゲ(=大連クラゲ)が中国に輸出されるようになりました。

chuka13

しかし、ビゼンクラゲでも供給をまかないきれなくなってきました。
そこで注目されているのが、アメリカ・メキシコで獲れるキャノンボール。
福田さんによると、小さくても食感はバツグンだそうです。

chuka15

ここで、日本と中国のくらげの食べ方の違い。
日本人はカサが好きで、中国人は足が好き。

chuka16

中国人が好きなくらげの足の炒め物を試食。
重慶飯店別館特製「くらげの足と季節野菜の梅風味炒め」。

chuka17

黄色いのはトキイロヒラタケというキノコです。

chuka18

くらげの足はコリコリ食感で好評でした。

chuka19

 中華食材№002 ザーサイ


chuka20

ザーサイ指数?

chuka21

解説は東洋証券主席エコノミストの杉野さん。

chuka22
 
中国経済を支えてきたのは出稼ぎ労働者。
一説には中国国内の出稼ぎ労働者は2億5千万人以上。
彼らは景気に敏感で、景気の良い都市に移動する傾向があるそうです。 
出稼ぎ労働者の動向を知るには、ザーサイの売り上げをチェックするのが一番。
これがザーサイ指数です。
ザーサイ指数が上がっていれば、その都市の景気が上向いている証拠。

chuka23
 
菜香新館特製「豚ひき肉とザーサイの蒸しもの」。

chuka24
 
豚ひき肉とザーサイを蒸籠で蒸した一品。
豚とザーサイがよく合うそうです。

chuka25

続きを読む