Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:下着





キャバ嬢さん(25)からのお悩みメール。

uw1

お客さんから下着をプレゼントされた。
複雑な気持ちになった。
一度も使っていないが、捨てるに捨てられず悩んでいる。

uw2

色気を売っているのだから、それくらいで悩むな。太い客だと思え(マツコ)
”今日あの下着つけてますけどいらっしゃいませんか”ぐらいの営業メールを送れ(有吉)

uw5

客やファンから下着をプレゼントされたら、身につけなくてもよいが、キモいエピソードとして語るな(マツコ)
礼儀ですね。

uw6

有吉くんはファンから下着が送られてくることがある。
全然平気(有吉)

uw7

もらって困るのは「手作りの食べ物」。
もらう方は相手を知らないから…。

uw8

マツコの事務所ではまずマネージャーに毒見させるw

uw9

久保田「下着はもらったことないです」
有吉「そこまで人気はないか…」w

uw10

マツコ「人気はややあったんだけど、性の対象ではないわけね」
久保田「みんな、ないんじゃないですか」
有吉「そんなことねぇよ」w

uw11

有吉「マツコさんにセクシーなパンティをプレゼントする人、そうとういかれてるよ」
マツコ「かなりのマニアよ。いろいろなもん(ホモ、女装、デブ、フケ)乗っかってるからね。いまだかつてこれで興奮した人いないけどね」w

uw12

時々古畑になる久保田アナw

uw13

もし、有吉くんから下着をプレゼントされたら?
久保田「キツイです」

uw14

マツコ「誰だったらいい?土井先生は?」
久保田「土井…セン…セーッ!」
有吉「うっすら味付いてそう」w

uw16

久保田「付き合っている人でもムリです」

uw17

マツコ「めちゃくちゃ高級な下着だったらどう?」
久保田「いいですね、使いますね。自分じゃ買えないと思って」
マツコ「こんなもんよ、こんなもんですよ」

uw18

下着は最後の砦。
それをもらったら、全部浸食された気分になる(久保田)

uw19

女性から男性へのプレゼントはOKで、なぜ女性が下着をもらうのはNGなのか?

男性からの下着のプレゼントは何か意味があるのかと思ってしまう。
男性への下着のプレゼントは洋服と違い、好みをそれほど考えなくても履いてもらえそう(久保田)

uw20

マツコ「土井先生は?」
久保田「土井先生、どうしたんですか!?と思ってしまう」
有吉「昆布で染めてますー」w

uw21

彼氏から下着をもらったらイヤ 7割強。

uw22

もっといいものよこせ、ということならわかる。
キモイとかはやめろ(マツコ)

uw23

男は何をもらっても文句は言わない。
たぶん男性のパンツは女性のパンツほど思い入れ(性的な意味)がないからでしょうね。

uw24

マツコ「土井先生からコブ…」
有吉「やめろ!それ。コブ染めの下着」w
一番の被害者は土井先生w

uw25

続きを読む

会社員(25)女性からの投稿、「男性が女性の下着のことをパンツと言わずにパンティーというのは何故か?女性はパンティーと呼ぶ人は今まで一人もいなかったが、男性はかなりの確率でパンティーと言う。あれはわざとなのか?」、といった内容でした。

panty1

この投稿に対し、まずパンティーとは何語かという話になりました。
正解は英語。
ただし正しくは、pantiesと複数形になります。
これは布を前と後ろで2枚縫い合わせるからだそうです。
pants,trunks,briefs,shortsも同様。
英語の複数形は日本人にはピンとこないですね。

それにしてもこの投稿でハッとしたのは、女性は女性の下着をパンティーとはあまり言わないこと。
アンケートでは4割の男性はパンティーと呼んでいます。
これに対して女性は半数近く(45.2%)がパンツ派でした(パンティー派も1割強います)。

panty3


女性のパンティー派は1割強(11.1%)いますが、世代別にみると面白い発見があります。
20代以下の女性では、パンティー派は絶滅しています。

panty4

そして、30代女性ではパンティー派は健在です。

panty5

さらに70代女性になるとショーツ派が半数を占めます。
そして古参のズロース派がパンツ派、パンティー派と互角の闘いをしています。

panty6

スタジオの出演者やスタッフの意見を総合すると、パンティーにはお色気があり、パンツにはそれがないということにつきるようです。

個人的にはパンティーは小さめで科学繊維かシルク、パンツは大きめで木綿というイメージ。

実際には男性もパンティーとパンツはTPOに応じて使い分けているような気がします。
何かの拍子で女性の下着が見えてしまっている状況では「パンツ見えてるよ」とサラッと注意する。
いたずら電話をするときは、「今どんなパンティー履いてるの?」とかw

有吉くんが喰いついたのはショーツという言葉。
shortsは短いズボンや男性下着の意味。
日本では女性用下着を指すこともあるそうです。

実は女性ではどの世代でも上位に入っている実力派です。

有吉くんたちはショーツにエロスの匂いを感じ取っていましたが、確かに男性には耳慣れない謎めいた言葉です。
下のイラストにもあるように、洋物の匂いもします。

panty2

私がショーツで思い出したのは、タモリ倶楽部のオープニング曲です。
フ~ウェアショートショーツ、ブブブブブブッ♪
ウイウェアショートショーツ、ブブブブブブッ♪
と言うアレです。

男たち「誰がショートショーツを履くの?」
女たち「私たちがショートショーツを履くの」
という他愛もない歌詞です。
この曲は1958年の曲で、当時(1950年代)のショートショーツとはこんなものと思われます。

panty7

男性が女性の下着をパンツではなくパンティーと呼ぶのは、そこには特別な思い~夢と憧れ~があるからではないでしょうか。
そう考えれば、体育館いっぱいに並べるほどのパンティーを集める男たちが後を絶たない理由もわかるような気がしますw





 

このページのトップヘ