Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:万華鏡

 つちのこ資料館

岐阜県東白川村は日本で一番つちのこの目撃談が多く、毎年5月には懸賞金126万円の捕獲イベントが開催されます。 
そして、ここには日本で唯一のつちのこ資料館があります。

何があるのかと言えば…

tuchi1

つちのこの模型や、つちのこに似ている木w

tuchi2

 この資料館で最も貴重な資料は、昭和63年に今井時郎さんがつちのこを目撃した時のあらまし。

tuchi3
 
つちのこを15分間観察した時の再現レポートです。

これによると、今井さんがつちのこに石をブッケてみると、つちのこは赤い口を開けて今井さんを威嚇したそうです。
そして、その後、今井さんは”暗うなるし、放って帰った”そうです。

暗くなるので帰った、というところがリアルですw
ちなみに、兵庫県千種町ではつちのこ生け捕りに3億円の懸賞金を出すそうです(いないと思ってるなw)。

 小坂城
 
大阪には大阪城以外にもう一つお城があります。
それが東大阪市にある小坂城。
 
kosaka1
 
イソノ理容という理容室の屋上に建てられた小さな城。
店主にして城主の磯野健一さんが、廃材を使ってコツコツと20年の月日を費やして作り上げたそうです。
その総工費はなんと5万円。

kosaka2

「金は出さずに、頭を使っていろいろ作る」のが磯野さんのテーマ。
大阪商人らしいポリシーです。

kosaka3

黄金の茶室は金色の色紙を使用。
製作費1000円。

kosaka4

ただ、金の茶碗だけは、お湯を入れると色紙がはがれてしまったので、金箔を貼り10万円したそうです。
金の茶碗>お城の総工費w

小坂城は一般の人でも無料で見学できるそうです。

 伊豆高原で入館料が一番安く、2番目に楽しい場所(自称)

それが、アトリエ・ロッキー万華鏡館

目玉は中に入れるタイプの巨大万華鏡”SPACE WALK”。
長さ13メートル、高さ3.5メートル。

mange1

中に入って写真を撮るとこんな感じになります。

mange2

 でも一番人気は、顔が模様になる万華鏡。

mange3

続きを読む

万華鏡が誕生して来年で200年(スコットランドの科学者ディビッド・ブルースターが1816年に実験の過程で再発見、1819年に日本に輸入される)。
元々は子供の玩具として作られていましたが、近年では芸術的な価値も高く、日本人万華鏡作家は世界でも高い評価を受けているそうです。

mange1

① 山見浩司 

mange4

山見さんは25歳でサンタモニカ大学デザイン科に留学。
そこで芸術作品としての万華鏡に魅了されました。

mange5
 
上半身裸でローラースケート。
いかにも80年代のカリフォルニアです。 

山見さんは帰国後独学で万華鏡を勉強し、1996年に日本人として初めて世界大会に作品を出品。
2001年には最優秀賞を受賞しました。

山見さんの作品はステンドグラスを巧みに取り入れているのが特徴。

mange6

mange6

そして、山見さんが最も大事にしているテーマは宇宙。
小さな万華鏡の世界の中に、無限の宇宙を表現することを目指しているそうです。 

20年で2000点以上製作してきた山見さんの作品の中でも、最高傑作と 自負する作品はこちら。

mange7

中を覗くと、宇宙の世界が広がります。

mange9 

2枚の円盤を回すことによって、色や形が微妙に変化します。
同じ模様が現れる確率は、計算上では4600億年後だそうです。

mange10
 
 お値段を聞くと、
山見「これは…えぇ~だい…大体100万」
ビジネスはあまりお得意ではないようですw 

 mange11

② 細野朝士(ともお)

この作家さんを一言で言えば、”業界№1のヒットメーカー”。

mange14

なので、自宅は万華鏡御殿。

mange13

早速万華鏡を見せてもらいます。
一見スナイパーの武器のよう。

mange15

細野さんの万華鏡(テレイドスコープ)は風景を取りこむタイプ。

mange16

先端についている水晶が風景を模様に変えてしまいます。

mange17

一般的なテレイドスコープと比較すると、同じ木を見てもこの違い。

mange18
 
咲いている花を見ると、こんな感じ。
光の当たり具合で、色彩はどんどん変化します。

mange19
 
番組ADを見てみると、

mange20

顔が模様になっています。

mange21
 続きを読む

このページのトップヘ