Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:レプチン









筋肉にはどんな能力が秘められているのか…。

m1

こちらは橋本マナミさんの筋肉。
人間の体には全部で400種類の筋肉があります。

m2
m3
m4

今回特別に開発した顕微鏡にハイビジョンの16倍高精細な8Kカメラを取り付け、生きた体の筋肉を撮影しました。

m5

筋状のものが筋肉の細胞。
長いものでは10cm以上あります。

m6

トレーニングをするとこの細胞が成長し太くなっていくのです。

m7

最新の研究によって、筋肉もまた様々なメッセージ物質を出していることがわかってきました。

m8

筋肉のメッセージ物質の発見のきっかけになったのがこちらの牛。
筋肉の成長をコントロールするある物質が働いていないため、普通の牛の2倍の筋肉がついています。 

m9

その物質はミオスタチン。
筋肉から初めて発見されたメッセージ物質です。

m10

ミオスタチンのメッセージ:「成長するな」

m11

筋肉がありすぎると排水溝から水が抜けていくようにエネルギーをどんどん浪費してしまう。
だから、筋肉はメッセージ物質を使ってエネルギーの浪費を抑えている。

m12

ミオスタチンの発見をきっかけに、筋肉が出すメッセージ物質に関する報告が急増。
研究論文は去年だけで100本以上あります。

m13

「がんの増殖を抑える」、「うつ症状を改善する効果がある」などの意外な研究報告が相次いでいます。

m14

中でも驚くのがアメリカの国立老化研究所などのチームが発表した「筋肉の働きで記憶力が高まる可能性がある」という研究報告。
そのメッセージ物質の名はカテプシンB。

m15

4か月間カテプシンBの量を測定し、記憶力とどう関係するかを調べました。
運動などでカテプシンBの量が増えた人ほど記憶力テストの成績が向上したそうです。

m16

研究チームはカテプシンBが記憶をつかさどる海馬の神経細胞を増やす働きがあると考えています。

m17

筋肉は単に体を動かす道具ではなく、今思いもよらないスーパーパワーが浮かび上がってきています。

m18

体の7割を占める脂肪と筋肉は、どちらも様々なメッセージを体に送って私たちの健康を維持してくれる大切な”臓器”だったのです。

m20

ここから先はさらに驚く話。
現代社会を生きる私たちの体の脂肪と筋肉が発するメッセージ物質に異常が起きている!?

m21

世界に6億人以上いると言われる肥満。
それが人類にかつてないほどの危機的事態をもたらしているのです。

m23

長い生物の進化の中で肥満を経験したのは人間が初めてではないか。

m24

人間が好きな時に好きなだけ食べられるようになったのは、歴史的にはごく最近のこと。

m25

いつもラーメン大盛を食べてしまう宮川大輔さん。
レプチンが出てるはずなのに、なぜ食べてしまう?
この疑問は研究者も追い求めている疑問。

m26

脂肪細胞は食べすぎて余った糖分や脂を貯えてどんどん大きくなっていきます。

m27

この時血液中のレプチンの量もどんどん増えていきます。

m28

食欲を抑えるメッセージ物質はたっぷり出ているはずなのに、なぜ食べすぎてしまうのでしょう?

m29

続きを読む









女優の橋本マナミさんの体のデータをMRIでとる。

m2

橋本マナミさんの筋肉と脂肪。

m1

橋本マナミさんの脂肪をしげしげと見る松岡茉優さんw

m3

橋本マナミさんの体重56kg
筋肉21kg、脂肪18kg

m4

脂肪と筋肉を合わせると体の約70%を占める。
人体最大の臓器。

m5

脂肪が脳に指令を出している?

m6

アメリカ・コネチカット州に住むジュリアン・フェルトン君。
1歳半の男の子。

m7

ジュリアン君は生まれつき脂肪がまったくありません。
脂肪萎縮症という難病です。

m8

食事になるとその症状が現れます。

m9

お母さんの分まで欲しがる異常な食欲。

m10

この異常な食欲は、体に脂肪がないことに原因があります。

m11

脂肪は単なる体にこびりついた脂ではありません。

m12

脂肪細胞という細胞なのです。

m13

細胞には核(赤い部分)があり、油滴(アブラをためる袋)には食事でとった糖分や脂がエネルギー源として蓄えられています。

m14

3D電子顕微鏡で見た脂肪。
脂肪は無数の脂肪細胞の塊。

m15

ジュリアン君には脂肪がないため、食事でとった糖や脂は蓄えられることなく常に血液中を漂っています。

m16

欲しがるままに食べると、血糖値は基準値の約1.5倍、中性脂肪は20倍以上にもなります。

m18

これまで脂肪萎縮症の人は食欲を抑える手立てがなく、重い糖尿病や心臓病にかかり30年ほどの命と言われていました。

m19

脂肪がないとなぜとどめない食欲になるのか?
その原因を突き止めたのが、ジェフリー・フリードマン博士。

m20

博士は脂肪細胞が食欲を抑える物質を出していることをつきとめました。

m21

その物質の名はレプチン。
100万分の1㎜の小さな物質です。

m22

食べ物の写真を見ると、食欲をつかさどる脳の部位が活発になります。

m23

正常な人では食事をするとその活動が収まりますが、脂肪萎縮症の人は食後も食欲の中枢の活動が収まりません。

m24

ところが、レプチンを投与すると活動が静まりました。

m25

脂肪が出す物質は食欲のコントロールを担うとても重要なもの。

m26

続きを読む

このページのトップヘ