Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:モンベル









南極観測隊の防寒具はどれくらい暖かいのか?

a1

体験するのはアキラ100%さん。

a3

国立極地研究所に連絡して、南極観測隊員の個人装備リストをもらう。

a4

個人装備は市販のメーカー品。
14点を用意する。

a5

-20℃の冷凍庫で防寒具を体験します。

a6

防寒具を着る前に仮想南極(-20℃)を体感してもらいます。

a7

-20℃の冷気がアキラ100%を襲うw

a8

直接床に触れる足の裏が厳しい。

a9

大事な商売道具をw

a10

全裸では1分も耐えられない。

a12

外に出てホッと一息w

a11

着替えは-20℃の冷凍庫の中でする。
「ここを暖めたい」という順に1着ずつ着ていく。

a13

まずアキラ100%が選んだのは靴下。

a14

起毛の毛足が長く暖かい。

a15

毛足が長いので床の冷気を防いでくれるそうです。

a16

次に所望したのは意外にも顔を覆うもの。

a18

フリース素材の目出し帽。

a17

-20℃の空気を直接肺に入れるのは辛い。

a19

次は手袋。

a20

保温性に優れた羊毛の手袋。

a21

変態仮面冬バージョンw

a22

テレビに顔を映したいので目出し帽を外す芸人根性。

a23

次は上半身のインナー。
パタゴニアの製品。

a24

内側の凸凹に体温の熱が溜まるようになっている。

a25

長袖シャツ(patagonia R1 Hoody 21600円)を着たがギリアウトw

a26

裏地の毛足が長い防寒キャップとネックゲーター(monnt-bell ストレッチCP200ネックゲーター1944円)。

a27

ノースフェイスのフリースジャケット。

a28

アウターラストはモンベルのダウンパーカー。

a29

一般のダウンよりも保温性が良い。

a30

ここから下半身。

a31

内側はパタゴニア、外側はモンベルで固める。

a32

靴は-100℃まで耐えられるバフィン社の防寒靴。

a33

続きを読む

「水鉄砲の世界」の案内人は、マルカ株式会社水鉄砲担当の青木文吾さん。
マルカ株式会社は国内の水鉄砲の50%のシェアを誇り、年間約100万個を販売しているそうです。 

wg1

スタジオに用意された色とりどりの水鉄砲。
昔に比べるとデザインも豊富です。

wg2

容量で選ぶなら

案内人の青木さんが作ったマルカ社の「アクアボンバーサンダーボルト」。

wg3

業界最大の容量を誇る「メガトンソルジャー」。
池田工業 参考価格 3500円

wg4

銃全体に水が入り、容量2.5リットル。

wg5

お約束w

wg8

機能で選ぶなら

「スカイロケット」
マルカ 1080円(税込)

wg7

圧縮した空気の力で水を発射するタイプです。

wg9

ヒットマン、マツコw

wg10

プロデューサー狙い撃ちw

wg6

「 ボトルチェンジウォーターガン」
千森産業 842円(税込)

wg12

ペットボトルの水を補充できます。

wg13

マツコさんはシャンプーのボトルをつけて遊びたいw

wg14

 同じく水を補充できるアメリカ製の水鉄砲。
「スーパーソーカーサンダーストームブラスター」
ハズブロ社 14.99ドル(約1600円)

wg15

電動式なので水が滑らかに出続けます。

wg16

容量3リットルのライフジャケットにつながったカートリッジをつければ、水がかなり長持ちします。

wg17

上司の褒め方をダメ出しされる部下の田村くんw

wg18

続きを読む

このページのトップヘ