Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:マツコの知らない世界

4本目は、ピノ・ノワール2009(赤)。

a1

ドミーヌミエ・イケノのオーナー池野美映さん。

a3

ピノ・ノワール2009。
ピノ・ノワールは味の特性を出すのが最も難しいとされるブドウの品種。

a2

池野さんはブドウ作りから醸造までほぼ一人でこなしている。

a4

ダシとワインを割ってあるような味。

a5

亜樹直さんはこのワインに出会ったから、日本ワイン編が描けた。

a6

よくしゃべる姉弟w

a7

夫婦漫才のような亜樹直さんw

a8

池野さんの葡萄畑は小淵沢のあたりにある。

a9

マツコは小淵沢あたりに家を建てたい。

a10

大物になって一週間仕事をしたら、一週間八ヶ岳で暮らしたい。
大橋巨泉方式ですなw

a11

伊勢志摩サミットで供された2本のワイン。

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤードオムニス2012

a13

登美ノーブルドール1990

a12

登美ノーブルドールは貴腐ワイン。

a14

貴腐ワインの味に驚くマツコ。

a15

メープルシロップのような味。

a16

弟「1990年なので…」
姉「20年弱ですね」

a17

弟「違うよ!」

a21

弟「あんた、酔っ払いぶりがひどい」

a18

お姉さん計算間違えましたw

a19

弟も声のボリュームがもう酔っ払いw

a20

シメの7本目は、シャトーブリヤン1962(赤)。

a22

続きを読む

ワインの世界の案内人は、”1年でワインを800種類以上飲んでいる”亜樹直(あぎただし)さん。
ご覧の通り、二人で亜樹直さんだそうです。

a1

実は二人は姉弟で、漫画の原作者。

a2

亜樹直が富裕層の漫画原作者であることを見抜く。

a3

「神の雫」の原作者かぁ。
満喫で読んだことある。

a4

ワイン漫画「神の雫」は世界で1000万部以上売り上げている。

a5

他にも手掛けた漫画原作は多数。
累計発行部数は1億部以上。
そらもう大先生だ、富裕層だw

a6

料理本のコンペティションでもグランプリを獲得。
マルチな活躍ですね。

a7

よくしゃべる姉弟ですw

a9

今、日本のワインが世界で注目されているそうです。
今回は極上の日本産ワイン7本をご紹介。

a10

 ワインと共に生きる漫画原作者の生活に密着

弟さんの自宅兼仕事場を訪ねる。

a11

これから地下室のリビングでお姉さんとワインの試飲をするそうです。

a12

高級クラブみたいなリビング。

a13

水槽?

a14

言うまでもなく豪邸です。

a15

当然のようにワインの保管部屋。
ワイン専門店だわw

a16

漫画に登場させるワインを試飲して決める。

a17

今回のテーマは、北京ダック×ワイン。

a18

「神の雫」はその道のプロも読む漫画なので、妥協はできない。

a19

仕事中。

a20

ですねーw

a21

良いイメージが湧いてきたようです。

a22

ストーリーの目処がついた後はワインパーティ。

a23

飲まされるスタッフw

a24

昔の体育会系のノリw

a27

ボトル11本空ける。

a25

視聴者全員が感じたことw

a26

続きを読む

 別ジャンルのパスタと融合可能

a1

たらこパスタは何にでも合う。

a2

まずは、たらこ×ペペロンチーノ。

a3

見た目は普通のたらこパスタ。

a4

アンリーヴル「ガーリック明太子と大葉スパゲッティ」1100円(税抜)
オリーブオイルを使用し、たらこの代わりに明太子を使ってニンニクの味付けをしている。

a5

ニンニクとたらこの二刀流。

a6

すかさず下ネタをぶっこむw

a7

またパクっちゃったタラタラタラッコw

a8

次はたらこ×ジェノベーゼ。

a9

タラタラタラッコはアルファベット表記だとオシャレに見える。

a10

アルバイトのシフトが埋まらないと、大久保さん自ら厨房に立つ。

a11

アルバイトの加藤ちゃん。

a12

タラタラタラッコはシマダヤの冷凍めん2.2㎜を使っている。

a13

麺美味しい。

a14

イタリア人に食わしたい。

a15

だから、外国人は魚卵嫌いだからw

a16

タラタラタラッコなのに、たらこ無しメニューがある。

a17

ウチも商売なんで…w

a18

続きを読む

「たらこパスタの世界」の案内人は、”たらこパスタを食べ続けて40年!たらこパスタ専門店店長”大久保謙作さん(58)。

a1

この男、どこかで見たような気がする…。

a2

大久保さんのプロフィール。
18歳でたらこパスタに目覚める。
22歳は?

a3

たらこパスタを考案したのは「壁の穴」らしい。
1980年代は、これとカプリの全盛期だった。

a4

大久保さんのお店の名前を聞いてウケるマツコ。
代官山でこの店名は一周回ってオシャレw

a5

22歳 米米CLUB結成!?

a6

マツコの勘は鋭い。

a7

大久保さんは米米CLUBのリーダーだった。

a8

バンド名もあえて外した。

a9

コメコメとかタラタラとか、同じ音の繰り返しが好き?w

a10

 3大たらこパスタ バター・和風・クリーム

これでも健康に気を使っているマツコ。

a11

まずは食べましょう。

a12

タラコ、海苔、シソ。
パスタをバターであえた定番たらこパスタ。

a13

マツコ満足。

a14

大久保さんの主張「たらこパスタに外れ無し」。

a15

実はマツコが食べたのは、料理を作ったことがないADが作ったたらこパスタだった。

a16

痛いところを突くw

a17

ここから改めてプロが作ったたらこパスタをいただきます。

a19

たらことバターでパスタを作った人は、天才。

a20

大久保さんが18歳の時に衝撃を受けた自由が丘の「ピッティ」。
店主の田村実さん(73)。

a21

家で作るとバターケチっちゃうんだよなあ。

a22

ピッティのたらこパスタ 700円

a23

やっぱり美味しい。

a24

マツコの好きな食べ物ランキング第1位に決定。

a27

続きを読む

紅茶のイメージは黄色い箱。

a1

赤と黄色の紅茶(日東・リプトン)とコンソメ(味の素)。

a2

トワイニング ザ・ベストファイブの中から、プリンス・オブ・ウェールズをいただきます。

a03

スポード「ブルーイタリアン」
カップ&ソーサー:5400円(税込)

a4

イギリス人が東洋に憧れていた時代の和の影響がある焼き物。

a5

プリンス・オブ・ウェールズはスモーキーな香りと穏やかな味わいが特徴。
歌舞伎揚げ(ぽんち揚げ)に合います。

a6

ウーロン茶みたい。

a7

さっぱり味なので食事にも合う。

a8

 英国№1喫茶店のミルクティー&スコーン

吉田さんおすすめのティールーム。

a9

三越日本橋本店にございます。

a10

日本人の宮脇樹里さんがオーナーを務めるイギリス・コッツウォルズのジュリスティールームス。

a11

ジュリスティールームスは、2008年に「TOP TEA PLACE」を受賞。

a12

オーナーが作るケーキが絶品。

a13

今日は「ケーキの世界」?w

a14

ミルク・イン・ファースト:ミルクを先に入れた方が風味が落ちにくい

a15

ミルクティはおいしい。

a16

ジュリスティールームス
ミルクティ(アッサム) 1080円(税込)

a17

憧れの3段重ねw

a18

サンドイッチ→スコーン→ケーキの順に食べるのがルール。
下から順に食べて戻ってはいけない。

a19

あちこち食い散らかしたいマツコw

a20

ジュリスティールームス スコーン1個281円(税込)*テイクアウト価格

a21

クロテッドクリーム:生クリームよりも乳脂肪分が高く濃厚

a22

スコーンは美味いと皆言う。

a23

ここでミルクティを一口。

a24

サンドイッチに戻るマツコw

a25

続きを読む

このページのトップヘ