Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:マツコの知らない世界

「栗スイーツの世界」の案内人は、”10年間、栗のことしか考えていない男”竿代信也さん(47)。

a1

ちょうど栗まみれになりたかったマツコw

a2

竿代さんのプロフィール。

a3

38歳の時、運命的な栗との出会いがあった。

a4

40歳で和栗専門店をオープン。

a6

46歳で栗農園を作る。

a7

栗人生のスピード=借金のスピードw

a8

さらに今年日本唯一のモンブラン専門店をオープン。

a9

今世の中はできたてモンブラン時代?
モンブラン=寿司??

a10

栗は鮮度が命らしい。

a11

できたてモンブランにこだわった竿代さんのモンブラン専門店、モンブランスタイル
このお店「有吉くんの正直さんぽ」でも紹介してましたね。

a12

ちょっと面倒くさい匂いがしてきたw

a13

ということで、実際に竿代さんが「できたてモンブラン」を作る。

a14

① 香りの豊かなモンブランクリームで土手を作る

a15

② コクと旨味の濃い渋皮のクリームを真ん中に入れる

a01

③ 2つのクリームをつなぐ低温殺菌クリーム

a16

④ 食感を出すためのメレンゲ

a17

⑤ 仕上げはモンブランクリームを贅沢に重ねる

a02

⑥ 粉糖をお皿全体に振りかけ完成

a18

栗そのものの甘さを最大限に引き出すため、必要最低限の味付けしかしていない。

a19

栗を食べているみたい。

a20

生クリームは二つの栗クリームを中和させるために入れている。

a21

 2大農家が作る絶品焼き栗

栗和スイーツといえば、栗羊羹。
やまり菓子舗(山形県・白鷹町)栗蒸しようかん 1本2900円(税込)

a22

マツコ、「うまい」三連発。

a23
a24
a25

栗とようかんが一体化している。

a26

完成度の高さに脱帽。

a27

さて、この栗蒸しようかんの中に入っていた栗の産地はどこでしょう。

a28

ヒント① 栗の生産量日本一
ヒント② 都道府県の魅力度最下位

a29

正解 茨城県
実は最初から分かっていたが、わからないふりをしていたマツコw

a30

茨城は「いばらき」問題。

a31

そもそも地元の人がなまって「いばらぎ」と言っているのだからあんまり神経質にならなくても。
でも、正解は「いばらき」らしい。

a32

続きを読む

「おみやげ饅頭の世界」の案内人は、”饅頭の取材に人生の大半を捧げた男”中尾孝之さん(76)。

a1

マツコが大好きな花園万頭がごあいさつ代わり。

a2

マツコは花園万頭の会社は倒産したと思っていたが、立ち直っていた。

a3

食べたことはないけど、新宿にあるせいか何となく知ってる。

a4

中尾さんのプロフィール。
お年の割には若々しい。

a5

30代の中尾さん。
若かりし頃の西郷輝彦にちょっと似ている。

a6

饅頭とは、「餡を皮で包んで調理したお菓子」。

a7

マツコが致死量ぐらい食べているもみじ饅頭。

a8

饅頭を40年以上取材しても、種類が多すぎて全部を把握できていない。

a9

オーソドックスな温泉饅頭。

a10

変わり種系の「博多通りもん」。
饅頭の間口は広い。

a11

饅頭の原点は中国の饅頭(マントウ)。
中身は羊や豚の肉。

a12

マントウが伝わった南北朝時代、日本人は肉食が一般的ではなかったので、甘い餡を入れた。

a13

饅頭の元祖、志ほせ饅頭。
約660年前に創業した日本で最初の饅頭。

a39

半分齧って中を確認。

a15

虎屋の羊羹を一気に半分食べるマツコ。

a16

松本清張とマツコの共通点は、羊羹丸かじりw

a17

 驚きのご当地饅頭

岩手県盛岡市 ぶちょうほまんじゅう 大5個入650円(税込)

a18

ぶちょうほまんじゅうは一口で食べなければいけない。

a19

黒蜜がこぼれて不調法(ぶちょうほう)するから「ぶちょうほまんじゅう」。

a20

おちょぼ口の女に食べさせたいw

a21

長崎県 一〇香(いっこっこう)5個入540円(税込)

a22

パクっ。

a23

食べるとわかるがっかり感w

a24

なぜなら中が空洞だからw
焼き上げると餡が皮に浸みこんで空洞になるそうです。

a25

北海道出身の中尾さんがオススメする北海道土産。

a26

「わかさいも」を内藤大助がテレビで紹介していたことを思い出したマツコ。

a27

わかさいも 9個入り1069円(税込)

a28

きざみ昆布でサツマイモのスジを表現。

a29

内藤大助がわかさいもを紹介していた様子が走馬灯のように甦るw

a30

続きを読む

「ご当地民芸品の世界」の案内人は、”全国1500点の民芸品を愛する男”瀬川信太郎さん。

a1

コーディネート赤多めw

a4

瀬川さんが持ってきた最初の民芸品。

a2

モマ笛1555円(税込)
かつて福岡県津屋崎ではフクロウを「モマ」と呼んだ

a3

急になまりだした瀬川さんw

a5

九州の方言は受け入れられやすいから得。

a6

こけしは単体で意思の疎通がとれる?
意味がわからんw

a7

こけしを集めている女性は多い。
たんぽぽのアゴじゃない方の人しか思い浮かばないw

a8

贈り物に招き猫をあげるマツコ。

a9

この微妙なズレw

a10

赤べこは疫病を払った赤い牛が由来。
災難から逃れるともいわれている。

a15

俵や千両箱を背負っている縁起物の赤べこ。

a16

赤べこ好きのマツコ。

a11

福島には赤べこ公園があるらしい。

a12

将来は赤べこ型の家に住みたいマツコ。

a13

近隣住民から訴訟を起こされるw

a14

全国47都道府県のご当地民芸品大集合!

まずは北海道・東北ブロック。

a17

破壊力のある民芸品発見。

a18

秋田県の「イタヤ狐」 1080円(税込)。

a21

イタヤカエデの枝1本から作られる。

a19

組木細工のパズルとしても遊べる。

a20

物とテクノロジーで溢れかえる現代文明への沈黙の戒め。

a22

北海道といえば、これ。

a23

木彫りの「鮭喰いマツコ」を彫ってほしいマツコw

a24

独自の技法で作られた熊が今若者たちの間でフィーバーしている。

a25

続きを読む

「手持ち花火の世界」の案内人は”花火に人生を狂わされた男”立川伸明さん(22)。

a1

そういえば、昔ほど見なくなった手持ち花火。

a2

25年間で花火の生産額は約五分の一に。

a3

区立公園で花火禁止の区(赤)。

a4

花火を禁止にする前にやることあるだろw

a5

立川さんが言いたいこと。

a6

今はセット花火が主流だが、バラで買った方が面白い。

a7

バラ売りの変色花火をやってみる。

a77

色が変わりすぎてもうわからない。

a10

闇に浮かぶマツコの顔。

a9

バラ売りの変色花火は2分17秒も続いた。

a11

バラ売りの変色花火は20色。

a12

20変色すすき 1本300円

a13

セット花火はほとんど外国製。

a14

 花火に人生を狂わされた衝撃プロフィール

立川さんは山梨の花火専門店の2代目。

a15

教員になりたくて山梨大学に進学したが、父親が体を壊し店を切り盛りすることに。

a16

店を引き継ぐことになった18歳当時。

a17

実際に引き継いでみたら、とても片手間でできる仕事ではないことに気づく。

a18

教員の道はあきらめ、花火専門店に専念。

a19

手持ち花火は水平に持ちましょう。

a21

火花の先に仕掛けがある花火もあるので下に向けるのはNG。

a20

 進化系手持ち花火ベスト3

第3位 点滅すすき 1本70円

a22

点滅すすき点火。

a23

火花が点滅しながら飛び散る。

a24

室内なので煙でむせるw

a25

流れ出した火花の先からさらに激しい火花が飛び散る。

a26

第2位 回転手持ち 250円

a27

回転系のネズミ花火はいつ発火するか、どこに行くかがわからなくてスリルがあったなあ。

a28

手持ちでできる回転花火。

a29

回転花火点火。

a32

マツコ興奮。

a33

面白いけどあっという間に終わる。

a31

お代わり。

a30

あっという間に500円分終了w

a34

続きを読む

「アロハシャツの世界」の案内人は"アロハシャツにとり憑かれてハワイに移住した男”木内九洲生(くすお)さん(54)。

a1

今アロハシャツがブームらしい。

a2

荻窪生まれでハワイ在住、名前が九州生という複雑な生い立ちを持つ案内人w

a3

木内さんはハワイでアロハシャツ店を経営している。

a7

アロハシャツにとり憑かれたきっかけは映画「ビッグ・ウェンズデー」。

a4

伝説的なサーフィン青春映画。
あの当時、若者はあの世界に憧れたもんです。

a6

ウイリアム・カットが着ていたアロハシャツが欲しくしかたなかった木内さん。

a5

アロアシャツを捜しに新宿のタカキューに行った木内さんw
今はあまり見ないけど、1980年代タカキューは男子のオシャレの殿堂だった。

a8

25歳の時、アロハシャツを求めてアメリカにわたる。
35歳の時、毎日アロハシャツを着るためにハワイに移住。

a9

木内さんの365日アロハシャツ生活。

a10

ハワイでは自然だが、日本でアロハシャツを着ていると胡散臭いオジサンにしか見えないw

a13

京都でもアロハ。

a11

冬の草津温泉でもアロハ。

a12

4歳の子供がいる。

a14

木内ファミリー。

a15

若いころ、ダサかった木内さん。

a16

それがアメリカに行ってアロハシャツを着るようになってから人生が変わった。

a18

恐るべしアロハパワー。

a19

アロハシャツの選び方 柄の4大パターンとは?

ホリゾンタル・パターン


a20

ホリゾンタル・パターン:
シャツ全体に1枚の絵を描いた柄

a21

木内流の楽しみ方:
額縁に入れて飾る

a22

ルーヴルではないw

a23

浮世絵には版権がない。

a24

アロハシャツは製作者の死後50年経つと著作権が切れ、名作の柄が自由に復刻されている。

a25

オリジナルの柄。

a26

オリジナルをアレンジした現代のアロハシャツ。

a27

オールオーバー・パターン

シャツ全体に小さな絵が散りばめられた柄。

a42

ハイビスカス柄。

a29

ハイビスカスの花言葉は”新しい恋”。

a30

続きを読む

このページのトップヘ