Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:マツコの知らない世界









「梅干しの世界」の案内人は”全国300種類の梅干を食べ歩いた男”竹内順平さん(28)。

a1

挨拶がわりに手作りの梅干しの食べ比べ。
梅は同じですが、塩が違うそうです。

a2

フランスの塩で漬けた梅干しのリアクションw

a3

インカの塩はさらにハードw

a4

梅塩もハードでしたw

a5

竹内さんのプロフィール。

a7

実は竹内さんは落語家の立川志の輔さんのご長男。

a6

大学時代、父親に弟子入りを断られる。

a8

子供の頃、梅干しは木になっていると思っていた竹内さん。

a10

父親が息子の弟子入りを断った理由がわかってくるw

a11

24歳で「梅干しに関わる仕事をする」と直感で決め、梅干しを知る旅に出る。
26歳で梅干しの魅力を伝える会社を設立。

a12

全国の梅干しを紹介するイベントを催したり、

a13

梅干しの漬け方教室を開いたりしています。

a14

 今梅干し業界が危ない!最新事情

まず、昔ながらのすっぱくてしょっぱい梅干しを食べてもらう。

a15

まず雄たけびw

a16

でも、おいしい。

a17

強烈な酸味と梅本来の豊かな風味が味わえる。

a18

白いごはんを要求。

a19

見えなくもないw

a20

食べたことあるようでない梅干し。

a21

杉田梅:ほとんど現存しない希少な品種
粒が大きく酸味が強いのが特徴

a22

女性職員(77)が一人で手作りしている。

a23

本物の梅干に開眼するマツコ。

a24

一粒350円。
お値段も一流w

a25

梅干しマーケットは先細りの危機に瀕している。

a26

高齢者世帯でも購入金額が減ってきている。

a27

はちみつ梅干しは若い世代にも食べてもらうための業界の苦肉の策。

a28

続きを読む









「御三家和菓子の世界」の案内人は永春文庫副館長、橋本麻里さん(45)。

a13

和菓子御三家(橋本セレクション)。

a2

一番若い鶴屋吉信でも伊能忠敬が測量を開始した頃に創業。

a3

 オススメ和菓子3選

橋本さんが考える和菓子の魅力。

a4

連想ゲーム:色・形・名前から物語を連想しながらいただく

a5

鶴屋吉信 松の寂


和服の人が運んでくるかと思ったら、女子プロ研修生みたいなのが来るw

a6

冬の松の木に雪がしんしんと降る姿を表現。
宇治抹茶のすり琥珀に丹波大納言小豆をちらしている。
1296円(税込・12個入)

a8

文学うんちくがやたら長い案内人w

a9

両口屋是清 御題菓子「竹取物語」

両口屋是清は尾張徳川家の御用菓子。

a18

御題菓・竹取物語
1836円(税込)

a10

見た目よりはるかにあっさりした味。

a11

20分あれば、1本完食は余裕w

a12

虎屋 夜の梅

羊羹と言えばこれ。

a14

長時間練り上げ、砂糖の含有量が多いのが特徴。

a15

-40℃でも凍らず南極観測隊も食べられた。

a17

少し硬く、少し甘く、後味が良い。

a16

小豆の粒が夜の闇の中に咲く梅の花を表現。

a19

どうしても日本文学を語ってしまう案内人w

a20

恋の話はNGですw

a21

 テレビ初公開!虎屋3つの秘密

珍しくスーツを着ているプロデューサー。

a22

いつもの格好を表現すると、放送禁止用語が浮かぶw

a23

虎屋のヒミツ① 一代一人制度

a24

虎屋黒川家の一代一人制度。
黒川家に兄弟が何人いても虎屋に入社するのは一人だけ。

a26

代替わりの儀式:京都の店にある神聖な部屋で
新当主が一人で毘沙門天像を拝む

a28

家督争いを防ぐため?

a27

続きを読む









「名建築宿の世界」の案内人は”名建築宿を500軒以上泊まり歩いた男”稲葉なおとさん。
職業は建築家だそうです。

a0

まずは名建築宿を楽しむ稲葉さんに密着。
稲葉さんおすすめの名建築宿の宿泊に同行取材します。

LaLaGOTENBA ホテル&リゾート
静岡県御殿場市 1泊2食付き 1人18000円~

a1

京都の有名建築家、若林広幸氏が設計。

a2

富士山と名建築のコラボレーション。

a3

窓からの景観にこだわる稲葉さんは部屋の変更を申し出る。

a5

502号室からバーに近い504号室に変えてもらう。

a4

マツコのツッコミw

a6

部屋に入ったら、自分の荷物やホテルの備品をバスルームにしまう。
撮影をするので、余計なものは片づけてしまう。

a7

部屋の窓に夕景の富士をおさめて撮影。

a8

午後8時、翌日の日の出前の撮影に備えてホテル周辺を下見。
午後9時就寝。

a9

午前5時起床。

a10

稲葉さんの建築愛。

a11

早朝から元気w

a12

写真を撮りまくる稲葉さん。

a13

テラスから見る早朝の富士

a14

夜明けを迎えるLaLaGOTANBA①

a17

夜明けを迎えるLaLaGOTANBA②

a15

露天風呂と富士

a16

このホテルはフレンチが美味しいのだそう。
朝メシは食べないマツコw

a18

 2大巨匠が建築した宿


安藤忠雄

a19

一般の人も泊れるようになりました。

a20

TOTO シーウインド淡路
兵庫県淡路市 1泊2食付き1人15120円~

a21

傾斜角45℃の崖地に建てられた宿。

a22

全室オーシャンビュー。

a23

一番のポイントは屋外エレベーター。

a24

エレベーターを出ると大阪湾を一望できるようにつくられている。

a26

波の音を演出するAD。

a25

余計だったw

a27

続きを読む









日本は技術が進んでいる国。

a1

海外の展示会では日本以外のブースはガラガラ。

a2

日本のブースは人がいっぱい。

a3

日本の宝石加工技術は世界トップレベル。

a4

 3大カラーストーン パライバトルマリン

1980年代ブラジルのバライバ州で採掘。

a6

パライバトルマリンに魅せられるマツコ。

a7

お手頃価格、1700万になっておりますw

a8

熊谷市民のプライドが…w

a9

次のはもっとすごい。

a10

マツコに負けない存在感。

a11

80カラットのパライバトルマリン。

a12

お値段は言えませんが、4,5億円はイイ線です。

a13

1300万の指輪。

a14

インド人宝石商の術中にはまるw

a15

カピル「(小声)2,3000万になっても全然おかしくないです」

a17

思いが千々に乱れすぎて、言ってることがおかしいマツコw

a16

 3大カラーストーン アレキサンドライト

この石を扱っていれば、超一流の宝石商。

a18

アレキサンドライトゥです。

a19

この石は数がないので、一気にトップ見せます。

a20

3カラットのアレキサンドライトゥ。

a21

1カラットでもなかなか出ない。

a22

お買い得の2000万w

a24

光によって色が変わる。
日光・蛍光灯では青緑。
白熱光では赤。

a25

続きを読む









「宝石の世界」の案内人は”日本で100億円以上の宝石を売り上げたインド人”カピル・ミタルさん(46)。

a1

マツコのピタルさんの第一印象w

a2

宝石業界の裏事情に意外に詳しいマツコ。

a3

カピルさんがまず言いたい事。

a4

赤い蝶ネクタイのインド人は怪しすぎるw

a5

カピルさんのプロフィール。

a6

世慣れたインド人w

a7

もともとは会計士だったカピルさん。

a8

来日当時のカピルさん。

a9

おだてると、安くなるシステムw

a10

 今までテレビで言えなかった宝石商だけが知る真実

日本の人気宝石ランキング。

a11

ダイヤモンドは宝石の王様。

a12

しかし!

a13

ほんとうのことを言っちゃったインド人宝石商w

a14

世界で採掘される宝石の大部分はダイヤモンド。

a15

ロシアには3000年分のダイヤが眠っているらしい。

a16

保身のため、最後はダイヤを持ち上げておくw

a17

マツコが買いたいのはカラーストーン。

a18

カピルさんのおすすめもカラーストーン。

a19

カラーストーンの良いところ。

a20

カラーストーンはこの10年で2200%の値上がり。

a21

ある石は100倍の値上がり。

a22

じらしテクw

a23

 3大カラーストーン タンザナイト

ダイヤの1000倍希少価値が高いタンザナイト。

a24

マツコが好きなカラーストーン。

a25

タンザナイトはアフリカ・タンザニアでしかとれない。 

a26

タンザナイト1粒2カラット。

a27

色が薄い。
タンザナイトは”タンザニアの夜”が語源。

a28

褒め合い合戦w

a29

続きを読む

このページのトップヘ