Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:マツコの知らない世界

全国の知られざる韓国グルメ

ドゥブチゲ

元祖スンドゥブチゲ

a1

煮干し・昆布・魚介のダシに牛骨スープを加えた深みのある味。

a2

刻んだ青唐辛子をふんだんに使い、ダシの旨味と辛さを味わえる。

a3

田町・東光のオモニ、チェ・スンニョさん。

a4

叱ってくれるお母さん。

a5

マツコを拝むオモニw

a6

「夜の巷を徘徊する」のこと?

a7

うどんでテンション爆上がりw

a8

マツコは基本的にシメが大好物。

a9

トンバリチョッカル

大坂・生野にある「きよし」のオモニ、カン・シンセンさん。

a11

トンバリチョッカルとはサメの串焼き。
済州島の祝事料理。

a13

新鮮なサメに醤油とごま油をつけ、串焼きにした料理。

a14

牛肉や豚肉のチョッカルも定番。

a15

サメてもおいしい。

a16

関東の人間は、ダジャレに厳しい。

a17

済州島出身で大阪在住なんです。

a18

わけのわからない言い訳w

a19

きよし一番人気のパンチャン。
ピリ辛ナス炒め。

a21

ナスと青唐辛子を醤油・ごま油で炒めた料理。

a20

食べにきよしやす。

a22

打たれ強いお母さんw

a23

続きを読む

「新大久保グルメの世界」の案内人は、”2000軒の韓国料理店を食べ歩いた男”八田靖史さん(42)。

a2

八田さんが言いたいこと。

a1

韓流ブーム以後、街の雰囲気が変わった新大久保。

a4

新大久保の現状はインスタ映え先行グルメ。

a3

韓国料理というよりも、韓国で流行ったものが日本に持ち込まれる。

a5

現在は第3次韓流ブーム。
第3次韓流ブーム:去年から続く中高生を中心としたSNSで映える韓国グルメブーム。

a6

韓国グルメ通の案内人としては、古い時代の韓国料理にも目を向けてほしい。

a9

ちょっと言い過ぎたと思って急に舵を切る案内人w

a8

流行りのチーズタッカルビを食べるハメになったマツコw

a10

じゃーん。

a11

これはお仕事ですw

a12

コチュジャンなどで炒めた鶏肉・サツマイモ・トッポギをチーズに絡めて食べる。

a13

素直に言えば美味しい。
流行るだろうな、という味。

a14

問題は新大久保の全部の店がこれになってしまったこと。

a15

おっさんとしては、もっと辛いチゲいきたい。

a16

この味はピザーラにありそうw

a17

韓流ブームと共にやってきた韓国グルメ。

ヨン様ブーム(2004年)とサムギョプサル。

a18

K-POPブーム(2010年)とマッコリバー。

a19

第3次ブーム(現在)とインスタ映えする韓国グルメ。

a20

八田さんのプロフィール。
韓国グルメにハマったきっかけは、韓国への語学留学。
25歳で韓国グルメ専門のライターになることを決める。

a21

たまたまとはいえ、韓流ブームの波に乗りまくった案内人w

a22

八田さんが愛する韓国料理はオモニ(お母さん)が腕を振るうおふくろの味。

a23

昔の新大久保の韓国料理店はオモニ(お母さん)が仕切っているところが多かった。

a24

知られざる新大久保グルメ

モドゥムジョン


a25

テーハンミングのオモニ、パク・ヒョンチャさんは全羅道出身。

a26

世話を焼き過ぎるオモニ。

a27

モドゥムジョン(チヂミの盛り合わせ)

a28

かぼちゃのジョン。
マツコ「食感ズッキーニで味はカボチャ」

a29

白身魚のジョン。

a30

マツコ「ババアが作った天ぷら食べてるみたい。ちょっと懐かしい味がする」

a31

キムチのジョン。
マツコ「このキムチすごい美味い」

a32

小さいと作るのに手間がかかるため、日本の韓国料理店では大きいチヂミが主流。
韓国ではお正月などに出る定番料理。

a33

続きを読む

「ロープウェイの世界」の案内人は、”全国168か所のロープウェイ・ゴンドラを全線制覇した歯科医師”中島信さん(62)。

a1

中島さんは鉄道とロープウェイの二刀流。

a2

ロープウェイは「魔法のじゅうたん」。
誰でも絶景を見られるのが魅力。

a3

中島さんの手書き路線図。

a4

支柱の数や傾斜も調べて記入。


a5

1か所につき3~4回乗る。

a6

4回目ぐらいになると、(ロープウェイ関係者に)事情を聞かれるw

a7

日本唯一の2階建てロープウェイ、新穂高ロープウェイ。

a8

車両内に階段があるわけではなく、ホーム自体が2階建てになっている。

a9

日本で一番長いロープウェイは苗場のドラゴンドラ。

a10

ドランゴンドラの名付け親はユーミン。

a11

山の起伏がドラゴンの背のように見えるので、ドラゴンドラと名付けたそう。

a12

中島さんの家族(妻・娘2人)はロープウェイに興味ない。
まあ、そうでしょうねw

a13

乗って帰ってくるだけだから家庭は平和。
これがコレクションものならそうはいかない。
お父さんの積みプラは叩き売られて家族旅行の資金になるw

a14

2004年に国内の鉄道を全線制覇。
2009年に国内のロープウェイ・ゴンドラを全線制覇。

a15

ロープウェイなども広い意味で鉄道。
宙に浮くもの(ロープウェイ・ゴンドラ・リフト)は索道。
リフト(特殊索道)は2000以上あるのでコンプリートは難しい。

a17

 全国の絶景ロープウェイ

東京はロープウェイがないが、よみうりランドのロープウェイが一瞬東京を通る。

a18

よみうりランド ゴンドラスカイシャトル。

a19

全国で唯一県境をまたぎ、ジェットコースターをくぐるゴンドラ。

a20

東日本はロープウェイが多いが、千葉県の鋸山ロープウェーは「ウェー」表記。

a21

アクアラインの通行料金が安くなって、内房線は廃れてしまった。

a22

鉄道ファンの政治批判。
道路にばかり税金をつぎ込むな。

a23

バラエティ番組なので政治批判はNGですw

a24

全国の絶景ロープウェイ一覧。

a25

尾道の千光寺山ロープウェイ。
脱走した受刑者が向島から泳いで渡った尾道水道が見えるw

a26

余計なことは言わなくても良いw

a27

時事ネタをぶち込んでくるタイプw

a29

ロープウェイは下の方(上りなら後部座席側)が景色が良い。

a30

夜景が美しい函館・神戸・長崎にはロープウェイがある。

a31

ロープウェイの中では景色を見ないカップル。

a32

山頂についてから初めて景色を見る。

a33

穏やかな顔で毒を吐くスタイルw

a34

続きを読む

「ハムスターの世界」の案内人は”ハムスター愛が強すぎる夫婦”山口樹美(38)・俊介(40)夫妻。

a1

HAM☆Tシャツ。

a2

マツコの第一印象。

a3

ハムスターがソファの隙間にでも入りこんで、それを知らずにマツコが座ったら…。

a4

悲惨な現場を想像してツボる奥さんw

a5

ハムスターは近眼。

a6

マツコは大きな岩があるというぐらいの認識w

a7

山口家の歴代ハムちゃん。

a9

マツコ・デラックスいただきましたw

a11

ハムちゃんは寿命が短い(約2~2年半)。

a10

ハムちゃんは昇天するとハムランドにいくらしい。
ハムスターの天国、ハムランドでハムちゃんたちは楽しく暮らしているそうです。

a12

ハムスターは現代人に合うペット。

a13

犬猫は準備や手続きが大変だが、ハムちゃんはすぐに連れて帰れそう。

a14

ハムちゃんの寝姿。

a15

ハムスターは夜行性なので昼はだいたい寝ている。

a16

ハムちゃんと一緒のマツコ想像図w

a17

 激カワの人気御三家&マニア大興奮の希少ハムスター

ハムちゃんは全部で24種類。

a18

尻尾が長いヒゲカンガルーハムスター。

a21

クモリキヌゲネズミ。
ネズミと言っちゃってるw

a22

クロハラは長寿だけど凶暴。

a20

日本で飼えるハムちゃんは10種類ていどです。

a23

ジャンガリアンハムスター 3000円~

トイレとお風呂は自分で覚える。

a24

ハムスターのお風呂:砂で脂などの汚れを落とす

a25

ハムケツをクンクン。

a26

これは上物だなw

a27

一口でいけそうw

a29

機嫌が悪い時は「ジジッ」と鳴く。
ジャンガリアンは喜怒哀楽がはっきりしている。

a28

トリコロールのジャンガリアン。

a30

トリコロールは突然変異で生まれるそうです。

a31

ハムケツ中毒のダンナw

a32

続きを読む

「包丁の世界」の案内人は、”日本人より日本の包丁に詳しい外国人”ビヨン・ハイバーグさん(49)。

a1

マツコの第一印象w

a2

よくお似合いでw

a3

包丁業界の変化。
今やプロもステンレスを使う時代。

a4

マツコパパはマツコママのために包丁を砥石で研いであげていた。
ステンレスの包丁も研げるそうです。

a5

ビヨンさんのプロフィール。
カナダ生まれのデンマーク育ち。

a6

17歳の時、翻訳された「子連れ狼」を読んで日本の刃物に興味を持つ。

a7

23歳で来日、バーテンダーなどを経て刃物メーカーに就職。
35歳の時、持っていた刃物コレクションを押収される。

a8

デンマークの法律が変わり、実家の刃物コレクションを押収されたそうです。

a9

その反動で包丁を集めまくっているビヨンさんw

a10

ビヨンさんが経営する大阪の包丁専門店。

a11

東京のソラマチにも店舗があります。

a12

包丁の切れ味で料理が美味しくなる理由①

断面がきれいだと空気が当たる面積が少なく酸化が遅くなる。

a13

包丁の切れ味で料理が美味しくなる理由②

フライパンと肉が完全に密着するため、表面が全体的に焼けて肉汁が出にくい。

a14

日本人はせっかく良い包丁を作っているのだから、包丁の良さをわかってほしい。

a15

 最強ステンレス包丁セット

堺兼近作 銀三本鍛錬 三徳包丁 22000円(税込)

肉・野菜・魚が切れる万能選手のステンレス包丁。

a16

三本の鉄をそれぞれ職人が鍛え上げ合わせた包丁。
切れ味抜群にもかかわらずステンレスなので錆びにくい。

a17

3層にすると丈夫で加工しやすく研ぎやすいため切れ味抜群になる。

a18

切れない包丁でもマツコが使っていた包丁よりも切れる。

a19

銀三本鍛錬でニンジンを切ったマツコのリアクション。
通販番組っぽくなってきたw

a20

力を入れなくてもスッと切れる。

a21

切れない包丁と切れる包丁とでは断面が違う。

a22

鶏肉(もも)もスイスイ切れる。

a23

マツコ様お買い上げ。

a24

多和 ダマスカスVG10ペティナイフ 12500円(税込)

ペティナイフは確かにあると便利。

a25

金属を何層も重ねて作ったダマスカス模様は、切れ味抜群で名品である証。

a26

オレンジの皮も手で剥くのと、ペティナイフで剥くのとでは味が全然違う。

a27

余計な皮や筋などがないため、口に入れた瞬間断面が直接舌にあたり果汁が広がる。

a28

続きを読む

このページのトップヘ