Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ホタル




2時間スペシャルだということを忘れて地味な衣装を着てきたマツコさんw

gsp1
 
  2017春 全国ご当地問題

  青森県 発音の紛らわしい名産品問題

チェスとこけしが融合した「こけス」。

gsp2

こけし+チェス

gsp3

こけス

gsp4

県立黒石商業高校の生徒たちが町おこしになる土産品として開発 。

gsp5
 
青森県民こけしもこけスも同じになる問題。

gsp6

ただし、同じ津軽弁でも発音が違う。
弘前市、黒石市など上品な津軽弁→どっちも「コケス」
つがる市、鰺ヶ沢町など荒っぽい津軽弁→どっちも「コケシ」

gsp7

 宮城県 中身が全然違うアイス問題

登米市の道の駅、林林館で販売している「源氏ボタルアイス」。

gsp8

ふたを開けると…ハチ?

gsp10

製造元の社長はホタルと言い張る。

gsp12

5,6,7…

gsp14

社長まだボケてませんw

gsp15

しかし、仕事中ついうっかりw

gsp13

 広島県 くま推しの公園問題

呉市にある文化新開公園。
どう見てもパンダのくまw

gsp16

くまと言い張る業者に奥の手を使う。

gsp18

様々なくまとパンダの写真を何枚も見せて、

gsp19

くまかパンダを言わせる。

gsp20

10枚目の写真。

gsp21

まんまと引っかかるw

gsp23

 鹿児島県 日本一言いづらい市役所問題

志布志市志布志町志布志の志布志市役所志布志支所。

gsp24

志布志市役所の人は噛まずにスラスラ。
さすがw

gsp25

 地元民は志布志攻めにうんざりw

gsp26

  香川県 うどんをすする音で赤ちゃんが泣き止む問題

 香川県庁が発表した話題の動画。

gsp31

うどん県副知事要潤がチャレンジ。

gsp27
 続きを読む

今回螢スポットを紹介してくれるのは動物カメラマンの小原玲さん(54)。

hotaru1

もともとは写真週刊誌のカメラマンだったのですが、芸能スキャンダルに辟易して、報道カメラマンに転向。
天安門事件で撮影した写真は、ライフ誌の”The Best of LIFE”に選出されました。

life

その後アザラシの赤ちゃん写真をきっかけに動物カメラマンになりました。
 
hotaru2
 
毎年螢シーズンの5~7月は全国各地を巡り、自分の足で見つけ出した螢スポットは100か所以上。
その小原さんが感動した螢スポットのベスト3を教えてもらいます。

① 大分県・白山川

地元の人もほとんど知らない秘密のスポット。
「本当は教えたくない…」。
芸能人が行きつけの店を紹介する時などしばしば使う常とう句ですが、小原さんの場合は本音でしょう。

hotaru3
 
小原流の蛍鑑賞の流儀。
何かの世界のエキスパートにはたいていその人なりのルールやこだわりがあります。

hotaru4

目的地に到着。
ちなみに白山川は日本の名水100選に指定されています。

hotaru5
 
これも小原流の蛍に出会うための流儀。

hotaru6

普段はあまり見ない日中の蛍を発見。

hotaru7

日本で一番ポピュラーなゲンジボタル。
川辺に生息する大型の蛍(12~18㎜)。

hotaru8

橋の下で撮影開始。

hotaru13

あたりが暗くなり、ポツポツと光り始めるゲンジボタル。

hotaru9

発光は蛍の求愛行動。
オスとメスは互いに光を確認すると強く光り合うのだそうです。

hotaru10

白山川の蛍スポット、スチール写真。

hotaru12


② 石川県・渡津町 
 
次のスポットは個人の農家の水田。
私有地ですから勝手に入れません。

hotaru14
 
今回の蛍はヘイケボタル。
主に水田・湿原が生息地。
水田の減少により激減しつつある蛍だそうです。

hotaru15
 
そんな中でも、ここはヘイケボタルが多い水田。

hotaru16
 
ここの田んぼは農薬を使わないこだわりの米作りをしていて、2014年都道府県別お米選手権で金賞を受賞しているそうです。

hotaru17

 撮影当日は時期が早く蛍が少なかったので、今回は小原さんの過去の撮影作品を紹介。

hotaru18
 
スチールカメラでの撮影。

 hotaru19

続きを読む

このページのトップヘ