Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:プール









月刊「Kazi」副編集長、中村剛司さんからの業界ニュース。

y2

ヨットのイメージ。

y3

2013年アメリカズカップ。

y4

浮揚するニュージーランド艇。

y5

左右の水中翼を下げると揚力が発生して、ヨットが飛ぶ。

y6

速度は時速30kmから最速80kmに大幅アップ。

y7

エンジンなどの動力はNGなので、人力でヨットを飛ばしている。

y8

意気揚々と決勝に進出したニュージーランドだが、対戦相手のアメリカ艇も飛んだ!

y9

そしてアメリカ優勝。

y10

ニュージーランド艇の空飛ぶヨットを見たアメリカは、大会期間中(3か月)に空飛ぶヨットをパクッて完成させていた。

y11

そして、今年(2017)のアメリカズカップ。

y12

日本を含む出場6か国のヨットは、すべて飛んでいた。

y13

先駆者のニュージーランドは手漕ぎから足漕ぎにチェンジ。
これにより動力40%アップ。

y14

しかも競輪選手をメンバーに入れていた。

y15

ニュージーランド、悲願の優勝達成。

y16

「飛ぶ」というより「浮く」だけど、ほとんど飛んでいる。

y17

琵琶湖の鳥人間コンテストみたいになってきたヨットレースw

y18

続いて、スポーツライター熊崎敬さんからの業界ニュース。

y19

千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズ鎌ケ谷スタジアム。

y20

観客席がプールになっていたw

y21

・7月17日~8月31日営業
・子供は料金無料

y22

子供は野球そっちのけでプールに夢中。

y23

企画担当の中原信広さん。
どうやったら人が集まってくれるかが第一。

y24

中原さんはもともと1軍の広報。
この10年で様々な企画を考えて実行していた。

y25

続きを読む

私は週に1度のペースで区民プールに行っているのですが、時間帯によっては小学生たちがプールに来ていることがあります。

彼らの雰囲気を見ていると、最近の子供は周囲の大人を怖いと思ってはいないような気がします。
まあ、それはいいのです。
ちゃんとマナーを守ってプールで泳いでくれるならば…。

区民プールにはいろいろなルールがあります。
何せ狭いプールをたくさんの人が泳ぐので、それはしかたありません。

完泳コースでは途中で立ち止まらない。
コースは2車線(変ですが他に良い表現がありません)なので真ん中を泳がない。
コースのスタート地点で溜まらない、騒がない。
などなど。

彼らはそのルールをことごとく無視します。
そもそもルールがあることをわかっていないようです。
監視員のお兄さん、お姉さんがいちいち注意するのですが、返事もしないので聞いているのかもわからない。
子供たちが来ると、いつも監視員たちは忙しくなります。

毎回同じ注意を受けるのは、彼らに学習能力がないからなのでしょうか。
優しく注意されているから、彼らの記憶にルールが残らないのでしょうか。

今日はシャワー室が子供で満員でした。
私がシャワーを浴びて出ると、シャワー室前のワゴンに置いた私のタオルが濡れた床の上に落ちていました。

彼らは更衣室では着替え等を床に広げて着替えるので、足の踏み場がありません。
以前、自分のコインロッカーからちょっと離れて戻ってくると、ロッカーから戻っていた100円玉がなくなっていました。
彼らが盗ったという証拠はありませんが、そこにはガ…小学生男子たちしかいませんでした。

私は昔10年ほど塾の先生をやっていたことがあり、子供は嫌いではないと思います。
でも、彼らは嫌いです。
子供らしい可愛さがなく、ただの傍若無人な小さな大人です。
叱ってやる気にもなりませんし、下手に注意するとややこしいことになるような予感がします。

実は10年以上前ですがこの区の小中学生を教えていたことがあります。
他の地域の子供たちに比べて、おしなべて品が良く知的でした。
時代が変わったのでしょうか。
それとも、私はたまたましつけができていないガキ子供たちに遭遇しているのでしょうか。

いずれにしろ、こんなお子様たちとその親の相手をしなくてはならない学校の先生たちに心より同情します。

pool
 某区スポーツ交流センター







 


二十代後半くらいからプール通いを続けています。

ずっと続いていたわけではなく、しばらく中断していた時期も何度かありました。
ここ数年は週に1度定期的にプールで泳いでいます。

泳ぐのが好きなのかと言えば、そうでもありません。
むしろ週に1度でも定期的にプールに行くことは苦痛にすら感じています。

プールに行く前が一番ブルーな気分になります。
行くのがメンドクサイし、着替えるのもメンドクサイ。
だからこのへんは何も考えないようにして、体だけを動かしています。
タオルや水泳パンツの入った手提げ袋を持つ→自転車に乗る→区民体育館に行く→着替える
水泳パンツ姿になれば、あとはプールに入るしかありません。

とにかく泳ぎ始めてしまえば、体が勝手に動き出します。
自分で決めた距離を泳ぐまで、何も考えずに機械的に体を動かすのみです。
もう体が水泳に慣れているので肉体的にはそれほどきつくは感じません。
ただ、水泳はプールを行ったり来たりする単純作業なので、面白くもなんともない!…のです。

私は健康にかかわる仕事をしているので、お客さんに運動療法として水泳をお勧めすることがあります。
水泳がいいですよとお客さんに話すと、たいていお客さんの目は死んだ魚の目になっています。
笑顔でうなづいていても目は死んでいます。
「やる気ゼロ」と顔に書いてあります。

deadeyes

自分だって上に書いたとおりですから、そういうお客さんの気持ちはとてもよーくわかります。
それでも水泳を勧めるのは、水泳が健康のためには理想的な運動だからです。

そもそも生命は海で誕生しました。
様々な種に進化した生物は、生き残りをかけて陸に進出しました。
陸上に適応するためにエラ呼吸は肺呼吸になり、ヒレは重力に対抗するために丈夫な四肢に進化しました。
中でも人類は地上を二本の足で(直立して)歩く唯一の動物です。
腰痛はこの直立二足歩行を獲得した人類の代償だとも言われています。

もしこれが正しいのなら、人類の直立はもともと無理のあるデザインなのかもしれません。
地上の重力に逆らって、二本足で飛んだり、走ったりすることはそもそも体に負担が大きいのです。
若いうちでも、過剰な運動をすれば足腰を故障します。
年を取ればなおさら、膝や腰、股関節にトラブルを抱える確率が高まります。

水泳は重力の負担をほとんど受けない有酸素運動です。
心肺機能を高め、全身の筋肉を無理なく鍛えます。

足腰に問題があると、どうしても運動を避けるようになります。
運動をしないと筋肉がやせ衰え、足腰の問題はますます悪くなります。そうなるとますます運動から遠ざかるようになります。

この悪循環を解決してくれる最良の手段が水泳(水中での運動)だと私は思うのです。
足腰にトラブルを抱えていても、自分のトラブルの状況に合わせた水中での運動は十分可能です。、

私は十年以上前にちょっとした事故で腰痛持ちになりました。
テニスや自転車漕ぎなどをすると腰痛が悪化したのですが、水泳をした後は調子が良いことに気づきました。
以来さぼっていた水泳を再開し、今では腰痛はほとんど感じないくらいまでになりました。

もちろんすべての病気に水泳が万能だということではありません。
他のスポーツをやって体に問題がなければそれに越したことはありませんし、嫌々水泳をやってストレスになるくらいならしない方がましです。

実はこのブログを書く途中でプールに行ってきました。
今日の最高気温は4度でしたが、プールから帰ってきた今は体が温かく、頭がすっきりしています。
お腹も減りましたし、夜もよく眠れると思います。

これからもプール通いは続けるつもりです。

imagesCA4B2DYA
ご存知かとは思いますが、区民プールでこういう状況はまずありません。代わりにジジババがワンサカいます。
プールは修業の場です。



このページのトップヘ