Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:ブラックカレー









「マンガ飯の世界」の案内人は、梅本ゆうこ(38)さん。
2度目の出演です。

m1

最初の出演時はサブカルあがり風。

m2

今回はちょっとエレガントな大人の女の装い。
でも、やることは同じw

m3

グルメマンガ進化の歴史

グルメマンガは年々増え続けている。

m4

1970年代のグルメマンガの元祖たち。

m5

最古(?)のグルメマンガ、望月三起也先生の「突撃ラーメン」。

m7

グルメマンガなのにガンガン人が殺されるw
望月先生はもともとアクション系だから…。

m6

1990年代に登場した「孤独のグルメ」。
対決ものが主流だったグルメマンガの中、「食べ歩き」というユニークな路線を歩む。

m8

2000年代に入ると料理も細分化される。

m9

そして、2010年代のグルメマンガはなんと207作品。

m10

グルメマンガ急激に増えた理由。

m11

主人公の職業一覧。
*一部職業ではないw

m12

どうしても言っておきたかったw

m13

「山と食欲と私」は題名通り、登山女子の主人公が山に登りながらアウトドア飯を作る漫画。

m14

人魚姫のグルメマンガ。

m15

人間に釣られた友人の鰹男の弔いのために陸に上がる人形姫エラ。

m16

弔い場所の居酒屋で鰹男の味にハマってしまう。
だから、「人魚姫のごめんねごはん」w

m17

主人公が流れの土木作業員の「ドカコック」。

m18

作者渡辺保裕は「北斗の拳」の原哲夫の元アシスタント。

m19

料理を土木用語で表現。

m20

作品中の横浜ド開港ロードカレーを再現。

m22

シュウマイをマッシュしてある。

m21

結論w

m23

料理の細分化。

m24

タイトル(「ばくばく!バクチごはん」)と絵のミスマッチ感w

m25

続きを読む



「マンガ飯の世界」の案内人は、マンガ大好き主婦、梅本ゆうこさん(37)。

mgm1

マツコさんが最後に読んだマンガ、「浦安鉄筋家族」。

mgm2

マツコさんが好きだったマンガ、「イオナ」。

mgm3

最近、マンガはほとんど読まないマツコ。
実は食にもあまり興味はないと言われ、動揺する案内人。

mgm4

 ついに禁断の一言w

mgm5

  マンガ飯の作り方

梅本さんの新作マンガ飯作りに密着取材。

mgm6

今回は「めしにしましょう 小林銅蟲(2016~連載中)」に出てくるローストビーフに挑戦します。

mgm9

 このローストビーフが変わっているのは、お風呂で作るところ。

mgm10

お湯の温度を60℃にするのが重要なポイント。

mgm11

鍋で熱湯を沸かし、浴槽に注ぐこと10回。
ようやく60℃に到達。

mgm12

浴槽に3時間肉を浸ける。

mgm13

マンガと同じ道具を使って肉を取り出す。

mgm14

最後にフライパンで表面に焼き色をつけます。
切ってみるといい感じ。

mgm15

マンガを見ながら盛り付ける。

mgm18

お風呂で作ったローストビーフが完成。

mgm19

試食した感想。
梅本「美味しいですけど…普通の鍋でゆでた方が楽だった」
そうでしょうねw

mgm17

ローストビーフを茹でている間にもう1品、「スーパーくいしん坊」に登場する「かぼちゃうどん」も作る。
 
mgm20

種をくりぬいたかぼちゃにうどんと具材を入れる。

mgm25

蒸す。

mgm24

かぼちゃうどん完成。

mgm22

試食の感想。
梅本「美味しかったんですけど…かぼちゃの器じゃなくてもよかったかもしれない」
いつも作って食べてから、冷静になるw

mgm23

マンガのレシピを再現する非日常性が醍醐味。
「きょうの料理」に載っていたら絶対やらないw

mgm27

その前にNHKがやらせないw
平野レミ先生はギリギリの線?

mgm28

梅本流マンガ飯のルール

mgm29

 レシピが不明の場合は推測しながら作る。

mgm30

更生を勧めるマツコw

mgm31
 続きを読む

このページのトップヘ