Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ブラタモリ

干したイワシと書いて干鰯(ほしか)。

a1

干物のように見えるが、肥料。

a2

鰯を肥料に使う。
歴史の授業で習ったような気がする…。

a3

干鰯:
江戸時代の最高級の肥料
「金肥」と呼ばれ非常に高値で売れる

a4

干鰯づくりには広い場所と乾燥させるための砂が必要だった。

a5

外川の猫。

a6

やっぱり漁港は猫には住みやすいのかしら?

a7

地元の古老に話を聞く。

a8

昔はあたり一面鰯だらけだった。

a9

銚子の猫は鰯なんぞには目もくれない?

a10

落ちた魚を拾って金を作り投資。

a11

拾った鰯で青山に家が建つ!

a12

銚子の黄金時代。

a13

83歳から見ればタモリちゃんw

a14

銚子発展の原点は外川。
その後のさらなる発展は北に移る。

a15

北側の発展の中心となった銚子漁港。
銚子漁港:
大正14年(1925年)着工
莫大な建設費用を千葉県だけでは賄えなかった

a16

銚子電気鉄道:
大正12年(1923年)創業
銚子駅と外川駅をつなぐ全長6.4kmのローカル鉄道

a18

貸し切りで銚子駅へ。

a19

銚子の春キャベツは生産量日本一。

a22

車内アナウンス。

a20

緑のトンネル。

a21

銚子名物濡れせんべい。

a23

銚子はしょうゆの町。

a24

タモリさんたちはしょうゆ工場にやってきました。

a25

ヒゲタ醬油。

a26

ヒゲタ醬油は全国シェア第4位。
同じく銚子にあるヤマサ醤油は全国シェア第2位。
全国シェア第1位のキッコーマンの本社は千葉県野田市にある。

a27

工場長の松若さん。

a28

大人の事情で、ナレーションが工場長になるw
(草彅くんはヤマサのCMをやっている)

a29

もろみを仕込んでいる蔵。

a30

もろみを攪拌すると強い香りが漂う。

a31

もともと醤油の原料は大豆と塩だったが、江戸時代この蔵であるものを加えた。

a32

あるものを試食する。

a33

小麦を加えたことにより、香り高い醤油ができる。

a34

小麦が加えられた醤油はバランスの取れた良い香りになる。

a35

銚子の醤油は莫大な利益をもたらす。

a36

しょうゆマネーをバックに銚子漁港建設に乗り出す。

a37

ヒゲタ醬油初代社長の浜口吉兵衛は町のリーダーとして国や県と交渉。
漁港建設に足りない費用もねん出した。

a38

しょうゆマネーが銚子漁港をつくった。

a39

漁港の近代化により大量の魚が水揚げされるようになった銚子漁港ですが、日本一の漁港となった決め手は他にもあります。

a41

タモリさんたちは銚子漁港の近くに戻ってきました。

a40

銚子は冷凍庫・冷蔵庫の数が全国一。

a42

-35℃の世界。

a44

サバ缶はブームになったおかげで高くなった。

a45

受け皿(冷凍庫・冷蔵庫)があるからこそ、全国の漁船が銚子に水揚げしたくなる。

a46

エンディング♪

a47

次回(6月22日)は東京・白金です。

a48

銚子漁港からスタート。

a1

銚子はチーバくんの耳あたり。

a4

さすが日本三大漁港の一つ。

a2

銚子といえば「澪つくし(1985)」、「ライスカレー(1986)」、「コーチ(1996)」。

a3

旅のお題は「銚子はなぜ日本一の漁港になった!?」。
案内人は城西大学の山下琢巳先生。

a5

銚子は水揚げ量がダントツ1位。

a6

ずらりと居並ぶ漁船。

a7

8割以上は県外から来ている漁船の水揚げ。

a8

漁船に網を引く船がのっている。

a9

銚子の漁船だけで1本撮りたいw

a10

1回行っているはずなんだけど、ほとんど記憶がないわ…。

a11

タモリさんたちがまず向かったのは銚子の東の外れ、犬吠埼(いぬぼうさき)というところ。
地形から日本一の謎に迫ります。

a12

犬吠埼といえば、灯台。

a13

犬吠埼灯台:
明治7年(1874年)完成 
「日本の三大難所」とされた銚子の海難事故を防ぐために設置

a14

GPSの精度を補正し船に送るアンテナ。
2019年3月に廃止。

a15

碍子:
電柱や鉄塔に取り付ける絶縁のためのカバー

a16

銚子の地質を解説するのは、銚子市学芸員の岩本直哉さん。

a17

このとんがりができた理由。

a18

生痕化石?

a19

生痕化石:
巣穴や足跡など生き物が活動した痕跡が化石になったもの

a20

ゴカイの生痕化石。

a21

ゴカイのフンの化石。

a22

フンを触ってちょっとショックw

a23

アンモナイトも見つかっている。

a24

ここは約1億2000万年前の地層。
砂岩だが、かなり硬い。

a25

太古と現代のコラボ。

a26

約12万年前の古東京湾。

a27

銚子は島だった。

a28

ブラタモ実演コーナー。
「銚子のとんがりを作ろう」

a29

黄色い手袋が銚子島。

a30

川が運んだ土砂が流れてくる(林田アナの腕)。

a31

地盤が隆起して島と陸がつながる。

a32

とんがりができる。

a33

バンザーイ。
なんじゃこれw

a34

続きを読む

令和もブラタモリ。

a1

収録日は平成31年4月2日。

a2

現在位置確認。
茨城県の鹿島神宮。

a3

今回のテーマは「”ちばらき”は日本の要!?」。

a4

案内人は國學院大學の笹生衛先生。
専門は考古学。

a5

利根川を上下に挟んだ二つの県にまたがったエリアを”ちばらき”といいます。

a6

ちばらきは地元では普通に使われている言葉。

a8

茨城県史にも載っています。

a7

「ちばらきは日本の要」にピンと来ていないタモリさん。

a10

鹿島といえば、鹿島アントラーズしか出てこない林田アナ。

a11

日本にある3つの神宮のうち2つはちばらきにある。
*延喜式神名帳に記載された神宮

a9

一気に出てきた要感w

a13

まずは拝殿にお参り。

a12

シカちゃんがいる。

a14

”鹿”島神宮というだけあってシカがいる。

a15

鹿島のシカは奈良のシカと関係がある。

a16

鹿島神宮の神様がシカに乗って奈良の春日大社に行くの図。
鹿島の神様は当時の政治の中心地である奈良に招かれるほどのVIP。

a17

タモリさんは時計で方角を確認。

a45

北を向いている拝殿・本殿。
通常寺社は南向き。

a18

鹿島は北方の蝦夷と戦うための重要な軍事拠点だった。

a21

鹿島の神様、タケミカヅチノオオカミ。
地震を起こすナマズを抑えつけている武勇に優れた神様。

a20

なぜ海に近い鹿島が軍事拠点なのか。
内陸のルートを取った方が距離的に近いのでは?

a22

その理由が日本で二番目に大きい湖、霞ケ浦。

a24

約1000年前、霞ケ浦は現在の2~3倍の面積があった。

a23

ゆえに水運が主要な交通手段だった。

a25

内海(霞ヶ浦)の入り口を抑えるのが鹿島と香取。

a26

ということで、タモリさんたちは千葉県の香取市にやってきました。

a27

案内人は千葉県立中央博物館の糠谷隆さん。

a28

江戸湾に注いでいた昔の利根川。

a29

川の付け替えによって流路が大きく変わる。

a30

江戸に洪水を起こす暴れ川(利根川)の治水をしたのが徳川家康。

a31

ちばらきの人たちは利根川が運んだ土砂の堆積(中州)を掘って田んぼを作った。

a32

潮が引いた時に低地にも堤防を作り、田んぼを作る。

a33

堤防を作る際に掘った溝は用水路となり、米を出荷する際の水路にもなる。

a34

霞ケ浦と言えば、ブラックバス釣りで有名。

a35

続きを読む

今タモリさんたちがいる場所(大小路)。

a2

百舌鳥古墳群と古市古墳群。

a3

古墳群を結ぶ二つの道(長尾街道、竹内街道)。
大小路は二つの道の西の端。

a5

道(大小路)は国境となり、堺は国のヘリとなる。

a4

支配や管理が行き届きにくい国境において、堺の自由な気風が育まれていきました。

a6

タモリさんたちは、戦国時代の堺の繁栄の痕跡を訪ねます。

a7

千利休屋敷跡。

a8

千利休は堺を代表する文化人であり、商人。

a9

屋敷跡の向かいの博物館の中に、千利休の茶室が復元されているそうです。

a10

茶室外観。

a11

にじり口。

a12

どんなに偉い人でも頭を下げて茶室に入り茶室の中ではみな平等になる、というのが千利休の考え方。

a13

ぎゅうぎゅうw

a14

お点前?

a15

ずらりと並んだ戦国時代の茶碗。

a16

茶碗が焼けている?

a17

大坂夏の陣で、堺の町は全焼していた。

a18

全焼した町の遺跡から掘り出された茶器の数々。
堺の繁栄の痕跡です。

a19

鉄砲之玉千到来。

a20

九月十六日。

a23

信長。

a21

信長が千利休に送った礼状。

a23

当時堺は鉄砲の一大産地。
織田信長は堺の商人から鉄砲を入手することで天下統一をはかった。

a24

堺は日本の歴史を動かした。

a26

続きを読む

仁徳天皇陵古墳前からスタート。

a1

大阪府堺市にある仁徳天皇陵古墳。
東京ドーム10個分の広さで、日本一大きいお墓。
約1600年前に築造されました。

a4

拝所。

a5

案内人は堺市博物館の白神典之さん。

a6

古墳とドラえもんのコラボ柄ネクタイw

a7

長さでは仁徳天皇陵古墳が世界一。
高さではピラミッドが世界一。

a8

本日のお題は「巨大古墳は日本の歴史を動かした!?」

a2

古墳が大好きな案内人。

a3

第134回 古墳の町・堺

a10

古墳ができた当時の様子をCGで再現。
木は生えていなかった。

a11

現在の古墳群。

a12

1600年前の古墳群。

a13

古墳の周囲には赤い埴輪が並べられ、斜面は石で覆われていた。

a14

横に張り出した部分は何?

a15

「造り出し」と言い、形象埴輪を並べている。

a16

形象埴輪:
家・人物・動物・器物などをかたどった埴輪

「造り出し」では祭りごとがされていたのではないかと推察されている。

a17

古墳の夢を見るほどタモリさんも古墳好き。

a18

ホタテガイの形をしている前方後円墳もある。

a19

雨が止んだので、ドローン撮影開始。

a20

ドローンで撮影した仁徳天皇陵古墳。

a21

お堀の最大幅100m。

a22

ホタテ型古墳からのホタテのロックンロールw

a23

伝説的番組となった「オレたちひょうきん族(1981~1989年)」から生まれた「ホタテのロックンロール」。
ホタテマンに扮した安岡力也が歌った。

a24

仁徳天皇陵古墳の端は緩やかな下り坂になっていた。

a25

古墳は小高い場所に造られていた。

a26

直線状の高低差と言えば、断層。

a30

緩やかな断層はある?

a27

緩やかな断層=撓曲(とうきょく)

a28

地盤が柔らかいと”ふにょっ”と緩やかに曲がる。

a29

なぜこの場所に古墳群が造られたのか?

a34

5世紀頃、まだ日本は統一されていなかった。
当時の日本の一大勢力は奈良盆地にあったヤマト王権。

a31

堺はヤマト王権の海の玄関口だった。

a32

巨大古墳の威容でヤマト王権の力を誇示していた。

a33

続きを読む

このページのトップヘ