Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ブラタモリ

天城越えの革命とは、旧天城トンネル。
現存しているものでは日本最長の石造りのトンネル。

a1

天城山隧道
全長約446mの石造りトンネル
明治38年に開通した

a2

路線バス(大正5年):
大仁~下田を3時間でつなぎ
1日がかりの山越えを一気に短縮した

a3

天城山隧道はそれまで分断されていた伊豆の北と南をつなぐ、歴史的な大事件でした。

a4

石造りのトンネルを見てみます。

a5

石を積み上げて作ったトンネル。

a8

真ん中にある石が要石。
要石で左右に重力を分け合う。

a6

下から石を積み上げ、最後に要石をはめ込みます。
要石は石の押し合う力を受け止め、アーチを支えています。

a9

使われている石は35000個以上。

a10

完成まで4年の歳月を費やす。

a11

標高1000m以上の天城山の過酷な自然が立ちはだかりました。

a12

冬は3m以上のつららができる。

a13

極寒の天城山隧道。

a14

オバケもでる?

a15

トンネルは南と北の両側から同時に掘られた。
しかも重機はないのでほとんどがが手掘り。

a16

それでもズレはほとんどない。

a17

やっと南伊豆に。

a18

さっきと同じように見えるが、トンネルの南側の入り口
これだけの石をどこから運んできたのか?

a19

戦争などがあって資料が残っていない。

a20

石をよく見るとどこから来たのかがわかる。
緑色の石?

a22

またしても海底火山。

a23

凝灰岩:
水中に堆積した火山灰などが固まった石

a21

おそらく近所で調達した石。

a24

山道を登っていた時に話していたように、海底火山の石はもろい。

a25

続きを読む

先週の続きです。

a1

浄蓮の滝からスタート。

a2

旅のお題をおさらい。

a4

確かにこの歌を聴いた時、「なぜ越えたい?」とは思ったw

a3

浄蓮の滝の傍のわさび田にやってきました。

a5

わさび農家の安藤さんにわさびを採ってもらう。

a6

1年3か月もののわさび。

7

2年以上たった巨大わさび。

a7

大きくても味は変わらないが、大きすぎるものは市場には出ない。

a8

天然のわさびは山の中にあるが、鹿が食べてしまう。

a9

先週は「滝とわさびは関係がある」という話でした。

a10

なぜ湧き水がわさび栽培に良い?

a11

わさびは水温が12~13℃の狭い範囲でないと育たたない。

a12

水温が一定に保たれている湧き水はわさび栽培に適していた。

a13

わさび田分布図。

a14

湧き水は溶岩の端や崖が崩れた端から湧いているので、深い谷の中にわさび田を作ることになる。

a15

わさびを作るために、伊豆の人々は険しい天城山に分け入った。

a16

試食コーナー。

a17

本日のメニューはわさび丼。

a18

まずわさびをする。

a19

すりおろしたわさびに砂糖を加える。

a20

醤油とたっぷりの鰹節も加える。

a21

座布団1枚!w

a22

わさび丼ができました。

a23

鼻の奥にツン。

a24

こっちもツン。

a25

腹ごしらえもして、いよいよ天城越えです。

a27

オープニング。

a28

続きを読む

人を寄せつけない険しい天城山。

a3

どうして人々はそんな難所に分け入ったのでしょう?

a1

タモリさん一行は宿の中を上ったり、上がったりするw

a2

宿のとある部屋で待っていたのは、歴史研究家の橋本敬之さん。
人々が天城山に分け入った理由がわかる資料を持ってきてくれました。

a4

豆州天城山見取絵図(複製):
江戸中期に作られた天城山の地図

a5

「飛び出す絵本」は江戸時代からあった!w

a6

幕府がこれだけ詳しい地図を作ったのは、ある恵みを求めるため。

a7

恵みとは、木材とそれからとれる薪と炭。

a9

天城の語源は、雨の木。
*諸説あります

a8

太平洋からやってくる湿った海風が標高の高い天城山に吹きつけ、山頂に雨雲ができやすくなる。
年間降水量4000㎜以上。

a10

その雨が育てたのが質の良い木材。
天城は木材の一大供給地になりました。
だから、人々は険しい山奥に分け入ったのです。

a11

木材のほかにも恵みがあるが、答えは後ほどのお楽しみ。

a12

ところで、この部屋は名曲「天城越え」にゆかりのある部屋。

a13

この部屋で「天城越え」が作詞作曲された。

a14

作詞の先生が天城山を歩いてくるたびに詞が増えていった。

a15

恨んでも恨んでも躰うらはら!

a16

盛り上がる作詞の先生w

a17

このへんを歩いていると、ムラムラするのかもしれないw

a18

天城越えをしたくなったタモリさんw

a20

ということで、タモリさんたちは天城の人気観光スポットに向かいます。

a21

「天城越え」の歌詞にも登場する「浄蓮の滝」。

a22

ここで伊豆の人々が山奥で得た「恵み」がわかる。

a23

途中でタモリさんの高校の後輩とすれ違う。

a24

続きを読む

月ケ瀬梅園からスタート。

a1

眼前に広がる天城連山。

a2

現在位置確認。

a4

天城と言えば石川さゆりの「天城越え」。

a3

ということで、旅のお題も「どうして越えたい”天城越え”?」。

a5

案内人は「熱海」の回にも出演した伊豆半島ジオパークの鈴木雄介さん。

a6

天城山は連山の総称。
一番高い山は、万三郎岳(1406m)。

a7

天城越えは三島から下田を結ぶ下田街道の一部。

a8

大ヒット曲「天城越え」の歌詞。

a9


結構物騒な歌詞だったw

a10

天城越えを熱唱する石川さゆり。

a11

あいにくの雨なので恒例のパネル撮影w

a12

真ん中に折り目がついちゃってるw

a13

天城越えのルートを確認。

スタートは伊豆半島のほぼ中央に位置する湯ヶ島。

a14

険しい山あいを登ります。

a15

標高900メートルの壁がゆくてを阻む。
江戸時代は決死の覚悟でけもの道を登りましたが、

a16

現在は何度も折れ曲がるつづら折りの道で標高700メートルほどの峠を越えていきます。

a17

峠を越えれば河津につきます。

a18

改めて、なんで天城を越えたい?

a19

#104 伊豆

a21

まずタモリさんたちがやってきたのは、天城越えのスタート地点、湯ヶ島。
ここで天城山誕生の秘密を探ります。

a22

狩野川

a23

水源は天城山。
太平洋側で南から北に流れる川は珍しい。

a24

湯ヶ島:
江戸時代は”天城越え”の宿場町
明治以降は人気温泉街に

a25

続きを読む

続いてやってきたのは宇治橋通り
室町時代から続くお茶の町のメインストリートです。

a1

ここを歩くと、宇治が天下一の茶どころとして栄えた理由がわかります。

a2

お茶のぱん。

a3

この建物の中にお茶で大きく繁栄した痕跡がある?

a4

左端の天ぷらさんの梁。

a5

隣の喫茶店の梁と天ぷら屋さんの梁は一つのものだった。

a6

長屋門:
江戸時代の上級武士の屋敷にみられる両側に居住スペースを持つ門

a7

この数軒並ぶ建物は、

a8

かつてはこのような長屋門だった。

a9

長屋門には茶師が住んでいた。
茶師とはお茶を扱う商人のこと。

a10

茶師はどこにいるのでしょうか?

a11

茶師は特権階級。
名字帯刀を許されていた。

a12

刀を脇に置いている茶師発見。

a13

宇治は幕府の直轄地。
将軍家にお茶を納める重要な場所だった。

a14

続いてタモリさんたちがやってきたのは宇治の町の南側。
ここで宇治茶のおいしさを生む栽培方法を探ります。

a15

室町時代から続く奥の山茶園
抹茶の原料「碾茶」を栽培しています。

a16

お茶の木はひと月ぐらい日陰で育てる。

a17

お茶のうま味成分テアニンは、

a18

日光が当たるとカテキンという渋みの成分に変わってしまいます。

a19

そこで、新芽の出る4月に覆いをかけ、うま味成分がより残るようにします。

a20

昔はよしずで覆い、その上に藁をかけていた。

a22

今ではほかの産地でもこの覆下(おおいした)栽培は行われているが、江戸時代には宇治のブランドを守るため、覆下栽培は宇治でしか認められていなかった。

a23

新芽が出始める頃はよしずで覆う。

a24

新芽がある程度成長すると藁を載せて日光の当たる量を調整します。

a25

簀下10日、藁下10日。

a26

宇治茶のおいしさの秘密は遮光によって旨味を引き出すという栽培法にありました。
しかし、宇治茶が天下一になった理由はこれだけではありません。
さらなる秘密は茶園がある地形にあります。

a27

続きを読む

このページのトップヘ