Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ブラタモリ









洞窟の中で見た断層は、秩父盆地の南側の際のもの。

c1

東側の際にも断層があります。

c2

この2か所の断層が生み出した日本を盛り上げたものとは?

c3

タモリさんたちは東側の断層から3km離れた市街地にやってきました。

c4

ここを案内するのは、小鹿野高等学校の小幡喜一先生。

c5

秩父には34か所の札所があります。

c6

札所:心の安らぎを求めて巡礼するお寺やお堂
参拝のしるしに札を納める
四国は八十八か所が代表的

c7

江戸時代広く知れ渡っていた「日本百観音霊場」は、3つの巡礼コースからなります。

c8

清水寺を含む西国三十三か所と浅草寺を含む坂東三十三か所。

c9

そして、三つめは秩父三十四か所です。

c10

実はこの秩父の札所は断層と深い関係があります。

c11

秩父の札所19番、龍石寺にやってきました。

c12

岩が露頭している。

c13

江戸時代の記録では龍石寺は岩の上に直接建っていた。

c14

不自然に表れている岩は何なのか?

c15

外から見ると寺が岩の上に建っているのがわかる。

c16

ところどころチャートがある。

c17

この寺は盆地の東側の断層によって生まれたもの。

c18

今いる場所は断層から3km離れていますが、岩は断層の硬いチャートと小石が混ざっています。
なぜなのか?

c19

東の断層が上がった時にがけ崩れがあり、大量の土砂が3km離れたここまで流れてきた。

c20

1600万年前、秩父は海の底だった。

c21

南と東の断層が動く。

c22

その際、東の断層にがけ崩れが起きる。
粉々になったチャートは土砂を巻き込みながら3km先までたどり着く。

c23

海の堆積物が厚く積もり、その重みで時間をかけて硬い巨大な岩の塊になる。

c72

やがて土地が隆起して秩父は陸地になる。

c25

川が流れて浸食が始まる。

c26

堆積物は削られていくが、硬い岩の部分は残り、姿を現す。

c73

断層によってできた珍しい地形を昔の人は畏敬の念をもって接した。
そして、札所になった。

c29

秩父には断層など自然が生み出した不思議な地形がたくさんある。

c30

続きを読む









荒川にかかる秩父公園橋からスタート。

c1

地質や地学に興味がある人なら、秩父は必ず来る場所らしい。

c2

秩父といえば芝桜が有名。
一応知識はあるが、秩父初訪問の二人。

c3

埼玉県の西、関東山地にある秩父。
都心から特急電車で1時間半。

c4

年間900万人が訪れる関東有数の観光地です。

c5

秩父公園橋と撮影隊。

c8

秩父盆地の景色。

c7

四方を山で囲まれた盆地です。

c12

旅のお題「秩父はず~っと日本を盛り上げた!?」

c9

そう言われてもピンとこないw

c10

案内人は埼玉県立自然博物館の井上素子さん。
秩父の地形や地質に詳しいそうです。

c11

秩父といえば、名峰武甲山。
あいにくの天気で見えない。

c13

晴れているときの武甲山。

c14

削られている?

c15

大正時代からセメントの原料になる石灰岩の採掘がはじまる。

c16

昭和30年代には全国1位の採掘量を記録。
今までに5億トンの石灰岩が掘り出されています。

c17

武甲山の石灰岩から作られたセメントが高度経済成長期のインフラ整備に使用されました。

c18

秩父の武甲山は都市の発展を盛り上げていった。
確かに関東の人間の脳裏には必ず刻まれている”秩父セメント”の名。

c19

石灰岩はサンゴからできる。

c20

ということで、秩父の地質や地形を学びながら、秩父がどのように日本を盛り上げていったのかを見ていきます。

c21

まずタモリさんたちがやってきたのは武甲山のふもと
なぜサンゴでできた石灰岩が山奥にあるのかを解き明かします。

c22

高さ65mの自然の崖。

c23

石灰岩は近江アナの予想と異なり硬い。

c24

一方で火山帯を作っている玄武岩もある。

c25

続きを読む









タモリさんたちが次に向かったのは禅林街の入り口にある、刀鍛冶をルーツにもつ鍛冶屋さん。

h2

現在は剪定バサミを作っています。
サムライが作った宝④ 剪定バサミ

h3

木もスパッと切れる切れ味。

h4

このハサミを使う弘前の宝を探しに、長勝寺の南に広がる住宅街にやってきました。

h6

宝とはリンゴのこと。
サムライが作った宝⑤ リンゴ

h7

刀鍛冶が開発した剪定バサミは、実はリンゴ専用のもの。

h5

リンゴ農家の工藤貴久さんに案内してもらいます。
弘前は市町村別リンゴ出荷量全国1位。
年間6億個生産しているそうです。

h8

効率良くリンゴを収穫する工夫が”芯止め”。

h9

真ん中の幹を切ってしまう”芯止め”で枝が横に伸び、農家は楽に収穫することができます。
また”芯止め”によって根が活性化するので、木が長生きできます。

h10

実はリンゴとサムライには深い関係がある。

h11

その関係を知るために工藤さんのお宅にお邪魔しました。

h12

刀…。

h13

工藤家は代々武士の家柄だった。

h16

弘前のリンゴ栽培が始まったのは140年前。
明治維新で職を失ったサムライへの失業対策がきっかけでした。

h19

菊池楯衛:リンゴの開祖と呼ばれる弘前藩士
接ぎ木で苗を増やす方法を確立

h15

増やした苗を農家に提供し、リンゴ栽培を弘前一円に広めました。

h17

工藤家所蔵の弘前藩に伝わる罪人の縛り方を解説した巻物。

h20

縛り方は罪人の身分によって異なる。

h21

目的が違う縄師w

h22

なぜか長野生まれの̪シナノゴールドをご馳走になる。

h25

アップルカッターなら一発で切れる。

h26

絶妙な甘さ。
食感も良い。

h24

よその家で食べるリンゴはおいしい説w

h27

続きを読む









弘前城からスタート。

h1

タモリさんは半世紀ぶりの弘前訪問。

h2

近江アナはリンゴのイメージで赤い服をチョイスw

h3

天気に恵まれ、岩木山がきれいに見えます。
岩木山:標高1825m
愛称は津軽富士

h4

タモテバコ弘前バージョン。
リンゴと桜があしらってあります。

h5

旅のお題は「サムライが作った弘前の宝とは!?」。

h6

案内人は弘前博物館の棟方隆仁さん。

h7

最初に案内されたのは弘前城の天守。
タモリさんは櫓だと思っていた。

h8

地味すぎる天守閣

h9

表側は天守閣っぽい。

h10

サムライが作った宝① 弘前城
慶長16(1611年)築城
江戸時代の天守が残る数少ない城として高い価値

h11

表と裏で造りが違うのは、経費節約のため。
東北の諸藩は慢性的に財源不足だった。

h12

津軽人は、ええかっこしいでお調子者で頑固w

h13

低すぎる石落とし。

h14

天守閣の現在の場所。

h15

元の場所。
天守の下の石垣の修理のために2年前一時的に現在の場所に移動させたそうです。

h16

曳家:建物を解体せずそのまま移動させる

h17

70日かけて80m移動させたそうです。

h18

タモリさんと近江アナは特製ヘルメットをかぶって石垣の修復工事を見学します。

h20

弘前城 石垣修理工事:天守下の石垣を高さ10m幅110m、石の数3000個にわたり修理
2023年完成予定

h21

軍手もお洋服の色に合わせてコーディネートw

h22

重さ2tの石の石引きに挑戦。
3人ではびくともしない。

h23

7人だと割とスムーズに動く。

h24

次にタモリさんたちが向かったのはお城から南西に1km離れた場所。
有名な長勝寺(1528年創建 藩主津軽氏の菩提寺)はスルー。

h25

続きを読む









タモリさんたちは再び氷川神社の近くに戻ってきました。

om43

大宮アルディージャの本拠地、NACK5スタジアム

om44

先生はレッズファンw

om45

タモリさんたちがいるのは、氷川神社のすぐ東にある大宮公園。
この公園の中に大宮に駅ができた理由がわかる場所があります。

om4

この石は何か?

om5

石灯籠もある。
ということは、昔庭だった?

om6

大正期のこのあたりの見取り図をみると、料亭がいくつもある。

om7

丘の上の料亭街と駅には何の関係があるのか?

om8

駅を誘致するため、大リゾート開発プロジェクトがおこなわれた。

om9

地元主導のリゾート計画によって明治18年、大宮に待望の駅ができました。

om11

明治の終わりから昭和の初めにかけて、大宮は素晴らしい眺望が評判の人気リゾート地だったのです。

om12

数々の文化人が大宮を訪れていた。
森鴎外はここを舞台にした小説も書いている。

om13

横顔の写真が印象的なあの人w

om14

帝大生時代、正岡子規も夏目漱石を誘って大宮にやってきた。

om15

多くの明治の文豪たちが大宮を訪れていた。

om16

近江アナにお仕事依頼。

om17

田山花袋の随筆「東京近郊一日の行楽」。

om19

大宮公園は明治のデートスポットだった。

om20

昭和初期の大宮公園を描いた絵。

om22

今でも赤松の林がある。

om23

大宮公園は氷川神社の森だった。

om24

ここまでは大宮に駅ができなかった理由と駅ができた理由。
ここから先は、大宮が「鉄道の町」になった理由を紐解きます。

om25

続きを読む

このページのトップヘ