Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ブラタモリ


鬼押出し園からスタート。

a1

相撲の決まり手みたいな”鬼押出し”w

a2

めっちゃ押し出したんだろうなw

a3

一面溶岩がゴロゴロしている世界。

a4

案内人は日本大学の安井真也先生。
専門は火山地質学。

a5

あいにくのお天気で浅間山は見えません。

a6

ということで、恒例のパネル撮影。

a7

晴れていればこんな感じ。

a8

鬼押出しは天明の噴火で流れてきた溶岩。

a9

活火山の浅間山は天明3年(1783年)に大噴火を起こしました。
新暦5月9日から8月5日まで約90日間続く。

a01

8月4日にクライマックスを迎えた天明の大噴火。

a11

クライマックスの噴火を描いた当時の絵図。

a12

しかし、それは終わりの始まりだった…。

a13

8月4日18時からの24時間で、不可解で謎だらけの出来事がいくつも起こりました。

a14

お題出すのを忘れてましたw

a15
  
ということで、お題は「江戸時代の大噴火!衝撃の1日に何があった?」。

a16

鬼押出し溶岩はラスト1日のプロローグ(序章)。
ド派手なオープニング。

a17

鬼押出し溶岩は赤い。
→酸化した鉄→溶岩が空気に触れている

a18

一度空気に触れたマグマのしぶき(溶岩噴泉)が溶岩となって流れ出している。

a20

江戸時代の絵図を見ると、天明の大噴火は溶岩噴泉とプリニー式噴火が同時に起きたらしい。

a21

想像再現図。

a22

タモリさんたちは鬼押出し園から西へ2キロの場所に移動。
さらなる謎だらけの出来事に迫ります。

a23

ヒカリゴケが付いている穴。

a24

あたり一面に大小様々な穴が空いている。

a25

”樹型”と言って、溶岩で焼かれた木の跡が穴となっている。

a27

流れてきた高温の溶岩で木は黒焦げになる。

a32

あとに空洞が残る。
これを溶岩樹型という。

a33

ハワイの樹型には樹皮の跡が付いているが、ここの樹型にはそれがない。

a34

溶岩ではなく、火砕流でできた樹型かもしれない。

a37

ただ、火砕流は普通凄まじいスピードで通過するので、木はなぎ倒される

a36

火砕流で樹型ができたのは世界でもたぶんここだけ。

a26

現在もこの樹型の謎の解明がおこなわれています。

a35

続きを読む


先週に引き続き、比叡山です。

a1

琵琶湖に架かる虹。

a2

タモリさんたちは延暦寺の西塔というエリアにやってきました。

a3

延暦寺西塔の案内人は、比叡山延暦寺の磯村良定さん。

a4

僧たちの修業の場、にない堂。

a5

先週はここまででした。

a6

通常非公開の比叡山の修業の場。

a7

常行三昧:
阿弥陀仏の周りを念仏を唱えて歩き続ける修行

a8

3ヶ月間ひたすら念仏を唱えて歩き続ける。

a9

食事とトイレと沐浴以外は常行三昧。

a10

意識が飛んだまま歩き続けるので壁にぶつかる。
日本企業のブラック体質はこういうところから来ている?

a12

この暗さの中で修行をおこなう。

a13

タモリ修行中。

a14

こんなこと90日もできませんw

a15

ちゃんと修行すると目の前に仏様が現れるらしい。

a16

普通の人は雑念や疑念が湧いてくる。

a17

ベテラン演者の考えることw

a18

修業をすることで、僧たちは自分の中の輝きを導き出せると考えた。

a19

建物にも修行を大切にする気持ちが現れている。

a20

シンメトリーの建物が渡り廊下でつながっている。

a21

右側が法華経を教える法華堂。
左側が念仏を教える常行堂。
法華経と念仏が同等に扱われている。

a22

最澄は唐から様々な教えを持ち帰っていた。

a23

様々な教えから様々な宗派が生まれる。

a24

比叡山発祥の”アレ”とは?
タモリさんたちが向かったのは、延暦寺の境内の一つ、横川エリア。

a25

比叡山はおみくじ発祥の地。

a26

お賽銭を借金する人w

a27

おみくじは中にある。

a28

気軽にやるなよ、とw

a29

おみくじを引く前に悩みを書く。

a30

続きを読む


滋賀県の大津からスタート。

a1

他県民の滋賀県のイメージw

a2

琵琶湖越しに比叡山を望む。
比叡山は京都と滋賀の県境をまたいでいる

a3

旅のお題は「比叡山はなぜ”母なる山”になった?」。

a4

案内人は大津市歴史博物館の高橋大樹さん。

a5

広辞苑の「山」の項目を見ると、「山」は比叡山及び延暦寺を意味する。

a6

山といえば、比叡山。
サングラスといえば、タモリw

a7

鎌倉仏教の偉人たちは比叡山から輩出された。

a8

ということで、比叡山・延暦寺を目指します。

a9

ケーブル坂本駅から延暦寺へ。

a14

ケーブルカー。

a10

昭和2年開通。
日本最長のケーブルカー。

a11

すでに延暦寺の境内に入っている。

a13

延暦寺の境内はほぼ新宿区ぐらい。

a12

延暦寺は100を超えるお堂や修行道場の総称。

a15

法然、親鸞など浄土教系の僧侶が鎮座。

a16

日蓮、道元、栄西など禅宗や法華経の僧侶たち。

a17

東塔の大講堂には仏教オールスターが集合している。

a18

比叡山・延暦寺を開いた最澄。
最澄(767~822年):
天台宗の開祖
唐から仏教を伝える

a19

タモリ氏開運の鐘をつく。

a20

1打50円ですw

a21

先に言ってよw

a22

比叡山延暦寺の総本堂、根本中堂。
ここでは最澄の教えがよくわかります。

a23

根本中堂は国宝。

a24

不滅の法灯。
最澄が比叡山に登ったときに灯された明かりは1200年間ずっと灯し続けられている。

a25

灯火が消えないように油が継ぎ足されている。

a26

ここから「油断」という熟語が生まれる。

a27

油を断って火が消えてしまうと、最澄の大事な教えも途絶えてしまう。

a28

仏像が安置されている場所は3メートルほど低くなっている。

a29

仏像と参拝者が同じ目線になるようにしてある。
最澄の教えがこの建物で表現されている。

a30

めったに見られない最澄の直筆。

a31

きちっと整った字。

a32

最澄のサイン。

a33

照千一隅。

a35

自身が輝き世の中を照らす存在たれ。

a36

続きを読む


タモリさんたちは京都御所の北側にやってきました。

a1

この道は昔用水路だった。

a2

鴨川の水を京都御所まで運んだ御所用水。

a3

防火が主な目的。

a4

御所用水の跡をたどる。

a5

川ではなく、川の跡が大好き。

a6

相国寺:1382年 足利義満が創建
臨済宗相国寺派の本山

a8

庫裡:寺の台所
相国寺では事務所などへの玄関口となっている

a9

しょうもないウソをつくw

a10

相国寺の事務所の荒木さん。

a12

特别に非公開エリアへご案内。

a13

開山堂庭園。
いわゆる枯山水。

a11

庭園の龍淵水。
これが御所用水の一部だった。

a14

かつては水が流れていたが、昭和10年頃に水が枯れてしまう。

a15

御所用水は庭園の水にも使われていた。

a16

枯山水なのに水が流れていた。

a17

京都御所に戻り、御所用水の跡をたどる。

a18

京都御所敷地内の御所用水の痕跡。

a19

御所用水の跡をたどると、その先には水をたたえた雅な庭園。

a20

続きを読む


夏休み明け第1弾は、京都御所。

a1

現在位置確認。
京都御所は京都駅のほぼ真北。

a2

今回のお題は、「天皇の住まいはなぜこの場所だった?」

a4

京都御所はなぜ平安京の北東の隅にある?

a3

案内人は京都町歩き団体主宰の以倉敬之さん。

a5

約500年間、73代もの天皇が暮らしてきた京都御所。
なぜこの場所にあるのでしょうか?

a7

第142回 京都御所

a6

タモリさんたちがまず向かったのは、かつての天皇の住まい、大内裏の跡。

a8

頭上からの不意打ちw

a9

なぜ一般人は芸能人に「頑張って」と声をかけるのか問題。

a10

狭い路地に入ってゆく。

a11

段差発見。

a12

これはあるお城の堀。

a13

聚楽第はこんなところにあった?

a14

約430年前、豊臣秀吉が大内裏の跡地に建てる。
敷地面積10万5000㎡の広大なお城。

a15

関西なので甲子園球場が面積の目安w

a16

聚楽第よりさらに大きい大内裏。

a17

大内裏は聚楽第の約16倍。
甲子園球場でいうと、48個分どすな。

a18

平安後期、白河法皇も「ここはちょっと広すぎる」とぼやいていた。

a19

今の家の住みたくなくなったらどうしますか?

a20

引っ越しを考える林田アナ。

a21

土地の部分売却で現金化するタモリ。
金持ちの発想w

a22

天皇は親戚筋の貴族の家を転々としていた。

a23

天皇は引っ越し魔だった。

a24

転がり込まれた方も嫌とは言えないし、丁重に扱わないといけないし、面倒だったろうなあ。

a25

それにしても天皇の転居先が左京に集中しているのはなぜ?

a23

続きを読む

このページのトップヘ