Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ブラタモリ









タモリさんたちは再び黒部ダムに戻ってきました。
ここからは、秘境ゆえのダムづくりの工夫に迫ります。

k1

前回の放送でもタモリさんが持っていた疑問。
黒部ダムのアーチはなぜ両岸についていないのか?

k2

まずアーチ式ダムの仕組みをコインとはがきで実験。
コインは水圧、はがきはダムと考えます。

はがきが平らな状態でコインをのせると、コインの重みではがきはすぐにたわんで崩れてしまいます。

k3

しかし、はがきをアーチ型にすると、コインの重みを両側で支えるので、簡単には崩れません。
これがアーチ式ダムのメカニズムです。

k4

ところが黒部のダムはアーチの両端が岸につかず、「く」の字型になっています。
なぜなんでしょう?

k5

なぜなら谷があるため、ダムの水圧を受け止めきれないから。

k6

そして、ダムはやや前かがみにつくってある。

k8

より強固な岩盤に力を伝えるため、前傾姿勢にして力が下方にかかるようになっている。

k7

ダムの両端を「く」の字型にすることで、谷から離れた場所で水をせき止めるとともに、上部の岩盤に負担を与えないようにしている。

k9

黒部ダムはアーチ式と重力式の複合型。

k14

話が専門的すぎてついていけない近江アナw

k10

重力式ダムはコンクリートをたくさん使って、その重みで水圧を受け止めます。

k13

秘境につくられた黒部ダムは資材の運搬を少しでも減らすため、コンクリートが少なくてもすむアーチ式をベースに設計されました。
しかし、ダムの両端は現地の岩盤や地形に合わせて重力式にしました。

k12

黒部ダムに拍手w

k15

黒部ダムは建設中に大きなピンチに見舞われました。

k16

フランスで、同じアーチ式のダムが決壊。
およそ500人の死者・行方不明者を出す大惨事となりました。

k17

この事態を受け、建設費の一部を融資していた世界銀行が「ダムの高さを低くするように(186m→150m)」という勧告をしてきました。

k18

このピンチを技術者たちはどうやって乗り越えたのでしょう?

k19

タモリさんたちはそれがわかる場所に行きます。

k27

普段は関係者しか行けないところ。

k21

迷路のような通路。

k22

続きを読む









黒部ダムの上からスタート。

k1

今回はさらに上を目指すようです。

k2

タモリさんは高所恐怖症なので尻込み。

k4

ちょっとSがはいる近江アナw

k3

水しぶきが上まで上がってきている。

k7

恐々放水をのぞく。

k6

観光放流は6月26日~10月15日だそうです。

k8

案内人は先週に引き続き関西電力の上坂薫さんです。

k10

これからタモリさんたちが向かうのは大観峰。
ここの展望台からは黒部の地形を一望できます。

k11

タモリさんブルーw

k12

ケーブルカーの黒部湖駅

k13

メンテナンス担当の窪田さんがお出迎え。

k15

ケーブルカーで黒部平駅に行きます。

k16

タモリさん弱気w

k14

標高差373m。

k21

最大傾斜31度。

k18

全線地下式ケーブルカーは全国でここだけ。

k19

一難去ってまた一難w
黒部平駅からロープウェイに乗ります。

k20

駅から見るロープウェイの景色。

k22

乗りたくない…w

k23

紅葉シーズンのロープウェイ。

k24

続きを読む









水力発電はどうやって電力をつくるのか?

k1

近江アナ概ね正解。

k2

水車(水力タービン)を回して発電させる。

k3

放水しているところに発電所はありません。

k4

ここではないとすればどこに発電所がある?

k5

下に降りてダムに近づく。

k6

➡のところも歩いて点検するらしい。

k7

大型ケーブルクレーンの土台


k8

両方に渡したケーブルでダムの本体に使うコンクリを運びました。

k9

こうした準備の作業だけで3年かかりました。

k10

タモリさんたちはダムの上にやってきました。

k11

青い矢印のところが取水口。

k12

黒部ダムの発電所は約10km下流にある。

k13

落差は545m。

k14

東京タワー(333m)のてっぺんから水をジャーw

k15

黒部ダムが秘境につくられた理由の一つは、大きな落差を得るためだった。

k16

さらに秘境につくられた理由は、「水の量」も関係がある。

k17

このダム湖には年間8億tぐらいの水が入ってきている。

k18

ところで、ここは別名「くろよん」。

k19

ということは、第2とか第3がある?

k20

ありました。
「くろよん」ができる前にも、黒部川流域にはいくつも発電所がつくられていました。

k21

黒部ダムができたことにより、下流にも安定して大量の水を流せるようになり、今や発電所は10か所にのぼります。

k22

第4発電所ができる前は23万kw。
できてからは90万kw。

k23

黒部ダムが秘境につくられた理由。
① 落差を得る

k24

② 大きな水がめを持つことにより、発電量を増やす

k25

黒部ダムが秘境につくられた理由は「落差」と「大量の水」。

k27

続きを読む










扇沢駅からスタート。

k1

黒部第4ダム=くろよん

k2

タモリさんは初訪問だが、NHKの黒部ダム特集をよく見ているので詳しい。

k3

プロジェクトXで盛り上がる二人。

k4

黒部ダムがあるのは富山県の南東部、北アルプスの山奥。
タモリさんたちは長野県の扇沢駅から黒部ダムを目指します。

k6

タモリさんはダム仲間もいるダム好き。

k7

旅のお題は「黒部ダムはなぜ秘境につくられた?」。

k8

案内人は関西電力の上坂薫さん。
黒部ダムの管理に携わって14年。

k9

黒部ダムは高度成長期の東京タワーや青函トンネル建設に並ぶ一大事業だった。

k10

NHKの特集を何度も見ているのでこのへんの事情には詳しいw

k12

高度経済成長に伴う深刻な電力不足。
特に関西では工場で週2日、一般家庭では週3日電力の使用が制限されました。

k11

やがてそれは社会問題までに発展。

k14

そこで秘境黒部に水力発電用巨大ダムを建設する一大プロジェクトが立ち上がりました。
工期7年、作業員延べ1000万人、総工費513億円。
昭和38年完成。

k13

いかに黒部が秘境だったかを示す写真。

k15

アップにすると岩をくりぬいた道を人が歩いている。

k16

その前は木を組んだ細い道を歩いていた。

k17

黒部は3000m級の山々に囲まれた深い谷。
そして急流黒部川。

k18

ダムの建設予定地に行くには崖沿いの細い道を進むしかありませんでした。

k19

現在のルート。
富山県側からなら、ケーブルカー→バス→トロリーバス→ロープウェイ→ケーブルカーと乗り継ぐ。

k20

タモリさんたちは長野県側からの出発なのでトロリーバスで黒部ダムを目指します。

k23

トロリーバス
電線からとった電気で走る乗り物
立山黒部ルートのみ運行

k24

かつては全国で活躍していましたが、交通渋滞の原因になることから昭和40年代には姿を消しました。

k25

法律上では電車(無軌条電車)に分類されている。

k26

扇沢駅から黒部に向かうトロリーバスは、平成30年11月で廃止。
以降は電気自動車になるそうです。

k27

先頭に乗りこむタモリさん。

k28

乗り物好きの小学生状態w

k30

近江攻めを画策していた案内人だが、ことごとくタモリに阻止されるw

k29

黒部ダムに向かうこのトンネルはかつてはダム工事用のものでした。

k31

建設資材を運び入れるため、全長5.4㎞のトンネルを掘ったのです。
しかし、トンネル開通工事は苦難の連続でした。

k32

このトンネル工事のたいへんさが全国に知られるきっかけになった映画「黒部の太陽」。

k33

黒部の太陽(1968年):
観客動員数733万人
興業収入16億円(現在の約80億円)を記録

k34

続きを読む









タモリさんたちがやって来たのは、城下町から東に20kmほど離れた海岸
ここで天然の良港の成り立ちについて学びます。

k1

案内をするのは高知大学の橋本善孝先生。
専門は地質学です。

k2

きれいな海岸線。

k3

海岸の岩を調べる。

ここは緑色岩という溶岩。

k4

チャートといえば近江アナw

k5

緑色頁岩は陸からの火山灰が風で運ばれて海の底にたまった堆積物。

k7

黒色頁岩は川などによって運ばれた陸からの泥。

k8

わずか十数メートルの間に様々な岩が見られる珍しい場所

k9

海岸にある岩はどれも元々は海の底に積み重なった地層でした。

k10

これらの地層は海のプレートによって運ばれ、大陸のプレートに潜り込むときに押し上げられました。

k11

高知の大地はプレートの力で押され続けているのです。

k12

海と城下町の間にある山もプレートの力でできたのです。

k13

マーガリンとナイフで実験。
マーガリンがプレートでナイフは高知。

k14

ナイフは固定してマーガリンを動かす。
マーガリンがナイフのところで盛り上がる。

k15

この盛り上がりが山。

k16

海底面の地形図を見ても、マーガリンのようなギザギザの盛り上がりが見られる。

k17

プレートの押しつける力によって、高知の全体的な地形が生まれました。

k19

山が川に侵食されることで、平地と太平洋を結ぶラインができました。

k20

この奇跡的な地形によって高知は海運の町になる。

k21

よって、プレート運動が坂本龍馬を生んだ(ちょっと強引?)w

k22

地質学的には、ここはプレートテクトニクスが実証された重要な地層。

k23

プレートテクトニクス:複数の動くプレートが地球の表面を覆っているとする理論

k24

高知の海岸を調べたことにより、日本の土台の大半をプレートが形作っていることが証明されました。

k26

ここは地質学の夜明けぜよw

k25

続きを読む

このページのトップヘ