Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ブラタモリ

タモリさんたちは阿寒湖にやってきました。

a34

養殖マリモは売店で売っている。

a35

海外で採取したマリモを丸めて売っているのが養殖マリモ。

a40

まりも会館。

a37

まりも湯。

a38

マリモだらけの町。

a39

色とりどりな宝No.4 緑のマリモ

a36

天然マリモの生育地へ。

a32

これが天然マリモ。

a41

天然マリモは6億個!

a42

バケツにでんと1個。

a43

なぜ阿寒湖のマリモは丸くなるのか?

a44

マリモになって考えてみるw

a45

マリモは回転することによって均等に育って丸くなる。
回転のメカニズムはまだ解明していませんが、風波や水流ではないかと言われています。

a47

阿寒湖は激しい火山活動によって複雑な形になっている。
そして火山活動は光合成に適した浅瀬も生み出した。

a46

研究用のマリモ作りに挑戦。

a48

研究用マリモの断片を集めて個体を判別するICタグを埋めこむ。

a49

丸めて完成。

a50

自分が作ったマリモに命名。

a53

タモリが作ったマリモだから、たまりw

a51

林田アナは女子っぽく、まりん。

a52

続きを読む

先週に引き続き摩周湖からスタート。

a2

旅のお題は「阿寒・摩周”色”とりどりな宝の秘密とは?」。
案内人は摩周湖観光協会の中嶋康雄さん。

a1

阿寒摩周国立公園。
4つの活火山と3つのカルデラ湖。

a3

色とりどりな宝No.1 摩周ブルー

a4

摩周湖の透明度は日本一。
だから、青い。

a6

色とりどりのジャケット。

a5

摩周カルデラは約7000年前の噴火でできた。
カルデラ湖としては比較的若い。
流入する川がないため濁りの原因となる土砂や栄養分が流れこまない

a7

タモリさんたちは摩周湖と阿寒湖の間にある活火山、アトサヌプリにやってきました。

a8

硫黄の匂いが立ち込める。

a11

色とりどりの宝No.2 黄色い硫黄

a10

アトサヌプリ(硫黄山):
大小合わせて1500以上の噴気孔がある

a14

噴気孔。

a12

硫黄の結晶。

a13

盛んに吹き出る蒸気。

a15

カメラも曇る。

a16

キュッキュッ。

a17

すぐ曇るw

a18

続きを読む

釧路湿原が湿原のままであり続けられるのはなぜか?
その秘密を探るため、タモリさんたちは湿原の西側に移動します。

その途中でバードウォッチング。

a1

丹頂鶴の親子連れ。
よ~く見ると、茶色のヒナがいます。

a2

列をなして飛ぶタンチョウ。

a3

ヒグマは怖いっしょw

a4

クマに会えるかもしれないw

a5

重装備にお着替え。

a6

ズブズブの湿原を歩く。

a7

川辺でジャンプ。

a9

川から気泡が出てくる。

a10

このあたりの土は泥炭。

a11

① 寒い地域の湿地では微生物の働きが弱く、枯れた植物は完全に分解されない
② 長い年月をかけて積み重なり
③ 泥炭になる

a12

4000年の歳月をかけ、4メートルの泥炭の層ができる。

a13

この泥炭こそが湿原を維持してきたカギ。

a14

謎の水たまり。

a15

林田アナを水たまりに入れてみる。

a16

ズブズブズブw

a18

底の感触はゼリー状。

a17

引き上げまーすw

a19

あちこちにある水たまりは、蛇行した川の跡。

a20

湿原には毛細血管のように細かく川と川の跡が張り巡らされている。

a21

泥炭は削られすいので、湿原の川は容易に流れを変える。

a22

川の流れは海側から山側に流れている。

a23

湿原の西側には砂丘があり、海側が高くなっている。
東側は山側が高いので、山側から海側に水が流れる。
これにより湿原の川の流れは複雑になり、湿原にくまなく水が行き渡るようになっている。

a24

続きを読む

今回は釧路湿原。

a1

釧路湿原をバックに自撮りしている人。
案内人かと思った。

a3

広い!

a4

旅のお題は「世界に誇る釧路湿原のスゴさとは?」。

a7

案内人は釧路国際ウエットランドセンターの新庄久志さん。
湿原は英語でウエットランド?

a8

現在位置確認。
北海道東部、4つの市町村にまたがる広大な釧路湿原。

a9

シツゲンと言えば…

a5

今年もいろいろありましたねぇw

a6

山手線がすっぽり入ると言われても見当がつかない。
寒いところは苦手だけど、見てみたいなあ。

a10

有名な尾瀬と比べても約28倍の広さ。

a11

全国の湿地の約3割は釧路湿原。

a12

もとは海だった釧路湿原。

a13

約6000年前、海の水が引き始めた頃、西側から砂丘が伸びて海岸線を塞ぐ。
海の底は周りの山から運ばれた大量の土砂で埋められ、水浸しの大地が残る。

a14

釧路湿原は日本で初めてラムサール条約に登録される。

a16

ラムサール条約:
水鳥など湿地の生態系を保護する国際条約
釧路湿原は1980年に登録

a15

第140回 釧路湿原

a17

釧網線:
釧路湿原のそばを走る
釧路~網走間を結ぶ鉄道

a18

釧路湿原駅。

a19

列車に乗ってもっと近くで湿原を感じます。

a20

タモリさんは5年ぐらい前にも釧網線に乗ったことがあるそう。

a21

湿地にある草だから、湿原
水位が地表付近で、樹木などの大型の植物が生育せず苔や草が生育している「自然草原」を湿原というようです。

a23

続きを読む

タモリさんたちは西軍の本陣から西北に1キロほどの場所にやってきました。

a1

鞍馬口通(くらまぐちどおり)。
実はタモリさんお気に入りの場所。
うまい蕎麦屋と漬物屋がある。
魚屋のポテトサラダも美味。

a2

温泉もあります。

a3

町の向こうに見える船岡山。

a4

西陣織発展のカギを握る船岡山。
標高約112メートル。

a5

船岡山を登る。

a6

頂上から京都市内を一望できる。
(あいにくのお天気ですが…)

a7

船岡山は京都の人たちにとって特別な場所。

a8

これは…

a9

チャート:
プランクトン(放散虫)の死骸が堆積してできた岩

a10

今回注目するのは、岩の種類ではなく岩の表面。

a11

この岩はもしかして信仰の対象?

a12

よーく見ると…

a14

仏様がいる。
彫られたらしい。

a13

船岡山は京都の人々にとって、「あの世の入り口」だった。

a15

もともと船岡山一帯は墓場に選ばれるような原っぱだった。

a16

室町時代以前、「あの世の入り口」だったなにもない原っぱ(紫)。

a17

何もなかったからこそ、西陣が大きく発展できた。

a18

西陣が発展した理由を納得。

a19

再び西陣の中心地に戻ってきたタモリさんたち。
江戸時代に西陣がどれほど繁栄したのかを確かめます。

a20

案内人は再び観光ガイドの鳥井光広さん。

a21

江戸時代に最も栄えた通り、千両ヶ辻。
1日千両(約6000千万円)の売上があったらしい。

a22

江戸の面影を残す千両ヶ辻の家屋。

a23

職人さんが作業中。

a24

江戸中期から280年続く帯問屋の10代目。

a25

続きを読む

このページのトップヘ