Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ブラタモリ





タモリさんたちは芦ノ湖をクルージング。

hako2
 
湖の中に鳥居。

hako3

女性に人気の神社?

hako4
 
九頭竜神社に到着。

hako5

屋根に注目。

hako8
 
ハートマーク?

hako6

猪目という文様がハートに見える。

hako7

ということで、縁結び、恋愛成就の神社になる。

hako9

実績もあります。

hako10

しかし、祀られている九頭竜こそが地獄の手がかり。

hako11
 
九頭竜とは芦ノ湖の神様。
「神様になる前は悪い毒竜で、野山を荒らし、荒波を起こし、人々を苦しめていた」という伝説があります。 

hako12
 
その毒竜が暴れまわった痕跡が今もこの湖に残っている?

hako13

タモリさんたちは毒竜が暴れまわった痕跡を探しに行きます。

hako14

毒竜の痕跡は水中にあるので、魚群探知機を使います。

hako15
 
高さ20mほどの物体。
これが毒竜の痕跡?

hako16

ダイバーが潜って撮影した映像。
木のようなものが見える。

hako17

芦ノ湖ができたのは3000年前。
この木は2100年前のもの。
ということは、水位が上がって森が水没したわけではない。

hako18
 
高さ20m、直径1mの巨木がなぜ湖の中に直立しているのか? 

hako19
 
この謎を解くカギは、正面にそびえる外輪山にあります。

hako21

答えは、地滑り。

hako22

大地震や大雨があると外輪山で地滑りが起きます。

hako23

地滑りによって、木も土砂と一緒に湖に沈んだのです。

hako24
 
地滑りによって津波も起こり、まさに毒竜が作る地獄のイメージ。

hako26

地滑りによって水や土の中に埋もれた木を「神代木」と言います。
この神代木は”あるもの”に生まれ変わります。

hako27

神代木を利用した”あるもの”とは?
その謎を解くためにタモリさんたちは温泉旅館にやってきました。

hako28

とっておきの場所にご案内w

hako30

残念ながら誰もいないw

hako31

露天風呂の壁。

hako32

続きを読む





大涌谷からスタート。

hako1

 
近江アナは箱根には20回ぐらい来ている超リピーター。
食べると寿命が7年延びるといわれる黒たまごを食べに家族で来るそうです。

hako2
 
タモリさんは初めての箱根。
大涌谷の景観に驚く。

hako3
 
タモテバコは箱根名物の寄木細工バージョン。

hako4

旅のお題は「箱根の地獄が極楽を生んだ!?」。

hako5

最初の案内人は箱根の火山を研究している萬年一剛さん。

hako6

今タモリさんたちがいる大涌谷はこのあたり。

hako7

 一昨年箱根で噴火があり、箱根が火山であることが知られました。

hako8
 
噴火が起きる1年前の様子。

hako9

今は噴煙が立ち昇っている。

hako10
 
噴火の規模としては比較的小さかったそうです。

hako11
 
箱根を描いた安土桃山時代の絵図。

hako13

昔の人は箱根の火山活動を恐れ、箱根を地獄に見立てていた。 

hako12
 
一方で、人間は箱根に極楽も作ろうとしていた。

hako14
 
箱根の極楽といえば、温泉。

hako15

萬年さんは地獄(火口)の見学許可申請をしたが、「バカ」と言われるw 

hako16
 
タモリさんたちは大涌谷の駐車場にある展望台にやってきました。

hako17
 
富士山がぼんやりと見える。

hako18
 
箱根にはあまり山のイメージはない。
箱根山という山はない。

hako19

箱根はいくつもの山々の総称。

hako20
 
周囲をぐるりと山々が連なり囲んでいる。

hako21

こういう山々をなんというか?
近江「外輪山」
正解!

hako22

外輪山の内側は?
近江「カルデラ!」
近江アナが賢くなっちゃうと、視聴者はちょっと寂しいw

hako23

箱根の外輪山とカルデラ。
範囲は南北8㎞、東西11㎞。

hako24

続きを読む




花街の移転と西楼門のズレはどう関係しているのか?

gion01

20世紀に入り、四条通に市電(路面電車)が開通。

gion62

明治以前の道幅(赤)。

gion61

市電が通るので、道路を北側に広げた。

gion60

道路の拡張に伴い、風景を整えるために西楼門が道路の正面になるように移した。

gion63

市電が通り、四条通は老若男女誰しもが行きかう街になっていった。
そこに花街があるのは風紀上よろしくない。

gion64

大正元年、四条通に面したお茶屋は営業禁止に。

gion65

 一力亭の玄関も花見小路側に移される。
花街が四条通の南側に移転した理由は、京都の近代化にありました。

gion66

ところで、花街はなぜ祇園と呼ばれているのか?
八坂神社で、その由来がわかるそうです。

八坂神社は祇園社?

gion68

 この石灯籠はペリーが来航した江戸時代後期のもの。
 
gion69

江戸時代、ここはお寺と神社がセットになって「祇園社」と呼ばれていた。

gion70

 江戸時代の祇園社。

gion71
 
祇園(精舎)は仏教寺院を意味する仏教用語。 
明治の廃仏毀釈により、「祇園」の名を冠することをやめた。

gion72

鎌倉時代に建仁寺ができるまで、祇園社の境内は広大(オレンジ)だった。
花街があるあたりを祇園と呼ぶのは当然のこと。

gion73
 
タモリさんたちは祇園社の時代に建てられた本殿を見に行きます。
本殿の中はテレビ初公開。

gion74

 まずは参拝。

gion75
 
この本殿は神様を祀る建物(神殿)と人が拝むための建物(拝殿)が一体になった神社としてはとても珍しい造り。

gion76
 
この本殿の造りは「祇園造」と呼ばれる。
神仏習合時代の名残があるとても貴重な建築様式。

gion77
 
ところで、花街のシステム(分業制)の始まりはどうだったのでしょう?
タモリさんたちは八坂神社の石の鳥居がある正門前の料亭中村楼にやってきます。

gion78

江戸時代初めのこのお店の様子を描いた絵。

gion80

お酒を飲んでいる。

gion81

当時大人気だったのが、赤いエプロン。
 
gion83
 
赤いエプロンをつけた女の子がお客の前で豆腐を切るパフォーマンスが超ウケた。

gion84

祇園は信仰の場でありながら、娯楽の場でもあった。

gion85

江戸時代使われていた包丁とまな板。
三味線の音に合わせて豆腐をトントン切っていた。

gion87

店に伝わる祇園豆腐を作ってもらいます。

gion88

お味噌が香ばしくておいしいそうです。

gion89

当初は門前で参拝客にお茶だけを出す店が、江戸時代初め、料理やもてなす女性、さらにはお座敷まで提供する店に代わります。

gion90
 
最初は一軒ですべてをまかなっていたのですが、お客さんのニーズに応えるために分業化していきました。

gion91

続きを読む




京都祇園・花見小路からスタート。

gion1

お昼になるとものすごい人出になるので、早朝ロケ。
現在午前7時半。

gion2

馬?

gion3

タモカメ舞妓さんバージョン。

gion4

旅のお題は「日本一の花街・祇園はどうできた?」。

gion5

近江アナは初祇園。
タモリさんも祇園でお酒を飲んだことはない。

gion6

最初の案内人は、生まれも育ちも祇園の太田磯一さん。

gion7

芸妓の豆六さん(左)と舞妓の豆千佳さん(右)。
舞妓さんは芸妓さんになるための修行中の身。

gion8

舞妓さんは昔の子供の恰好。
帯は「だらりの帯」。
自分の髪を結い、季節の花のかんざしを挿します。
芸妓さんになると髪はカツラになり、大人の姿に。

gion9

祇園は鴨川と八坂神社の間、四条通を挟んで北と南にあります。

gion10

 タモリさんたちは美しいたたずまいの南側の街並みを歩いてみます。

gion11

お茶屋さんの許可証。

gion12

お茶屋と言っても、お茶を売っているわけではないw

gion13

 お茶屋さんはお客さんがお酒を飲みながら、お座敷遊びをするところ。

gion14
 
ふらっと来て、気軽に立ち寄れる場所ではない。

gion15
 
もちろん、ブラタモリ様なので特別に中に入れてもらう。

gion16

お茶屋:お座敷があり、酒や料理とともに舞妓・芸妓の芸を楽しめる

gion17

舞妓・芸妓は普段はお茶屋さんにはいません。
デリバリーシステム?

gion18

舞妓さんたちがいる場所を見に花街を奥に進みます。

gion19

髪はいっぺん結ってもらったら一週間はこのまま。
寝るときは時代劇に出てくるような箱枕を使います。

gion20

タモリ「(2週間ぐらいシャンプーしなくても)大丈夫だよね」
豆千佳「そ、そうどすね…」

gion21

 ここが、豆六さんと豆千佳さんが普段いるところ。
二人は豆爾姐さんの妹分。

gion22

ブラタモリボケ担当w
舞妓さん、芸妓さんが住んでいるところは、「置屋」といいます。

gion23
 続きを読む




タモリさんたちは清水寺を出て、参道を下ります。

kiyomi95

参道は二つの川が削ってできた尾根の上に作られています。

kiyomi44

 有名な三年坂(産寧坂)は北側の谷底に下る坂。

kiyomi96

 三年坂を下ると、橋の痕跡がありました。

kiyomi46

土産物屋のおばちゃんが轟川だと教えてくれました。

kiyomi48

江戸時代の絵図の三年坂には轟川と橋が描かれていました。

kiyomi47
 
轟川は現在ほぼ暗渠になっていますが、八坂の塔までたどることができます。

kiyomi98

橋の痕跡に戻って、暗渠巡りスタート。

kiyomi50

マンホールから水が流れる音が聞こえる。

kiyomi97

途中で犬を散歩中のおじさんが暗渠のコースを全部教えてくれるw

kiyomi51
 
あのおじさんは川の妖精だった?w

kiyomi52
 
川の妖精の言ったとおりに歩くとゴールの八坂の塔に着きました。 

kiyomi53

 近江アナ、暗渠巡りの感想を聞かれる。

kiyomi54

ダウトw

kiyomi55

タモリさんたちは鴨川にかかる松原橋にやってきました。


kiyomi56

ここは清水寺の参道の出発点になります。

kiyomi60

遠くに清水寺が見えます。

kiyomi61

橋から清水寺までの道をかつては「清水坂」と呼んでいました。
坂は斜面という意味だけではなく、境目の「さか」でもある?

kiyomi64

空也上人で有名な六波羅蜜寺

近江「鳥が出てきてる」

kiyomi57

以倉さんにソフトにツッコまれるw

kiyomi58

「幽霊子育て飴」の看板。
このあたりにはそこかしかに「幽霊」の文字が見られます。

kiyomi62

鴨川は三途の川。
ここは生の世界と死の世界の境目と考えられていた。

kiyomi63

タモリさんたちはさらに明確なこの世とあの世の境目を見に行きます。
 
kiyomi65

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

kiyomi66

閻魔大王が鎮座しています。

kiyomi67

続きを読む

このページのトップヘ