「読書の秋です」と、言っている割には陽射し強め。
日傘をさして歩いている人もいました。

hon1
 
ゲストは大宮エリーさんとスピードワゴンの二人。

hon2
 
後で安斎肇さんもゲストで登場します。

hon3
 
最近、書店でよく見かける本タワー。
今回は有名書店の本積み名人たちに本タワー積みを競ってもらう、という趣向。

hon4
 
収録は8月だったのに、秋物を着て頑張っているスピードワゴン。
スピードワゴンは初タモリ倶楽部だそうです。

hon5

 まずは本タワー積み選手の紹介。

1番手は三省堂所属、母袋幸代さん(タワー積み歴10年)。
好きな本は時代小説。

hon8
 
ここで小沢の名言「面白そうな本ときれいな女性のスカートはまずめくってみろ」

hon7
 
全員リアクションに困るw
タモリ「悪くもないし、良くもない」

hon6
 
続いて、八重洲ブックセンターイトーヨーカドー八千代店所属、高田嘉正さん(タワー積み歴10年)。 
好きな本はバイオレンス系の小説。
性格は気弱だそうです。

hon11

3人目はブックエキスプレスエキュート赤羽店所属、成川大樹さん(タワー積み歴5年)。
今回唯一のアルバイト店員。
好きな本は漫画。
イケメンですが、しゃべるとなんか残念w

hon12
 
 「優勝したら正社員にしましょう」と、小沢が言ってますw

hon14

 タワー積みの目的について、母袋さんにインタビュー。

hon15

タワー積みにしておくと、お客さんが”何だろう”という好奇心で寄ってくるんだそうです(集客効果)。
上の写真は村上春樹さんの新刊。
2000冊入荷して、タワーが1日でなくなったそうです。 

ここで安斎肇さん登場。

hon16

タワー積みに使う本を持ってきてくれました。
全部売れ残った自分の本w

hon17

 ひたすら不思議なキャラだけが出てくる絵本。

hon19
 
安斎さんの作品集。

hon20
 
これはまだこれから売ろうとしている本です。

hon21
 
薄い、大きい、見栄えがしない。
中身だけでなく、タワー積み用の本としてもボロクソに言われるw 

 hon22

タワー積みをする前に、選手たちに書店員として欠かせない必須技を披露してもらいます。

まずはカバー掛け。

hon23
 続きを読む