Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ハラスメント

年内最後の放送なので、今夜はMVPスペシャル。

mvp1
 
番組を盛り上げてくれたMVPの方にはカニの詰め合わせをプレゼント。 

mvp2
 
カニ嫌いの人w

mvp3
 
村上「ココ山岡」
マツコ「銀座じゅわいよ・おくちゅーるマキ」
若い人ポカーンw

mvp4
 
 夜ふかしMVP2016~Part①~

  都会に染まりたくて田舎から上京

田舎を捨てて、都会に染まったと言う青年。

mvp5

別れ際、インタビュアーに渋谷駅の道順を聞くw

mvp6
 
  苦情を気にせず酒と音楽を楽しみたい

海浜公園で蓄音機をかけながら、ワインを飲むオジサン。

mvp7

シャンソンをかけると目の前はセーヌ川。
グレン・ミラーを聴けば、ここはニューヨーク。
 
mvp8

 ケーデーデーが6月いっぱいで終わる

mvp9

エヌテーテーは工事に来てくれたのでしょうか?w

mvp10

 近くに劇場ができた

新潟県にて。
近くに劇場ができたと言うお父さん。
NGT48のことらしいw

mvp11

 年下からハゲ呼ばわり

mvp12

形状記憶オールバックだったw

mvp13

 木原さんと古くからの友人

気象予報士の木原さんのお友達だというお父さん。
証拠の写真を見せてくれるが、これは…。

mvp14

ただのファンだったw

mvp15
 
 生まれて初めてう○こが出てくる瞬間を目撃

酔っ払いが寝たたままパンツをおろして、うんこを出すところを目撃したオジサン。

mvp17

オジサンは段ボール箱でうんこを囲ったそうです。
通りかかった女の子たちが段ボール箱をのぞいてキャーキャー悲鳴をあげているのを見ながら、ニコニコw

mvp18

 前歯が折れた

アーモンドがのったパンを食ったら折れた。
カルシウム不足?

mvp19

 お酒を一滴も飲んでいない

シラフで踊り狂っていたミムラのおばちゃんはこの後特集されました。

mvp20

  負け組を慰めてくれる名言集を収集

手帳にしたためたポエムを朗読するお姉さん。

mvp23

ポエムにつっこみを入れるお友達w

mvp22

 だって村上だもん

「村上」で爆笑する二人。

mvp24

 村上「この野郎」w

mvp25
 
 あたりき・しゃりき・ケツの穴ブリキ

お父さんの口癖。
「あたりきしゃりき」の後は地域でいろいろバリエーションがあるようです。

mvp26
 
 やることがないから裸になった

半ケツ状態でスカイツリーを眺めるオジサン。 
日光浴が好きなオジサンは結構多い。

mvp27

 スカイツリー

スカイツリーも見飽きたお父さん。

mvp28

人間暇だとろくなことを考えないw

mvp29

  トランペット

トランペット歴4年のお父さんにちょっと吹いてもらう。

mvp30

やりたいことはわかるけど(フリージャズ系?)、いかんせん基礎が…w

mvp31

 念

川に向かって念を送るお父さん。

mvp32

お父さん「おそらく、あそこの人はイイ気分になっている」
屋形船だからねw

mvp33

続きを読む

 様々なハラスメントを学んでおきたい件

  訛ってみてよハラスメント

青森から上京した二人組。

haras1

「訛ってみてよ」と絶対言われる。
私は昔福岡のデパートの売り子に「東京弁しゃべってみて」と言われました。
固まりましたw

haras2

関西人の女子と話をしていて「(出身)関西でしょ」と言ったら「えーなんで分かったの!さっきから標準語しゃべってたのに」と驚かれたw

haras3

 吉田沙保里に勝てる?ハラスメント

気持ちはわかるけど、一般人はレスリングで出てくるのは吉田沙保里ぐらい。

haras4

 アメフトなのに五郎丸ハラスメント

アメフトとラグビーの混同はアメフトあるある。
特に女子は誤認率が高い。

haras5

 お姉さんだけ遺伝を免れたハラスメント

親娘とお友達…。

haras6

と思いきや、お友達はお姉さんだったw

haras10

よーく見ると顔のパーツは同じ。
食い気→色気→食い気のバイオリズムを持つ遺伝子w

haras7

 年収いくら?ハラスメント

初対面で年収聞いてくる女子。

haras8

男子の年収は女子のスリーサイズに該当w

haras9

 家ちっちゃいねハラスメント

女は巣を比べたがる生き物。
同じマンションの上とか下でドラマが1本できる世界。
 
haras11
 
 満員電車なのに隣が空いているハラスメント

高円寺にいたパンクバンドの二人組。
この風体だと満員電車でも隣に人が座ってくれない。

haras12

「北斗の拳」に出てきそうな雑魚キャラw

haras13

  お前ら税金で食ってんだろハラスメント

一般市民に「お前ら税金で食ってんだろ」と言われる公務員。
これは公務員なら一度は言われていそう。

haras14

スーパーに納豆がなくなっても、役所に文句を言うw

haras15

  何でもかんでも命令口調ハラスメント

まだこういう昭和のお父さんいるんですね。

haras16
 
お母さんも全然負けてないw
しかし、むなしい後片付けw
 
haras17

  村上、マツコ伝説のギャグに挑戦

関西人の村上くんに伝説のギャグをリクエスト。
平成生まれは知らないだろうな…。

haras18

村上くんスタッフから眼鏡を借りて、やすし師匠になる。

haras19

「メガネ、メガネ」
懐かしいw

haras20

「怒るでしかし!」
やすしきよしの伝説のギャグでしたw

haras21

 2016年人知れずヒットしたモノ

 仏像のなぞり描き

初めて聞いた「仏像のなぞり描き」。

khit1

写経のお絵かき版ですね。

khit2

 鳥のうんちシール 

サドルに張って盗難防止。
なるほど。

khit3

人に知られれば知られるほど効果が薄まるというジレンマw

khit5

続きを読む

 様々なハラスメントを学んでおきたい件

 カラハラ

好きな人には嫌いな人の気持ちがわからない…のか?

hara1

 スメハラ

同僚の柔軟剤の匂いが我慢ならないという人もいましたが、無臭が一番?
あと匂いの元の人はその匂いにマヒしているから気づきにくい。

hara2

 グルハラ

おいしさを分かってほしいという善意なんでしょうが、押しつけはNG。

hara3

牡蠣は当たったら怖くて食えないらしい。
アンジャッシュの渡部の能書き聞いていると、「うるせーよ」と言いたくなるw

hara4

 お一人様

一人で来ているのに「何名様ですか」と聞く店員に抗議。
でも、「お一人様ですね」と言うと、「見ればわかるだろう、イヤミか」と言いそうw

hara5

 買い物

秋葉原のイカツイ店員に声をかけられ、気づくと15000円のカバンを買わされていた若者。
授業料ですねw
自分は断れないタイプと自覚して、店員の気配を感じたら素早く逃げる術を磨くことです。

hara6

 う×こ

授業を受けているとう×こに行きたくなる因果な体質の女子w
しまいに「う×こ」と呼ばれるw
しない人はいないのだから恥じることはありません。

hara7

 英会話腕試しハラスメント

日本育ちのアメリカ人。
英語は喋れない。

hara8

英会話を習っているお年寄りたちが英語で話しかけてくる。
ハーフのあるあるネタw
ハーフ・モデルの滝沢カレンは日本語さえもかなり怪しいw

hara9

 何を目指してるの?

ボディビルで体を鍛えている女性。
「何を目指しているの」とよく言われる。
最近女性ボディビルダーは増えているようです。

hara10

 美容師 vs お客さん

「お任せします」と言っておきながら、いろいろ文句言って来る女性客。

hara12

デートで「なんでもいい」と言っておきながら、いざ店を決めるとからあーだこーだと言うのと似ている。

hara11

 彼女からのお別れメッセージがえげつないハラスメント

元カノからのお別れメッセージがえげつなかった。

hara15
 
実際に見せてもらう。

hara13
 
逆にこれだけえげつないと、失恋のショックも吹き飛んでいいかもしれないw

hara14
 
  関西人

大阪来た女の子たち。
東京で「面白いこと言って」とふられて頑張って面白いこと言っても、ちゃんと笑ってくれない。
これはそんなフリをする方も悪いし、まともに受けて立つ方も悪い。

hara16
 
 夜ふかし祭り

ももちとそのお友達に遭遇。

hara18

そこに”偶然”イルマニアが乱入。

hara19

夜ふかしの人気者が集結の図。

hara20

 マツコ、突然の涙

イルマニアの仕込みを疑うマツコ。
これはダウトでしょう。
仕込みじゃなくても、イルマニアが渋谷を張っていた可能性濃厚。

hara21

突然涙があふれ出すマツコ。
若い人にわからないでしょうけど、こういうことあるんです。

hara22

ウミガメの産卵w

hara23

続きを読む

会社員(37)女性からの投稿です。
この人は、「何にでもハラスメントをつけてよけいに人間関係をこじらせてしまうような最近の風潮」に対して怒りを感じているようです。

harass2

私もよく知らなかったのですが、最近は一般社会に浸透してきたセクハラ、パワハラに加え、モラルハラスメントというカテゴリーもあり、このカテゴリーは細かく分けると20種類以上に及ぶそうです。
 
ハラスメントの意味はもともとは「嫌がらせ、イジメ」ですが、それなら悪意がなければハラスメントに当たらないかといえば、そうでもないのがこのハラスメント問題のやっかいなところです。

男性が、女性の年齢や未婚既婚を話題にしたり、性的なジョークを言ったりした場合、たとえ悪意がなくとも相手がそれを不快に感じればこれはセクハラになるようです。
ただこのセクハラ問題は、個々のケースに負うところがとても大きいような気がします。
きわどいことを上手に言ってユーモアにできる人もいるし、同じようなことを言っても発言者によってセクハラか否かのジャッジが異なるケースもあるような気がします。
たとえば、福士蒼太くんに「一口ちょうだい」と言われたら悪い気がしないかもしれませんが、上司のオジサンに同じことを言われたらどうなんでしょうか。
また、とにかく性的な話題が嫌いな人は、内容がどうあれすべてをセクハラと受け止めるかもしれません。

harass3

モラル・ハラスメントは肉体的暴力に対しては厳しくとも、精神的暴力については対応が甘い社会に対して、フランスの精神科医が提唱した概念です。

最近の子供のいじめの多くが対象者を精神的に追い込むタイプになっていることを考えると、これは優れた提言だと思います。

ただ、この考え方も行き過ぎると、逆に番組で言っていたようにハラスメント・ハラスメントになってしまいがちです。

harass4

スメル・ハラスメントについて言えば、意図的に悪意を持って悪臭を発している人はほとんどいないと思います。
そして、体臭・口臭・香水・柔軟剤の匂いなど、何らかの匂いを他人から感知したことがない人などはほとんどいないはずです。
気づいてもそれについて何も言わないのがほとんどの人の反応です。
もし匂いが我慢できなければ、何らかの方法で指摘するしかありません。
本人には何も言わず、周囲の人間にあれはスメル・ハラスメントだと騒ぎ立てるような行為は、ハラスメントの誤用のような気がします。
そもそもスメル・ハラスメントなどというもっともらしい言葉があるのがおかしいので、人を不快にさせるような匂いを発しているのはただのエチケット違反です。

外国人に言わせれば、東京の朝の満員電車は納豆やネギや干物の匂いが充満しているそうです。
「人間だもの by あいだみつを」
私たちはしょせん生き物ですから、匂いについてはお互いある程度寛容になってもいいんじゃないでしょうか。
自分だけは清潔です、みたいな人は、逆に潔癖ハラスメントですw

 hararss1


モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
マリー=フランス イルゴイエンヌ
紀伊國屋書店
1999-12









このページのトップヘ