月刊「Kazi」副編集長、中村剛司さんからの業界ニュース。

y2

ヨットのイメージ。

y3

2013年アメリカズカップ。

y4

浮揚するニュージーランド艇。

y5

左右の水中翼を下げると揚力が発生して、ヨットが飛ぶ。

y6

速度は時速30kmから最速80kmに大幅アップ。

y7

エンジンなどの動力はNGなので、人力でヨットを飛ばしている。

y8

意気揚々と決勝に進出したニュージーランドだが、対戦相手のアメリカ艇も飛んだ!

y9

そしてアメリカ優勝。

y10

ニュージーランド艇の空飛ぶヨットを見たアメリカは、大会期間中(3か月)に空飛ぶヨットをパクッて完成させていた。

y11

そして、今年(2017)のアメリカズカップ。

y12

日本を含む出場6か国のヨットは、すべて飛んでいた。

y13

先駆者のニュージーランドは手漕ぎから足漕ぎにチェンジ。
これにより動力40%アップ。

y14

しかも競輪選手をメンバーに入れていた。

y15

ニュージーランド、悲願の優勝達成。

y16

「飛ぶ」というより「浮く」だけど、ほとんど飛んでいる。

y17

琵琶湖の鳥人間コンテストみたいになってきたヨットレースw

y18

続いて、スポーツライター熊崎敬さんからの業界ニュース。

y19

千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズ鎌ケ谷スタジアム。

y20

観客席がプールになっていたw

y21

・7月17日~8月31日営業
・子供は料金無料

y22

子供は野球そっちのけでプールに夢中。

y23

企画担当の中原信広さん。
どうやったら人が集まってくれるかが第一。

y24

中原さんはもともと1軍の広報。
この10年で様々な企画を考えて実行していた。

y25

続きを読む