Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ドッキリ

プレゼンターは高橋茂雄さん(サバンナ)。

a1

今回はよそでは絶対やっていない、斬新すぎる企画。

a2

ホントドッキリ?

a3

ドッキリ番組と言えば、最後のネタばらしでテッテッレ~♪の音楽とともに「ドッキリ大成功」の札を持った人が出ててくる。

a4

それを見て仕掛けられた人はドッキリだったことを知り、怒りつつもホッとする。

a5

でも、これがもしドッキリではなくてホントだったら…。

a6

今回スタッフは特殊なルートで各週刊誌をリサーチ。

a7

ある人物のゴシップが記事になるという情報を入手。

a8

その人物が、「ホント!!」を食らいます。

a9

この企画に必要なのは、まず芸能人のリアルなゴシップ。

a11

スタッフが聞き込み調査をしたところ、「週刊女性」が近々ある芸人についての記事を書く予定だということがわかった。

a10

その芸人とは、三四郎の小宮。

a12

事務所ライブに出る小宮を「週刊女性」の記者が直撃インタビューをするというので、その様子を撮影させてもらう。

a13

週刊女性、小宮に突撃。

a14

小宮は地方のキャバクラで羽を伸ばしているらしい。

a15

徐々に核心に迫ってくる。

a16

ライブの新ネタを逃げ口上にする小宮。

a17

ライブの新ネタぐらいでは週刊誌は許してくれないw

a18

突然の直撃インタビューにビビる小宮。

a19

また新ネタで逃げようとする。

a20

こっちも新ネタだw

a21

情報を小出しにしてくる週刊誌。

a22

苦し紛れに先輩芸人の名前を出す小宮。

a23

売るにしてもアイアム野田では安すぎるから週刊誌は買わないw

a24

いろいろ聞かれやっと解放される。

a25

記者の名刺を楽屋前の廊下でじっと見つめるw

a26

この事態を理解し、うなだれる小宮w

a27

マネージャーに直撃インタビューの件を電話で報告。

a28

翌日、事実関係の確認のため小宮はマネージャーに事務所に呼び出される。
その様子を隠しカメラで撮る。

a29

熱海に遊びに行ったのは事実。

a31

「キャバクラに行きたい」と言ったのは野田。

a30

荻窪の女の子と連絡先を交換したのも野田。

a32

続きを読む










プレゼンターは三四郎の小宮さん。

a1

ゲストはこちらの方々。

a0

説はこちら。

a2
毎年恒例の説ですが、2017年は俺(小宮)。

a3

クロちゃんは「水曜のダウンタウン」でしか見ないw

a4

ドッキリは「水曜のダウンタウン」に限らず、2017年に放送された他局の番組もカウントされる。

a17

第10位 千鳥ノブ

a5

第9位 紅蘭
「水曜日のダウンタウン」では春日が仕掛け人になるドッキリが数回ありました。

a8

第8位 アキラ100%

a7

第7位 カミナリ石田たくみ

a6

同率第5位 カミナリ竹内まなぶ

a9

「水曜日のダウンタウン」のこの1回で相方をリード。

a18

同率第5位 バイきんぐ小峠英二

a10

第4位 サンシャイン池崎

a11

第3位 トレンディエンジェル斎藤司

a12

第2位 三四郎小宮浩信

a13

説立証ならず。

a14

第1位 ANZEN漫才みやぞん

a15

栄えある第1位はみやぞんでした。

a16

毎年1位の人には「1週間予告ドッキリ」をすることになっているが、みやぞんは多忙すぎてスケジュール調整ができなかった。

a19

という事で、今回は2位の小宮にお鉢が回る。

a20

もう「1週間予告ドッキリ」は収録済みなので、小宮はすでに結果を知っていたw

a23

1位のみやぞんを毒づく小宮w

a21

小宮に1週間で7つのドッキリを仕掛けたら、小宮はすべて見抜けるのか。

a24

自信を見せる小宮。

a25

次点のクセに1位気取りの小宮w

a26

小宮へのドッキリプラン。

a27

続きを読む









レギュラー西川くん気絶中にバースデーサプライズできる説

西川くんの誕生日(8月11日)に都合よく営業の仕事があった。

a1

西川くん気絶。

a2

気絶している間にバースデーケーキを運ぶ。

a3

西川くん目が覚める。

a4

サプライズ成功。

a5

布袋のギター小さいビルや車を配置したら良い感じの街になる説

増上寺。

a6

首都高速。

a7

憩いのひと時。

a11

このジオラマ、街を取り除くと…

a8

布袋寅泰のギターだった。

a9

ジャガイモカット次第ではほぼリンゴ説

ジャガイモをリンゴ風にカット。

a13

見た目は説立証したが、せっかくなので楽屋に置いてみる。

a18

バイきんぐ小峠が手を出す。

a15

吐き出したw

a16

察しが早い小峠。

a21

西村もジャガイモに手を出す。
しかも食べ続ける。

a17

カメラが来ても何も気づいていない西村。

a20

奇人w

a19

次は大根を梨風にカットしたものを楽屋に置いてみる。

a22

小宮「ナシが腐ったのかなと思いました」

a23

スタッフ「別にナシとも言ってないですし、こちらは」
小宮「まあまあそうですけど」

a24

小宮「なんでそんなケンカ腰なんすか?」
やっぱり水曜日のスタッフはおかしいw

a25

最後は森渉、金田朋子の夫婦。
ターゲットは金田。

a26

ジャガイモをほおばる。

a27

異変には気づいたが、ジャガイモとは気づいていない。

a28

金田「何これー!もう何ー!」
赤ちゃん泣き出すw

a29

続きを読む









第4位 マテンロウ アントニー(19回)

s1

「双子の対決なんだかんだで引き分け説」でビーチフラッグ対決をするザ・たっち。

s2

兄が軸、弟がフラッグを掴む。

s3

アントニー「…ドロー」

s4

アントニーの名レフリーでしたw

s5

第2位(同率2位) バイキング 小峠英二・西村瑞樹(20回)

s6

クレイジーぷりっが番組にハマる西村。

s7

ドッキリ系を中心に出演した小峠。

s9

あえて雑に作ったドッキリ企画に小峠がどこまで乗るのかを検証。

s10

小峠が楽屋にいると、ニセ警察官がやってきて盗まれた財布を捜索。

s11

小峠が席を外している間に、あらかじめスタッフが小峠のカバンに財布を入れていた。

s12

いろいろ察して、小峠素直に逮捕される。

s14

外にはすでにマスコミが待ち構えていた。

s15

さすがに笑ってしまう小峠w

s16

ハウススタジオに連行される。

s20

取り調べを省略して即裁判。

s18

検察官に死刑を求刑されるw

s21

弁護人は何も弁護してくれない。

s22

判決。

s23

結局死刑w

s25

裁判所の隣に牢屋w

s29

牢屋に収監される小峠。

s26

さすがにボヤくw

s27

続きを読む

次の怒りメールの内容は、わかる人とわからない人がいる。

shuchi1
 
大学生(20)女性からの投稿、「ドラマなどでこの後この人は確実に恥をかくだろうと予想できるシーンを見るのがとにかく嫌。しかし、一緒にテレビを見ている母にはこの気持ちは全く理解してもらえない。マツコさん、有吉さんはこの気持ちわかりますか?」といった内容でした。 

shuchi2
 
まったくピンときていない有吉くんに対し、マツコさんはこの投稿者の気持ちがとてもよくわかると言います。
ドラマに限らずドキュメンタリーでも見るのがツライ場面があるそうです。

shuchi01

このようにドラマなどで登場人物が恥をかきそうになる際、自分もツライ気持ちになってしまう現象には、学術的にちゃんとした名前がつけられていました。
ということを自分もさっき知ったばかりであろうのにドヤ顔で言う青山アナがカワイイw

shuchi8

このような心理的現象は、”共感性羞恥”というそうです。

shuchi4

共感性羞恥を呼び起こす具体例。

見てられないシーン① 学園ドラマの「授業中の居眠り」

shuchi5

 見てられないシーン② ドラマ「裸の大将」の主人公の失敗

shuchi6
 
見てられないシーン③ 時代劇で悪代官が悪さを企む

shuchi7
 
共感性羞恥について、上の3つの具体例が挙げられましたが、私は正直言ってまったく共感できませんでした。
これらの例を見せて共感性羞恥を感じるかどうかというアンケートだったら、1割がいいところでしょう。

shuchi13

でも、共感性羞恥がまったくわからないかというと、そうでもない。
とてもじゃないが見てられないシーンというのは私にもあります。

私は元来慎み深い人間なのでw、厚かましい人や気の強い人が、無理な要求して善い人を困惑させたり怒らせたりすることが予想できるようなシーンはハラハラして見ていられません。

共感性羞恥のある人はドッキリ番組も苦手だそうです。

shuchi11

私もすべてではありませんが、仕掛けられた人が怒ったり、傷ついたりしそうなセンスのないドッキリは結末を見たくありません。

マツコさんが大好きなのに、見てられなくて全部観たことはないw「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。

shuchi03

私もビョーク主演のこの映画は昔見た記憶はありますが、内容は覚えていません。
マツコさんが共感性羞恥を感じる場面の話を聞いていると、マツコさんがやはり女性的な感受性の持ち主だということがわかります。

shuchi02

正視できないシーンというものは、人によってツボが違うのではないでしょうか。

 

このページのトップヘ