Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:テニス










プレゼンターは小宮浩信さん(三四郎)、高橋茂雄さん(サバンナ)、たむらけんじさん、澤部佑さん(ハライチ)。

a2

ゲストはこちらの方々。

a1

ナイトスクープ感。

a3

すべらない話感。

a4

今回はこち亀検証スペシャル。

a5

2時間スペシャルバージョン。

a01
a8
a6
a7
a10
a11

マルチスポーツ対決3番勝負

スポーツ大会を開催することになったが、参加者の得意なスポーツがバラバラ。

a12

そこで様々なスポーツを組み合わせて対決することになった。
これがマルチスポーツ対決。

a13

これを実際にやってみる。

まず、スケート×剣道。

a14

スケート代表は渡部絵美。

a15

今はただの太ったおばさんさんだが、昔はスケートの名選手だった。

a16

剣道代表は原口あきまさ。
剣道二段の腕前だが、スケートは2回しかやったことがない。

a17

おそらく誰もやったことがない対決。

a18

渡部、原口の背後にツーッと回り込み、

a19

がら空きの胴に一本。
スケート渡部の勝利。

a21

あまりにあっさり決着がついたので、泣きのもう一回。

a22

第2試合。
渡部、原口の周りをグルグル回るが、30分の練習のおかげか、原口は今度はなんとかついていける。

a23

原口が体勢を崩したところで、渡部が襲いかかる。

a24


今度は両者の攻防が続く。

a25

また原口が体勢を崩したところで、再度渡部が襲いかかる。

a26

しかし今度は返り討ちの面を決めた原口。

a27

スケート×剣道は引き分け。

a28

次のマルチスポーツ対決は野球×テニス。

a29

テニス代表は杉山愛とたむらけんじ。

a30

元プロテニスプレイヤーの杉山愛は言うまでもないが、たむらけんじは中学時代軟式テニスで大阪1位だった。

a31

対する野球代表はココリコの遠藤章造と元プロ野球選手の里崎智也。
遠藤は高校時代強豪校の野球部主将だった。

a32

野球のバットとボールを使い、テニスのルールで対決。
2セット先取の3セットマッチ。

a33

たむけん、バットでのサーブでダブルフォルト連発。
第1ゲームは野球チームが取る。

a34

続きを読む

 知られざるプロテニスの天国と地獄

勢い余ってフィリップめくりをちょっとしくじる松岡さん。

matuoka1

松岡「焦るなっつっただろ!」
松岡さんの目にはもう一人の松岡修造が見えていますw

matuoka2

グランドスラム(4大大会)の優勝賞金は松岡さんが現役だった頃(20年前)の5倍になっているそうです。
たとえ、1回戦敗退でも400万円もらえることもあるそうです。

matuoka3

 しかし、そのグランドスラムに出場する(世界100位以内ぐらい)までがいばらの道。
たいていの選手はピラミッド下部のフューチャーズ、チャレンジャーの段階で諦めてやめてしまうそうです。

matuoka4

錦織選手は天才だったので、フューチャーズ、チャレンジャーの試合をほとんど経験していないそうです。
松岡さんに言わせると、彼は(世界で)5年に一度の逸材だそうです。

matuoka5

そこでテニスツアー下層部の過酷な環境をよく知る人物が紹介されます。

matuoka7

松岡「トモ!」
「ハイ!」
TBSアナウンサーの石井大裕(いしいともひろ)さん登場。
マツコ「あ、知っている、朝けっこうウザい」
私は知りませんでしたが、この人も松岡さんばりに熱くてウザいアナウンサーらしいですw

石井アナも修造門下の元テニス選手で、プロツアーを回っていたようです(下層部専門)。

matuoka6

観客のいない普通のテニスコートでセルフジャッジで試合をし、専用のシャワーもトイレもない安宿に泊まり、世界各地を転々とするのが下層部のプロツアー。

matuoka8

そんな日々の中、石井選手は怖い体験をしたそうです。

matuoka9

深夜1時ごろポーランドに着き、そこからさらにタクシーで100㎞移動しなければならない。

matuoka10

ところがタクシーは森に入ると停まります。

matuoka11

タクシーから降りた運転手は石井選手に銃を突きつけ、「金を出せ」。

matuoka12

松岡「ウソだろ!?」
アンタのリアクションがウソだろww

matuoka13

怖い話のはずが、テニス漫才になってましたw

matuoka14

石井アナ、唯一の見せ場を師匠に全部持っていかれました。

 フューチャーズで戦う日本の若手選手

プロツアーの最下層、フューチャーズで頑張っている日本の若手選手の紹介です。

matuoka15

マツコさん、ダニエル太郎に食いついてました。

matuoka16

そう言えば、若手芸人でマサイ族とのハーフのリロイ太郎っていましたね。

 もっとテニスが楽しくなる修造講座

まずは男子プロテニス界のビッグ4を…

matuoka17

知ってごらん。

 matuoka18

ロジャー・フェデラー(33)
史上最多となるグランドスラム17勝。
全豪4回、全仏1回、全英7回、全米5回。

matuoka19
 
アンディ・マレー(28)
イギリス人として77年ぶりに全英(ウインブルドン)優勝。
全米1回、全英1回。

matuoka20
 
ラファエル・ナダル(29)
クレイコートに強いスペインの選手。
全仏オープン11年間で9回優勝。
全豪1回、全仏9回、全英2回、全米2回。

matuoka21
 
ノバク・ジョコビッチ(28)
弱点のないテニススタイル。
全豪5回、全英3回、全米1回。

 matuoka22

この10数年はこの4人の誰かがグランドスラムを取っているという状況でした。

続きを読む

テニスの世界の案内人は、松岡修造さん(47)。

shuzo1

松岡さんは、日本テニス協会理事、強化本部副本部長という立派な肩書を持っていますが、ご存じのように個性派タレントとしても活躍しています。
現役時代は1995年に全英オープンでベスト8という輝かしい戦績を残しました。 

shuzo3

一方、マツコさんは松岡さんが思う以上にテニスが好きだそうです。
妄想の中ではマツコさん自身も女子テニスプレイヤーで、モニカ・セレスと闘い、全豪を1度制したことがあるそうですw 
 松岡さんが現役時代には、今と比べるとタイトなテニスウエアを着ていた松岡さんを”いやらしい目で見ていた”そうですw

shuzo2
 
松岡さんのテニスをメンタル面で支えていたのは、漫画「エースをねらえ!」。
1970年代後半~80年代に一大ブームとなったテニス少女漫画です。

shuzo4
 
 才能がないと言われたヒロイン岡ひろみに当時の松岡さんは自分を重ね合わせ、良いセリフに赤線を引くほど読み込んだそうです。

shuzo5
 
実際、松岡さんは1995年のウインブルドン4回戦で、「エースをねらえ!」に登場する名言”この一球は絶対無二の一球なり ”を叫んでいます。

shuzo6

ということで、今回の松岡さんのテーマは、「マツコをねらえ!」

shuzo7

松岡さんのシュールなボケを真顔で切り返すマツコさん。
すでにラリーは始まりました。

松岡さんは早速スタジオで着替えを始めます。
 
 shuzo8

コナカとミズノ、喜んでるでしょうねw
それにしても松岡さん、47歳とは思えない若々しい肉体です。

shuzo9
 
スタジオには実寸大のテニスコートが用意されています。

 shuzo10

松岡さんのアシスタントを務める及川選手登場。
マツコ「わー現役臭がする。カワイイ♥」
マツコさん大好物の体育会系の大学生w

shuzo11

ストローク練習で及川選手がネットにボールをかけると、松岡さんの怒号が飛びます。

shuzo12
 
これにはマツコさんが一番ビビってました。
早くも松岡さんが自分のペースにマツコさんを引きづりこみます。

shuzo13
 
続きを読む

このページのトップヘ