Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ダウンタウンなう


今回のゲストはショーケンこと萩原健一さん。

shoken2

場所は南青山のイタリアンレストラン、トラットリア・フィレンツェ・サンタマリア
ショーケンさんの行きつけのお店だそうです。

shoken3

珍しく緊張している三人。

shoken1

坂上忍さんはもちろん俳優の大先輩(坂上さんは3歳で子役デビューしているので、厳密にいうとショーケンの先輩ですが)。
ダウンタウンの二人はショーケンのファンなのだそうです。
50代、60代の男性は、若い頃ショーケンに憧れた人は多かったと思います。

ショーケンは1967年にグループサウンズ、テンプターズのボーカルとしてデビュー。
私も子供だったですが、タイガースのジュリーとテンプターズのショーケンが大人気だったことは覚えてます。
今でいうアイドルですね。

shoken3

テンプターズは1970年に解散、1971年、ショーケンやジュリーをはじめとするグループサウンズのメンバーたちでロックバンド「PYG」を結成 しましたが翌1972年に解散。

shoken4

 この頃からショーケンは音楽活動から離れ、映画監督を目指すようになります。

1972年に松竹映画「約束」に助監督として参加しましたが、なぜか主演に抜擢されました。
この辺りの事情をショーケンさんは番組で話していましたが、要は俳優、女優の出演キャンセルが相次いだための窮余の策だったようです。
とにかく、この映画の演技で、ショーケンは俳優として高く評価されることになりました。

shoken5

同じ年に人気ドラマ「太陽にほえろ」で初代新人刑事で出演。
ショーケンが演じるマカロニ刑事の殉職シーンは有名です。

shoken6

1974年、「青春の蹉跌」でキネマ旬報最優秀主演男優賞を受賞。

shoken7

テレビドラマも「傷だらけの天使」、「前略おふくろ様」と立て続けに主演して人気を博しました。

この当時の10代20代男子に人気が出始めたのはこのあたりからだと思います。
特に「傷だらけの天使」でのオープニングシーンでのショーケンのカッコよさに若者たちは心を鷲掴みにされました。

shoken8

ダウンタウンもこのオープニングシーンのパロディ版を「ごっつええ感じ」でやっていました。

shoken9

「傷だらけの天使」は斬新なドラマでした。
ショーケンの弟分は当時新人の水谷豊さん。
岸田今日子さん、岸田森さん(お二人はイトコです)がドラマの怪しい雰囲気を盛り上げていました。

shoken10

坂上忍さんも記念すべき第1話にゲスト出演していました。

shoken12

続きを読む

ダウンタウンの二人と坂上忍さんが、下北沢の小料理屋でオセロ中島さんと面会。
洗脳騒動以来、テレビでその姿を見ることが少なくなったオセロ中島(以下敬称略)ですが、着物姿で3人を出迎えます。
 
ocero1

 一見クラブのママのアフター風ですが、普通に元気そうです。

3人が席に着くとすぐ話題は単刀直入にあの騒動の事になりました。

「洗脳されていたのか?」
この質問に対して、
「洗脳はされていない」
と言下に否定する中島。

ocero2

そうは言っても、洗脳されている人間はそう答えるものだという3人。
あれだけ騒がれた騒動ですから、にわかには信じがたいのも無理はありません。

ここからあの騒動の顛末を時系列順に中島が説明してゆきます。

まず激太りの原因は俳優との破局が原因と報道されていましたが、中島によると、あれは自分からフッたそうです。
またその後の井上陽水との不倫や松崎しげるとの噂も全くの事実無根という事でした。
まあ、このへんはよくあるゴッシプネタですから、大した問題ではありません。

問題はなぜ一時休養(2011年4月~)をしたのか。
病気でもないのに家賃を滞納するほど芸能界の仕事を休み続けるというのはやはり尋常ではありません。
 
これについて、彼女は会社(松竹芸能)との関係がうまくいっていなかったと話します。

 ocero3

事務所を辞めるつもりで、仕事をボイコットしたのだそうです。
芸能人と所属事務所の関係は一般人の会社とは違い、辞めるのがそう簡単ではないという話はよく聞きます。
しかし、辞めて移籍や独立する人もたくさんいますから、このへんはやり方次第なのでしょう。

ocero4
 
そして、2011年7月に「洗脳疑惑」が週刊誌に報道されます。

ocero5

”同居する悪質な霊能者に洗脳されてる”
”洗脳により顔面セロテープで近所を散歩している”
”渋谷のスクランブル交差点でキャッツを踊っていた”
等々、様々な報道がされました。

むろん、中島はこう言った事実はないと否定します。 

3人は、さらにぐいぐい中島に迫ります。
坂上「実際に占い師の人と一緒に住んでいたの」 

ocero6

この質問に対し中島は、同居していたのではなく、仲の良い同世代の友達がしょっちゅう家に遊びに来ていただけだったと答えます。 

ocero7

さらに松本は、占い師との交流について質問します。

ocero8

その友達は3年ぐらい占いをやっていたことはあったが、本業は著述業だということです。
 
 ocero9
ocero10

また、その友達にアドバイスを受けていたかという質問に対しては、

ocero11

中島ははっきりと否定しました。

ocero12

ここまでの話をまとめると、マスコミに報道されていた”中島と同居していた悪質な霊能者”は、中島に言わせると”自宅によく遊びに来ていた占い経験のあるライターの友達”ということになります。

洗脳騒動が報道されるようになってからも、中島としては「友達やその家族が自宅に来るのが何が悪いのだ」という気持ちがあったので、来訪を制限することはなかったそうです。

ただ、会社と揉め続けた結果、家賃を滞納して迷惑をかけたことは、申し訳なかったと思っているそうです。

ocero13
ocero14
 続きを読む

このページのトップヘ