Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ダイソー










プレゼンターはオードリー春日さん。

a1

ゲストは陣内智則さん、里々佳さん、武田修宏さん、吉木りささん(左から)。

a6

説はこちら。

a2

4人の芸人さんにそれぞれ予算1万円で防寒対策をしてもらいます。

a4

それ言い出したら番組が成立しないw

a5

この説にチャレンジする芸人は、品川庄司の庄司智春さん、バイきんぐの西村瑞樹さん、小島よしおさん、三四郎の小宮浩信さん。

a7

標高1410mの雪山にいます。

a8

気温はマイナス15度。

a9

ここで話は数日前に戻ります。
4人の芸人さんには、都内で防寒アイテムの買い出しをしてもらっていました。

a10

一人一店舗制での買い出しです。

a11

家電量販店Joshinで家電を物色する小宮。

a12

安い電気ストーブをたくさん買う作戦?

a13

このチャレンジ、電気はアリだそうです。

a14

アウトドア専門店のL-Breathで買うのは西村だが、なにせ商品が高すぎる。

a15

その点庄司の100円ショップのダイソーは点数はたくさん買えそう。

a16

庄司が防寒グッズとして一番期待しているのは使い捨てカイロ。

a17

衣料品店のしまむらで良さげなインナーを見つけた小島。

a18

他にも暖かそうな衣料品がお手頃価格で。

a19

それぞれが予算一万円以内で防寒対策をし、この地で決戦に臨みます。

a20

全員がそれぞれの買い出し品の前でスタンバイ。

a21

極寒の強風が吹きすさぶ中、準備開始。

a22

西村準備完了。

a23

西村は着る寝袋のみで勝負。

a24

西村はセールで半額(9990円)になっていた「着られる寝袋」1点で勝負に挑む。

a25

一方、末端冷え性の小島は手先と足先の防寒を重視。

a26

しまむらで計10点の防寒衣料を購入。

a27

いろいろ買いすぎて何を買ったのかわからなくなる庄司w

a28

ダイソーで怒涛の78点お買い上げw

a29

そして小宮の防寒対策は他のチャレンジャーの度肝を抜く。

a30

続きを読む










ダイソーでエプロンを買いました。
税込で324円。

私は冬になるとダウンベストを着て過ごすのですが、数シーズンも着るとポケットの高さあたりの汚れが目立つようになりました。一度クリーニングに出したこともあるのですが汚れはほとんど落ちませんでした。なぜ汚れるのか考えてみたのですが、食事の支度をする際の油はねなどが主な原因のような気がします。

今まで着ていたグレーのダウンベストの汚れが目立つようになってきたので、通販で新しいダウンベストを購入しました。そして、それとともに、新しいダウンベストをなるべく汚さないためにエプロンも買うことにしました。

ネット通販でも色々調べたのですが、送料なども合わせると安くても1000円前後になってしまいます。調べた限りではダイソーのエプロンが最安値のようです。

ダイソー中野早稲田通り店は3階建ての大型店舗ですが、エプロンは少ししか置いてなくデザインも今一つでした。どうしたものかと中野ブロードウェイ(サンモール)の地下をブラブラしていたら、新しくダイソーがオープン(中野ブロードウェイ店)しているのを発見しました。

そこにはデニム地のブルーと生成りの生地に緑のサボテンと同じく生成りの生地に赤いフラミンゴ(?)のエプロンが置いてありました(他にもあったと思いますが、覚えているのはその3種類)。
ちょっと迷いましたが私はサボテンのエプロンを購入しました。

買ってから1か月ほど経ちましたが、問題なく使えています。
厚着をしているのでパンパンな感じですが、170㎝ぐらいの男性にはちょうど良いサイズです。
洗濯も一度しましたが、色落ちなどもありませんでした。

KIMG0020

難を言えば、生地が少し薄い。
私の場合使うのは冬ですし、実用性を考えたら厚手のデニム地の方が良かったのかもしれません。
でも、南国のサボテンの絵は寒い冬に少し気持ちを和ませてくれます。

KIMG0021

梅雨時から夏にかけ、自宅の庭に草があとからあとから生えてきます。
ほっておくと庭が野原になってしまうので草をむしるわけですが、これが重労働。
まずこの時期は暑い、それに大量発生した蚊に襲われます。
虫よけスプレーをしても、根性のある蚊は刺してきます。
長袖、長ズボンで作業すると、地獄のように暑い!
引っこ抜くと、スポッと根から抜ける素直な雑草は良いのですが、ウチにたくさんはびこっているのは、根っこがぬきにくくて地を這うように葉茎を伸ばすいやらしいヤツ。

mehisiba

延々と草をむしり続けていると、握力がなくなり、爪に土が入りこんでドロドロになり、体のあちこちが蚊に刺されてむず痒くなり、暑さで頭クラクラしてきます。
熱中症一歩手前です。

ついに草むしり(草刈り、草取り、草引き、草抜き…地方によって言い方は様々)に疲れ果て、除草剤を使うことにしました。
 
DIYで除草剤を買って使ったことはありますが、今回はダイソーで税込108円の除草剤を使ってみることにしました。
DIYの除草剤は安くても一袋1000円ぐらいはします。
108円で効果あるなら儲けもの、ダメでも損失も小さい。

jos

DIYで買った除草剤は、顆粒状で土に蒔くタイプですが、ダイソーの除草剤は液体で水で薄めるタイプです。
1リットルのスプレー容器も買い、水で10倍に希釈しました(除草剤100ml、水900ml)。
1リットルはちょと多いのではないかと思ったのですが、意外に早くなくなります。
グリホ4、1本で100㎡(約30坪)の雑草駆除が可能と書いてあります。

雑草の葉っぱに霧状の除草液を吹きつけてゆくのですが、除草剤の散布の際に気をつけるのは、お天気を確認すること。
散布後6時間以内に雨が降ると効果が薄まってしまうそうです。
あと、枯れてほしくない植物に除草液を吹き付けないこと。
芝地に生えている雑草が厄介なのですが、他のブロガーの方は丁寧に筆で除草液を雑草の葉に塗りつけてました。
100均の除草剤の実験効果

さて肝心の効果はあるのか?

一言でいうと、あります。

ただし、効果が表れるまで時間がかかります。
数日はなんともなってないので不安になりますが、10日以上たつといつの間にか草は枯れてなくなっています。
(ただし、葉肉の厚いものなど種類によって枯れにくい草もあるようです)。

ジワジワ雑草を殺すタイプのようで、ちょっと恐ろしい気はしますが、108円という価格を考えると素晴らしいコストパフォーマンスです。
速やかに雑草をなくしてしまいたいという方には不向きですが、草むしりで熱中症になるくらいならこれはおススメです。














 
 

このページのトップヘ