Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:タモリ電車クラブ

今回は鉄道企画。
オープン前の京都鉄博物館に先行潜入です。

kyotetu1

ゲストは、岸田繁さん、六角精児さん、吉川正洋さん、南田裕介さん(左から)。

kyotetu2

直前にユアタイム見てましたが、それまでカミカミだったMCの市川紗椰さんが京都鉄道博物館オープンのニュースになると、別人のように熱く饒舌に語っていましたw
裏番組だから出られないけど、この企画出たかったでしょうに。 
 
yourtime
 
 館内に入ると、

kyotetu8
 
C62形(26号機)、クハ86形(1号車)、

kyotetu4
 
0系21形(1号車)がお出迎え。

kyotetu5
 
今回の案内をしてくれる学芸員の遠山さん。

kyotetu6

ここは駅のプラットホームをイメージした空間で、プロムナードと呼ばれています。
12両を編成で展示してあります。
 
kyotetu7
 
クハ86形は戦後初の長距離電車。
湘南色(緑×オレンジ)の元祖です。

kyotetu9
 
特別に車内を見学させてもらいます。
1950年製の内装です。

kyotetu10

窓の下の灰皿。
 
kyotetu11

 木製のブラインド。

kyotetu12

駅弁はこうして買うw 

kyotetu13
 
背もたれが垂直。

kyotetu14
 
座ってみると、互いの距離が近い。
日本人の体格は向上しました。

kyotetu15

ナシ20形(24号車)、寝台特急「ブルートレイン」の食堂車。

kyotetu16
 
中でお弁当・軽食を販売します。

kyotetu17
 
こんな感じで食事をいただきます。

kyotetu18
 
プロムナード(オレンジ)の先にあるのが本館(青)。
JR西日本を代表する車両を中心に12両を展示しています。

kyotetu19
 
 国産初の量産型蒸気機関車230形から、

kyotetu20

現役の500系新幹線まで歴史的名車がずらりと展示されています。

kyotetu22
 
一行はクハネ581形(月光)を見学。
座席と寝台を切り替え可能な特急電車です。

kyotetu21
 
内部は半分座席、半分寝台のハーフ&ハーフ展示。
*通常は車内に入れません

kyotetu24

中段の寝台が狭いw

kyotetu25
 
下段は広め。

kyotetu26
 
上段は高い。

kyotetu27
 
ある程度体力がないと寝台は危険?

kyotetu28
 続きを読む

大阪環状線ツアー後編です。

okt3
 
ターミナル駅の天王寺駅。

okt1
 
天王寺駅といえば、阪和線(天王寺駅~和歌山駅)。

okt4

関空特急はるかとすれ違う。

okt2
 
大和路線(加茂駅~JR難波駅)を飛び越えて新今宮駅に入ります。

okt5
 
天王寺公園、スパーワールドを通り過ぎ、

okt6
 
通天閣が見えてきます。

okt7
 
新今宮駅。

okt8
 
新今宮駅の発車メロディはドボルザークの「新世界」。
駅近くの繁華街「新世界」にちなんで選ばれたのだそうです。

okt9

大阪城公園駅の発車メロディは大阪城にちなんで、法螺貝の音。

okt10
 
 桜ノ宮駅は大塚愛の「さくらんぼ」。

okt11
 
特急くろしお289系(京都・新大阪~和歌山・紀伊田辺・白浜)と大阪環状線ですれ違う可能性もあるそう。
 
okt12
 
南田「小田原から来た東海道線が山手線一周して品川行きみたいなもんです」
一同「エー!」
鉄道マニアの驚きのツボにほんこんバカ受けw

okt13
 
大和路快速(大阪環状線~奈良・加茂・五条)とすれ違う。

okt14

 大正駅に到着。

okt15

タモリさんにあいさつされて笑顔の一般人。

okt16

先ほど言っていた特急くろしお289系とすれ違う。

 okt17

西九条駅手前。
左から貨物線、JRゆめ咲線(桜島線)、環状線(内回り)。

okt18
 
停車している「ハリー・ポッター」ラッピング列車(JRゆめ咲線)。
1月14日スネイプ先生没 合掌。

okt19
 
左の梅田貨物線を京都・新大阪~関空・南紀方面の旅客列車も使用しています。

okt20

野田駅を通過し、環状線最大のターミナル大阪駅へ。

okt21

運が良ければサンダーバード、スーパーはくと、はまかぜ、こうのとり、サンライズエクスプレスなどの特急が見られます。

okt22

残念ながら特急は見られず大阪駅通過。
次は天満駅。
天満駅には南北2.6キロに及ぶ天神橋筋商店街があります。

okt24

天神祭りにはギャルみこしも出るそうです。
ただし、全員ギャルというわけではないw

okt25

天満駅の次は桜ノ宮駅。
造幣局の桜の通り抜けは春の風物詩。

okt26

続きを読む

鶴見線と南武線を電車で旅する企画。
本来なら別の路線である鶴見線と南武線を貸切の車両で直通で走ってしまいます。

筆者は鉄道については門外漢ですが、タモリ電車クラブの威光がこの業界でいかに偉大であるかは理解できます。
昔で言えば、”お召し列車”みたいなものですね。
 
ところで、先週放送された鶴見線がなぜ鉄道マニアに人気があるのか。
一般人から見るととても不思議ですが、それなりの理由があるようです。
まず、工業地帯を走る路線のため、車窓に非日常的な風景が展開されること。 
そして、個性的な駅があること。
例えば、国道駅ではレトロ、といういうよりも、時の流れから置き去りにされたような光景を見ることができます。

 kuniimichi1
 飲み屋付きタイムトンネルのような高架下

kunimichi2
米軍の機銃掃射の弾痕

海芝浦駅は、東芝の工場に直結しているため東芝の関係者しか降りることはできませんが、プラットフォームからの景色が良いので、ここに来る鉄道ファンは多いそうです。

umisibaura
 
都会のローカル線と呼ばれる鶴見線は、気軽に旅行気分を味わうにはうってつけの鉄道のようです。 
 
さて、今週はいよいよ鶴見線の車両が南武線に乗り込みます。 
南武線は、

 nanbusen

こういう車両ですが、そこに

turumi205

鶴見線の3両編成が乗りこみます。

tmori228-1

テンションが上がる鉄オタの面々(オードリー若林を除く)

tamori228-2
 
春日も南武線カラーのベストにお召かえ (本日唯一の見せ場w)

tamori228-3
 
車両は黄色の鶴見線から、柿色の南武線に路線を切り換え、中原電車区まで走ります。

tamori228-5

先週飛ばしてしまった「空耳アワー」ですが、電車内なのでタモリさんも気もそぞろ。
 
tamori-5
 
鉄オタモデル市川紗椰さんによると、南武線は「いつ酒盛りが始まってもおかしくない(雰囲気)」なのだそうです。 

 tamori228-4

南武線の駅を通過すると、プラットフォームの人々は鶴見線の車両に注目します。
どこで情報を得たのか、撮り鉄も駅で待ち構えていました。

tamori-6

撮り鉄の演歌歌手徳永ゆうきくん(18)が自慢フォト・コレクションを披露したり、
 
tamori-7
 
南武線のクリス・ケプラーも紹介されました。
たしかに車内アナウンスの声はクリス・ケプラーに似ていました。

 tamori-8

そうこうするうちに、中原電車区に到着。
 
tamori-14
 
ここで作業着に着替え、

tamori-10

車両を洗います(楽しいの?)。
 
tamor-11
 
本日2回目の空耳アワー。

tamori16

市川さんは4回目の電車企画出演ということで、

tamori-12

タモリ電車クラブの会員証を授与されました。
とても嬉しそうでした。

tamori-13

羨ましそうに会員証を見る徳永くんですが…、
タモリ「童貞にはあげられない」w
 

鶴見線物語
サトウ マコト
230クラブ
2005-11


鶴見線貨物回顧 (RM LIBRARY 124)
渡辺 一策
ネコ・パブリッシング
2009-12-01



 

このページのトップヘ