Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:タモリ倶楽部

気がつけば新年、という感じですが、私の場合にはなんの抱負もございません。

a1

ゲストは澤部佑さん、

a2

玉城ティナさん。

a3

円は絵を描く時の基本かつ重要な技術。

a4

そこで今回は円描きの達人たちをお招きして、

a5

フリーハンドできれいな円を描くことに挑戦します。

a6

タイトル。

a7

今回の集中講義のオブザーバーは、横浜国立大学の根上先生。
長年数学を研究されています。

a8

数学的な円の定義。

a9

今回の企画にうってつけの人材。

a10

というか、この大会ありきでこの企画が生まれた?

a11

一般人には全くピンと来ない趣旨w

a12

集中講義開講します。

a13

最初の円描きストは数学教師。

a14

そういえば、数学の先生って黒板に円を描くのうまかったような気がする。

a15

平井式円描きメソッド ①ダーツを投げるように半身になる

a16

②目線が円の中心になるようにイメージ

a17

平井先生が教鞭をとる国立高校は都立高でも屈指の進学校。

a18

③下から時計回りに勢いよく描く

a19

テレビだから緊張した?
自己採点は50点。

a20

玉城ティナが平井メソッドで円描きにチャレンジ。

a21

終盤でチョークが折れる。

a22

実は終盤は難しいらしい。

a23

澤部のチャレンジ。
左半分はきれい。

a24

タモリのチャレンジ。

a25

三人三様だけど、後半が難しい?

a26

次の円描きストは美術講師。

a27

フリーハンドで円を描くのはデッサンでの基本的スキル。

a28

先生の絵。

a29

玉城ティナの絵w

a30

西村式円描きメソッド ①適度な十字を描く

a31

②中心点から等距離に点を打つ

a32

③45度の部分にも点を打つ

a33

④打った点を線でつなぎ円を描く

a34

数学教師が一気呵成なのに対し、美術講師は工程が細かく分かれている。

a35

西村メソッドで玉城がチャレンジ。

a36

描いている途中から文句を言いだすw

a37

レモンになってしまう。
最初の十字が結構キモ。

a38

続きを読む

ここ1,2年リモート会議とか番組収録で「背景」、後ろのバックですね、これがかなり注目を集めているようです。

あ1

ゲストは川島明さん、

あ2

上坂すみれさん。

あ3

今回スポットライトを当てるのは、アニメの背景。

あ4

そこで、アニメ背景を手掛けるプロ、3名の背景さんが集結。

あ5

知られざる仕事の実態や悲しき日常を語っていただきます。

あ6

さらに背景さん渾身の作、番組オリジナル背景を披露してもらいます。

あ8

タイトル。

あ7

グリーンバック。

あ9

「君の名は」を飛行機で見た。

あ10

声優なのでキャラの表情ばかり見てしまう。

あ11

3名の背景さん紹介。

あ12

背景専門会社「Bamboo」の社長、竹田悠介さん(53)。

あ13

背景専門会社「スタジオ・イースター」所属、前田有紀さん(37)。

あ14

アニメ制作会社「ジェー・シー・スタッフ」勤務、黒田友範さん(45)。

あ15

アニメ背景専門の会社は都内に40以上ある。

あ16

自慢の背景ご紹介。

あ17

竹田さん作の背景。

あ18

映画「泣きたい私は猫をかぶる」より。

あ19

猫だけが住む「猫島」を描いた背景。

あ20

架空の世界をリアルに描写。

あ21

アニメ「ブラック・クローバー」より。

あ22

前田さんの背景、霧がかった村。

あ23

魔神の骸骨を描き今後の期待や不安を霧で演出。

あ24

オーディション落ちましたw

あ25

アニメ「とある魔術の禁書目録」より。

あ26

JR立川駅をモチーフにした架空都市。

あ27

実際の風景に架空の背景が足されている。

あ28

アニメの仕事の流れ。

あ29

背景さんは美術ボードをもとに背景を作画。

あ30

1話のアニメで描かれる背景は200~300枚程度。

あ31

アニメの背景は実際どのように描かれるのか、制作会社ジェー・シー・スタッフでの黒田さんの仕事風景を見てみましょう。

あ32

PCを使って描く。

あ33

ペンタブレット。

あ34

デジタル化社会。

あ35

デジタル便利だわ。

あ36

これはほんとに好きじゃないと無理。

あ37

黒田さんにタモリ倶楽部オリジナル背景をオーダー。

あ38

タモリが好きだと言っていた景色を描いてみたい。

あ39

これは楽しみ。

あ40

それがこちら!

あ41

テレ朝の屋上とNYセントラルパークが合体。

あ42

続きを読む

コロナ禍ですけども、今年の上半期の企業の倒産件数は低水準らしいですねぇ。

あ1

ゲストは大島由香里さん、

あ2

カズレーザーさん。

あ3

今回取り上げるのは、コンドームのオカモト。

あ4

大昔、就活で岡本理研の会社説明会に行ったなぁ。
なんか食いっぱぐれないような気がしたから。

あ5

意外にもコンドームの売り上げは会社全体の売り上げの約1割。

あ6

残りの9割の売り上げは何なのか?
社員の方々を招き、知られざる大企業の真相に迫ります。

あ7

タイトル。

あ8

お堅い企業紹介番組風。

あ9

オカモト社員の斎藤さんと和田さん。

あ10

オカモト=コンドームのイメージがあったから、同級生に会社説明会に行くと言うとみんな半笑いだった。

あ11

コンドーム以外のオカモト商品とは何か?

あ12

粘着テープ。

あ13

いろいろな種類のテープを製造販売。

あ14

ADさんのオカモトコーデ。

あ15

ボイドテープ?

あ16

スタジオの二人は畑違いなので、担当部署の小林さんに聞いてみよう。

あ17

ボイドテープは建築現場で使うテープらしいが、ボイド管がわからない。

あ18

紙でできてるのね。

あ22

今度建築現場を見たら、ボイド管を観察しよう。

あ19

ボイドテープの使い方。

あ20

オカモトはもともとゴムを扱う会社。

あ21

このペースで製品紹介してると4時間かかりそうなので、VTR でコンパクトにまとめました。

あ23

ゴムバンド。

あ24

レインウェア。

あ25

カイロ。

あ26
除湿剤。

あ27
氷のう。
考えてみれば、でかいコンドームだな。

あ28

農業フィルム。

あ30

フレキシブルコンテナ。
て、何?

あ31

壁紙も。

あ34

他多数。

あ29

ここでオカモト社員への質問コーナー。

あ33

質問をポジティブにしてあるw

あ35

完全に割り切っている20代女子w

あ36

この名を口にすると、もれなく半笑いになる超パワーワード。

あ37

日本人ほぼ全員がお世話になったことがある会社w

あ38

もはやコンドームは枕詞。

あ39

もらってうれしいサンプルw

あ40

オカモト社員は名刺代わりにサンプルを持ち歩いている。

あ41

グローバルに強いオカモト。

あ42

カンボジアに岡本さんが旅行するとニヤニヤされる?w

あ43

社割はあるが、社割でコンドームを買う社員はいない。
社内のあちこちに落ちているイメージw

あ44

残り9割の製品に戻ります。

あ45

手袋。

あ46

続きを読む

読書の秋と言いながらも、全国的に本屋さんの数は減少傾向にあるようです。

あ1

ゲストは飯塚悟志さん、

あ2

美村里江さん。
元ミムラの人。

あ3

今回のテーマは、ブックカバー掛け。

あ4

全国の書店員に集結してもらい、プロのブックカバー掛けテクニックを堪能します。

あ5

タイトル。

あ6

読書家の美村さん。

あ7

毎日5冊何らかの本を読了していることになる。
重篤な活字中毒。

あ8

本屋に行くと二重にした紙袋二つくらい本を買う。

あ9

TPOによってブックカバーが必要な場合もある。

あ10

後輩の芸人が書いた本などはブックカバーして読みたい。

あ11

オードリー若林が本を書いていることを知らなかったタモリ。

あ12

いよいよブックカバー掛けのプロが登場。

あ13

一人目は有隣堂アトレ恵比寿店の大平雅代さん。

あ14

勤続38年のベテラン書店員さん。

あ15

美村さんはここの常連。

あ16

有隣堂では5種類のブックカバーを使っている。

あ17

あらかじめ下部を折っておくのがミソ。

あ18

手が空いている時にブックカバーの仕込みをしておく。

あ19

かまぼこ板というのが昭和でいいね。

あ20

確かに正月はかまぼこ買うな。
お雑煮の必須アイテム。

あ21

オススメ本にブックカバーを掛けます。

あ22

大平さんのオススメは凪良ゆうの「流浪の月」。
昨年本屋大賞受賞。

あ24

いわゆる腐女子。

あ23

有隣堂には3つの掛け方がある。

あ25

まずはスタンダードからいってみよう。

あ26

本を真ん中において上部に折り目を付ける。

あ27

オレ、折り目をつけるの苦手なんだよな。
不器用ですから…。

あ28

こういう細かなところまできちっとやるのが日本人。
ロシア人の書店員はカバー掛けするのか?

あ29

このスタイルは最も多くの書店が採用している。

あ30

続いて、2つ目の方法。

あ31

本から表紙を外し、表紙だけに上下のカバーを掛ける。

あ32

次に本体を載せてカバーを掛ける。
こうすることでより外れにくくなる。

あ33

そういえば昔はこうだった気がする。

あ34

多分、若い店員さんはできないだろうな。

あ35

文庫専用カバーはカラフル。

あ36

文庫専用カバーは上下はピッタリなので左右を内側に折るだけ。

あ37

二人目はジュンク堂書店池袋本店の田中あやさん。

あ38

ジュンク堂はレジが何列もあるのに混んでる。

あ39

ジュンク堂のカバーは全部で7種類。

あ40

書店員の特殊能力。

あ41

続きを読む

近年東京湾ではタコの豊漁が続いているそうでして、今日はタコがスタジオに来ているようです。

あ1

ゲストはPUFFYの吉村由美さん、大貫亜美さん、

あ2

ビビる大木さん。

あ3

東京湾でタコ爆釣中。

あ4

タコの七変化とかよく聞く。

あ5

今回はタコの驚異のポテンシャルをイリュージョンショーの装いでお届けします。

あ6

タイトル。

あ7

本日の主役を囲んで…。

あ8

タコのサイズが気になるタモリ。

あ9

スタッフ自らが釣ってきたタコ。
番組スタッフの慰労を兼ねてるのか?w

あ10

食い物としてみてるw

あ11

このタコは食的な目で見ないでw

あ12

最初のイリュージョンショーは神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館から。

あ13

性別はどこで見るんだろう。

あ14

タコは木箱の隙間からでも逃げられるらしい。

あ15

吸盤で蓋開けるのかしら。

あ16

やっぱり…。

あ17

脱出成功。

あ18

なんで開く方に回せた?

あ19

人間がタコを調教しているに違いない。

あ21

タコの解説は琉球大学の池田先生。

あ20

タコには問題解決能力がある。

あ22

何度もやらせて学習させたんだ。

あ23

アジア人は食い物としか見てないから?

あ24

先生はこの10年で急激にタコ化。

あ25

続いてのイリュージョンショーは宮城県仙台市の仙台うみの杜水族館から。

あ26

これはメスとわかってる。

あ27

ポリ袋に閉じ込められたタコが細い筒を通り抜けて脱出。

あ28

これは楽勝でしょう。

あ29

まず足先行。

あ31

頭骸骨がないのが強み。

あ32

チャンチャカチャーン♪

あ33

タコ捌くとわかるけど、骨はちょっとしかない。

あ34

人間は頭が抜ければ行けるらしい。

あ35

次のイリュージョンは東京都三宅島の民宿「スナッパー」から。

あ36

南海の黒豹はレイ・セフォーか…。

あ37

海にいたタコをダイバーが撮影したんだ。

あ38

周囲の色に合わせて肌の色を変える。

あ39

体も変えてゴツゴツした岩の感じに。

あ40

タコが忍者と呼ばれるゆえん。

あ41

タコは目がいいのか?

あ42

良い質問ですね。

あ43

タコの目は人の目と似た構造をしている。

あ44

しかし、色覚はないので色は判断できない。

あ46

コントラストで周囲の状況を判断して擬態しているのではないか。

あ47

続きを読む

このページのトップヘ