Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:タモリ倶楽部

今年はなんと伊能忠敬没後200年。
もうちょっと盛り上がってもいいんじゃないか、というお話。

a1

ゲストは、ライムスター宇多丸さん、能町みね子さん、

a2

シソンヌのじろうさん、長谷川忍さん。

a3

ここ数年、地図柄のファッションが若者の間で人気。

a4

そこで今回はこの夏ブレイク間違いなしの地図柄ファッションを一挙に集結し、ファッションショーを開催します。

a6

タイトル。

a7

シソンヌの長谷川は自称オシャレ芸人。

a8

ということで、長谷川がファッションショーの進行を務めます。

a9

ファッションショー始まります。

a10
トップはポロシャツ。
地図制作会社ゼンリン所属のプロゴルファー木戸愛選手の地元、江の島をデザイン。

a11

モデルは2017日本レースクイーン大賞の藤木由貴さん。

a12

2点目はパリの地図をデザインしたTシャツ。

a13

モデルはじろう。

a14

靴下も地図柄。

a15

触れてみたくなる江ノ島w

a16

江戸時代、江ノ島は女性の参拝先として大人気だった。

a17

背面。

a18

住宅地図に定評のあるゼンリンが約1/74000の地図データをもとにデザイン。

a19

ちょっとお高めの17280円。

a20

パリの名所を網羅した地図柄。

a21

指し棒3本で乳首責めw

a22

モルガンオム パリスマップT 6480円。

a23

広場を中心に道が放射状に伸びるのはパリの街づくりの特徴。

a24

靴下は大航海時代のアメリカ・バージニア州の地図をあしらったもの。

a25

バージニア州は首都ワシントンD.C.の隣の州。
イギリス人が初めて入植した歴史的な場所。

a26

2ndステージ。

地図柄チュニック。

a27

地図柄タイツ。

a28

今いる場所や好きな場所の衛星写真をプリントできるTシャツ。
WHERE YOU ARE(東京)青森県弘前市フルグラフィックTシャツ。

a29

地図柄チュニック 19224円。
中世のイギリスの地図柄。

a30

日本を探せ。

a31

日本発見。

a32

続きを読む

今日は新橋にあるファミリーレストラン、ガストに来ています。
私は洋食を食べないのでほとんどファミレスには来たことがない、というお話。

a1

ゲストは清野とおるさん、ビビる大木さん、

a2

GLAYのHISASHIさん。

a3

そもそもファミレスにはいかない二人w

a4

しかし、一般庶民にはファミレスのスープバーの具がすくえないことは大きな悩み。

a5

ファミレスのヘビーユーザー、漫画家の清野とおるさん。
清野さんについてはタモリ倶楽部2017年4月21日放送分をご覧ください。

a6

GLAYのHISASHIさんは清野さんの飲み友達。

a7

今回はスープバーの具のすくい方を徹底攻略します。

a8

席に移動。

a9

清野さんとHISASHIさんは赤羽の老舗キャバレーのカラオケで「HOWEVER」を熱唱した。

a10

本物さんなのに誰にも気づかれなかったw
あそこは客もホステスも高齢だからw

a11

ガストユーザーは主にランチでスープバーを利用している。

a12

スープバーの具を求める世間の声。

a13

切実w

a14

スープバーと戦う人w

a15

清野とおるのスープバー注意事項。

a16

① フタを開けるときは取っ手の温度をチェック

a17

② 1カップに2おたま

a18

3おたまは危険。

a19

ガストが想定する具の量。

a20

タモリが実際にすくってみるとこうなってしまう。

a21

③ 混雑を避けるためすくう時間は20秒が目安

a22

④ 先客がいたらプレッシャーを与えるので並ばない

a23

ファミレスヘビーユーザーたちの技。

a25

かき混ぜて具を浮かせるのがコツ?

a26

清野式スープバー攻略法

① 右回りに混ぜ、水流を作る
② 水の流れと反対方向におたまを返し具を待ち受ける

a27

たいして取れてないw

a28

ガストの店員風の格好して、スープバーの前に長時間張り付いていても怪しまれないようにするw

a29

HISASHIもチャレンジ。

a30

タイム18秒27
コーン19粒

a31

続きを読む

最近は若者のフルーツ離れが進んでいる。
なんでも皮をむくのがメンドクサイという理由らしい、というお話。

a1

ゲストは、阿佐ヶ谷姉妹、ハマ・オカモトさん。

a2

進行は野上慎平アナ。

a3

今回は皮むき器具を使って、皮むきの快感度№1を決定します。

a4

タイトル。

a5

ロケ地は江東区のキッチンスタジオ、スタジオピア33。

a6

最初の出場者は刃物メーカーとして有名な貝印から。

a7

アボカドの皮をむきます。

a8

まずは包丁で切れ目を入れて二つに割る。

a9

弊社の手間なしアボカド皮むき登場。

a10

まず種をくり抜く。

a11

次に身と皮の間に皮むき器を入れて、皮に沿って滑らせる。

a12

リプレイ。

a13

アボカドの皮を15秒で剥きました。
手間なしアボカド皮むき(810円)。

a14

初めて使ったタモリの方が速くきれいに皮をむくw

a15

続いては社長自ら参戦。

a16

皮が分厚くてかたいハッサクの皮をむきます。

a17

弊社のオレンジカッター。

a18

最初に柄についているドリルで真ん中をくり抜き、次に刃で皮に切れこみを入れていく。

a19

数か所切れ込みを入れたら、皮をむく。

a20

薄皮もオレンジカッターでスパッ。

a23

ぺろん。

a21

皮むきの工程に応じて様々な機能があるオレンジカッター(195円)。

a22

社長の圧を受けながら皮をむくハマ・オカモトw

a24

3人目は新潟のメーカー、エーステクノから。

a25

ネガマリタケの皮をむきます。
ネマガリタケ:北海道や東北地方で食べられる笹のタケノコ

a26

米山さん自作のネマガリタケ図解。
青い部分が皮。

a27

ネマガリタケを竹の子カッターに差し込んで、引き抜く。

a28

竹の子カッターを通過したネマガリタケは、もう皮に切れこみが入っていた。

a29

つるん。

a30

入口から入れて、出口から出すだけで皮に切れこみが入る。

a31

竹の子カッター標準型(2300円)。
ちょっとお高いけどスグレモノ。

a32

続きを読む

今日は埼玉県の八潮市に来ています。
埼玉に来たのは西川口の中華料理以来、というお話。

a1

ゲストはコムアイさん(水曜日のカンパネラ)、

a2

竹山隆範さん。

a3

八潮市はパキスタン人が多い。
昔の代々木公園w

a4

埼玉県は日本一パキスタン人が多い。

a5

特に県南部の八潮市は、ヤシオスタンと言われるほどパキスタン人が多い。

a6

市内で暮らすパキスタン人のための本格的なモスク(礼拝堂)もある。

a7

そこで今回は本格的なパキスタン料理を食べに八潮市まで通っているコムアイとともに、ヤシオスタンカルチャーを堪能します。

a8

タイトル。

a9

コムアイ行きつけのパキスタン料理店、カラチの空。

a10

コムアイの最後の晩餐はここと決めているw

a11

店内はパキスタン人で混みあっている。

a12

オーナーのジャベイドさん。

a13

ジャベイド「(コムアイさんは)いつも店閉める間際に来ていただいて…」w

a14

店内ではハラールフード(イスラム教で食べることを許されている食材)も売っている。

a15

コムアイがよく買うパキスタンのお米。

a16

オシャレバッグ感覚で持ち帰れる。

a17

ヤシオスタンと地元トークのコーナー。

a18

ほとんど在日30年ぐらい。
ということは、日本の方が長い?

a19

ルハン君(16)は来日4年目。
八潮中卒で、現在は八潮南高校に通ってます。

a20

ヤシオスタンに人気のパキスタン料理のご紹介。

a21

ビリヤニ:スパイシーな炊き込みご飯

a22

コムアイの最後の晩餐がビリヤニ。

a24

カラチの空のビリヤニは本場そのままの本格的な味。

a25

チキンビリヤニ。

a26

タモリ「おいしいけど、死ぬ前にもう一度っていうのはあんまりない」w

a27

マトンカラヒ:羊肉を炒め煮したカレー

a28

ハリーム:豆と牛肉を5時間煮込んだ粘り気のあるカレー

a29

ナン:小麦粉の生地を発酵させて焼いたパン

a30

ロティ:全粒粉を使った無発酵のパン

a31

パキスタンではロティが一般的。
ナンはいろいろなものが入っているから太るらしい。

a32

続きを読む

今日は足立区の竹の塚に来ています。

a2

都内の車両用の信号機の99%はLEDになっている、というお話。

a3

ゲストは、オードリーの若林正恭さん、春日俊彰さん、

a4

AKB48/NGT48の柏木由紀さん。

a1

昭和の時代に生まれた角形信号機。

a5

今LED信号機の普及によって、角形信号機は絶滅寸前。

a6

今回は信号機マニアの岩原拳士朗さんの案内で、ヴィンテージ信号機巡りをします。

a7

タイトル。

a9

移動中。

a10

拳士朗、あがってまーすw

a11

AKBファンの拳士朗は、実はゆきりんと初対面ではなかった。
もちろん、ゆきりんの方は覚えていないw

a12

ヴィンテージ信号機とは何か?

a13

角形信号機:
昭和30~40年代に普及
光源は電球

a14

角形の後、昭和50年代から普及したのが丸型信号機。

a15

平成に入って登場したのがLED信号機。
現在全国の信号機のおよそ半数がLEDタイプ。

a16

LED信号機の普及によって角形信号機は続々と消滅。

a18

現在東京23区内で角形信号機が残っているのは、4基のみ。
その4基のうち3基は足立区竹の塚にある。

a17

信号機マニアはグーグルのストリートビューで信号機をチェックする。

a19

これから竹の塚の3基のヴィンテージ信号機を巡りますが…。

a20

拳士朗が現地で確認をしたのは2月。
今は撤去されている可能性もある。

a21

今年2月に撮影した竹の塚3丁目の一灯式角形信号機。

a22

赤色点滅信号:一時停止

a24

すぐこの先に一灯式角形信号機がある、かもしれない。
下を向いて傍まで行き、「せーの」で顔を上げます。

a25

緊張の瞬間。
拳士朗「せーの」

a26

ありましたーw

a27

小糸工業社製の信号機の特徴
① 下側のアームが円弧型

a28

② レンズの色が濃く、透明度が高い

a29

信号機の裏の銘板も見どころ。

a30

「小糸工業株式会社」までは読めるが、それ以上は無理。

a31

拳士朗の62倍望遠のカメラで撮影した銘板。
昭和52年製だということがわかる。

a32

続きを読む

このページのトップヘ