Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:タモリ倶楽部


最近では書籍電子化が進んでおりますけども、プロ用の料理専門書ではまだ紙の書籍がメインのようです。

a1

ゲストは、カズレーザーさん、小宮浩信さん、

a2

相田周二さん、紀真耶さん。

a3

プロ向けの料理書籍の2大出版社、柴田書店と旭屋出版社。

a4

実は同じテーマの本をほぼ同時期に出版しまくっているという驚愕のカブリが発覚。

a5

そこで柴田書店からは吉田部長をリーダーとする4名を招集。

a6

旭屋出版社からは、編集長の雨宮さんをリーダーとする4名を招集。

a7

今夜、ネタがカブりまくっている両社の威信をかけた仁義なき戦いが開戦。

a8

タイトル。

a9

会議開始。

a10

ほぼ同時期に出ている「アヒージョ」。

a11

相田・紀「似てる-!」w

a12

「!」が付いているのも同じ。

a13

貝料理も半年違いで出版されている。

a14

「カブるー!」と言いたいタモリw

a15

これは柴田書店が先。

a16

もう1回ソースを出せば、また出してくる。

a17

この状況を両社はどう思っているのか?

a18

貝料理の本は、貝料理店ブーム(牡蠣小屋など)がきっかけで出版されている。

a19

半年後に貝料理を出した柴田書店は相手(旭屋出版)を全く意識していない。

a20

プロ向けの本なので貝のさばき方も懇切丁寧。

a21

タモリ「これだけ写真使って3500円なら高くない…」
マジ読みw

a22

ソースは2回もカブっている。

a23

2007年出版、柴田書店の「ソース」。

a24

2013年出版、旭屋出版の「Newソース」。

a25

ガンダムあってのν(ニュー)ガンダムw

a27

まだある企画カブり。

a28

天ぷらに至っては同じ年の同じ月。

a29

ジビエ料理も一月違い。

a30

旭屋出版はジビエ協会設立をきっかけに本を出版した。

a31

柴田書店は当時ジビエが流行っていたから出した。

a32

天ぷらの本がないから、出した旭屋出版。

a33

同じくないな、と思ったから出したw

a34

小宮「旭屋出版の天ぷらの本は見ましたか?」
カズレーザー「その質問に答える義務はない」w

a35

両出版社の基本情報。

a36

続きを読む


最近はスマホの見過ぎと言いいますか、スマホ首という、いわゆるストレートネックになっている人が多いようですね。

a1

ゲストはカミナリの竹内まなぶさん、石田たくみさん、

a2

オカダ・カズチカさん。

a3

スマホ首に代表されるように、今現代人の首が危ない。

a4

そこで今回は正しい首のトレーニングを徹底的に教えます。

a5

タイトル。

a6

オカダ選手が持っているチャンピオンベルトは、2020年1月5日に内藤哲也選手の手に渡ったもよう。

a8

IWGPヘビー級チャンピオンベルト。

a7

チャンピオン!w

a9

笑いがあれば痛くないが、スベると心も体も痛いw

a10

オカダ選手もたくみのどつきを体験。

a11

無言の圧力w

a12

カミナリのどつき漫才は2015年からスタート。

a13

一番最初のどつきはライブであまりにウケなくて、怒りのあまりアドリブでまなぶをどつく。
そしたら笑いがドーンと来た。

a16

このときが100%のフルスイングどつき。

a15

フルスイングどつきで、先にたくみの手のひらに支障がでる。
どつき漫才の後は手のひらをアイシング。

a17

2016年のM-1決勝までフルスイングは続く。

a18

左側頭部を叩くと良い音が出ることを発見。

a19

フルスイング時代の映像。

a20

まなぶはボケた後、どつき待ちをしていたw

a21

2017年からどつきの威力は80%に。

a22

現在は40%の威力でどつく。

a23

40%のどつき。
弱く叩いても、音を出す技術が向上。

a24

100%時代はテイクバックもフォロースルーも大きい。

a25

次はオカダ・カズチカの首事情。

a26

レスラーは日常的に首を鍛えている。

a27

まなぶのボケw

a28

改めて、オカダ・カズチカの首を触ってみる。

a29

アスリートの筋肉は柔らかい。

a30

オカダ・カズチカの必殺技レインメーカー。
首への衝撃はすさまじい。

a31

オカダ・カズチカが選ぶ、首にきたプロレス技ベスト3。

a32

第3位 雪崩式牛殺し

a33

コーナーポストの上から落として、落下中の首に膝を当てる。
危険だし、難易度高そう。

a34

首に効いた数値90%。

a38

第2位 椅子の上へのダークネスフォール

a35

リング場外でパイプ椅子の上に落っことす。

a36

続きを読む


今日は早稲田大学のお膝元、高田馬場に来ておりますが、前にも言ったと思うんですが、高田馬場駅から早稲田まで歩く学生を”馬場歩き”と言うそうです。

a1

ゲストは竹山隆範さん、トラウデン直美さん、

a2

野上慎平アナ。

a3

高田馬場界隈に中国人向けの予備校。

a4

ここ数年中国人留学生が爆増中。

a5

中国人は早稲田好き?

a6

早稲田大学は中国人留学生人気No.1。

a7

今回は中国人はなぜ早稲田好きなのか、その実態に迫ります。

a8

タイトル。

a9

中国人向け予備校、启程塾(けいていじゅく)にやってきました。

a10

受付&オフィス。

a11

合格者の張り出し。
これは日本の予備校と同じだな。

a12

早稲田が多い。

a13

トラウデンが在学する慶応もチラホラ。

a14

日本なのに中国にいるような雰囲気。

a15

予備校のポスターに唯一固有名詞の早稲田大学。

a16

代表取締役の李さんにお話を伺う。
启程塾の在籍者数約1000人。

a17

早稲田大学に近い高田馬場に中国人予備校が多い。

a18

中国人留学生の実家は富裕層が多いので、お金目的ではなく社会勉強のためにアルバイトしている。

a19

中国人予備校生の受験環境を見学。

a20

基本教科のほか、美大コースもある。

a21

ぱっと見、日本の予備校と変わらない。

a22

テキストは左側のページは日本語、右側は中国語。

a23

マンツーマン授業用のVIPルームもある。

a24

料金は倍ぐらい違う。

a25

どっちが先生かわからない。

a26

中国人留学生の生の声を聞く。

a27

野上アナ中国語でご挨拶。

a28

中国で少し日本語の勉強をしてから来日。

a29

最初に覚えた日本語は「そうですね」。

a30

アニメから日本語に入るコも多いんだろうな。

a31

世渡りのための必須単語「さすが」w

a32

早稲田志望は5人中3人。

a33

早稲田大学に9月に合格。

a35

早稲田の大学院に在学中。

a36

続きを読む


今日は、新装になりました新国立競技場内部を特別に行ってみたいと思います
(ウソ)。

a1

ゲストは川島明さん、

a2

井上咲楽さん。

a3

今回のテーマはきのこ。

a4

きのこマニアの方々からディープなウンチクを聞きながら、珍しくて美味しいきのこを味わいます。

a5

タイトル。

a6

群馬県野生きのこ同好会の面々。

a7

珠生ちゃん、真里奈ちゃんの山田姉妹。

a8

会長の大井俊一ちゃんw

a9

会長「私が(二人に)美味しいきのこを食べさせている…フフフフ」
川島「発言的に大丈夫なんですか」w

a10

こちらは左から博士、きのこ問屋、きのこ切手コレクター。

a11

きのこ問屋は正確に言うと元きのこ問屋。
今はIT系に転職。

a12

きのこ切手コレクターの石川さんは、きのこ切手の回に続き2回目の出演。

a13

きのこ切手コレクションも着々と増え続けている。

a14

本日の主役「きのこ鍋」。

a15

具材はきのこ100%。

a16

これは何?

a17

ササクレヒトヨタケ。
栽培されているきのこ。

a18

同じ属のきのこは糞の上に生えるが、これは例外的に草地に生える。

a19

スーパーなどに卸すことはあまりないが、きのこ薬膳鍋を出す飲食店などでは喜ばれる。

a20

ブルガリアにササクレヒトヨタケの切手がある。

a21

世界で一番発行されているきのこ切手はベニテングダケ。

a22

ササクレヒトヨタケは76種類発行されている。

a23

ニョキニョキ成長するササクレヒトヨタケ。

a24

あっという間に枯れる(?)。

a25

ササクレヒトヨタケは自己分解酵素を持っており、自分で自分を溶かしてしまう。

a26

黒くなった部分が胞子。
雨で流れ、別の場所で繁殖する。

a27

ササクレヒトヨタケの生態に食いついた山田姉妹。

a28

試食タイム。

a29

大きめのエノキみたいでおいしいらしい。

a30

山田姉妹は可愛いので特別に試食w

a31

井上咲楽が選んだきのこ。

a32

トキイロヒラタケ。

a33

色が朱鷺の羽色に似ているのでそう名付けられたらしい。

a34

鍋に入れる前のトキイロヒラタケ。

a35

みんなのうんちくを聞いてから食べるルール。

a36

自然のものは色が鮮やか。

a37

うま味が濃い。

a38

続きを読む


今回は夢の相鉄全線一筆書きツアー(後編)です。

a1

ゲストは先週に引き続き、土屋礼央さん、市川紗椰さん、伊藤壮吾さん、南田裕介さん。

a2

この4人はタモリ電車クラブの正式会員。

a3

伊藤壮吾さんは仮会員。

a4

今回も相鉄社員が考えた珠玉の企画を堪能します。

a5

タイトル。

a6

前回最後の企画は駅名看板の設置。

a7

ところが、まさかのサイズ違い。

a8

結局、この企画は中止になりました。

a9

代わりに駅名標にサインを書くことに。

a10

ちゃんとはまっている隣の駅名標にメンバーがサインを書きます。

a11

タモリ筆入れの儀。

a12

自分のサインを書き足すバカが出てきそう。
ラッピングしておこう。

a13

相鉄と崎陽軒のコラボ駅弁で昼食。

a14

おいしそう。

a01

醤油入れが相鉄バージョンになっている。

a15

12000系とそうにゃんの2種類。
どちらかがランダムに入っています。

a16

ナスは車両の色のヨコハマネイビーブルーをイメージ。
あと付けだろw

a17

昼食後、一行は相鉄本線に戻ります。

a19

ここで上りから下りへ転線。

a20

地上に出る。

a21

このあと二俣川を経由して、いずみ野線の終点、湘南台を目指します。

a22

終点湘南台までの開業は1999年。

a23

伊藤壮吾は2003年生まれ。
つい最近じゃんw

a25

イグアナとかイボイノシシとかハゲタカw

a24

このコもガチ鉄だな。

a26

二俣川駅通過。

a27

市川紗椰お気に入りのカーブ。

a28

結構急坂です。

a29

トンネルや高架橋が多いいずみ野線。

a30

終点湘南台に到着。
ここで折り返し、再び二俣川に向かいます。

a31

企画⑦ 社員作成相鉄ジオラマSHOW

a32

ジオラマ職人の相鉄線ジオラマを楽しみます。

a33

相鉄二俣川物語。

a34

先程のカーブのところ。

a35

昔はバスの営業所があった。

a37

続きを読む

このページのトップヘ