Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:タモリ倶楽部




ロケ地:秋葉原

最近秋葉原にはVR(バーチャル・リアリティー)のスポットが数々登場している、というお話。 

vrm1

今回は名門大学の学生たちの自由な発想から生まれた手作り感あふれるVRマシーンをご紹介します。

vrm2

ゲストはオカリナさん(おかずクラブ)とゆいPさん(おかずクラブ)、池谷麻衣さん(テレビ朝日アナウンサー )。
おかずクラブはタモリ倶楽部初出演です。 

vrm3

最初のVRマシーンを製作したチーム。
電気通信大学情報理工学研究科 広田・野嶋研究室の皆さん。

vrm4
 
マシーンの名前は、「りっかーたん」。

vrm5

ペットケージの中にいる未知の生物と触れ合うVR。

vrm7

 IMOとUDON。

vrm6

光に弱い生物なので黒い布で覆ってあります(設定)w

vrm8

まず、オカリナが体験レポート。

vrm10

ウサギのような鳴き声がする。
 
vrm9

犬の湿っぽい鼻のようなものに触れる。

vrm12

りっかーたんに餌(白い粉)をあげてみる。
 
vrm13

「キャーッ」w
何かに舐められたらしい。

vrm14

りっかーたんは舌の触感と動きを再現したVR。

vrm15

「りっかー」は、licker(舐める者)。
「たん」は、tongue(舌)。

vrm16
 
 池谷アナも体験。

vrm17

 最初はびっくりしたが、二度目は「かわいい~」。

vrm18

池谷「私、猫飼っていて、舐められるのたぶん慣れてる」
オカリナ「私、犬飼ってますよ」w 

vrm19

エサやりタイム。
舌はツルツルした感触だそうです。

vrm20

 タモリ「よちよち。よーち!よちよち」w

vrm21

りっかーたんの正体をみてびっくり。

vrm22

 次も電気通信大学。
ロボメカ工房VR部隊の皆さん。

vrm23

体に装着するタイプのVRマシーン。

vrm24

名前は「ふらっとFLAT」。
酔っぱらった状態を再現するVR。

vrm25

タモリ「酔っぱらえばいいじゃないですか」w
河野「僕たち未成年ということで…」
このチームのメンバーは1,2年生。

vrm26
 
続きを読む




ロケ地:渋谷区道玄坂

最近のアイドルはお姫様抱っこ、ハグ会などファンサービスがすごくなっている、というお話。

tanba1

ゲストは若林正恭さん(オードリー)、

tanba2

コムアイさん(水曜日のカンパネラ)、春日俊彰さん(オードリ-)。

tanba3

ストリップ劇場から現れた今回の主役二人。
タンバさんとリボンさん。

tanba4

今年は日本ストリップ生誕70周年。

tanba5

今回はストリップを影で支えるタンバさんとリボンさんに、ストリップ応援のマニュアルを学びます。
 
tanba6

渋谷道頓堀劇場
注目するのは踊り子さんではなく、盛り上げ役のタンバさんとリボンさん。
タンバさんとリボンさんは、全国に100人ほどいるそうです。

tanba7

踊り子は渋谷道頓堀劇場専属ダンサー、美月春さん。

tanba8

壺?

tanba9

テレビなので貼ってます。
昔はよかった…w

tanba10

壺からタコがw

tanba11

決めポーズでリボンが舞う。

tanba12

コムアイさんの感想。
金色のテープが照明の光でオーロラのようになる。

tanba13

投げるタイミングもやや早く、クライマックスでリボンが宙に広がる。
リボンの引きどころもパーフェクト。

tanba14

黒子のよう控えているリボンさん。

tanba15

タモリ「タンバさんはね、急に入ってくるんじゃなくて、微妙にその前からチキチキチキちっちゃく入ってくる」
コムアイ「そうなんです!」

tanba16

タコ壺抱えて普通に会話する踊り子さんw

tanba17

タンバさん、リボンさんから応援の仕方を学びます。

tanba18

タンバ暦25年のかわたんさんによる「タンバさん入門講座」。

tanba19

「 タンバリンはダブルジングルを買うべし」
ダブル(ジングルが二列)の方が音が優しく、初心者は叩きやすい。 

tanba20
 
タンバさん御用達楽器店は、大人の事情で実名公表NGw

tanba21

「練習はカラオケボックスですべし」

tanba22

タモリ倶楽部らしい映像w

tanba23

「主役は踊り子さん目立つべからず」
最も重要なこと。

tanba24

タンバリンは胸に抱えて隠すようにして持つ。
奥ゆかしさが大事。

tanba25
 続きを読む




ロケ地:田端・東京新幹線車両センター

shanu1

ゲストは先週に引き続き、飯塚悟志さん(東京03)、六角精児さん、廣田あいかさん、南田裕介さん。 

shanu2
 
今回は北陸新幹線E7系で、車内販売の実地訓練です。

shanu3

 新幹線の鼻先に注目。

shanu4

これは2年半前、タモリ電車クラブが取り付けたもの(らしい)。

shanu5

車内販売実地研修始まります。

shanu6
 
一行はまず業務用室へ。
業務用室:車内販売のベースとなる部屋

shanu7

案内は、前回に引き続きアテンダントの飯森由貴さん。 

shanu8
 
3~4畳ほどのスペースにシンクと冷蔵庫と冷凍庫。

shanu9

アテンダントの休憩スペースはありません。

shanu10
 
社内販売アナウンスの放送設備。

shanu11

飯森さんの車内アナウンスお手本。

shanu12

働く人妻のお色気。

shanu14

車掌の聞き取りづらい車内アナウンスに物申すタモリw

shanu13
 
六角さんが車内アナウンスに挑戦。

shanu15

定型文には空白があり、アテンダントさんの裁量に任されています。 

shanu16

六角精児の本名は”山地克明”だったw

shanu17

秋田新幹線という設定なので、秋田名物を入れてくる。
でも、きりたんぽって…w

shanu18

本名を言ってウケるw

shanu20

続いて座席に移動し、ワゴン販売の研修。

shanu21
 
車内に入ったら、まず一礼。

shanu22

分離礼:言葉とお辞儀を分けて行う

shanu23

 歩くペースは5列10秒。

shanu24

乗客の背面から入る場合は、よりゆっくり歩き、首振りも大きくする。 

shanu25

車内販売が来て、買おうか迷っているうちに通り過ぎてゆくワゴン。

shanu26
 
迷っている自分の背中を優しく押してほしいw 

shanu27
 
次はセールストーク。
 「○○○に○○○はいかがでございますか?」が基本形。

shanu28

昔あったわが町の映画館では「おせんにキャラメル、アイスクリームはいかがですか?」でした。

shanu29

続いてワゴンの止め方。
まず、ワゴンの頭を座席に寄せる。

shanu30

後部は持ち上げて寄せます。

shanu31

ぁぃぁぃがやってみるが、意外に難しい。

shanu32

続きを読む




ロケ地:東京駅八重洲口

 JR東日本では秋田新幹線開業20周年をはじめ、周年ラッシュを迎えようとしており、新幹線イヤーということで盛り上がっていこうとしている、というお話。
 
shahan1

ゲストは、六角精児さん、廣田あいかさん(私立恵比寿中学)、南田祐介さん、

shahan8

飯塚悟志さん(東京03)。 

shahan4

中学6年生でやらさせてもらってますw
 
shahan3

今回は鉄道の車内販売にスポットを当てます。
東京駅の地下にある車内販売基地にタモリ倶楽部が潜入。

shahan12

JR東日本の車内販売を一手に担うNRE東京商品管理センター。

shahan9

JR東日本管内の車内販売の商品をストック。
その数約150種類。

shahan10

列車の出発前に、ここでアテンダント自らが商品を積みこみます。 
商品の陳列はアテンダントに任されています。

shahan11
 
ガイドは日本レストランエンタプライズの池田卓馬さん。

shahan61

タモリ「(車内販売は)売り場面積当たりの売り上げ高が世界で一番って聞いたことあるんですけど」
池田「…ほう」
池田さんは知らなかったw

shahan13

JR東日本新幹線ワゴンショー
車内販売のワゴンは路線ごとに違うそうです。

shahan14

北陸新幹線のワゴン。

shahan15

アテンダントの飯森由貴さんは約150名いる販売員の中で3名しかいないチーフインストラクター。
北陸新幹線の開業一番列車も担当しました。

shahan16

ワゴンの重量は50kg。
商品を積むと総重量100㎏以上。

shahan18

タモリさん押してみる。
タモリ「スムーズ!軸受けのベアリングがなかなかいいね」w

shahan19

背後から乗客が来るとサッとワゴンを寄せる。
長年車内販売をやっていると(後ろから乗客が来るのが)気配でわかるそうです。
 
shahan20

商品の積み方には各アテンダントの工夫があり、飯森さんの場合は左右対称に商品を配置。

shahan21
 
北陸新幹線のエース商品、ほたるいか素干し(440円)。

shahan22

ちょっと炙るとおいしいそうです。

shahan23

続いて、東北新幹線三段ワゴン。

shahan24

アテンダントは販売歴1年の杉野由奈さん。
福岡県南区出身の大学院生。

shahan25

タモリさんと同郷。

shahan26
 
アテンダントの約7割が学生アルバイト。

shahan27
 
氷のビニール袋に食いつくマニアw

shahan28

物ボケw

shahan29
 
ぁぃぁぃに大うけw

shahan30
 
東北新幹線のエース商品、ほや酔明(350円)。
乾燥ほやです。

shahan31

続きを読む




ロケ地:神楽坂

2013年から噴火している小笠原諸島の西之島が拡大し、新たな海図ができるらしい、というお話。

rito1

ゲストは大宮エリーさん、千鳥の大悟さんとノブさん、テレビ朝日アナウンサー野上慎平さん。

rito2

神楽坂にある「離島キッチン」は、離島グルメの専門料理店。

rito3

現地まで行って買い付けをし、現在は59島の本格的な離島グルメが楽しめます。

rito4

今回は島の珍しい逸品をクイズ形式で争奪します。

rito5

店内に移動。

rito6

荒々しいむき出しの天井が離島の雰囲気を演出。

rito7

第1問は北海道・利尻島から。
クイズ出題者は利尻島仕入れ担当の辻原さん。
離島キッチンのスタッフです。

rito8

辻原さんのルートでは、羽田から稚内まで飛行機、稚内から利尻島までフェリーボ-ト。
所要時間は約5時間。

rito9

名産品は利尻昆布やウニ。

rito10

こちらが利尻島の離島グルメ、たちかまの刺身。

rito11

たち(スケソウダラの白子)をかまぼこ状に加工した珍味。

rito12

たちかまの刺身を賭けたクイズ出題。

rito14

辻原さんは利尻山を見るためオタトマリ沼に行きました。

rito15

実はこの方角から見た利尻山はあることでとても有名。
Q.沼の方角から見た利尻山が有名な理由は?

rito13

野上「北海道に行けば、これはもう皆さん絶対知ってます」
タモリ「なんだ?白い恋人」

rito16

タモリさんのアシストでノブ正解。

rito17

 オタトマリ沼側から見た利尻山は「白い恋人」のパッケージに使われている。

rito18

正解した千鳥チームがたちかまの刺身を試食。 

rito19

かまぼこと白子のちょうど中間ぐらいの食味。

rito20
 
次は佐藤店長からの出題。

rito21

第2問は愛媛県の岩城島。
 
rito22

佐藤さんのルートでは、羽田から松山まで飛行機、空港からレンタカーでしまなみ海道を通って、生口島でカーフェリーに乗船。
所要時間約4時間。

rito23

レモン栽培が盛ん。
キャッチフレーズは青いレモンの島。

rito24

離島グルメはタモリの煮つけ。 

rito25

食べたことがあるタモリさん。
瀬戸内海のレストランに行ったら、あったので無視するわけにはいかなかったw

rito28

佐藤さんは島で有名なレモン懐石を食べました。

rito26

そのお店の名前が、「でべそおばちゃんの店」。
Q。「でべそ」の意味は?

rito27
 続きを読む

このページのトップヘ