Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:タモリ









骨の異常のために引退を余儀なくされた元自転車選手のコールドウェルさん。

a1

メッセージ物質の異常によって骨の建設のバランスが崩れ、老化が進む危機にさらされています。

a2

なぜ体の中でメッセージ物質の異常が起きたのか?
それを解明することで再び若さを取り戻す答えが見つかりつつあります。

a3

ミズーリ大学のパメラ・ヒントン博士。
運動と骨量の関係について研究しています。

a5

コールドウェルさんのケースについて分析してもらったところ、意外な答えが返ってきました。

a6

自転車が原因の一つ。

a7

幼少期から自転車に乗り続けたことが事態を悪化させた可能性がある。

a8

プロ選手を目指して7歳から自転車に乗り続けてきたコールドウェルさん。

a9

無駄な筋肉がついて体重が増えないようにランニングなど他の運動は控えてきました。

a10

偏った運動習慣が骨に異常をきたすことにつながったのではないか…。

a12

ヒントン博士は運動習慣によって骨量に違いが出るのかを一般人を対象に調査しています。

a12

まず、20代から50代の男性で週6時間以上ランニングをしている人たちの骨量を調べてみました。

a13

骨量が低い傾向にある人は全体の19%にとどまりました。

a14

一方自転車に乗っているグループでは、なんと63%にのぼりました。

a15

この割合はランニングのグループの3倍にも及びます。

a16

なぜ自転車に長時間乗っている人たちの骨量が低いのか?

a17

ヒントン博士がたどり着いた答えは、「骨に伝わる衝撃の違い」でした。

a18

骨は衝撃を感知すると骨の量を増やす。

a19

自転車をこいでも骨には衝撃が伝わらない。

a20

骨への衝撃という点ではただ座っているのと同じ。

a21

ヒントン博士は骨量の低い人たちにジャンプ運動(骨に衝撃を与える)をしてもらう実験を行いました。

a22

1日30分、週3回。
1年間続けました。

a23

その結果、19人のうち18人で骨量が上昇。
ブレーキ役のスクレロスチンの量が減少していました。

a24

続きを読む









カチカチのカルシウムの固まりだと思われがちな骨。

a1

でもその中は、意外にも隙間だらけ。

a2

しかもよく見ると、その中ではたくさんの細胞たちがうごめいています。

a3

実はこの細胞たちが発している特別な物質がメッセージとして全身に届けられ、

a4

私たちの若さを生み出していることが、最新の研究によってわかってきました。

a5

骨からのメッセージが脳に届くと記憶力アップ。

a6

さらに体の免疫力も高めているのです。

a7

逆に骨からのメッセージが途絶えれば、記憶力、免疫力、筋力が低下して老化現象が加速するのです。

a8

骨は人体の若さをつかさどる門番。

a9

骨が出す最高の若返り物質、その驚きのパワーを知ればあなたの若さが呼び覚まされます。

a10

出演:山中伸弥、タモリ、木村佳乃、石田明、藤井隆、久保田祐佳アナ

a11

山中先生は骨が好きで、もともと整形外科医だった。

a12

初代骨折王(藤井)と現骨折王(石田)w

a13

今まで12か所折った石田さんの骨折の歴史をたどる。

a14

肋骨は体をひねっただけで折れた。
デコピンをしたら指の骨が折れるw

a15

24歳の時に骨年齢を測ったら70代だった。

a16

骨の数は約200ある。

a17

骨は体を支えているだけではない。
人体はネットワークであり、骨も大切なネットワークの一員。

a18

骨の出すメッセージが臓器を若く保つ働きをしている。

a19

あるトップアスリートが、その骨の大切な機能を失う危機にさらされています。

a20

アメリカを代表する自転車選手だった、ブレイク・コールドウェルさん(33)。

a21

19歳でプロデビューして以来数々のレースで入賞を果たしましたが、そのキャリアの絶頂期に骨の異常が見つかり、引退に追いこまれました。

a22

自転車の転倒で大腿骨を骨折し、検査をしたところ骨量(骨の密度)が極端に低いことがわかったのです。

a23

25歳なのに80歳の骨量しかなかった。

a24

骨量が少なくなると、骨の内部がスカスカになり骨折しやすくなる。

a25

続きを読む









女優の橋本マナミさんの体のデータをMRIでとる。

m2

橋本マナミさんの筋肉と脂肪。

m1

橋本マナミさんの脂肪をしげしげと見る松岡茉優さんw

m3

橋本マナミさんの体重56kg
筋肉21kg、脂肪18kg

m4

脂肪と筋肉を合わせると体の約70%を占める。
人体最大の臓器。

m5

脂肪が脳に指令を出している?

m6

アメリカ・コネチカット州に住むジュリアン・フェルトン君。
1歳半の男の子。

m7

ジュリアン君は生まれつき脂肪がまったくありません。
脂肪萎縮症という難病です。

m8

食事になるとその症状が現れます。

m9

お母さんの分まで欲しがる異常な食欲。

m10

この異常な食欲は、体に脂肪がないことに原因があります。

m11

脂肪は単なる体にこびりついた脂ではありません。

m12

脂肪細胞という細胞なのです。

m13

細胞には核(赤い部分)があり、油滴(アブラをためる袋)には食事でとった糖分や脂がエネルギー源として蓄えられています。

m14

3D電子顕微鏡で見た脂肪。
脂肪は無数の脂肪細胞の塊。

m15

ジュリアン君には脂肪がないため、食事でとった糖や脂は蓄えられることなく常に血液中を漂っています。

m16

欲しがるままに食べると、血糖値は基準値の約1.5倍、中性脂肪は20倍以上にもなります。

m18

これまで脂肪萎縮症の人は食欲を抑える手立てがなく、重い糖尿病や心臓病にかかり30年ほどの命と言われていました。

m19

脂肪がないとなぜとどめない食欲になるのか?
その原因を突き止めたのが、ジェフリー・フリードマン博士。

m20

博士は脂肪細胞が食欲を抑える物質を出していることをつきとめました。

m21

その物質の名はレプチン。
100万分の1㎜の小さな物質です。

m22

食べ物の写真を見ると、食欲をつかさどる脳の部位が活発になります。

m23

正常な人では食事をするとその活動が収まりますが、脂肪萎縮症の人は食後も食欲の中枢の活動が収まりません。

m24

ところが、レプチンを投与すると活動が静まりました。

m25

脂肪が出す物質は食欲のコントロールを担うとても重要なもの。

m26

続きを読む









プレゼンターは陣内智則さん。

n4

ゲストはこちらの方々。

n2

説はこちら。

n3

調査方法:

各ジャンルから日本の有名人を1000人ピックアップ。

n6

10代から70代まで日本の人口バランスに合わせた比率でアンケート調査をする。

n7

街頭調査とリサーチ会社による2000人アンケート。
日本の有名人知名度ランキングTOP100を作成。

n8

天皇と皇族、および存命でない方は調査の対象外。

n9

100位 長渕剛
40、50代に強く、10代に弱い。

n10

99位 長瀬智也
30代、40代を中心に幅広く認知されてる。

n11

98位 桂歌丸
「笑点」が地上波で放送されていない沖縄県では知名度42%。

n12

97位 江頭2:50
50代以上に”時間間違い”が多いw

n13

90位台のランキング。

n14

87位 指原莉乃
AKBグループ唯一のランクイン。

n15

81位 吉田沙保里
霊長類最強女子、アルソックの印象が強い。

n16

80位台のランキング。

n17

72位 舛添要一
初めて芸能スポーツ以外のジャンルからランクイン。

n18

70位台のランキング。

n19

66位 ブルゾンちえみ
芸歴3年目ながら10代の知名度90%。

n20

64位 澤穂希
なでしこJAPANを世界に知らしめた立役者。

n21

60位台のランキング。
悪名高い人もいる…。

n22

50位 田中将大
野球好きが多い50代で知名度90%越え。

n23

50位台のランキング。

n24

47位 長嶋茂雄
40代以上に圧倒的に強い。

n25

続きを読む









動物の寿命は、体が大きい動物ほど長いように見えます。

j2

しかし、この法則に当てはまらない動物もいます。
ハダカデバネズミの寿命は28年、コウモリは30年、人間は75年ほど。

j3

この謎を解くカギとして、血液中のある成分が注目されています。

j4

それは、リン。
腎臓が調節する血液の成分の一つです。

j5

血液中のリンの量が少ない動物ほど寿命が長いことがわかりました。

j6

リンは肉や豆などに含まれる重要な栄養素。

j7

血液中のリンの量が足らないと様々な病気を発症し、命に関わることもあります。
しかし、多すぎると老化を加速させてしまうことがわかってきました。

j8

リンの量と老化の関係がわかったのは、日本人科学者が見つけた不思議なマウスがきっかけでした。

j9

正常なマウスの寿命は2年半ほどありますが、老化加速マウスは2か月半ぐらいしか生きられません。

j10

遺伝子操作の過程で偶然生まれた老化加速マウスは、腎臓の中で働くある遺伝子が壊れ、リンを調節できなくなっていました。

j11

そのため血液中のリンの量が異常に増え、老化が加速してしまったのです。

j12

リンが老化を加速させるメカニズムは解明中ですが、血液中のリンの量が増えると血管の内側で「石灰化」という現象が進み、全身の血管が硬くなってしまうことが一因であると考えられています。

j13

腎臓の働きが悪ければ、老化が加速される。
逆に腎臓が健全であれば、寿命は延びる。

j14

リンの量を絶妙にコントロールしている腎臓が耳を澄ませて聞いているのは、骨からのメッセージ。
骨は体内のリンの貯蔵庫として、その量を常に監視しています。

j15

骨からの「リン足りてます」というメッセージを腎臓が受け取ると、

j16

腎臓はリンを再吸収するポンプの活動を停止して、血液中のリンの量を調節します。

j17

腎臓の複雑で精緻な仕組みが、私たちの寿命を決めていたのです。

j18

動物はリンがないと生きていけないが、多すぎると骨粗しょう症や動脈硬化の原因となる。

j19

腎臓の血液調節機能は長寿のカギ。

j20

世界の医療現場では、腎臓の状態を常に監視することの大切さが認識され始めています。

j21

イギリス・ワージング病院。
入院患者のポーリーンさんに急性腎障害の警告が出ました。

j22

感染症で入院していたポーリーンさんですが、最新の医療システムがなぜか腎臓の異常を検知したのです。

j23

急性腎障害(AKI)で腎臓の機能が急激に落ちれば多臓器不全を引き起こし、命にもかかわる深刻な状態になります。

j24

あるレポートによって、医療の世界に激震が走りました。
「先進国の入院患者の5人に1人は急性腎障害(AKI)になっていた」というものです。

j25

いったいなぜ腎臓以外の病気の患者まで腎障害を起こすのか?

それは体内ネットワークの要である腎臓ならではの理由があります。
腎臓以外の病気でもその影響が腎臓に波及してくるのです。

j26

例えば、心臓が心不全を起こして血流量が減ると、大量の血液を必要とする腎臓は大きなダメージを受けます。

j27

同様に腎臓は他の臓器とも深く関わっているため、どこが悪くなっても腎臓に悪影響が出ることがわかってきました。

j28

こうした関係は肝腎連関、心腎連関…などと呼ばれ、今医学の世界で大切なキーワードになっています。

j29

この連関ゆえに事態はさらに悪化します。
ネットワークの要である腎臓がダウンすると、今度は全身の臓器にその影響が跳ね返ってゆきます(多臓器不全)。
わずか数日で容体が悪化し、命を落とすことにもなりかねないのです。

j31

腎臓を守りさえすれば、救えたかもしれない命が数多くあったことがわかってきました。

j32

続きを読む

このページのトップヘ