Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:ゾウ









芸人が舞台からはけるときの顔を見てみたい

番組HP。

a1

欲望コーナーの投稿。

a2

中川家礼二がマネする今くるよ師匠が舞台からはけるときの真顔w

a3

投稿採用。

a4

ルミネtheよしもとの舞台袖に隠しカメラを設置。

a5

M‐1ファイナリスト相席スタート。

a6

「新婚さんいらっしゃい!」のありがちな夫婦w

a7

さわやかカップル風。

a8

M‐1チャンピオンNON STYLE。

a9

二人の表情が対照的。

a10

とろサーモン久保田の作り笑い。

a11

婚活中の隅田さん。

a12

笑顔の隅田さんとベテラン芸人風の腕時計を見る馬場園さん。

a13

昨年のM‐1、3位スーパーマラドーナ。

a14

二人の性格がよくわかる。

a16

ベテラン漫才師、テンダラー。

a17

普通のサラリーマン。

a18

以上。

a19

ノンスタイル石田は求道者アピール?w

a20

有吉くんははけが早い。

a21

マツコがスタジオから出てくるときには、有吉くんはエレベーターのボタンを押している。

a22

今日の収録終わり。

a24

会釈しながらさっと去る有吉くん。

a23

ちょっとけだるい表情のマツコ。

a25

マツコはスタッフたちと二言、三言言葉を交わすのが決まり。

a26

続きを読む

ムツゴロウ先生こと畑正憲さん(80)は動物研究家、作家、エッセイスト。
誰よりも動物を愛する男として、日本中に知られている存在です。
ムツゴロウ先生は世界中の様々な動物と触れ合い、時にはかなり危険とされる動物ともスキンシップをはかります。

mutu1

”(動物を)恐れない心が動物の心を開く”がモットーのムツゴロウ先生ですが、そんなムツゴロウ先生でも時として絶体絶命のピンチを迎えることがあります。

① アナコンダ編

1996年ブラジル。

mutu2

念願のアナコンダとの対面を果たす、というか捕まえて引きずり出す。
大興奮のムツゴロウ先生。

mutu3

 「平和なヘビ。攻撃性はあまりない」とムツゴロウ先生は言います。
しかし、アナコンダはペット(蛇)愛好家には不人気。
なぜなら、性格が悪いから。
”アナンコンダは気質には悪評があり…”(Wikiより)
飼った経験がある人の話によると、ポーカーフェイスでいきなり噛みついたりするらしい。

可愛いアナコンダを愛でるムツゴロウ先生。
しかし、愛ゆえの”事実誤認”は特に動物の場合命取り。

mutu4
 
抱え上げた時点で危険な匂いが…。
この直後、輪っかになった部分が、ムツゴロウ先生の頭にスポッとはまる。

mutu5
 
アナコンダの締め技が決まる。
顎の骨がミシミシッ…。
こうやって、ワニや牛、時には人を絞め殺します。

mutu6
 
タップなしの本物のデスマッチ。
アナコンダの胴体が首に入ったら、アウトです。

mutu7
 
姿勢を低くしても状況は変わらず。
ムツゴロウ先生絶体絶命!

mutu8
 
 何とか生還したムツゴロウ先生。
(救出隊が出動?この間の様子はカット)

mutu9

 ムツゴロウ先生はあらかじめ『危険でも助けに入るな』、とスタッフに伝えているとのこと。
だから、限界ぎりぎりまで映像が撮れるのでしょう。

mutu10

ムツゴロウ・ワールドは常人には理解不能。

mutu11

 続きを読む

このページのトップヘ