Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:セクハラ

ゲストはドランク・ドラゴンのお二人。

鈴木拓さんは世間から相方に寄生するクズと罵倒され、いわゆる炎上タレントして名をはせていましたが、最近ではピンでの仕事も多いようです。
他番組では、鳥人間コンテストに出場するため過酷な減量に耐え(-14キロ)、見事に滑空部門で好成績を残しました。 

suzukitaku
 これって、ハング・グライダーじゃないの?

相方の塚地さんは無呼吸症候群のため器具を装着して眠らなければならない近況を紹介していましたが、むしろ本当に減量しなれければならないのは塚地さんの方ではないでしょうか。
ただ、芸人さんの減量はイメージが変わるので難しい。
以前、伊集院光さんがとても痩せましたが、なんかしっくりせず、いつのまにか元に戻ってました。 

肥満系の芸能人は健康とイメージという問題に悩む人は多いのではないでしょうか。
版画家・コラムニストのナンシー関さんはの39歳の若さで心臓発作で亡くなりました(彼女は別に肥満が売りではありませんでしたが)。
デブタレのパイオニアとされるウガンダさんは55歳で鬼籍へ…。
余計なお世話ですが、マツコ・デラックスさんを見るたび、今後どうするのかと思ってしまいます。

nancy
故ナンシー関さん 辛口な評論は結構好きでした

さて、今回最初のコーナーはカニの簡単な食べ方でした。
カニは縦にカラを切るのが普通ですが、ここでは関節から少し離れた場所を横に切断して筒状にし、これを上からポンとたたいて身を出すという方法を紹介していました。

kani3
簡単な方法ですが、ケチな私としては関節周りに残った身が気になる…。

次は街頭インタビュー、「財布にアレを入れているの人はいるか」というコーナー。
アレって、何だ?
本当にわからなかったのですが、コンドームのことでした。
街のサラリーマン23人にインタビューして財布にアレを入れていたのは一人だけでした。
なるほど…確かに若い頃は海外旅行の時には入れてました。
いろんな意味で、お守りですww

ところで、今回一番印象的だったのは、本編よりも有吉クンのセクハラでした。

高橋真麻アナが胸元のところに横にスリットが入った珍しい(エロい)ドレスを着ていたのですが、そこに有吉クンはティッシュの束を入れさせて、一枚ずつ抜き取っていました。
こういうことを考えさせると彼は悪魔のように天才的です。

daretoku2

ティッシュを全部抜き取ると、胸元が露わ、という仕掛けですww

daretoku1

遊んだあとは、高橋アナが「ティッシュは後でちゃんと使います」としっかりフォロー。←そこか!?
公私にいろいろあって、高橋真麻アナも一皮むけたようです。









 

都議会議員 塩村文夏氏に対し、セクハラヤジを飛ばした鈴木章浩議員の釈明会見が先ほどありました。

「結婚した方がいいんじゃないか」という発言は全く余計なお世話ですし、本人は悪気がなかったと釈明していますが、仮にそうだとしてもあまりに場所柄、間柄をわきまえない配慮に欠いた言葉です。

(自分が言いましたと)名乗り出たと言っても、疑惑の目を向けられて逃げ切れないと観念しての”自首”でしょう。
鈴木議員は名乗り出る前のインタビューでは「今回のセクハラヤジは辞職に値するか」という質問に対して同意していましたが、今のところ議員を辞職する気はないようです。

しかし、この発言よりも「産めないんじゃないか」という発言の方がもっと思慮に欠け、侮蔑的です。
この発言者は今後名乗り出るのでしょうか。
都議会の自民党のボスもこの発言についてはとぼけていましたし、人身御供を一人だけ出してこの騒動の幕引きをするつもりのようです。
 
石原伸晃環境大臣の「金目」発言も問題になりましたが、最近は自民党の本性が漏れ出てしまっているようです。
消費税増税も乗り越えて景気も少しばかり上向いてきたので、少し油断しているのかもしれません。

そもそも自民党は憲法改正を党是に掲げている政党です。

占領軍に押し付けられた憲法は止めにして独立国家として自分たちの憲法を持とう、ということなのでしょうが、そこに何とはなしに危険な匂いがするのは気のせいなのでしょうか。

憲法改正を党是に挙げながら、今までそれに着手しなかったのは国民の視線を気にしてのことでしょう。
つまり、自民党の考えと国民の意思にはギャップがあるのです。

金融緩和によって円安誘導、株高が始まると、自民党総裁、安倍晋三氏はすぐさま靖国神社に参拝しました。
ご自分の信念を貫いて行動するのは勝手ですが、公人として参拝したため外交関係を著しく悪化させました。
国民としてはとても迷惑な話です。

自民党は今、憲法解釈の変更というマジックを使って「集団的自衛権」を成立させようとしています。

集団的自衛権については個人的には必ずしも反対ではないのですが、これを推し進めているのが靖国公式参拝を断行した歴史修正主義者であるという点に危うさを感じます。

もしかしたら、自民党は「いつか来た道」をまた国民にたどらせようとしているのではないでしょうか…。
現実的には外交の背景に武力は必要かもしれませんが、武力を持つものが武力を使わないためには高度な外交術が必要です。
日本は他国からの侵略も少なかった島国であり、外交には稚拙な国です。
いったん外交問題がこじれた場合、世論が冷静な判断力を失いムードと感情で動いてしまう恐れは十分にあります。
この国がまたおかしな空気に包まれないことを祈るばかりです。






 

このページのトップヘ