Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:サル




今回の新3大は、名演技を魅せる動物たちの紹介です。

dot1
  
動物タレントの草分け的存在、名犬ラッシー。

dot2

映画で主演をつとめる動物も。

dot3

全国にたくさんある動物プロダクションの動物タレントの中から、動物プロデューサー三上昇さんが魅力溢れる演技をする動物3匹を選出しました。

dot4

① 三毛猫 ドロップ 


ドロップは度胸のある撮影向きの女優。

dot5
 
茨城県稲敷市 グローバル・アニマルアクト。

dot6

ドロップ (三毛猫 6歳 メス)

dot7

出演作品は、NHKの朝ドラ「あまちゃん」など全5本。

dot8

雑誌の表紙もいくつも飾っています。

dot9

飼い主ではない人間が近づいても逃げない。
*映画「先生と迷い猫」より

dot10

カメラマンが近づいても堂々と歩く。
*映画「先生と迷い猫」より

dot11

毛色が淡く上品なのも魅力の一つです。

dot13
 
普通の三毛との比較。

dot12
 
ドロップはもともとはノラ猫でしたが、先代社長が美しさと物怖じしない度胸にほれこんで芸能界に入れました。

dot14

牛が近づくと、普通の猫だと逃げようとする。

dot15

でも、ドロップは動かない。

dot16

イヤだけど動かない。

dot24

なめられても動かないw

dot17

初めて来た場所で塀の上を歩かせる。
カメラマンが近づいても平然と歩きます。

dot18

「先生と迷い猫」で共演した岸本加世子さんもドロップを絶賛。

dot19

② フレンチブルドッグ たれ蔵

 たれ蔵は一つの才能しかないが、その一つが飛びぬけている。

dot20

千葉県松戸市。
遠藤警察犬家庭犬訓練所(通称:遠藤ドッグスク-ル)。

dot21
 
警察犬の訓練、ペットのしつけとともに、動物プロダクションも兼業。

dot22

たれ蔵(フレンチブルドッグ 6歳 オス)

dot23
 
めちゃコミックのCMでおなじみ。

dot25

CM出演7本。

dot26
 
続きを読む

今回の新3大は、植物なのに別の何かに見える花を紹介します。

flo1

意外に花が好きなマツコ&有吉。
年を取るにつれ、花鳥風月の順番に好きになるといいますね。

flo2

有吉くんの好きな花、水色のアジサイ。
マツコさんの好きな花、花菖蒲。
おばあちゃんの会話みたいw

flo3

① ドラクラ・カールエリ

コロンビアなどの熱帯雨林に咲くサイコトリアエラタ。

flo4

トケイソウ。

flo5

そして、これがドラクラ・カールエリ。
サルの顔に似ています。

flo6

大きさはわずか2㎝。

flo7

この花の仲間(ラン科ドラクラ属)は100種類以上あるそうです。

flo8

藤も好きw

flo9

ドラクラ・カールエリが見られるのは日本の植物園では4か所。

flo10

② カレアナ・メジャー

鳥に似た花は日本にもあります。

羽を広げたサギに似ているサギソウ。

flo12

コチョウランの花の中心。

flo13

カレアナ・メジャー。

flo14

アヒルぽいっ。
オーストラリア原産のラン科
花の大きさは1㎝ほど。

flo15

つつくと頭が後ろにカクッと倒れる。

flo16

メスの蜂だと思ったオスの蜂がとまると、カクッと倒れて蜂は花粉まみれになる。
こうして蜂に花粉を運ばせます。

flo17

芝桜も好き。
先生の話を聞こうとしない生徒たちw

flo18

ラベンダーも見たい。

flo19


青山アナ「3つ目なんですが…」
ラベンダーで盛り上がる有吉&マツコ。
やりにくそうw

続きを読む

 全国の注目されないニュース

saru1
 
垢抜けてちょっとキレイになった上田まりえアナ。
マツコ的にはそういうのぜんぜん求めてない。

saru2
 
他局で猿の島を観光地化する番組をやっていましたが、サルはスキあらば食べ物をかっぱらう、目が合えば威嚇してくる、人間が怒るとそれを根に持って襲ってくるで、まるでタチの悪いヤンキー集団。
全然可愛くない 。

saru3
 
淡路島のたまねぎキャッチャー、タマネギを取ると1.5キロのたまねぎと交換。
改良しても成功率は12回に1回。
500円で6プレイ、 たまねぎ1.5キロを500円で販売。
なら買った方が良い、と思ってしまったところで、すでに店の思うツボ? 

 saru5

江戸時代、外様だった薩摩は幕府からのスパイ対策のために言葉を暗号化したそうです。
第2次世界大戦中の暗号としての鹿児島弁は、結局鹿児島出身の日系2世に解読されました。

 saru6

字幕つけないと全然わからないw

saru16

元ドラえもんらしき女の子。

saru8
 
何だか憎めないオーナーのうさん臭さw

saru9
 
栃木県に新生姜ミュージアムオープン。
岩下の新生姜はCM流してましたが、儲かっているのですね。

saru11

正直、つまんないミュージアム。
何でここを取り上げたのかと思っていたら…

saru12

ちゃんとオチがあった。
ぜんぜん新生姜じゃない。
キャバ嬢のお土産にちょっと欲しいw
 
saru13

新人ADがいじられる。

saru14

 32歳、前職は八百屋。
好物はマイタケの天ぷら。

saru15
 
ジャイアンの家は雑貨屋さん。
実家が八百屋なのはキテレツ大百科(アニメ版)のブタゴリラ。

saru17


 
 続きを読む

黄金伝説サバイバル大賞6時間スペシャルを見てしまいました。

gdensetu7

結論から言えば、能年・篠原組のサバイバルが中心に据えられて、他3組のサバイバルはその箸休めというか、引き立て役にしかなっていませんでした。

でもこの構成は、他3組たちの出演者には申し訳ないけど、これで良かったような気がします。
この日、この時間帯には日テレでは「ぐるナイ ゴチ最終決戦」、TBSでは「モニタリング3時間スペシャル」をぶつけてきています。 
サバイバル番組が好きなのは若年男子、若年男子が好きなのは能年玲奈ということで、視聴者層を完全にしぼっての勝負でした。
視聴者側もどれを見て、どれを録画するか迷ったのではないでしょうか。

能年玲奈ちゃんは相変わらずボヤーッとしててカワイイ。
とはいえ、やるときはやります。
デカいカニをガシッと捕まえたり、海中でブダイを追いかけまわして仕留めたりと、ちゃんと絵になる場面を作っています。

gdensetu9
gdensetu10

サポートする篠原ともえちゃんも懐かしい。
顔がシュッとして大人顔になりましたが、芯は変わっていません。

独自のワールドを持つ二人が合体してサバイバルにファンタジーとポップアートを持ちこみ、不思議空間を作り出していました。
最後に忌野清志郎のものまねで歌う能年ちゃん(似てないけどw)には、能年ファンは感動すら覚えたのではないでしょうか。

というか、もはやサバイバル番組ではなくなっていましたww

もちろん、ほかの3組もとても頑張っていたと思います。

獅童・遠藤・田中組は、ラーメンを作ってました。
無人島で究極のラーメンを作るって、もう意味が解りませんww
きっと中村獅童さんが最近ラーメンのスープ作りに凝っているというのを聞き、番組スタッフが「じゃ、それでいきましょう」ということになったのでしょう。
若年男子は、ラーメンも大好物。

gdensetu3

シェリー、豊ノ島、嘉風、臥牙丸組…。
シェリーと相撲取りという組み合わせ自体が意味不明ですw
嘉風関は学生時代、バタフライで県大会2位だったというだけあって見事な潜りでした。
魚をモリでつくのは、全主演者の中で一番うまかったのではないでしょうか。

gdensetu6

黄金伝説サバイバルの創始者というか元祖の濱口くんは千原ジュニアとペアでまたあの猿の島へ。
この組が一番ツラそうでした、しかも地味。
見ていてもサルどもがすごくうっとうしい。
でも、アイツらこそがガチでサバイバルしてるんだよなぁ。

gdensetu1

この番組を見ていていつも思うのは、芸能人はカメラが回っていると異常に頑張るという事。
もちろん、大勢スタッフがついてサポートしているのでしょうが、不眠不休で頑張る出演者たちはやはりプロなんだと思います。
寒い海に潜って魚を獲って、ゴツゴツした岩場で料理して食べて、休む間もなく小麦粉をチネリ続ける、しかも周りに野生の猿がウジャウジャいる…こんな仕事絶対やりたくないww




能年玲奈 2015カレンダー
-
TRY-X Corporation(Books)
2014-11-19







 


この無人島0円生活シリーズも10年の月日が経ったのですね。
始まった頃は小学生だった子供も、もう大人になっていると考えると、感無量です。

しかし、シリーズ当初こそはよゐこの濱口クンの「獲ったどー」は新鮮でしたが、さすがにモリで魚をつくシーンは飽きてきました。
今回、よゐこの濱口マサルくんと土屋アンナさんが獲物の数を競う対決形式になっていましたが、仕留めた魚の数がカウントされて数字が画面に出るたび、 ”無益な殺生”という言葉が浮かんできました。

それでも、2夜連続でこのスペシャルにつき合ってしまったのは、おサルさんが出てきたからです。

mujin02
 製作サイドもおサルが主役だということは自覚しているみたいですね

何故この島にはサルがたくさんいるのか?
おサルとよゐこはこれからどういう関係を築くのか?

動物学の視点から、というか、バラエティ版アニマル・プラネットとしてこのスペシャルを見ていました。

この島におサルがたくさん理由については、「無人島0円、サル」でググって判明しました。
この無人島は鹿児島県の沖ノ島というところです。
昔々(50数年前)、同県の串木野市で観光用にサルを飼っていたのですが、子供たちにイタズラされたサルたちが凶暴化したため彼らをこの無人島に移したのだそうです(番組終盤でも簡単に説明していましたね)。

つまり、島流しの刑に処されたサルの子孫なんですね。

人間の勝手な都合でサルは無人島に押し込められたわけなので、串木野市としても悪いと思ってか時々餌をあげに行っているようです。
とはいえ、餌やりは無人島にある灯台の点検のついでで、年に4回ほどなので普段は彼らは木の実や海藻を獲って自力で生活しているようです。

さて、よゐこの二人組とおサルたちにどんなハート・ウォーミンングな関係が展開するのかと期待してみていたわけですが、さすがに野生化したサルたちは甘くありません。

よゐこの二人も餌をあげるなどしてサルたちの懐柔を試みましたが、この策はまったく効果がありませんでした。
強い人間不信を抱いたまま島流しにされたサルたちのDNAを受け継いでいるのか、人間のスキを見て食べ物をかっぱらう、終始この行動方針は一貫していました。

mujin01
そう言えば、子供の頃にサルに顔を引っかかれたことがあったなぁ…

しかも、悪びれる素振りもないどころか、しだいに人間様を威嚇して食べ物を獲ろうとし始めます。
サルの行動は、窃盗から強盗の域にまで凶悪化していきました。

とうとうサルに腕を引っかかれた時、さすがによゐこのマサルくんもぶち切れ、サルと同じレベルで威嚇合戦を展開しました。
「行け、マサル!サルどもに人間様の怖さを思い知らせてやれ!!」
私と同様、多くの視聴者が人間マサルに声援を送ったことかと思います。

mujin05
紛争勃発の決定的瞬間

残念ながら、人間とサルの間に友好と平和は訪れませんでした。
まあ、勝手に友好関係を期待するのも人間のエゴですからね。
こちらも終始自分の枠の中でしか相手(サル)を見ていないわけですから、思い通りにならなくてあたりまでしょう。

ということで、今回の無人島0円生活は地球のどこかで絶えず起きている国際紛争の寓話をみているような気分でした。

nujin03
しょせんヒトも小知恵の発達したサル?

このシリーズ、次回はもう海外ロケか、舞台裏を見せるメイキングぐらいしかないんじゃないかなあ。

























 

このページのトップヘ