Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:サバンナ高橋




ロケ地:目黒区都立大学

目黒区の木はシイ、花は萩、鳥はシジュウカラ。

toriki1

ゲストはサバンナ高橋茂雄さん、東京03角田晃広さん、

toriki2

東京03豊本明長さん、東京03飯塚悟志さん。

toriki3

シジュウカラの鳴き声は「ティーチャー、ティーチャーティーチャー、ティーチャー」と聞こえる。
こういうのを”聞きなし”という。
”聞きなし”とは鳥の鳴き声を意味のある言葉にあてて覚えやすくすること。

toriki6

たとえば、ウグイスの鳴き声は「法 法華経(ホウ ホケキョウ)」。
コノハズクの鳴き声は「仏法僧(ブッポウソウ)」。
 
toriki7

ということで、今回は鳥の”聞きなし”をクイズ形式でお送りします。 
 
toriki8

一同和室に移動。

toriki9

解説は自然録音家の上田秀雄さん。
鳥をはじめ、様々な小動物や昆虫の鳴き声を録音しているそうです。
 
toriki10

タモリ「鉄道でいえば撮り鉄っていう…」
トリテツは鉄道の撮影をする鉄道ファン。
この場合は鉄道関係の音を収録する音鉄(オトテツ)が近い。
本人が言うようにたとえが微妙にずれているw

toriki11

上田さんは野鳥の声を録り続けて25年。
野鳥のCDや博物館に音源を提供するのが仕事だそうです。
飯塚「正直、儲かるんですか?」
上田「儲かることもありますが、だいたい閑古鳥が鳴いてますね(鳥だけに)」
一同「うまい!(拍手)」w

toriki12

タモリ「てことは、財布はシジュウカラ?」
一同「おーっ(拍手)」
笑点になってくるw
飯塚「鳥に引っ掛けてうまいこと言う会じゃないっ、戻しますよ!」

toriki13

聞きなしは一般に知られているものは30~40個。
実際は鳥の数だけある。
要は鳥の鳴き声を聞いた人にどう聞こえたか。

toriki14

ここから二チームに分かれて鳥の聞きなしを答えてもらいます。
*実際の鳴き声を聞きたい方はこちらのサイト(日本の鳥百科サントリー)でお聞きください。

toriki15

第1問 ホトトギス

toriki16

豊本・角田チーム
「ひゃっこいひゃっこい床」

toriki17

高橋「ひゃっこいひゃっこい床とは言うてへんで、ひゃっこい床やん、とは言うてる」
確かにw

toriki18

タモリ・高橋チーム
「けっきょく北極」

toriki19

正解(一般に広まっている聞きなし)は「特許許可局」。
上田さん、言えてないw

toriki20

「特許許可局」は、日本野鳥の会の創設者、中西悟堂さんの「定本野鳥記」にも記載されている権威ある聞きなし。

toriki21

第2問 イカル
 
toriki22

タモリ・高橋チーム
「大き、大きいコーヒー」
注文を聞かれて、焦って言ったパターンw

toriki23
 
豊本・角田チーム
「8、9、10、12」
タモリ「11は…?」w

toriki24

正解は「お菊二十四」
イカルの鳴き声は中国語っぽいイントネーション。

toriki25

続きを読む

ロケ地:新宿区・神楽坂

インド北部では観測史上初最高気温51℃を記録、という話。

anzan1

ゲストはアンガールズの田中卓志さんと山根良顕さん、サバンナの高橋茂雄さん。

anzan2
 
 今回の企画は、暗算最強国インドと電卓のできる前のヴィンテージ計算機との戦い。

anzan5

決戦の舞台は東京理科大学近代科学資料館。

anzan4
 
なぜか平均身長が高い今回のメンバーw

anzan6

ヴィンテージ計算機軍団のGM、大石和江さん。
本業は近代科学資料館の学芸員です。

anzan7

ここの資料館は日本一の計算機コレクションを誇り、その多くは今も使えます。

anzan8

暗算人類最強、インド人軍団。
在日インド人の方々のようです。

anzan9

 アンガールズぽいっのでジャンガジャンガをやらされるw

anzan10

計算機軍団の先鋒は、タイガー計算機(日本製)。
BGMは真田丸のテーマ。
大河(タイガー)だけにw

anzan11

1923年木本寅次郎が製作した四則演算が可能な計算機。
日本における機械式計算機の代名詞的存在。
電卓が普及する70年代まで広く使用されました。

anzan12

掛け算の使用法:チェックダイヤルに数字を入力し掛けたい数だけハンドルを回す

anzan13

123×123の場合:桁送りレバーで桁を変え、一桁ずつハンドルを回す

anzan14

対するは、丸ビルのIT企業でエンジニアとして働くバラジさん。
掛け算の暗記量は軍団№1。
16×16ぐらいまでは覚えている。

anzan15

バラジさんが数字に強い理由:エンジニアか医者になって貧困から抜け出すために数学を勉強した

anzan17

いよいよ対戦。
計算機の操作者は田中さん。

anzan18

第1問 153×157

anzan20

バラジさんわずか5秒で正解。

anzan21

インド式数学では、1の位を足すと10になり、100の位と10の位の数が等しい場合、

anzan23

① 100の位と10の位の数とその数に1を足した数をかける
② 1の位の数どおしをかける
③ それぞれの答えを合わせる

anzan22

続いてのヴィンテージ計算機は、アレックス(日本製)。
1950年代に誕生。足し算と引き算専用のボタン式計算機。
算盤大国日本ではヒットしなかったがアメリカで大ブレイク。

anzan24

入力ミスをするとクリアレバーを何度も引かなければならないのが弱点。

anzan25

対するは江戸川区船堀のインド人コミュニティで子供に数学を教えている数学者のプサパティさん。

anzan26

第2回戦は足し算対決。
計算機の操作者は高橋さん。

anzan27

続きを読む

このページのトップヘ