Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:ケンドーコバヤシ

今年の春から中学の授業要領が変わりまして、ITに力を入れるそうです。

a1

ゲストはHISASHIさん、

a2

ケンドーコバヤシさん。

a3

今の中学の技術の授業で作るラジオ。

a4

オシャレ、しかもブルートゥース付き。

a5

そこで今回は、この最新ラジオを製作します。

a7

さらに即興のラジオ番組を放送。

a9

作ったラジオで放送を受信できるかをチェックします。

a6

タイトル。

a8

技術の授業LOVEのタモリとHISASHI。

a10

HISASHIはディアゴスティーニも大好き。

a12

製作期間1年半、制作費約23万円のデロリアン。
ディアゴスティーニ怖えーw

a11

ラジオ作りの先生はメーカーの方。

a13

先生は中学時代ギターをやっていて、HISASHIのファン。

a14

エコキューブは2011年発売。
昨年ブルートゥース搭載のFMラジオに進化。

a15

これは非常時に良いな。

a16

機能もいろいろついている。

a17

教材としては空前の大ヒット商品。

a18

では、ラジオ作り開始。

a19

製作工程は3つ。

a20

まずはダイヤル作りから。

a21

真剣。

a22

おのおの作業は順調に進む。

a23

”ネジ山をつぶして泣く”は、ドライバーあるある。

a24

職人タモリ。

a26

ダイヤルは順調に完成。

a25

ここがメインだな。

a27

おお、アホでも作れるようになっとる。

a28

台紙についている部品を基板の同じ場所に付けるだけ。

a29

教材なので、一つ一つの回路の機能が書かれてある。

a30

基板を見ると興奮する男。
この手の変態は結構いそう。

a31

はんだ付けの基礎を勉強しよう。

a32

基板を暖めてからはんだを溶かす。

a33

理想のはんだ付けの形。

a34

三者三様のはんだ付け。

a35

タモリのはんだ付けはきれいに仕上げたキスチョコ型。

a36

HISASHIのもきれいなメタルスライム型。

a37

トゲを作ってしまったケンコバ。

a38

二人はこういうの得意そう。
ケンコバは普通の人。

a39

……。

a40

続きを読む


アイスクリームというと夏のイメージですが、今若い者の間で冬アイスというのが流行っているそうですね。

a1

ゲストは、高橋克実さん、山之内すずさん、

a2

ケンドーコバヤシさん。

a3

今回の主役は、アイスのコーン。

a4

アイスのコーンだけを食べ比べる企画。

a5

オリジナルコーンも作って食べます。

a6

タイトル。

a7

本日の主役入場。

a8

このイラスト高速のパーキングエリアとかで見たことある。

a9

解説は日世株式会社経営企画部の松島さん。

a10

国内のコーンシェアの70%以上を占める日世。

a11

アイスクリームチェーンというと、31しか浮かばない。

a12

コーンだけ食べる企画w

a13

最初はオーソドックスなフレアー型。

a14

コーンの製造法。

a15

一番慣れ親しんだ味。

a16

コーンの味を評価するマトリクス。

a17

ボキャ天を知らない2001年生まれ。

a18

フレアトップコーンの評価は、シンサク4・4。

a19

2番手はワッフルタイプ。
これもよく見るな。

a20

ワッフルコーンは味が濃い。

a21

平たく焼いてから、柔らかいうちに巻き取る。

a22

評価は甘サク2・4。

a23

3本目はローレルトップ。
昔ローレルという車があったな…。

a24

ローレルは月桂樹なんだ。

a25

評価は甘サク1・3。

a26

4本目はシュガーロール。

a27

ベーキングパウダーを使わず砂糖で固めた。
甘くて堅いということ?

a28

別売してまっせw

a29

今回1度だけアイスを食べるチャンスがあります。

a78

これが1度だけのアイスチャンス。
タモリ考案ワサビアイス。

a31

庶民はチューブワサビでどうぞw

a32

電子レンジでアイスを柔らかくしながらワサビを混ぜる。

a33

ワサビアイスは静岡あたりでよく売ってる。

a34

金持ちの暇つぶし。

a35

シュガーコーンの評価は甘サク2・3。

a36

コーンはおおむね甘くてサクサクしているものw

a37

ここで、コーンうんちくのコーナー。

a38

コーンはトウモロコシのコーンという意味では…ない!

a39

コーンは円錐(cone)。
とうもろこしはcorn。

a40

続きを読む


タモリ考案カレーごはん。

a57

スープは鶏ガラと和風だし。

a59

豚肉と油揚げを入れる。

a58

スパイスはターメリックとクミン。

a60

さらっとしたカレー茶漬け風。

a61

続いては四谷三丁目の和食店。

a62

二か月先まで予約が埋まるカニとエビの専門店。

a63

甲殻類のフルコース。

a64

カレーのベースはカニとエビの殻。

a65

食品ロスが出なくて良さげだけど…。

a66

テイクアウトのカレーに2000円かぁ…。

a67

店主からのお手紙。

a68

店内にカレーの匂いが残ってしまうのが悩み。

a69

現在カレーの販売は休止しているが、復活を望む客は多い。

a70

消臭剤を使う。

a71

消臭効果のあるハーブを置いてみる。

a72

言われているようなことは試してみたが、効果はなかった。

a73

強力な換気扇にしてみては?

a74

換気扇が強力すぎて扉が開かない鮨屋w

a75

エビカニ好きにはたまらない味。

a76

ベースもスパイスから作っている。

a77

それをやったら匂いは消えませんw

a78

他人事だと思って回答が安易w

a79

そうですね…(棒)。

a80

カレー専用の厨房を別に用意するしかないな。

a81

続きを読む


この会場、ちょっとカレーの匂いが充満しているようですが、カレーの企画ですかね…。

a1

ゲストはケンドーコバヤシさん、

a2

大倉孝二さん、バービーさん。

a3

コロナ禍の中、テイクアウトのカレーが人気。
そんな中、異業種の飲食店もカレー市場に参戦。

a5

しかし、異業種ゆえに店主はカレーについての悩みが尽きない。

a7

そこで今回は365日カレーを食べる大倉孝二と、

a6

カレーの魔術師と呼ばれるバービーを迎え、悩める異業種カレーの店主の悩みを解決します。

a8

タイトル。

a9

カレーを食べると汗が止まらないのが悩み。
猫アレルギーの猫好きみたいなものかw

a10

新百合ヶ丘に今年5月にオープンしたばかりのお店。

a11

南仏料理店。

a12

素材の味を引き出した南仏の家庭料理。

a13

背に腹は代えられず。

a14

欧風カレーがあるからこのへんは問題ないんじゃ…。

a15

仕込みから完成まで5日かかる本気のカレー。

a16

4種類のカレーを試食。

a18

それぞれ作り方が違う。

a17

ただし、店主の悩みを解決するまで食べられません。

a19

悩みがつづられた店主の手紙を大倉が代読します。

a20

バービーは悩みの要点をまとめる板書係。

a21

ついてないなー。

a22

南仏料理はテイクアウトに向ていないので、カレーを始める。

a23

満足できるカレーができ、お客様にも好評をいただいているが、一人で4種類の違うソースを仕込むので、

a24

カレーの仕込みに追われ、フランス料理の仕込みができないw

a26

今後もカレーを続けていくべきか悩んでいます。

a27

カレーは1種類に絞ればよい。

a28

いっそのことカレー屋になればよい。

a29

大倉もバービーもカレー好きだけにフレンチに冷淡w

a30

いまさら1種類にはできないよなw

a31

不眠不休でカレーを仕込み続けているシェフ。

a32

ルール変更。
まず食べてみないことには問題解決できません。

a33

フレンチの技法でカレーが洗練され過ぎている?

a34

ブイヤベースに程よくスパイスをきかせたシーフ-ドカレー。

a35

最終的には和食を目指しているシェフ。
フレンチじゃない、ましてカレーではないw

a36

どのカレーも美味しいのでシェフの好きにしてください。

a41

続きを読む


今年は東京オリンピックですね。4年後のパリオリンピックでは、eスポーツが正式に採用される可能性があるかもしれない、なんともいえない、ということです。

a1

ゲストはケンドーコバヤシさん、山本彩さん。

a2

男子中学生のなりたい職業3位、ゲームクリエーター。

a3

そこで今回は自作ゲームのクリエータ-が集結。

a4

タモリ倶楽部がゲーム開発にいっちょかみしてビリオネアを目指します。

a5

タイトル。

a6

最初のゲームクリエーターは、神奈川工科大学の3年生たち。

a7

開発したゲームは「湯切りの頂」。

a8

てぼ(湯切り)がコントローラになっている。

a9

てぼを振ると湯切り率のゲージが減っていく。

a10

麺を落とさないようにして湯切り率100%にすると、ラーメンが完成。

a11

お客様からの評価が出る。

a12

てぼの中のセンサーが湯切り量をチェック。

a13

山本彩がやってみる。

a14

麺をこぼしてしまった。

a15

麺が落ちたのをチェックするのはセンサーではなく人間w

a16

タモリもチャレンジ。

a120

麺が少ない。

a18

人間の判定は結構厳しいw

a17

人気ラーメン店「中村屋」公認、必殺技「天空落とし」。

a21

一振りで湯切り率100%。

a22

タモリも天空落としをやってみる。

a23

この技のリスクw

a24

ゲーム会社求む。
世の中にそんなに湯切りが好きな人間いるのか?

a25

次は芸人のコンビ。

a26

マヂカルラブリーの野田クリスタルは芸人をやりながらゲームクリエーターもやっている。

a27

野田が開発した代表作は「組体操合戦」。

a28

スマホでできるアプリゲーム。

a29

芸人なのにゲームの売りこみにガチw

a30

この番組のためにグルメゲームを作ってきた。

a31

ご飯と梅干しなど相性が良いものを合わせると消えるが、スイカとビールなど相性が悪いものが重なると腐ってカスになる。

a32

野田のデモプレイ。

a33

トマトときゅうりは食べ合わせが悪い。
食べ物の相性の善し悪しはネット情報。

a34

結構食べ合わせが悪いものが多い。

a35

食べ合わせはあくまでも野田がネットで調べたものなので、真偽は定かでない。

a36

カニと牡蠣は食べ合わせが悪いらしい。
カニは食べ合わせが良いものがないので、カニだけで食ったほうが美味しい。
ポン酢とか酢醤油とかあるだろw

a37

続きを読む

このページのトップヘ