Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:カニ

 硬すぎるお菓子

香川県善通寺にある老舗「熊岡菓子店」の銘菓(?)
石パン。

sugiru1

小麦粉に砂糖を混ぜて焼き固めたもの。
もともとは日持ちのする軍事食として開発されたお菓子だそうです。
 
ハンマーでたたいても割れないぐらいに硬いが、固定客のファンもいるようです。 

sugiru2

口の中で舐めていると、柔らかくなってくるそうです。 
中には即かみ砕ける人もいる。
お年寄りは固いものを食べ慣れているから顎と歯が強靭。

sugiru3
 
  アレが速すぎるおばちゃん

福井県白浜荘の女将板倉美津子さんの特技はカニの皮むき。
カニ1杯(一匹)の皮むきをわずか58秒で完了。

sugiru4

ただちょっと下ネタがきつい。
一部のお父さんにはバカ受けなんでしょうねw

sugiru5

  芸達者過ぎるラッパー

以前、卵かけご飯のラップを披露したラッパー、恭一郎さん。
モノマネも得意らしい。

 sugiru6

まずは、平井堅。
なぜ裸?

sugiru7

続いて藤子・F・不二雄シリーズよりジャイアン。
クオリティは上々。

sugiru8

ジャイアンといえば…。
当番組ADの保原くん。

sugiru9
 
そこで、見た目ジャイアン(保原)のアテレコを声ジャイアン(恭一郎)がやってみる。

gaian2

ジャイアンと髪型が違うのでもう一つしっくりこない。 

sugiru10
 
そこで…。
というより、この企画と次の企画は保原くんありきで作られていますw

  あおりすぎる理容店

静岡市にある理容店チャンピオンの店主眞野和幸さん。

sugiru11

ここは客をリングアナ風にあおって呼び込む理容店。
嬉しい人もいるでしょうけど、ちょっと恥ずかしいw

sugiru12
 
店主の眞野さんは本物のリングアナなんだそうです。

sugiru13
 
で、髪型の方もきっちり完成。

sugiru14
 
実写版リアルジャイアンになりましたw

gaian1

 女好きすぎる店主
 
東京・谷中銀座にあるアジア料理店ザクロ。 
ここの店主アリさんの接客が…

 sugiru15

女性客にはめちゃめちゃ優しく、男性客にはケンカ腰w

sugiru16
 
この破天荒な接客が人気で店は連日超満員。
ちゃんとパフォーマンスになってました。

sugiru17
 続きを読む

 お世話になったあの方たちの今

☆ 松井くらら

kurara1

番組では愛人と呼ばれていた松井くららさんは、福岡放送の新人アナとして研修中。

kurara2

大丈夫か?

kurara3

とりあえず、一生懸命やっているようです。

kurara4

夜ふかしは、「何が正解かわからなかった」。
元愛人は生真面目なコのようです。

kurara5

 この番組はスタッフもよくいじられるのでたいへんです。

☆ 上原

山口ブス伝説で発見された上原ママ。

 uehara1

なんだかんだで初出演以降16キロ前後痩せたらしい。

uehara2

奇跡の自撮り写真を見せてくれる。
なぜだろう、イラッとするw

uehara3

☆ 糸ヘンに冬

夏の終わり、由比ヶ浜で「糸ヘンに冬」の名言を残したオジサンは今仕事で帯広に。

owari

北海道の帯広まで会いに行く。
相変わらずやたらに黒い。

 owari2

オジサンは帯広生まれの実業家だった。

owari3

47歳独身貴族。
夏の始まり。

owari4

☆ サイトウ?

村上をサイトウと言ったお母さん。

saito1

もう村上くんは覚えたようです。

saito2
 
お母さんはマー君(田中将大投手)のファン。
甲子園で投げ合ったあの投手よりもフォームがキレイだから。
「あのハンカチ王子…なんだっけあの有名な人」

saito3

 一度は聞いたことがあるのあの曲を調査した件

☆ スラローム

1965年公開のイタリア映画「Slalom」のテーマ曲が「月曜から夜ふかし」のOP曲

salom


スラローム
サントラ
ヴェリタ・ノーテ
2006-06-21


☆ ハードデイズラグ

9枚目のシングルのB面、ハードデイズラグ

yakusimaru

間奏が「ごきげんよう」でサイコロが転がる時のBGM。

kosakai2

☆ おもちゃの兵隊のマーチ

qp

「 QP3分クッキング」のテーマ曲。
ももクロバージョンあり〼。
ちなみに「今日の料理」のテーマ曲はシンゼサイザーで有名な富田勲さんの作曲。
のだめがコンクールの課題曲とごちゃまぜになった曲ですね。

☆ Lemon Tree

ラジオ番組のテーマ曲になるはずだった曲。

bss1

それが間違えられてこの曲に。

bss2
 
 ☆ Somebody stole my Gal

アメリカ人が作った悲しい失恋の曲。

yosimotosinkigeki
 
吉本新喜劇はさておき、アメリカ人の感性がわからないw
原曲はこちら 
 続きを読む

ゲストはドランク・ドラゴンのお二人。

鈴木拓さんは世間から相方に寄生するクズと罵倒され、いわゆる炎上タレントして名をはせていましたが、最近ではピンでの仕事も多いようです。
他番組では、鳥人間コンテストに出場するため過酷な減量に耐え(-14キロ)、見事に滑空部門で好成績を残しました。 

suzukitaku
 これって、ハング・グライダーじゃないの?

相方の塚地さんは無呼吸症候群のため器具を装着して眠らなければならない近況を紹介していましたが、むしろ本当に減量しなれければならないのは塚地さんの方ではないでしょうか。
ただ、芸人さんの減量はイメージが変わるので難しい。
以前、伊集院光さんがとても痩せましたが、なんかしっくりせず、いつのまにか元に戻ってました。 

肥満系の芸能人は健康とイメージという問題に悩む人は多いのではないでしょうか。
版画家・コラムニストのナンシー関さんはの39歳の若さで心臓発作で亡くなりました(彼女は別に肥満が売りではありませんでしたが)。
デブタレのパイオニアとされるウガンダさんは55歳で鬼籍へ…。
余計なお世話ですが、マツコ・デラックスさんを見るたび、今後どうするのかと思ってしまいます。

nancy
故ナンシー関さん 辛口な評論は結構好きでした

さて、今回最初のコーナーはカニの簡単な食べ方でした。
カニは縦にカラを切るのが普通ですが、ここでは関節から少し離れた場所を横に切断して筒状にし、これを上からポンとたたいて身を出すという方法を紹介していました。

kani3
簡単な方法ですが、ケチな私としては関節周りに残った身が気になる…。

次は街頭インタビュー、「財布にアレを入れているの人はいるか」というコーナー。
アレって、何だ?
本当にわからなかったのですが、コンドームのことでした。
街のサラリーマン23人にインタビューして財布にアレを入れていたのは一人だけでした。
なるほど…確かに若い頃は海外旅行の時には入れてました。
いろんな意味で、お守りですww

ところで、今回一番印象的だったのは、本編よりも有吉クンのセクハラでした。

高橋真麻アナが胸元のところに横にスリットが入った珍しい(エロい)ドレスを着ていたのですが、そこに有吉クンはティッシュの束を入れさせて、一枚ずつ抜き取っていました。
こういうことを考えさせると彼は悪魔のように天才的です。

daretoku2

ティッシュを全部抜き取ると、胸元が露わ、という仕掛けですww

daretoku1

遊んだあとは、高橋アナが「ティッシュは後でちゃんと使います」としっかりフォロー。←そこか!?
公私にいろいろあって、高橋真麻アナも一皮むけたようです。









 

このページのトップヘ