Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:エスパー伊東


 村上がまたなぜかアート特番をやる件

イントネーションが関西のヤカラw

mone

 墨アート

筆1本で描く墨アート。
イラストレーターの茂本ヒデキチさんに作品を描いてもらう。

5分で完成。
10万円也。

art2

茂本さんは東京オリンピックの応援看板も手掛ける超売れっ子。

sumi

マツコ村上の似顔絵を描いてもらう。

art4
 
 確かに村上くんの泥臭さが抜けて詐欺師感が増すw

  アートな時計

東北芸術工科大学の鈴木完吾さんの卒業制作。

手書きで時刻を知らせる時計。

art5

しかもその動力は、

art6

錘だけ。

art7

ジブリの世界のよう。

art8

鈴木さんはMENSAの会員だった。
やっぱり並の頭ではない。

art9

数多くのメディアが取材に来た中、一番好印象だったのが某新聞社。
鈴木くん、頭いいんだろうけど悪い女に引っかかりそうw

mensa

一方、一番レベルの低い質問をしたのが…。

art10

「MENSA割とかってないんですか?」w

art11

夜ふかしスタッフもある意味並ではないw

 木彫アート

タイトルが駄洒落(パロディ)になっている木彫アート。

たとえば、これはマッチが這って時計の値段を聞いてるので「這うマッチ」。

howmuch

これは、「セーラー服ときかん坊」。

art16

クイズ:この作品のタイトルは?

art13
 
ヒント:マツコが寝転がってテレビ見て、くつろいでいます

art14
 
答え:マツコ・リラックス

art15
 
くだらないけど、作品を見ていて退屈しなさそうw

  芸能人のアート

エスパー伊東さんは絵が上手いことで知られているそうです。

esito3

この絵などは図鑑に掲載されたそうです。

esito

一時は漫画家を目指したことも。

これがエスパー伊東の4コマ漫画「高所にて」。

art20
 art21
art22
art23

この人が体を張った芸ばかりやっている理由がわかったw

esito2

続きを読む


マツコさんは今年で43歳になるそうです。

matuko43-1

そんなもんだと思いますが、若い観覧のお客さんたちの大部分はもっと上だと思っていたようです。
マツコさんを35~40くらいと思っていたお客さんはご褒美として…、

matuko43-5
 
マツコ・ボデイタッチのサービス。 

matuko43-2

ハグw

 matuko43-3

楽しそうなアトラクションです。
ミッキーマウスとか、ふなっし-感覚ですねw
マツコさんは「ゆるキャラ+毒舌」ですから、最強のタレントです。

matuko43-4

それにしても観覧のお客さんたちは割と真面目そうというか、堅実な家庭を築きそうな若者が多い。

 意外と儲かっている人

さて、本日最初のお題は「意外と儲かっている人」。

人が儲かっている話はなんだか不愉快(笑)ですが、見ていきましょう。

最初はエスパー伊東。
この人は昔からなんとなくいたという、存在感。
大物感を演出w

esper1

結婚式の営業だけで、年間1800万儲けているそうです。

上のクラスの芸人(ダチョウ倶楽部とか?)だと1回の営業で100~200万取るそうですが、エスパーさんは20~30万(本人のギャランティは10万)の薄利多売商法。

余興は、ゴム手袋をかぶって鼻息だけで割る荒業。

esoer2

エスパー伊東氏、今年で55歳です。

esper3

次はテツ&トモ。
彼らの地方営業が多いことは有名です。

tetutomo1

行く先々に合わせてご当地用ネタを仕込むそうです。

tetutomo2

テレビに出ていた頃より、ネタが面白いw

tetutomo3

ボビー・オロゴンこと近田ボビーさん。

儲かった仕事、ベスト3の第3位は風力発電。
故郷ナイジェリアの風力発電事業に一枚かんだみたいです。

bobby1

第2位は、映画。
脚本、監督、主演を一人でこなしたそうですが、それでもマイナー映画でそんなに儲かるのか?
ちゃっかりPRの匂いが…。

bobby2

第1位 為替。
いわゆるFXですね。
近田商事は、お笑いから電力事業まで手広くやっているようです。

bobby3



続きを読む

ハロウィンの街に芸能人が仮装して紛れていたら、気づくか?、というモニタリング企画。

10月31日、ハロウィンのコスプレで賑わう渋谷に3人の芸能人(FUJIWARAの二人、エスパー伊東)が仮装して潜入します。
 
驚いたのはフジモンが扮装した妖怪ウオッチのジバニャンの圧倒的人気。

jibanyan2

どこに行っても「ジバニャン」と呼び止められ、記念撮影をせがまれます。 
フジモンであることはまったく気づかれず、あくまでもジバニャンとしてモテモテであることに本人は納得がいかなかったようですが、それでも若い女の子たちに囲まれて写真を撮られているときは楽しそうでした。
 
スタジオでこの様子を見ていた奥様の木下優樹菜さんは女の子たちがジバニャンに近寄るのはOKでも、フジモン・ジバニャンが嬉しそうにするのは結構ムカつくようでしたww

 jibanyan1

一方、原西は持ちネタのアシモで参戦。
こちらも芸のクオリティが高すぎるせいか、皆アシモ芸に注目するあまり、扮装しているのが原西だということにぜんぜん気づきません。 
”充電”は笑ってしまいました。

asimo
 
 可哀そうだったのは、ケンタウロスに扮装したエスパー伊東さん。
彼が街にくりだすと若者たちは彼に近寄ってくるのですが、必ずといっていいほどケンタウロスの背中部分にまたがられます。
そして、背中にまたがられたまま記念撮影。
なんだかイジメを受けているようにすら見えます。
彼が同じ団地の住人に恐喝されて一千万円以上を脅し取られた事件を思い出した人は少なくないのではないでしょうか。 
いじめっ子は、瞬時でいじめられっ子を見抜きます。

esper

 この企画、来年のハロウィンもやってほしいですね。
でも…ハロウィンって、こういうお祭りなの?

 
















このページのトップヘ