Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:アマゾン

左がタニタのキッチンタイマー、右が100円ショップのキャンドゥで買ったキッチンタイマーです。

KIMG0028

ストレッチなどで秒単位で測ることが多いので、テンキーにこだわっています。
10か月ぐらい前に100均でテンキーのキッチンタイマーを捜したのですが見つからず、アマゾンでタニタのキッチンタイマーを買いました。
ところが、先日キャンドゥをブラブラしていたらテンキーのキッチンタイマーを見つけて思わず買ってしまいました。
2つもいらないのですが、108円だし嬉しくて衝動買いしてしましました。(^^♪

しかし、この100均のタイマーはなかなかやります。
タニタにはないリセット機能がついているのです。
リセット機能とは20秒なら20秒を入力すると、あとはいちいち入力しなくても繰り返し20秒を測ることができる機能です。
ストレッチなどでは20秒単位であちこちの筋肉を伸ばしているので、このリセット機能はとても便利です。

KIMG0032

あと2つあると良いことは、2つの作業を同時にできることでしょうか。
たとえば、卵を茹でながらストレッチができるとかw

タニタのキッチンタイマーは以前も使っていて5、6年ぐらいは持ったと思います。

KIMG0030

100均のキッチンタイマーはどれくらい頑張ってくれるのでしょうか。
ちなみにバッテリーはLR1130です。

KIMG0031

追記:同じキッチンタイマーがダイソーでも売ってました。
2018年8月22日







司会&コメンテーターは設楽統さん、小池栄子さん、松本人志さん。

a7

爬虫類ハンター加藤英明

a8

爬虫類と触れ合うために世界50か国を巡ってきた男。

a11

普段は静岡大学講師。

a12

今回訪れたのは、キューバ共和国。

a13

狙うのは頭でっかちのアオトカゲと世界遺産に潜む幻のヘビ。
いずれも激レア種。

a15

キューバ名物クラシックカー。
キューバは新車に高額な税金を課しているので、市民は古い車を大事に使っている。

a16

ホテル前のビーチでウォーミングアップ。

a17

トカゲは尻尾を切って逃げる。

a18

森でお目当てのアオトカゲを捕まえる。

a19

ポティオールアノール。

a23

デュラップ(咽頭垂)。

a21

交尾器。

a22

興奮すると体色が変化する。

a24

世界遺産ビニャーレス渓谷は固有種が豊富。

a25

口が悪いディレクターを恥じる小池栄子w

a26

キューバ固有種「ヒメボア」は危機を感じると臭い糞を出す。

a27

小さな穴に潜って目当てのヘビを捜す加藤さん。

a28

洞窟で目当てのヘビを捕まえる。

a29

血を見て引く松本w

a30

希少種「キューバボア」。
毒はないが牙が鋭い。

a31

目的の二種を見事ハントしました。

a32

続きを読む









飛行機と小型セスナを乗り継いで、日本から計47時間。
アマゾンの玄関口、ブラジルのジュイナに到着。

y1

シンプルな空港の建物。

y5

ここからさらに車で6~7時間移動し、「エナウェネ・ナウェ族」に会いに行く。

y2

アマゾンには約400の少数民族がいるが、エナウェネ・ナウェ族は1974年に初めて現代文明と接触した。

y3

エナウェネ・ナウェ族は「最も美意識が高い民族」と言われている。

y4

ガイドのニュートン氏によれば、エナウェネ・ナウェ族は「アマゾン一儀式が多い民族」でもあるらしい。

y6

しかし、それらの儀式の意味はまだよくわかっていない。

y7

空港から車で3時間。

y8

このあたりで唯一のレストラン。

y9

ガイドさんが注文してくれたこの土地ならではのお料理。

y10

まずハエを追い払うw

y11

おもむろにフォークとナイフでいただく。
ワニは鶏肉と白身魚の中間ぐらいの味でおいしいそうです。

y12

この番組に登場する人は、ワニに縁がある。

y13

さらに車で3時間。
エナウェネ・ナウェ族の子供たちに遭遇。

y14

車のエンジン音が聞こえたので、好奇心から集まってきたらしい。

y15

子供は全裸だが、大人はパンツを履いている。

y17

エナウェネ・ナウェ族はフレンドリーだが、距離が近いw

y18

小舟で集落のある対岸に連れて行ってもらう。

y19

不思議なのは大人も子供も男ばかり。

y20

エナウェネ・ナウェ族の女性はめったなことでは集落から出ない。
基本的に家の中で仕事をしている。

y21

川岸から徒歩10分、集落に到着。
大きな家が並んでいる。

y22

一つの家には50人ほどが暮らし、総人口は約930人。

y23

女性がいたが皆逃げてしまう。
男はフレンドリーだが、女はシャイ?

y24

ダリアマセという男性の家に招待される。

y25

灯りがないので、中は暗い。

y69

ハンモックの寝室。
ダリアマセの親戚が家族ごとに暮らしている。

y68

ダリアマセが性器に何かを装着した。

y26

画像が加工してあるからほんとにどうなってんの?w

y27

儀式の時につけるペニスケースらしい。

y28

オロコイリ
・材料はアマゾンに生育するヤシの葉
・大事な儀式の時に性器に装着

y29

女性の小指がやっと通る穴だが、窮屈ではないそう。

y30

続きを読む

今回はジャングルの果て、ペルー・ブラジルの国境の森に生きるという、いまだ文明社会と接触したことがない先住民「イゾラド」を追う特集。

riso1

近年、噂や伝説に過ぎなかった素っ裸の人間たちの目撃例が急増。
周辺の村では弓矢で襲われ命の危険にさらされた者も出る。

NHK取材班はイゾラドの出現が相次ぐ森の奥へと潜入。

ペルー、ラス・ペドラス川上流域。
イゾラドの出現地域はここからさらに3日川を遡ったアマゾンの源流。

riso2

2014年11月、取材班は専門家や、

riso3

武装警官たちとともに川を遡り、奥地に向かう。

riso4
 
アマゾン源流域、モンテ・サルバード。
20年程前まで、このあたりには集落はなかったそう。

riso7

向こうの川岸からイゾラドが姿を現したらしい。

riso5

 イゾラドの弓矢の矢じり。
カピバラのようなげっ歯類の歯で削ったらしい。
毒蛇の血が塗り込まれているので、刺されば絶命する。

riso6

森でイゾラドに弓矢で襲われた青年。
奇跡的に命を取り留めたが、胃のほとんどと腎臓の一部を失う。
今もPTSDに苦しんでいるそう。

riso8

 2014年6月、森で青年を襲ったイソラドが現れる。
(村人撮影)

riso9

川を渡ってこっちにやってくる。
集落はパニック。
若い女性と子供全員は監視所に避難。

riso10

集落のリーダーは家々からバナナをかき集め、イゾラドに贈ることにした。
 
riso11

弓矢を置いて男たちが近づいてくる。

riso12
 
こちらを指さすイゾラドたち。

riso13

村人が指笛を吹くと、イゾラドも指笛を吹く。
動物のマネをすると、動物のマネをする。

riso14
 
バナナを載せたカヌーに群がるイゾラドたち。

riso15

返礼の品として木製のナイフがカヌーに置かれていた。

riso16

最初の接触の後、家族を連れて現れるようになったイゾラド。
その数115人。 

izo1

彼らはマシュコピーロ(凶暴で野蛮な人間)と呼ばれた。

riso18

集落の人々が話す先住民の言葉が一部通じることがわかる。

村人「どこからきた?」
イゾラド「上(上流)からだ。早くバナナをくれ」
村人「わかった」

riso19
 
村人「いつ帰る?」
イゾラド「五つの夜が終わったら」

イゾラド「女はいないのか?女も出てこい」

riso20

2014年11月、取材班が訪れる10日前の出現を最後にマシュコピーロは姿を消した。 
彼らは上流に帰ったのか?
政府の調査団が近くの森を調べることになった。

riso21

マシュコピーロの住居らしきものが見つかる。

riso22

焼いたバナナの皮。

riso23

食料にしたらしい陸ガメや野ブタ、カピバラの骨も見つかる。

riso24

鉄鍋とホーローの皿…。
なぜ彼らがこれを持っているのか?

riso25

続きを読む

このページのトップヘ