Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:アスリート

プレゼンターは三四郎の小宮浩信さん。

a2

パネラーは陣内智則さん、マギーさん、Boseさん、朝日奈央さん(左から)。

a1

説はこちら。
a3


第1弾で松野明美のスーパー大根演技に苦しめられた澤部佑w

a4

最初のアスリートは元なでしこJAPANの丸山桂里奈。

a5

丸山には実は霊能力があるというドッキリの仕掛人をやってもらう。

a7

最終的には霊を降ろすというところまでやってもらう。

a8

ターゲットになる銀シャリの橋本直にはドッキリの内容をすべて把握してもらっている。

a6

さっそく仕掛けてくる丸山。

a9

真顔。

a10

人間…より?

a11

やっぱり「人間より」に引っかかるw

a14

よく真顔でいられるなw

a13

次は背後霊と会話ができることを告白。

a15

橋本の後ろに背後霊が見える。

a16

背後霊の存在は相手に丸投げw

a17

意味不明。

a18

慣れないことやっているから軽くパニックになっているw

a25

丸山には橋本のお祖父さんが見える。

a19

ソファを買うか悩んでない?

a20

ソファの話はおじいちゃんに聞きました。

a21

ソファの話は事前の打ち合わせで橋本本人から聞き出し、

a24

それを丸山に伝えていた。

a23

続きを読む

同率第3位

「どんなにバレバレのダメドッキリでも 芸人ならつい乗っかっちゃう説」から。

a1

小峠の楽屋に突然警察官がやってくる。

a2

小峠のカバンからなぜか他人の財布が見つかる。

a3

小峠、窃盗の現行犯で逮捕。

a4

すでに殺到しているマスコミ。

a5

笑っちゃっている小峠w

a6

「これドッキリでしょ」と突っ込むことなく、おとなしく設定に乗る小峠。

a7

ただ乗り方が中途半端。

a8

車で連行される小峠容疑者。

a9

警察ではなく、いきなり裁判所に直行。

a10

しかもハウススタジオw

a11

裁判開廷。

a12

検察官起訴状。

a13

死刑を求刑する検察官。

a14

さすがに突っ込む小峠w

a15

弁護人、特に言うことなし。

a16

小峠突っ込むw

a17

謝れば赦してやらないでもない。

a18

死刑は嫌だから、じゃあ謝る。

a19

お前がやったんだな。

a20

死刑は嫌だからそういうことにする。

a21

判決…死刑。

a22

どっちにしろ死刑w

a25

明日死刑ですw

a26

検証結果。

a27

瞬間最高視聴率。

a28

アントニーの相方は大トニーにして知名度が上がった。

a29

名付け親の番組に毒づいた大トニー。

a30

例の鉄塔企画ねw

a31

続きを読む

アスリートにドッキリカメラの仕掛け人をやらせたら、下手すぎて逆に面白いのではないかという企画です。

アニマル浜口さんのポンコツぶり、魔裟斗さんの雑すぎるキャラ設定も面白かったのですが、松野明美さんの演技がほんとうに下手すぎて 凄かったww
普段は面白くても口元をちょっと歪める程度なのですが、久しぶりに腹筋を使って笑いました。
 
 このニセドッキリで、松野さんは「実は裏では怖い人」というキャラクターを演じます。
ドッキリのターゲットはハライチ澤部。
ほんとうのターゲットは松野さんですから、澤部さんはドッキリの内容を知らされています。

ニセ番組のロケに出るという設定で駐車場のロケバスに乗り込む松野と澤部。

ドッキリ① マネージャーに厳しい

後からロケバスに乗り込む松野のマネージャー
松野「ちょっと買ってきた?」
マネージャー「サンドイッチです」
松野さんに買ってきたサンドイッチを手渡すマネージャー。
松野「遅いのよー」
あまりにも棒読みのセリフなので、澤部窓側を向いて表情を崩す。

この後、松野が食べたいたまごサンドではなくツナサンドを買ってきたマネージャーにキレ始める松野だが、これもあまりに不自然な怒り方なので、思わず手で口を覆って笑いをごまかす澤部。

次に明日のスケジュールをマネージャーに確認する松野だが、マネージャーがもたもたしているのでまた怒り始める。
「何が確認よ!明日のスケジュールよ!」
と、ロボットのようにぎこちない身振りとともに棒読みセリフをしゃべった後、自分の座席の隣に置いてある(ドッキリ企画の)台本で次のセリフを確認する松野。

ドッキリ② 澤部の失礼なツッコミにカメラが止まってから怒る

ニセ番組ロケ撮影中、松野の絡みに対して「うるせぇな、このオバサン」とつっこむ澤部。
キーワード(失礼なツッコミ)が出たので、即ロケ撤収。

再びロケバスに乗り込む二人。

席に戻った松野はすぐに座席に置いてある台本を確認。
しばらく熟読した後、正面を向いてセリフを話し始める。
松野「あのさ…(ここで澤部の方に向き直るが目は見ない)澤部くんだっけ」
澤部「…はい」
松野「さっき『オバさん』とか『うるさい」とか、何よー!」
ボリューム大だが”何よー”が完全にフラットで全然感情が入っていない。
あまりにもひどい演技に困惑気味の澤部。
澤部「台本に…書いてあったんで」
松野「ちょっと待ってよ、台本に書いてあったら何でもするのっ」
と言いつつ、また自分の台本を確認する松野。
それを見て思わず笑ってしまう澤部。
松野「あなた事務所どこなのよ」
澤部「ワタナベ…」
松野「あっ、あーーー(息の漏れるような妙な”あー”)、知ってるわよ。ウチの若いの…事務所に…(セリフを思い出しながらしゃべるので間が空く)誰かいるから電話させとくわ。何よホントに『オバさん』とか『うるさい』とか失礼わ…失礼よホントに。何なのよー!(フラット)」
耐えきれなくなった澤部は口で手を覆って笑いを誤魔化しつつ、頭を下げて謝罪。

ドッキリ③ 電話の相手に関西弁でキレる

ロケバスの中で電話をかける松野。
松野「もしもし…だから、おのれが言うたやんけ(爆笑するスタジオの松本)」
ちなみに松野さんは熊本出身です。
松野「2000万の赤字に、赤字じゃね違うんかコラ」
笑い顔を手で隠す澤部。

matuno1

松野「どう責任取るんや?シバくぞホンマにチェッ」
下を向く澤部。
松野「ケツの穴から手ぇ突っこんで…ホントに(この後がなかなか出てこない)…お、奥歯ガタガタいわせたろか、チェッ、ホントに(小声で言う”ホントに”で間を埋めているらしい)…大阪湾に沈めたろか、コラー(フラット)」
 開けた口をフリーズさせて笑いを押し殺す澤部。

matuno2

 松野「(電話を切りながら)ニコニコ、ニコニコしてると思ったら大間違いだからね、わかった?」
澤部「はい」
松野「私ホントは怖いの」
澤部「すみません」
 松野「怒りが収まんないわ…外に出ろ…お前(今日イチの棒読みw)」
 
ロケバスから降りる二人。
スタッフから”ドッキリ大成功”の看板を受け取って、澤部を隣に立たせる松野。
松野「さんはいっ、何とドッキリでしたー」
効果音:チャッ、チャラ~♪
一応看板を見て驚くリアクションを取る澤部。
澤部「なんだよ~」
松野「だまされた?」
澤部「ホントにヤバい人かと思いましたよ」
松野「だろー?」
カメラに向かって、
二人「ドッキリ大成功!」
松野「やりました、やった(澤部を指差して)ダマされやすい」
苦い顔の澤部。

ドッキリ終了後、澤部にインタビュー。
スタッフ「どうでした?」
澤部「(松野さん)ゲロ吐くほど下手ですけど…何すかこれ?(力なく笑いながら)さすがにおかしすぎるなと思って、逆に別のドッキリなのかなと思って…(松野さん)普通に台本見ながらやってましたからね。横でペラペラめくりながら俺に向かって台詞言って、みたいな。マジで…頭おかしいすよね」
困惑と笑いが混じる表情を両手で覆う澤部。

VTR終了後のスタジオ。
松本「いいもんみせてもらいました」
中村アン「今年一番笑いました」

こうやって書いてしまうと面白さの百分の一も伝わらないので、まだ見ていない方はぜひ動画か再放送をご覧ください。
もしターゲットが事情を知らされずに松野さんが仕掛け人のドッキリをやられてたら、松野さんは別の意味で「怖い人」になっていたと思いますww

ところで、松野明美さんは4月13日に熊本県議会議員に初当選されたそうです。
おそらく収録日前後は選挙関係で相当忙しかったのではないでしょうか。
 




このページのトップヘ