Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:アウトドア料理

わが国におけるアウトドア系文学の巨匠といえば、やはり開高健先生でしょう。

開高先生には「オーパ」というアマゾン川釣り紀行の名エッセーがあります。
この著書では街灯を串にして牛を一頭丸焼きにするという、豪快なアウトドア・クッキングが登場しますが、(1)と(2)で洋物を取り上げたので、この回では和のアウトドア料理をご紹介したいと思います。

以下、開高健著、「最後の晩餐」からの抜粋です。

釣ったばかりのカツオよりは少し時間をおいたほうがうまくなる。漁師は錆包丁一本で肉をザクザクと切り、醤油と酢を入れた鍋に放り込んでしばらくほっておく。そのうちカツオの血と脂が醤油ににじみでてギラギラの輪が光るようになる。これを炊きたての御飯にのせてハフハフといいつつ頬張るのである。つまりは”ズケ”寿司の原型みたいなもので、コツも秘伝もないが、海上はるかのその現場でなくてはならぬという最大、最深の前提がある。こうして裸虫になって潮風と日光の中でむさぼり食べるカツオは肉がむっちりと餅のように歯ごたえがあって目を瞠りたくなるのである。

これは漁師さんの賄い料理になるのかもしれませんが、大海原から引き抜いたカツオをその場でさばいて船の上で食べているわけですから、立派なアウトドア料理の一つです。

もし生まれ変わることができるなら、来世私は漁師になりたいです。
漁師になって、船上でこのワイルドな賄いを熱い飯といっしょにかっこみたい。
そして漁を終えて港に帰ったら、漁協前の堤防で獲った魚や貝を焼きながら仲間と酒を酌み交わしてバカ話に花を咲かせます。

都会の生活にちょっと疲れている男は、たいていそんな生活に憧れてしまうのです。

bbq
今日はタニやんが潜りでイセエビを捕ってきた…などとブログに書いてみたい

ところで、最後に私が経験した究極のアウトドア料理をご紹介します。

19歳の夏、南アルプスの標高3000メートル近い尾根でキャンプをした翌朝のことです。
起きてすぐ小さなヤカンに正真正銘の南アルプス天然水を入れ、シングルバーナーの火をつけます、
ヤカンの湯が沸騰したらティーバッグを投入、ナイフでレモンを厚めに切ります。
マグカップに熱い紅茶を注ぎ、レモンスライスと砂糖を多めに投入。
朝日で赤く染まった雲海を眼下に望みながら飲んだレモンティーの味は一生忘れません。

また山に行きたいけど、もうあんな体力ないなぁ。

unkai
 木曽駒ヶ岳から見た南アルプス





前回に続き、今回もアメリカ文学の大御所です。
アーネスト・ヘミングウェイは日本でも最も有名なアメリカ人小説家ではないでしょうか。
考えてみるとアメリカは開拓精神の国、西部劇でもカウボーイやならず者がよく野宿してますもんね。
アウトドア系文学が強いのも当然か?

「大きな二つの心臓の川」はヘミングウェイの短篇集に収められている作品で、2部構成になっています。
今回ご紹介する1部は主人公が川のほとりでキャンプをするお話です。

主人公ニックは一面焼け野原の土地に降り立ちます(なぜ焼けたのかはここでは説明されていません)。
小さな町さえも跡形もなく焼け落ちており、ニックを乗せていた汽車は丘の向こうに消えてゆきます。
土地を流れる川だけは昔のままです。
テント、毛布、釣り道具などを背負い、ニックは川の上流を目指して歩き出します。
松の森とやまももの群生地を抜けて、日が沈む頃に川のほとりの小高い丘にたどり着きます。
ニックは平らな地面にテントを張り、夕食の支度をはじめました。

腹が空いていた。これまでで最高の空腹だ、とニックは思った。彼は背嚢から豚肉入りの豆の缶詰とスパゲッティの缶詰を出して、缶を切り、中身をフライパに空けた。
<中略>
ニックは、松の切り株から斧で薪を何本か切り出してきて、それで火を焚いた。火の上に鉄架を据え、長靴で踏み、四本の足を地中にめり込ませ、炎の立つ鉄架の上にフライパンを載せた。
空腹がひどくなってきた。豆とスパゲッティが暖まってきた。ニックは豆とスパゲッティをスプーンで掻き混ぜた。
プツプツと気泡の弾ける音が立ちはじめた。小さな気泡がじわじわと、底の方から表面に立ち昇ってきていた。いい匂いが立ち籠めた。ニックは背嚢からトマト・ケチャップの壜とパンを取り出し、パンを四切れ切り取った。
小さな気泡が勢いよく昇ってくるようになると、ニックは火のそばに座り、フライパンを火からおろして、中身の半分を錫びきの皿に注ぐように移した。それはゆっくり、皿の上を広がっていった。まだ熱すぎる。ニックにはわかっていた。少しケチャップをかけた。豆もスパゲッティもまだ熱すぎる。ニックは火を見、次にテントを眺めた。舌を火傷してすべてをふいにしてしまうわけにはいかない。
<中略>
ニックは再びテントの方に目を遣った。もう大丈夫。ニックは錫の皿からスプーンで山盛りすくって口に入れた。
「凄い!」ニックはいった。「こいつは凄い!」ニックは息を弾ませ幸福そうにいった。
ニックは一皿すっかり平らげてしまってから、やっとパンがあったのを思い出した。彼は残り一皿をパンといっしょに、最後はパンできれいに拭き取って、皿の底が光るまで、食べた。

ーアーネスト・ヘミングウェイ作 谷阿休訳 大きな二つの心臓の川ー

この後、ニックはデザートとして杏のシロップ漬けとコーヒーを頂いています。
つまりこの夜のメニューは、豆とポークのスパゲッティ二皿・パン四切れ・杏のシロップ漬け・砂糖入りコーヒーですから、かなりガッツリ食べてますね。

ニックと一緒に汽車から焼け野原に降り立った読者も、(追体験として)半日歩き通して、テントを設営していますから、もうお腹がペコペコなのです。
だからこそ、缶詰のスパゲッティがこの上ないご馳走に思えてくるのです。
文豪の筆力、さすがでございます。

pasta beans
某ブロガーさんがこのスパゲッティを再現しました。 缶詰のスパゲッティは入手困難の模様。


apricot
杏の缶詰 これは日本でも買えるようです

アウトドアはお好きですか?
私も若い頃は山登りやキャンプに親しんだのですが、最近は読書やゲームに興じるもっぱらのインドア派です。
今回はインとアウトのバランスを取る意味で(意味不明ですが)、いくつかの文学作品の中から素敵なアウトドア料理をご紹介してみたいと思います。

まず最初はアメリカ文学の不朽の名作「ハックルベリイ・フィンの冒険」に登場するアウトドア料理です。
アウトドア料理の最高のスパイスは何よりも”状況”だということが、この作品でよくわかります。

ハックルベリイ・フィンは飲んだくれでDV癖のある父親のもとから逃げ出し、ミシシッピー川の無人島に身を潜めます。
そこで、彼と同じく島に隠れていた黒人奴隷のジムと再会します。
ジムは自分が売られそうになっているのを知り、家族と離れ離れになることを恐れて逃げたのです。

二人は無人島を探検し、山の中腹にある大きな岩穴を発見します。
ジムの提案で、その岩穴に二人の持ち物を運び入れました。
釣った魚を料理して、岩穴で二人が夕食を食べ始める頃、夏の嵐が無人島を襲います。

風雨が吹き荒れ、稲妻が光り、凄まじい音を立てて雷が落ちる様を見ながら、二人は絨毯代わりに毛布を敷いた岩穴の中で夕食を食べています。

「ジム、こいつは素敵だ。ここよりほかどこにも行きたいと思わないよ。魚肉の大切れをもう一切れととうもろこしパンの熱いやつをおくれ」
「このジムじいやがいなかったらあんたさんはここにゃいなさんなかっただよ。あの森ん中で夕食も食べず、ぐしょ濡れになってなすってでや、坊ちゃん。鶏は雨をちゃんと知ってるし、小鳥だってそうよ」

ーマーク・トウェイン作 村岡花子訳 ハックルベリイ・フィンの冒険よりー
               
↑朝の連ドラ「花子とアン」の主人公です。

この無人島の岩穴で夕食を食べる場面は、ハックルベリイ・フィンが人生で一番大事なものー温かい食べ物、安全な居場所、信頼できる友ーを獲得した瞬間です。

荒れ狂う夏の嵐を見物しながら、釣った魚とできたて熱々のとうもろこしパンを無人島の岩穴で食べる…男の子なら誰もが憧れるシチュエーションです。

もちろん、ハックルベリイ・フィンは安全な場所にいつまでも留まるような少年ではないので、ここからさらなる冒険に旅立つのですが…。

corn
できたてコーンブレッド



































































































































































































































































































続きを読む

このページのトップヘ