Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:やらせ

昨年7月に続いてTBSのサバイバル特番の第2弾です。

survive 3

こんなのやらせだろ、と思いながらもつい見てしまうのは、ネコが動くものを見ると追いかけずにいられないように、毎日サバイバル生活をしていた人類の太古の記憶が本能としてよみがえるからなのかもしれません。

特に男子は極限のサバイバルは大好物です(見る限定ですがw)。
 
今回の参加者とロケ地は以下のようになっていました。

武井壮(41):ミクロネシアの無人島
上田竜也(31):カナダ・ポンドインレット(北極圏) 
菅谷哲也(21):オマーン・ルブアルハリ砂漠 
ワッキー(42):ヴェネズエラのジャングル 

全員芸能人ですが、年齢もジャンルもバラバラです。

4人の中で若い方二人が北極圏と砂漠を担当したのはわかるような気がします。
環境が厳しいから、若くて体力がないとキケンです。
武井壮もワッキーも身体能力で売っているタレントですが、もう40代のオジサン。
高齢者にムチャはさせられません。 

今回、上田くんはドクターストップ、菅谷くんはリタイアで最後までサバイバルはできませんでした。
二人を”根性なし”と罵るネット民もいましたが、そういう人は現地でサバイバル体験をしてみればいいと思います。

survive ueda

いくらスタッフがサポートしても、北極圏や砂漠はいるだけでキツイと思います。
私は寒いのが苦手だから、マイナス何十度の世界にいる上田くんは見ているだけでもツラかった。
菅谷くんは一面砂の世界だから画が地味。
地味なのに寒暖差が激しく、水分が摂れない厳しい環境でサバイバルしなくてはならない。
おまけにリタイアしてしまい、タレントとしては一番損な役どころでした。

survive sugaya

ただ、この番組が一番残念なのは、どこまでがガチで、どこまでがやらせなのかよくわからないところです。

TBSは最近「水曜日のダウンタウン」でもやらせが問題になりました。
しかも、外部(取材対象)からの告発でやらせが発覚しました。 
 
だから、海外の僻地に行ってしまえば、やりたい放題という見方もできてしまいます。
 
アザラシの肉片が”たまたま”落ちていたとしても、それは許せます。
素人にアザラシ狩りなんてどだい無理な話です。

そういう偶然が最も豊富だったのは、ワッキーのジャングル編でした。
たまたま電気ウナギがイカダの端で死んでいて、電気ウナギの死骸でピラニア釣り。
ワニをつかまえたと思ったら、次のシーンではたき火の上で焼肉になってました。 
もう本当にワニの肉かどうかも怪しくなってきます。
アナコンダとの格闘もあったりと、番組的にはジャングルは素材の宝庫です。

前回チャンピオンの武井壮は、今回は一番楽に見える南の島。
だいたいドラマや小説ではサバイバルの舞台は南の島です。
ヤシガニやシャコガイを獲ったりして、ここならやってみてもいいかと視聴者に思わせる場所です。
これでは画にならないと考えたのか、武井壮はイカダで脱出を試みます。
ところが海流と風に流され、見えていた目的の島は見えなくなり海に漂流するハメに。
最後はなぜか陸地でタイムアップを知らされます。

suvive takei

こういう番組はドキュメンタリー風にガチでやってしまうと、見どころがなくなって退屈な番組なってしまうかもしれません。

だから、多少の演出を加えるのは避けられないことだとは思います。

ただ、見ている側としてはどこまでがやらせなのかがよくわからないからイライラする。

どうせ寝ているのは、イグローとかハンモックではなく、スタッフのテントやキャンピングカーだろうと想像してしまうと一気に気持ちが白けてしまいます。

ゆえに、私が見たいのはこの番組のメイキングです。

武井壮がモーターボートに回収されて陸地に戻るところとか、上田くんが現地スタッフに手伝ってもらいながらイグローを完成させるところなどを見せてほしい。

舞台裏を見れば、実際どの程度出演者やスタッフがたいへんだったのかが視聴者にもリアルに伝わってくると思います。

第1弾はコチラ⇒ 全世界極限サバイバル 100時間生き残れ ’14 7月1日放送

究極のサバイバルテクニック
ベア・グリルス
朝日新聞出版
2014-04-18


本当にあった 奇跡のサバイバル60
タイムズ
日経ナショナルジオグラフィック社
2013-12-18




 

☆ バレンタインの定番曲向かう100年「バレンタイン・キッス」説

考えてみるとバレンタイン・デーは決して小さくないイベントなのに、定番曲といえるものが他に思い当たりません。
ここに目をつけて「バレンタイン・キッス」ヒットさせた秋元康氏、さすがです。
当時、国生さゆりちゃんも可愛かった。
おニャン子でホントに可愛いかったのはこのコと渡辺満理奈ちゃんぐらいでした(*個人の感想です)。 

kokusho

歌も下手だし、歌っている本人も男運についてはすこぶる縁起悪いのに、この曲だけは残りました。

それにしても、氷川きよしの「ハロウイン音頭」は誰をターゲットにしたのでしょうか。
レミオロメンの「大晦日」は年越しそばをスタリッシュに歌い上げてますw

☆ さすがのヨネスケでもカメラなしでは晩ご飯食べさせてもらえない説

ヨネスケさんといえば、「突撃!隣の晩ご飯」。
ヨネスケさんが突然一般家庭に押しかけて晩ご飯をご馳走になるというコーナーでした。
1985年から2011年まで続いていた息の長い人気企画です。

yonesuke

これをカメラなしでやったらどうなるか、という結構ムチャな試みです。
よくヨネスケさんが引き受けたなと思ったのですが、本人は開始前は自信満々でした。

ヨネスケさんが突然訪ねて来て、プライベートで晩ご飯食べさせてくれと言われたら人はどう思うでしょう。
① ヨネスケなりすまし詐欺
② ヨネスケがボケた
このどちらかぐらいではないでしょうか。
そして、どっちにしろ怖い。

結果から言えば、50数件回って成功ゼロ。
最後の方ではヨネスケさん、かなり不機嫌になってました。

なぜロケ場所をよりによって中目黒にしたのでしょう。
下町人情が残る葛飾とか江戸川あたりだったら、まだ可能性はあったような気がします。 
スタッフも目黒がこんなに敷居が高いとは思っていなかったのでしょうね。
 
☆ 大食い柔道

ヨーロッパで盛んなチェスボクシングを真似た、「大食い柔道」。
元フードファイターのジャイアント白田氏とオリンピック銀メダリストの篠原信一氏の対戦です。

ooguijudo

柔道と巻きずし大食いを1分半ずつ繰り返すというアバウトなルールにもかかわらず、中々いい勝負になりました。
結果は、最終ラウンドで白田が篠原の投げ技を食らいすぎて逆転負け。
二人ともかなり苦しそうでした。
食べながら激しい運動というのは、見ていてもツラい。

欧米がチェスボクシングなら、日本は将棋相撲でいいんじゃないでしょうか。


☆ お詫び

owabi downtown

先週に引き続き、また番組内容についてのお詫びです。
TBSは他の番組でも「お詫び」を出していました。 
現在社内粛清中のようです。 
「水曜日の…」に関して言えば、超能力者の回の時、番組スタッフの中にワルがいるな、とは思ってました。
 





花鳥風月(DVD付)
レミオロメン
ORS
2010-03-03


ウエイン・ホフマンさんという透視術の超能力者が来日して、○×クイズを全問正解、最後は○×どちらを選んでも泥に落ちることも見抜きました。

彼の超能力は本物なのでしょうか、それともやらせなのか…。

hof3

ここにヒントが一つあります。
実は彼は昨年も来日して、超能力をテレビ番組(㊙Xファイル12月22日放送)で披露しています。 
(今年の3月にも奇跡体験!アンビリバボーに出演)

彼はまずタレントが手づかみしたコインの総額を当てる、という透視術を見せたのですが、マジック好きな方々ののブログによると、これはトリックだったということです。 

hof1

彼は最初に紙に金額を書いたふりをしたのですが、実際に紙に数字を書いたのはコインの総額が発表された後であろうということでした。
その証拠に紙に書かれた数字は殴り書きのような汚いものだったのですが、このあとのパフォーマンスで書かれた数字はとてもきれいだったそうです。
彼は紙を右手にずっと持っていたそうですが、マジック用に親指に装着するペンがあるのだそうです。
つまり、彼はコインの総額を知ってから、親指で素早く手の中の紙に金額を記したのです。

そして、二つ目のパフォーマンスは、出演者の持っている千円札のシリアルナンバーを当てるというものでした。

これもマジック好きの人によれば、彼は千円札のシリアルナンバーを知っていた可能性が高いということでした。
つまり、予言する千円札はあらかじめ決めてあったようです。

hof2

ウエイン・ホフマン氏も自身をメンタリストとかイリュージョニストと名乗っているそうですから、どうやら彼は超能力を使っているわけではないようです。
あのDaiGoクンやハンドパワーのマリックさんなどと同じ職種ということになります。

今回の○×クイズも、もし製作スタッフが協力しているのだとしたら、このトリックはバカみたいに簡単です。
製作スタッフがホフマン氏の敵のような位置づけになっていましたが、これは巧妙な演出だったのではないでしょうか。

hof4

もちろん、断定はできませんが、私はダウトをかけておきます。


魔術師(イリュージョニスト)〈上〉 (文春文庫)
ジェフリー ディーヴァー
文藝春秋
2008-10-10



魔術師(イリュージョニスト)〈下〉 (文春文庫)
ジェフリー ディーヴァー
文藝春秋
2008-10-10



イリュージョニスト [Blu-ray]
スタジオジブリ
2011-10-08



THE MENTALIST/メンタリスト〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]
サイモン・ベイカー
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-11-07








 

オースティン・スティーブンス氏は南アフリカ出身の爬虫類学者、写真家です。
子供の頃から数々の珍しい爬虫類のコレクションをしていて、とにかくヘビやトカゲが大好きなようです。
爬虫類系のムツゴロウ先生と考えればほぼ間違いないでしょう。

austin2
 オースティン・スティーブンス氏(64)

爬虫類を熟知しているので危険な毒蛇も至近距離で写真を撮れるプロフェッショナルですが、ここで紹介されたドキュメンタリーはどれもこれも演出過剰(やらせ)です。 

アミメニシキヘビを沼から引きずり出して襲われたり(自分の腕を噛ませたり)、コモドオオトカゲに追いかけられたり(なぜか2ショットの映像がない)、アナコンダ(自分の体に巻きつけて)と格闘…。 

ドキュメンタリーというより、ほとんど映画を見ているような感じでした。

austin1
 スティーブンス先生 VS アナコンダ

爬虫類のプロでなければできないようなことをやっているのは解るのですが、そのせっかく熟練の技も演出過剰でダイナシになっているような気がします。

一度「やらせ」を疑ってしまうと、これもあれも「やらせ」ではないかと疑い始め、視聴者は興ざめしてしまいます。

スティーブンス氏は「ガラスの檻の中で36匹の毒蛇と107日間を過ごす」というギネス記録を持っているそうですが、この栄光の記録さえも《毒蛇の牙、抜いてあったんじゃ…?》と疑ってしまいます。

Austin World Record Snake _sit-in__ 107 days and nights in c
 ギネス世界記録にチャレンジ中

テレビだから、ある程度の演出はしょうがないでしょうが、かえって面白みが半減するようなミエミエのやらせ
はいかがなものでしょう。

ところで、スティーブンス氏のコモドオオトカゲとの追いかけっこを見て、かつて「世界の果てにイッテQ」で見た、イモトアヤコさんとコモドオオトカゲと対決を思い出しました。 

腰を縄でくくって、縄の端に鶏の肉を縛り付け、それをコモドオオトカゲに追いかけさせる、というアホな対決ですw
有名な場面ですから、ご存知の方も多いと思います。
対コモドドラゴン戦については、日本のイモトはスティーブンス先生に圧勝しています。

 イモト VS コモドドラゴン











前からこのキンドルペーパーホワイトのCМが流れると、モヤッというか、イラッとしていました。

kindol1

 このブログ記事を書くにあたって”キンドルペーパーホワイト”、”CМ”で検索してみたのですが、やはりこのCМは物議をかもしだしているようです。
 
では、何故キンドルペーパーホワイトのCМはモヤッとするのか。

一番大きな原因はその設定にあると思います。

”一般の方々”
”隠したカメラ7台” 

CМの冒頭にまずこのテロップが出てきます。

kindol3

これを見ると、見ている方としてはそのへんを歩いている人たちを捕まえてキンドルペーパーホワイトを使ってみてもらって、その感想を聞いたんだな、と想定してしまいます。

ところが、

① 出演者はその辺を歩いている一般人ではない。

その辺を歩いている一般人は、あんな小奇麗でお洒落な格好をしていない。

その辺を歩いている一般人は、あんなハキハキと流ちょうにしゃべらない、もっと滑舌が悪い。

② 隠したカメラ7台はほんとうに隠しているのか?

ライティングが完全に撮影用の明るさ。

ドッキリカメラはあんなに綺麗に画像を撮れてない(笑)。

つまり、このCМは一般の人がカメラの存在を知らず、自然に商品の感想を述べているという”テイ”のCМなのです。

実際には どう考えても撮影用にセットが組まれ、出演者はカメラに撮られているのを承知の上でコメント(セリフ?)を言っているようにしかみえません。
 
出演者は、オーディションで選ばれた”一般の方々”もしくは俳優業やモデル業の経験のある”一般の方々”ではないでしょうか。

‌kindol2

コジャレた小金持ち風の一般人が、イケテル都会人の私たちはこういう商品が好きなんですねえと話しているので、見ている側のイケテナイ一般人としては自分はあんなオシャレじゃねーし、(カメラ前にして)ちゃんとしゃべれねーし、という劣等感を無用に抱いてしまいます。

CМにウソが多いのは周知の事実ですし、一般視聴者はそういうウソにも慣れています。

ウソを承知で楽しむのがCМの見方の作法で、いちいち文句をつけるのは野暮というものです。

しかし、このキンドルホワイトのCМが腹立たしいのは、こちらを完璧に騙そうと努力しているわけでもないし、バレバレのウソに夢もユーモアもあるわけでもないところです。
あるのは、”一般の方々”からのいわれなき上から目線…。

中途半端なウソをイケシャアシャアと流しているので、こちらとしてもナメとんのか、という荒ぶった感情が湧き出てきてしまうのです。

外資系企業のCМにはどうも日本人の微妙なメンタリティをつかみ損ねて鼻につく作品がちょくちょく見受けられます。
ジョージ・クルーニーよ!~ネスプレッソCМが遺す違和感





 

このページのトップヘ