Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:やくみつる









世の中は断捨離ブームだが、実際にはこの前の辞書のコレクターのようになかなか捨てられるもんじゃない、というお話。

a1

ゲストは飯塚悟志さん(東京03)、能町みね子さん、

a2

やくみつるさん。

a3

相撲グッズコレクターやくさんの膨大なコレクションも、

a4

いつか処分しなければならない時がやってきます。

a5

そんな中、やくさんはラジオで「能町にならコレクションを託しても良い」と発言。

a6

ということで、今回の企画が実現しました。

a7

タモや相撲クラブの会員証。
「タモや」とはタモリや”やく”ということらしい。

a8

ただし、タモや相撲クラブは平成26年10月3日に結成式をやった1回しか活動がないw
会員はタモリさん、やくさん、能町さんの他には浦風親方。

a9

さっそく生前贈与の儀に移ります。

a10

一品目は、水戸泉ゆかりの品。

a11

水戸泉はお母さんそっくりw

a12

塩と升。

a13

水戸泉本人がつかんだ塩を自らラップで包んだもの。

a14

最初のお宝は、水戸泉がつかんだ塩とサイン入り升。

a15

水戸泉は塩を手首に乗せて大量の塩をつかみ取る。

a16

水戸泉本人がやくさんに勝手に送ってきたというエピソードも素晴らしい。

a17

次は若花田時代の若乃花のお宝。

a18

お宝よりも、やくが描いた色紙の方が価値
があるのでは?

a19

若花田が足の親指に巻いていた絆創膏w

a20

記者が拾って、やくにプレゼントした品。
サインは後年本人がしてくれた。

a22

ただのゴミもこうすると価値のあるものにw

a23

三品目はクイズ形式。
この人形のモデルは誰?

a24

ヒント:昭和37年初場所の元大関

a25

能町正解。

a26

豊山:最高位大関 最終場所昭和43年
学生横綱として入門 引退後は理事長に就任

a27

当時大卒の力士はいなかったので、話題となった。

a28

ロケ中に開催されていた蚤の市で発見。
やくは言い値(6500~70000円)で購入。

a29

続きを読む

今回の新3大は「十両を沸かせる小兵力士」。

juryo1

相撲通として知られるやくみつるさんに3人の小兵力士を選出してもらいました。 

juryo3

① 木瀬部屋 宇良関

やくみつるさんの宇良評。

juryo38

宇良関については学生相撲時代に、この新3大でも取り上げました。

juryo18

2015年大学卒業後、宇良は角界入り。

juryo17

翌年には史上4番目のスピード出世で十両に昇進。

juryo5

平均身長より10cm低く、平均体重が30㎏も軽い小兵力士たちが今十両を盛り上げています。

juryo6

後ろを取られながらも、宇良は相手の左腕を抱えて腰投げで大逆転。

juryo7

18㎝も高い阿夢露との取り組み。

juryo8

右足首を傷めていた宇良は、右足首を俵に固定する作戦。

juryo9

惜しくも負けましたが、会場を大いに沸かせました。

juryo10

天空海(アクア)との取り組み。
身長差9㎝、体重差41㎏。

juyro12

投げられているのは宇良ですが…

juryo20

とっさに首と肩を内側に入れ、

juryo11

土俵に落ちるのを相手より遅らせて勝利。

juryo12
 
学生時代から知っている二人にとっては宇良関は身内気分。
宇良にしてみれば、金を払わないタニマチ(後援者)w
 
juryo13

② 宮城野部屋 石浦関 
 
 やくみつるさんの石浦評。

juryo14

173㎝、114㎏は十両最小、関取最軽量。

juryo15

 学生相撲では全国大会で活躍しましたが、体格を考えプロ入りを断念。
その後総合格闘家を目指すなどしましたが、相撲への思いを断ち切れず横綱白鳳の内弟子として宮城野部屋に入門しました。

juryo16

常幸龍との取り組み。
身長差14㎝、体重差41kg。

juryo21

スピードを生かして足を取って巨漢を倒す。

juryo22

続きを読む

このページのトップヘ