Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:しくじり先生

今回のしくじり先生は紀里谷和明さん。

kiriya1

私はぜんぜんこの人のことを知りませんでした。
宇多田ヒカルの元ダンナ、ということで一般にはよく知られているようですが、本業は…

kiriya3

映画監督なのだそうです。

この人が何をしくじったのかというと、(宇多田ヒカルとの離婚ではなく)日本映画界をバカにして日本映画界から嫌われてしまったことだそうです。

どんなことを言ったのかというと、

kiriya4

まあ言いたい放題ですね。
でもあながち間違ったことを言っているとは思えませんし、素人がこれくらいの事を居酒屋の片隅でほざくのは普通の事です。
でも、この人はこれから映画監督として初の作品を撮ろうというタイミングでこういった発言をマスメディアにしたようです。
完全にケンカを売りにいっているし、自分でハードルを上げにいっています。 
しくじり先生の匂いがプンプンしてきましたw

こうして、紀里谷先生は映画「Casshern」の撮影に入ります。
これは1970年代のアニメを実写化したものだそうです。

 kiriya5

もちろん、日本映画界にケンカを売っている先生は日本映画界のしきたりを無視し、製作スタッフの多くはPV・ファッション業界の人間、助監督は映画業界の人間を使ったのですが、「ぜんぜん使えない」ので次々にクビにして結局7人チェンジしたそうです。
 
こうしてできた映画「Casshern」は、製作費6億円で、15億の興行収入をあげました。
が、興行的には成功しましたが、世間の評価は厳しいモノでした 。

kiriya6
 
 ここから今回の生徒役として出演し、この映画を「映画としては2時間もたない」と批評した映画評論家の有村昆氏と紀里谷先生のバトルが始まります。

kiriya7
 
有村さんはいつものように物腰柔らかに 映画の批評をしていましたが(内容は酷評でした)、この時の紀里谷先生の目はとても怖かった…。
テレビでほんとうにマジで怒っている人の目を初めて見ましたw
 
興行的には成功しているはずの映画なのに、業界ではコケた映画として扱われ、紀里谷先生はほんとうに悔しい思いをしたそうです。

そんな問題作 「Casshern」ですが、捨てる神あれば拾う神あり、なんと「Casshern」を見たハリウッドの映画関係者から3本の映画制作のオファーがあったそうです。

喜んでハリウッドと監督契約を結んだ紀里谷先生ですが、好事魔多し、あの2008年のリーマンショックによって映画の話がすべて吹っ飛んでしまったのだそうです。

kiriya10

続きを読む

丸山茂樹さんはプロゴルファーの中でも比較的知名度が高い人ではないでしょうか。
バラエティ番組にしばしば出演して、先輩プロゴルファーのモノマネなどをして笑いを取っていました。
(私を含めて)ゴルフにあまり興味がない人でも、丸山プロは明るいひょうきんな人というイメージが強いのではないでしょうか。

 maruchan6

そんな丸山先生の授業テーマは「暴言で失敗しないための授業」。

たぶん一部のゴルフファンは知っていたのでしょうが、多くの人たちは丸山プロに暴言グセがあることは知らなかったし、意外に思ったと思います。

いったいどんな暴言を吐いちゃったのでしょうか。
 
 マルちゃんの暴言①

 maruchan1

見事な暴言ですw
これはある国内の大会に参加した時、コースのセッティング(コースの整備)がちゃんとしていなかったのでプレイがうまくいかずイライラしてつい言ってしまったのだそうです。
この暴言で、おそらく日本プロゴルフ界初となる暴言による罰金を支払うことになったそうです。
 
そんな丸山プロですが、ゴルフの実績は文句なしに素晴らしい。

 maruchan3

アマチュア時代、小学校から大学までの学生タイトルをすべて獲ったのは、丸山プロだけなんだそうです。
 さらに、米国男子ツアーでの3勝。
米国男子ツアーで優勝した日本人はほかにも青木功プロなど数名いますが、3勝したのは丸山プロだけなんだそうです。 

 maruchan4

これは日本人歴代プロゴルファーの中でも最高峰にいると言っても良い実績です。
こんなに素晴らしい選手なのにそれにふさわしい脚光を浴びてないのは、もしかしたら暴言グセのせいだったのでしょうか…。

ここで、丸山プロの暴言史が年表にしてまとめられました。

 maruchan5

冒頭のクソ小便コースを含め、結構いろいろ言っちゃってますw
順を追って丸山先生が詳しく解説してくれました。 

マルちゃんの暴言②

まず大学時代の暴言。
丸山プロは名門日大ゴルフ部に入部したのですが、そこでの理不尽な上下関係に納得がいかず、OBの先輩につい「こんなゴルフ部辞めた方がマシ」と言ってしまったのだそうです。
この発言は現役の上級生部員に伝わり、当然厳しいお仕置きを受けたそうです。

マルちゃんの暴言③

次はプロデビュー直後の暴言。
あるスポンサーから突然契約のキャンセルをされ、頭に来た丸山プロは、メディアの前で「(そのスポンサーの)クラブをゴミ箱に捨てたい」と言ってしまいました。
本人として冗談ぽくっさらっと言ったつもりだったのだそうですが、記事になるとシリアスな感じになってしまったのだそうです。 
 
マルちゃんの暴言④

さらに1997年、国内ツアーでギャラリーに言い放った暴言。

その日は風が強く、丸山プロはパットに慎重になって、なかなか打ちませんでした。
その時、ギャラリーから「早く打てコノヤロー!」という怒号が聞こえてきました。
ブチキレた丸山プロはそのギャラリーのところまで歩み寄り、暴言を浴びせます。

 maruchan7

ファンの心ないヤジというのは傍で聞いても不快ですが、それにしても丸山プロも大人げないw
そのギャラリーは結構な年輩のお父さんでお酒を飲んでできあがっていたそうです。
隣にいたお母さんも謝っていたそうなので、丸山プロもこの暴言についてはかなり反省しているようでした。
 
maruchan8
 
 とはいえ、丸山プロは別の場所でもギャラリーに暴言を浴びせています。

とある大会で、ギャラリーたちにサインをしていたら、どんどん人が集まってきてしまいした。
最初は「このへんでもう勘弁してください」と低姿勢で臨んだのですが、あるギャラリーに「なんだよっ、最後までやってくれよ!」 と言われてブチッw

maruchan9
 
短気な人ですね~w

続きを読む

懐かしい曲とともに森脇先生登場。

sarugan1

1996年のミリオンヒット「白い雲のように」。
昔から思っていましたが、有吉くんより上手です。
ただ、スーツ姿なので、カラオケが上手いサラリーマンにしかみえません。

sarugan2

一般人としては初のしくじり先生。
今回は”根気がなくて芸人をやめちゃった先生”として教壇に立ちました。

とにかく、森脇先生は根気がないというか、飽きっぽいというか、熱しやすく冷めやすい性格のようです。

中高時代、まず森脇先生は「ビーバップ・ハイスクール」を読んで感動、そのまま即ヤンキーに。



次に「柔道部物語」を読んで感動、柔道部に入部します。

柔道部物語(1)
小林まこと
講談社
2012-12-21


幼馴染の有吉くんは黒帯を取りましたが、森脇先生は素行が悪くて昇段試験に連れて行ってもらえなかったそうです。

さらに「湘南爆走族」を読んで、暴走族になります。



若い頃は何かにかぶれてバカなことをするのはよくあることですが、これだけフットワークが軽い人も珍しい。

森脇先生は高校を中退した後、有吉くんがオール巨人に弟子入りし、芸人を目指しているのをテレビで知り、これもまた大いに影響を受けます。
そして、有吉君が広島に帰京した際、有吉くんに誘われて上京します。
この時点で、森脇先生には芸人なろうという気持ちはあまり強くなかったそうです。
なんか面白そうだから、というノリでコンビを結成したようです。

2004年にコンビを解散して森脇先生がホストクラブ(番組ではサパークラブと言っていたが当時はそう報じられていた)のオーナーに転身したという写真誌の記事を読んだときはちょっと驚きました。
ギョロ目でちょっとクセがありそうな有吉くんと違い、森脇先生は見た目はシュッとした好青年風だったので、水商売の道に進んだというニュースは意外でした。
でも、こういう性格なら無理からぬことだったわけで、有吉くんも彼のことはよく知っていたはずだから彼が芸人をやめたのは意外ではなかったのかもしれません。

さて、話を戻しますが、上京後、彼らは幸運にも「進め電波少年!」のオーディションに合格します。
 
1996年4月、ひとまず香港に連れて行かれ、そこから苦難の旅がスタートします。
 スタート直前まで、彼らはこの企画を知らされていなかったそうです。
当時の電波少年はとにかく駆け出しの芸人にムチャをやらせる番組でした。
彼らは所持金10万円で、ロンドンまでヒッチハイクでいくよう命じられます。 

sarugan3

この旅は相当に過酷だったようです。

二人はある夜相談し、どちらかが大けがをすればこの企画が中止になって、日本に帰れるのではないかと考えました。
二人は話し合った末、ジャンケンをし、負けた方が車に飛び込んで大けがをすることにしました。
負けたのは有吉くん。
翌日有吉くんは車がたくさん走る大通りに立ちます。
車に飛び込もうとするのですが、当然怖くてなかなか飛び込めません。
森脇「押そうか?」
有吉「いや、自分のタイミングで飛び込むから」
もう会話がクレイジーですw
ついに意を決した有吉くん、3、2、1のカウントとともに車に飛び込みます。
でもどうしても恐怖心があるので中途半端な飛び込みになり、足の先だけ車に轢かれたそうです。
有吉くんはこの後足先の痛みというテレビでは言えない地味な痛みを抱えたまま旅を続けたそうです。

このエピソード(テレビでは初めて話したそうです)は、このヒッチハイクの旅がいかに辛いものだったかをよく物語っています。

しかし、こうした苦労の甲斐あり、二人が旅を終えて半年後に帰国すると、猿岩石は日本中が知る人気者になっていました。
3万人のファンが待つ西武球場で凱旋帰国をした後、歌を出し、本を出し、写真集を出し、全国ツアーで日本各地を巡ります。

しかしながら、芸人としてのキャリアがあったわけでもない二人のアイドル的な人気もやがて下火になり、もともと芸人志向があったわけでもない森脇先生はコンビを解散すると副業だったサパークラブ経営に本腰を入れることになります。

ところが、いい加減な素人経営が仇となり数か月でサパークラブを閉鎖。
その後、森脇先生はアニメ制作会社などいくつかの会社のサラリーマンを経て、現在は輸入貿易会社の会社員をしているそうです。

ちなみに森脇先生がサラリーマンになったきっかけも、また漫画。
サラリーマン金太郎を読んでその影響を受けたそうです。

サラリーマン金太郎 第1巻
本宮 ひろ志
サード・ライン
2012-10-13


しかし、芸能人だった頃は一般人にチヤホヤされていた森脇先生も、自分が一般人になって働き始めてからは元芸能人ならではの”地獄”を経験したそうです。 

一つはヒッチハイクいじり。
例えば、職場の上司や同僚とタクシーに乗る際、人数が多いと必ず「森脇はヒッチハイクで来い」と言われるそうです。 
その度に、ヒッチハイクするマネをしてツッコむというノリツッコミをやるそうです。
ウケなくなるまで、延々とこのネタが振られるそうです。
 
二つ目は貧乏扱い。
芸能人をやめたので貧乏になったと勝手に思われているらしく、定食屋などに入ると、何も言っていないのに大盛りがサービスされるそうです。
森脇先生は少食なのでこれがツライそうです。 
 
三つ目は麻布。
芸能人がよく行く麻布・西麻布界隈には近づけないそうです。
未だに芸能人気取りと思われるのがイヤなのだそうです。

四つ目はカラオケ。
カラオケがある店に入ると、誰かしらが持ち歌の「白い雲のように」を入れるそうです。
歌ったところでさしてウケないのですが、経験上歌った方が楽なので曲がかかると歌うそうです。 

一つ一つは些細なことですが、これらが延々際限なくり返されると、まさに無間地獄でしょうね。 
 続きを読む

聞き覚えのある曲とともに、しくじり先生が登場。
元ホワイトベリーのボーカル、前田由紀さん(29)。

maeda2

このテンポの良い曲は知っていましたが、私は正直ホワイトベリーも前田由紀さんも知りませんでした。 
逆に言うと、普段音楽をほとんど聞かないオジサンでも「夏祭り」は知っているということです。 

maeda1

大ヒット曲を歌ったボーカルの女の子のその後。
もう寝ようかと思っていたのですが、ちょっと興味をそそられました。

 maeda3

前田さんは1999年13歳でメジャーデビュー、翌年には「夏祭り」を大ヒットさせて紅白歌合戦に出場しています。
2004年高校卒業を機には解散します(他のメンバーは事実上引退)。

ホワイトベリー解散後、前田さんにはソロデビューの話もあったそうなのですが、彼女はそれを断って上京します。
当時の前田さんは大人に対する反抗心が強く、自由への憧れが強かったのだそうです。

しかし、ホワイトベリーの名前を伏せてライブをやるも観客は5人というありさま。
この厳しい現実を目の当たりにして、さすがに彼女は「しくじった…」と思ったそうです。

自由という名前に酔いしれて、深い闇の中に迷い込んでしまった自分を評して、「夏祭りから自由になって空に消えてっちゃった先生」。
うまいw

maeda4

ここから、前田さんはホワイトベリー時代の自分を振り返ります。
何しろデビューが13歳、反抗期の真っ盛りです。

maeda5

当然レコード会社としては彼女たちを売り出そうと、いろいろと手を尽くします。
当時リリースされた全11曲のうち、なんと8曲はタイアップ(CMやドラマの主題歌に使われる)だったそうです。
たくさんの大人たちが彼女たちのために動いたことでしょう。

 maeda6

 そういう大人のバックアップを当時の前田さんはどう思っていたかというと…

maeda7
 
まさしく反抗期ですねw

さらにレコード会社はバンドの路線を本格派ガールズロックバンドからアイドルバンドに変更しようとしたのですが、これも前田さんには気に入らなかったようです。 

maeda8

 ロッカーとしてのプライドがあった前田さんはこの点でことごとく大人たちとぶつかるようになり、会社では前田さんについて会議が開かれるまでになります。

maeda9
 
自分がやりたい事と大人たちがさせたいことに食い違いが生まれ、当時の前田さんは息苦しさを感じていたようです。 

しかし、大人になった今、前田さんはホワイトベリー時代のことをこう思っているそうです。

maeda10
 
まあ、関係各位の大人としてはお仕事としてやっていたわけですから、必ずしも優しさではないでしょうし、前田さんも本気で言っているわけではないのでしょうけど、そう言わせてしまうほど彼女の20代は苦労の連続だったのでしょうか。

続きを読む

深夜帯で高視聴率を獲っている「しくじり先生」が、ゴールデンで特番放送しました。

sikujiri

この番組はゲスト出演者の失敗談を聞いて学ぶ授業形式になっています。
ただ、芸能人のしくじり話は一般人には何の役にも立たないので、純粋にハハッと笑うバラエティ番組です。

今回のしくじり先生、一人目は浅田舞さん。 
あのフィギュアスケーターの浅田真央さんのお姉さんです。

お姉さんも何年か前までは真央さんと一緒に大会に出場していたので、知っている方も多いでしょう。

浅田舞さんは妹にスケーターとして名実ともに抜き去られた後、しばらくグレていた時期があったそうです。
夜遊びする舞さんに親御さんは「縁を切る」とまで言いい、舞さんは「切ってもらって結構」と言い返し家出したそうです。
 
一緒に同じ競技をして、妹に差をつけられたら、姉としては立場がないでしょう。
しかも、親に「舞は(教育を)失敗した」とまで言われたそうです。
これではグレるのは当然かもしれません。
 
ただ、舞さんの場合は相手が悪かったとしか言いようがありません。
浅田真央は世界レベルの天才的なスケーター。
お姉さんだって、全国レベルでは優秀な選手でした。

そもそも、舞さんはナイスバディの美人に生まれたんだから、それで十分でしょう。
浅田姉妹はせっかく上品なイメージがあるのですから、これ以上自分をさらすのは…グラビアだけにしておいてくださいw

 asadamai

二人目のしくじり先生は教育評論家の尾木直樹先生。
二人の娘の教育に失敗したというお話でしたが、話をよくよく聞いてみるとそんなに深刻な話ではありませんでした。 

長女は親の期待に応えようとしすぎて自分を抑え込む子(いい子症候群)になってしまったそうです。
今は結婚して子供もいるようですから、まあごく普通の人生を送っているようです。

次女は逆にのびのびさせすぎて、中学生時代に半年で3回学校から呼び出しをくらったそうです。
これもまあ、非行とかいう類ではなく、無邪気なイタズラの度が過ぎたという感じです。

尾木先生の話ぶりから、長女の気持ちをわかってやれなかったことは後悔されているようでした。
教育のプロといえども、親はど素人から始める、そんな結論でした。

トリは石田純一先生。
あの「不倫は文化だ」問題が取り上げられました。

あの発言で世間からバッシングを受け、イメージが悪くなった石田先生は500人の女性にフラれたそうです。 
人数は知りませんが、この人ホントに女好きなんですね。
普通の人間とは好きの度合いが全然違うような気がします。

今回の授業では「不倫は文化だ」とは言っていないと主張し、当時のゴルフコンペの合間のインタビューの映像が流されました。
確かに若き石田純一氏は「不倫は文化」とまでは言っていませんでしたが、「不倫を悪だと一方的に決めつけるのはおかしい」という趣旨の抗弁はしていました。
温厚なイメージのある石田さんですが、この時はゴルフグローブの甲のベルト部分をしきりにペリペリさせてました。
ゴルフ場にまで芸能レポーターに押しかけられ、かなりイラついてつい開き直りとも取れるような発言をしてしまったことは否めません。

isida furin

この発言後、番組からおろされるわ、子供(すみれ)はいじめられるわ、でたいへんだったようです。

でも、なんだかんだ言って石田氏はいまだに芸能界の一線にいるわけですから、この人はしくじり先生ではありません。

今回はゴールデンという時間帯を考えて、この番組にしては全体に内容がおとなしめだったような気がします。
 やはり、この番組が生き生きとするのは深夜の時間帯かもしれません。

 sugimura
 良い子には見せられない杉村太蔵の回w

 


 

(054)親子共依存 (ポプラ新書)
尾木 直樹
ポプラ社
2015-02-02

 
石田純一 PRESENTS 人生をポジティブに生きる25の方法 [DVD]
石田純一
エイベックス・ピクチャーズ
2006-09-06

 

このページのトップヘ