Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:かりそめ天国

 テレビ朝日 女子アナカレンダー

久保田アナは今年も女子アナカレンダーにのっていなかった。

a1

女子アナカレンダーはダサい。

a2

カレンダーにされる女子アナは超ダサい。

a3

マツコ「(山本雪乃アナは)ロンハーの”奇跡の一枚”みたい」w

a5

マツコ「勘違いしてんな、6月の女(弘中綾香アナ)は」w

a7

有吉「剣道の人(森葉子アナ)は協力してくれてるからこっちも好きになる」

a8

かりそめ天国(10月3日放送)の剣道企画でチャンカワイと対戦した森葉子四段。

a9

森川夕貴アナはくるりんぱ?w

a10

有吉「ポーカーフェイスでいいじゃない。笑いがわかってんね」w

a11

女子アナたちを毒づいて、水を得た魚w

a12

マツコ「あんな輪の中で真ん中ではしゃいでいるなんて、一番愚かな女がすることだもん」

a13

これw

a14

有吉「やっぱこう見るとアイドルの子たちって可愛いんだな」w

a15

中堅(女子アナ)カレンダーが見たい。

a19

実は(中堅カレンダー)あります。

a21

有吉「マキバオーみたいな顔してる」w

a20

マツコ「カリスマ家政婦みたいよね」w

a22

マツコ「なにこれ、城本クリニックみたいなの」w

a23

本家。

a24

貫禄の大下アナ。

a25

マツコ「アップには撮らないで!」w

a26

弘中アナ、再びロックオン。

a27

マツコ「顔つくんの好きだね、この女」w

a28

有吉「山本さん、やっぱ腕隠してる」w

a29

かりそめ天国は森さん推しですw

a30

続きを読む

一本目。
大澤玲美ちゃん。

a1

港区赤坂・本氷川坂。

a2

コーナー。

a3

階段から内間w

a4

最初から肩が揺れている。

a5

久々だから?

a6

ゴール。
普通に運動不足のオジサンと元気な若い子w

a7

二本目。
星名美津紀ちゃん。

a8

いつものアングル。

a9

世田谷区岡本・堂ヶ谷戸坂。

a10

茂みからw

a11

変質度100%%の登場w

a16

有吉「抜いちゃう、抜いちゃう!」

a14

また運動不足のオジサンと若い子w

a15

茂みから出てくるのは怖すぎるw

a17

体を絞るために長~い坂を走らせようw

a18



視聴者(大学生・24歳女性)からの投稿。
「珍しいフルーツ大福を食べたい」。

a1

レポーターは蛯子能収さん(70)。

a3

有識者イワイサトシさんが厳選した6軒のフルーツ大福をいただきます。

a5

蛭子№1に選ばれた大福は、スタジオに登場します。

a6

一軒目は、雪谷大塚にある和(なごみ)スイーツ。

a7

岡山のフルーツを使ってフルーツ大福を作っているお店です。

a8

蛯子さんはこれを食べたいが、フルーツ大福ではないw

a9

有識者のオススメ、ピオーネ大福。

a10

ピオーネ=巨峰×カノンホール・マスカット

a11

珍しく普通に食レポ。

a13

読まれてるw

a12

続いては、すもも大福。

a14

和菓子処ならは(武蔵小金井)では、いろいろなフルーツ大福を作っています。

a15

もち粉の生地おいしそう。

a16

プラムと言われても…w

a17

すもも大福断面。

a18

食うの下手くそw

a19

一軒目に食べたものはもう忘れた。

a20

上書き保存しかできませんw

a21

ゆえに、蛭子№1は最後に食べたものw

a22

吉岡製菓(島根)のいちご大福(6個入り3240円)。
*お取り寄せ

a23

ルビーのいちご。

a24

いちごは5層の生地に包まれている。

a25

蛯子「モチに包まれている何かフルーツが…このフルーツが何かがわかんない」
あんなに頑張っていちごの形と色なのに、どうして?w

a26

蛯子能収、大丈夫か?w

a27

3つ目は、フルーツ大福界では有名な一心堂(大阪府)から。
マスクメロンをクリームチーズで包んだ逸品。

a28

え…。

a29

次は日暮里・江戸うさぎの「妖怪大福」。

a30

妖怪をモチーフにしたアンズの妖怪大福。

a31

あんずボーの会社からシロップ漬けのアンズを仕入れています。

a32

「口の中が変な感じ」と食レポした蛯子能収氏について有吉くんのコメントw

a33

続きを読む

うなぎ、ではなく肝吸いが主役です。

a1

レポーターはガンバレルーヤ。
まひるはうなぎ担当。
よしこは肝吸い担当w

a2

うなぎマニアの高城久さんが4つのお店を厳選しました。

a3

1軒目は豊島区南大塚。
街ロケ。

a4

お店はラブホテルの隣。

a5

うなぎ食べて精力つけてラブホにGO。
何かあったら性病科というワンストップシステムw

a6

うなぎ宮川の肝吸い。

a7

肝吸いには興味がないマツコ&有吉。

a8

肝アップ。

a9

やっぱりどう考えてもこっちがメイン。

a10

5800円だもん、泥抜きは十分してるよ。

a11

二軒目は日本橋「亀とみ」のコラーゲン肝吸い。

a12

和のオブジェ。

a13

意味は特にない髪形チェンジ。

a14

肝吸いはすっぽんエキス入り。

a15

4軒目は松戸市にある「う奈ぎ道場」。

a16

焼きあがったかば焼き。

a17

一味違う肝。

a18

肝を炭火で炙ってある。

a19

うなぎ担当の出番。

a20

うな重 4300円(税抜き)*要事前予約
豪華な関東風と関西風の競演。

a21

語彙力の限界w

a22

死にたてホヤホヤ。

a23

「かりそめ」でうまいものを食べさせてもらって、他局で食レポを褒められる。

a24

肝焼き大好き久保田アナ。

a25

うなぎ15匹分の肝を食う女w

a26

続きを読む

番組に寄せられた視聴者の欲望。
「一流スタイリストに1週間コーディネートしてもらいたい」

a1

本人は出たくはないw

a2

代わりに椿鬼奴が一週間コーデを体験。

a3

昨日小川菜摘にもらったバースデープレゼント。

a4

服は毎日同じでもいい。
ジョブスーくまだーやっこラインw

a5

鬼奴をコーディネートするのはスタイリストの小山田早織さん。

a6

鬼奴の悩み
①ピンクに手を出せない
②下半身太りが気になる

a7

一週間コーデスタート。

a8

46歳から始めるピンクコーデ。

a9

パステル系ピンクで顔映りをよくする。

a10

笑いに持っていくのは芸人のサガw

a11

2日目は黒髪さんのためのコーデ。

a15

お菓子ちゃん買い取りw

a13

女囚サソリw

a14

3日目は下半身太り解消コーデ。

a16

トレンディドラマw

a17

4日目は最先端ファッション、アスレジャー。

a18

ここからは着こなせないガチ私服のコーディネートをお願い。

a19

5日目はボディラインが目立つオールインワンをコーディネート。

a20

着やせは”Iライン”を作るべし。

a21

続きを読む

このページのトップヘ