Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:うんこ





 ひと昔前の常識を若者に教えてあげたい件

観覧席のお客さんは今やほとんど平成生まれ。

mj1


 グレープフルーツに砂糖をかける

おバカ発見w

mj3

細かく言うとグラニュー糖だったと思う。

mj2

子供心にもなぜこの柑橘類だけこういう食べ方をするのかと思った。
しかも、グレープフルーツなのにグレープ感ゼロ。

mj4

今のコたちにも好評でした。

mj5

 麦茶に砂糖

今みたいに甘いドリンクが手軽に買えなかったから?

mj7

平成JKにも好評、砂糖入り麦茶。

mj8

コーヒー牛乳ぽいっという定評のある牛乳砂糖入り麦茶。
オジサンが子供のころにはポピュラーなアレンジだった。

mj10

 天神様

梅干しの種の芯を天神様とか仏様と言ってました。

mj12

学問の神様、菅原道真公(=天神様)が梅をこよなく愛したかららしい。

mj14

ことさらおいしいものではないけど、体によさげ。
サクランボの種の中身も食べます。

mj13

 117に電話をかける

117は時報。
今は携帯や電波時計があるから使われなくなった。

mj15

番号案内とかよく使っていたなあ。

mj17

 蠅取り紙

これはわからないだろうな。

mj18

最近はさすがに見ない。
ど田舎の商店とかに行けば、今もあるかもしれない

mj19

なんか腹立つw

mj20

 缶切りの使い方

言われてみれば最近の缶詰はプルトップが主流。

mj21

若者は缶切りの使い方を知らない。

mj22

マジか…。

mj23

キモモ好きは缶の開け方を知っていた。
オウトウだけどなw

mj24

 デュエットソング

昭和は男女がペアで歌うデュエットソングが流行っていた。

mj25

今のコは「3年目の浮気」なぞ当然知らない。

mj26

デュエットソングの名曲「二人の愛ランド」もピンボールで引っかかってしまう。

mj27

そんな風に言わないで!w

mj28

バカにされたほうがまだマシw

mj29

続きを読む

年内最後の放送なので、今夜はMVPスペシャル。

mvp1
 
番組を盛り上げてくれたMVPの方にはカニの詰め合わせをプレゼント。 

mvp2
 
カニ嫌いの人w

mvp3
 
村上「ココ山岡」
マツコ「銀座じゅわいよ・おくちゅーるマキ」
若い人ポカーンw

mvp4
 
 夜ふかしMVP2016~Part①~

  都会に染まりたくて田舎から上京

田舎を捨てて、都会に染まったと言う青年。

mvp5

別れ際、インタビュアーに渋谷駅の道順を聞くw

mvp6
 
  苦情を気にせず酒と音楽を楽しみたい

海浜公園で蓄音機をかけながら、ワインを飲むオジサン。

mvp7

シャンソンをかけると目の前はセーヌ川。
グレン・ミラーを聴けば、ここはニューヨーク。
 
mvp8

 ケーデーデーが6月いっぱいで終わる

mvp9

エヌテーテーは工事に来てくれたのでしょうか?w

mvp10

 近くに劇場ができた

新潟県にて。
近くに劇場ができたと言うお父さん。
NGT48のことらしいw

mvp11

 年下からハゲ呼ばわり

mvp12

形状記憶オールバックだったw

mvp13

 木原さんと古くからの友人

気象予報士の木原さんのお友達だというお父さん。
証拠の写真を見せてくれるが、これは…。

mvp14

ただのファンだったw

mvp15
 
 生まれて初めてう○こが出てくる瞬間を目撃

酔っ払いが寝たたままパンツをおろして、うんこを出すところを目撃したオジサン。

mvp17

オジサンは段ボール箱でうんこを囲ったそうです。
通りかかった女の子たちが段ボール箱をのぞいてキャーキャー悲鳴をあげているのを見ながら、ニコニコw

mvp18

 前歯が折れた

アーモンドがのったパンを食ったら折れた。
カルシウム不足?

mvp19

 お酒を一滴も飲んでいない

シラフで踊り狂っていたミムラのおばちゃんはこの後特集されました。

mvp20

  負け組を慰めてくれる名言集を収集

手帳にしたためたポエムを朗読するお姉さん。

mvp23

ポエムにつっこみを入れるお友達w

mvp22

 だって村上だもん

「村上」で爆笑する二人。

mvp24

 村上「この野郎」w

mvp25
 
 あたりき・しゃりき・ケツの穴ブリキ

お父さんの口癖。
「あたりきしゃりき」の後は地域でいろいろバリエーションがあるようです。

mvp26
 
 やることがないから裸になった

半ケツ状態でスカイツリーを眺めるオジサン。 
日光浴が好きなオジサンは結構多い。

mvp27

 スカイツリー

スカイツリーも見飽きたお父さん。

mvp28

人間暇だとろくなことを考えないw

mvp29

  トランペット

トランペット歴4年のお父さんにちょっと吹いてもらう。

mvp30

やりたいことはわかるけど(フリージャズ系?)、いかんせん基礎が…w

mvp31

 念

川に向かって念を送るお父さん。

mvp32

お父さん「おそらく、あそこの人はイイ気分になっている」
屋形船だからねw

mvp33

続きを読む

 猛暑の日に個人的ニュースを聞いてみた件

 富士山に登った帰りに渋谷へ立ち寄った

富士山→渋谷→九州の実家
夏休みを満喫中の住職。

mosho1
 
  野良猫が可愛くて餌をあげてしまう

野良猫の餌やりは社会問題化しているけど、こういう少年には注意しづらい。

mosho3
 
優しいジャイアンと優しいのび太w

mosho4
  
 熊谷は水の代わりに氷

猛暑で有名な熊谷では、水はすぐ蒸発するので植木に氷をやる。

mosho7

熊谷の花火大会。
良い絵が撮れました。

mosho8
 
 マツコ、浜辺でたたずみたい願望 

お台場で蓄音機でレコードをかけながらワイングラスを傾けるオジサンの趣味に憧れる。

mosho9

自分も浜辺にたたずんでみたい…。

mosho14

浜辺にたたずむマツコは、悲しい風景。

mosho10
 
笑いがほしいタレントの性(さが)w

mosho11
 
 村上、冷静に突っ込むw

mosho12

もうこれはプライベートではなく、仕事w

mosho13
 
 様々な公園を調査してみた件 

 変わった紙芝居がみられる公園

山梨県甲府市・遊亀公園には、甲州弁の紙芝居をするオジサンがいる。

koen2

甲州弁もさることながら、紙芝居も珍しい。
しかも自作っぽい。

koen1

甲州弁を他県にバカにされて憤るオジサン。

koen3

例のセリフを連呼して抗議w

koen4

 変わった自動販売機がある公園

井の頭恩賜公園。
カップルがここのボートに乗ると、別れるという都市伝説がある公園。

koen5

蜂の子とイナゴの缶詰を売っている。
結構人気だそうです。
蜂の子2300円(高っ)、イナゴ900円。

koen6

続きを読む

33歳の主婦の方から、「うんこ」と「うんち」はどちらが上品な言い方なのかという質問がありました。

ご本人は子供たちに対して、「うんち」と言っているのだそうですが、幼稚園のセレブママたちは「うんこ」を使っているのだそうです。 
投稿者のイメージでは「うんこ」はいかにも臭そうで下品な言葉に感じられるのだそうです。

手元にある辞書を引くと、どちらも(大便の)幼児語という素っ気ない記載しかありませんでした。

私のイメージでは、「うんこ」は主として大人の大便、「うんち」は主として子供の大便を指して使う言葉のような気がします。
男女で言うならば、「うんこ」は男性的で、「うんち」は女性的です。
さらにいうならば、「うんこ」はやや固めで暗褐色、「うんち」は水気があり、色も明るめの褐色です。
 
よって、母親が幼い子供に対して使う言葉としては一般的には「うんち」の方が似つかわしいような気がします。
ただし、ヤンママなどは子供に対しても「ちゃんとウンコしたか?」などとと言った方が自然です。 

おそらく、投稿者のママ友は昔はヤンキーだったのですが、今は転向してセレブ志向になったママだと思われます。
本物のセレブ女性は、「うんこ」とは絶対言いません(知らないけどww)。

有吉、マツコの二人は「うんこ」、「うんち」に関係ある言葉として、○○コ、○○ポ、○ン○ンを挙げていました。
二人が完全に悪乗りして○○コ、○○ポを連呼していたので、夏目三久さんは顔では笑いながら目で「イーカゲンにしてほしい」と訴えていました。

miku1
 実は怒り新党のキーパーソン?

有吉君はさらに女性生殖器の呼称について言及し、小学生の頃読んだ本に女性のアソコは「おぱんぽん」と呼びましょうという記載があったということを話していました。
 
これについてちょっとググってみましたが、確かに男性生殖器の幼児語はある(おチンチンなど)のに女性のそれには対応するものがなく、かつ広く使われる俗称(お○○こ)には猥褻なイメージが強すぎるということで、新しい呼び名を提唱する運動が何度かあったようです。
「おぱんぽん」もその一つですが、未だに新名称が定着していないところをみると、それらの試みは失敗に終わってしまったようです。

miku2
「おぱんぽん」の話はセーフだったようです。

昔、トルコ風呂はちょっとまずいということになり、新呼称のソープランドはすぐに定着しました。
これは大げさに言えば”外交的配慮”という意味あいがあったのだと思います。
女性生殖器の新呼称が広まらないのは、あまり必要性が感じられていないからなのでしょうか。
興味深いところです。
 
話を本題に戻します。
結局、怒り新党の見解としては、投稿者の主張通り、「うんち」が適切ということで落ち着きました。
よかった、よかった。








 

このページのトップヘ