Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

カテゴリ: 生活

2,3か月前ぐらいから、突然PCの電源が落ちるようになりました。

最初は、2,3日に1度ぐらいだったのが、日が経つにつれ頻度が増し、最近では1日に1,2度の頻度になってきました。
これはもうほっておくわけにはいきません。

調べてみると、PCの電源落ちの原因には次の4つがあるようです。

① CPUの高負荷による発熱

パソコンを使っていると熱が発生します。
その熱は内蔵されているヒートシンクやファンが抑えているのですが、これらの部品に埃(ホコリ)が溜まっているとうまく機能せず高熱が発生して電源が(自動的に)落ちてしまいます。

CPUは人間でいえば脳に当たる中枢ですから、知恵熱みたいなもの?

② 電源が壊れている、または電力不足

電源のパーツが壊れていたり、高負荷の作業(動画編集など)で電力の最大供給量を越えてしまうと、電力供給量不足で電源が落ちてしまいます。

昔はこういう電力供給量不足による停電はよくありました。

③ HDD(ハードディスクドライブ)の損傷

HDDが壊れるとデータを記録できなくなってしまう不良セクタができ、そのことが原因で電源が落ちてしまうようです。

④ ウイルス感染

ウイルスの種類によっては勝手に再起動を繰り返したり、電源が落ちしまうとういう症状が出るものもあるようです。 


まずは電源落ちの原因を特定することが第1段階です。

私も原因はわからなかったのですが、PCの電源落ちをググるうちに同じPCの機種(ノートパソコン)を使っている人が、クリーナーで排気(吸気)口を吸ったところ治ったという話を見つけたので、早速これを真似してみることにしました。
本当はホコリを除去するにはPCをいったんばらすのが正しいようなのですが、私が使っているPCの場合、分解が困難なのでホコリを取るとしたらこの方法しかありません。 

vaio
 これはVAIOの排気口と吸気口

ウチには古いが吸引力は強力な掃除機があります。
お隣のおばあちゃんのものだったのですが、あまりにもデカくて重いのでおばあちゃんは使いきれなくなってもらいうけました。
マルチ商法疑惑で一頃有名になったアムウエイの掃除機。

amway cleaner

アメリカ人はデカいし、家も大きいからこれでいいかもしれないが、日本人と日本の家には不向き

とにかくのこのバカデカ掃除機の吸引口をPCの排気(吸気)口にあて、スイッチオン。
1,2分やって、パソコンの電源を入れてみました。

すると起動するとしばらくして、一つのアプリケーションが勝手に立ち上がりました。
それを消して、インターネットに接続しようとすると、ブツッと電源落ち。
もう一度電源を入れてみましたが、同じ結果でした。

どうやら事態は悪い方向に進んでしまったようです。

勝手にアプリケーションが起動するという事は、PC自体に不調が生じてしまったということです。
私はこの状況を打開すべくいったんすべてチャラにすることにしました。
つまり、パソコンを初期状態に戻してのリカバリーです。
この方法はダウンロードしたアプリケーションがかなり削除されるので後が面倒なのですが、背に腹は代えられません。

ところが、初期状態に戻す途中で、またも電源が落ちてしまいました。
さらに2度トライしましたが、電源はだんだん早いタイミングで落ちるようになってきました。
事態は最悪です。
対処法を調べようにもインターネットも使えない。

もうこうなったらパソコンを修理に出すか、新しいものを買うしかないかもしれません。
安いPCだったし、しょうがないか…。

どうせダメなら、”毒食わば皿まで”私は事態を悪化させた掃除機でのホコリ掃除をもう一度やってみることにしました。
ムチャな試みかもしれませんが、どこかでホコリが中途半端な位置で引っかかって不具合を起こしているのかもしれないと考えたのです。

イチかバチかの勝負。
というより、何も手を打たなければ負けは決定です。

もう一度掃除機の吸引口をパソコンの排気(吸気)口に1分ほどあてがいました。

神様に祈りながら電源を入れて、回復設定に。
すると今まで回復過程8%までで電源が落ちていたのに、今度は8%を超えました。
とはいえまだ1割も行っていません、いつまた電源が落ちるかわからない不安の中で、私はじりじりしながらパソコンの回復作業を見守りました。
10、20、30…。
ノロノロとですが電源は落ちることなく回復作業を進め、2時間ほどかけてついに100%を達成しました。

初期状態に戻ったパソコンは勝手にアプリケーションを起動する事もなく、インターネットにつなげても電源が落ちることはありませんでした。
どうやら正常な状態に戻ってくれたようです。

機械音痴のムチャな試みでしたが、結果オーライという事で…。

そのうえこのリカバリーは嬉しいオマケもついていました。
おそらく常駐のセキュリティソフトなど負荷の大きいアプリケーションが削除されたせいか、パソコンの働きが格段に軽快になったのです。

作業が以前よりテキパキとできるようになり、しばしば電源落ちの原因になっていたオンラインゲームも、ストレスフリーで快適にできるようになりました。

私のパソコンの電源落ちの原因はホコリと詰めこみすぎたアプリケーションによる高負荷だったのかもしません。

参考になれば幸いです。








 

先日メガネをうっかりフローリングの床に落としてレンズを割ってしまいました。

もう新しいレンズを入れるしかありませんが、問題はメガネを買ったお店が近所ではないことです。
いろいろ事情があって、数年前長期滞在していた沖縄のメガネ店でメガネを作ったのです。
私は現在東京在住です。
律儀にも沖縄のメガネ店(東江ーあがりえーメガネ:沖縄では最大のメガネチェーン)から今でも年に一度くらい電話があって「不具合はありませんか」と言ってくれるのですが、そう簡単に沖縄には行けません。
メガネを買うならなるべく地元のお店か全国展開しているチェーン店に行った方が良いです。

agarie
 東江メガネ浦添店

という事で、私はレンズ交換をしてくれるメガネ屋さんをネットで探してみました。
こういう時ネットは便利です。
レンズ交換をするメガネ店の一覧を作っているブロガーの方がいました。
レンズ交換ができる店できない店のまとめ
すべてではないでしょうが大手のチェーン店は、ほぼほぼ網羅しているようです。

それによると、JINSがダントツに安い。
他はだいたい10000万円前後ですが、JINSは一律5000円(税別)。

JINSはZOFFと競うように盛んにCMを流している新手のメガネチェーンという知識ぐらいしかなかったのですが、早速一番自宅から近いJINSの某支店に赴きました。

zoff
水原希子の良さを殺しているZOFFのCM

ビルの2階の一角にある小さめな店舗ですが、女性が二人と店長らしき30代の男性がいました。
「レンズを交換したいのですが…」と言うと、すぐに一枚の紙きれを出されサインをしてくださいと言われました。
簡単に言うと、デキに不満があっても交換には応じないよ、みたいな書面のようです。
こういうものをいきなりサインというのは感じがよくないのですが、もう来てしまったのでサインに応じました。
JINSは今年(2015)から他社のフレームのレンズ交換を始めており、値段も安いからいろいろな客も来てトラブルも起きがちなのかもしれません。

視力を測定した後、店長さんにJINSはプラスチックレンズしか扱っていない旨を説明されました。
私は今までガラスレンズのメガネしか使ったことがありません(今はこういう人の方が珍しいようですが…)。
さらに彼はプラスチックの欠点について説明しました。
曰く、傷がつきやすく、熱に弱い、透明度はガラスに劣る、レンズはガラスに比べて厚くなる(私は強度の近視でレンズが厚い)。
もう売る気がないのかというくらいなネガティブ・キャンペーンでしたが、あとからクレームをされたくないのでしょうね。
ただ一つガラスより良いのは、軽いこと。
レンズが重くて、メガネがずり落ちやすい私には唯一の朗報でした。
参考:プラスッチックとガラスの長所短所
さあどうする…。
私は0コンマ3秒考えましたが、もう来ちゃているという状況が私を前に進めました。
つまり、もう今さら他を探すのはメンドクサイ。
「今回はプラスチックを試してみます」
という事でお願いしました。

できるまで1週間かかるという事なので、数日後にJINSにメガネを受け取りに行きます。
トータルで考えると、近視が強い私は薄く仕上げられるガラスにした方が良かったような気もしますが、長いメガネ人生、今ではほとんどの人が使用しているプラスチックを試してみるのも良いのではないかと…。
新しいメガネを受け取ったら、またご報告します。

追記:今日メガネを受け取ってきました。
透明度やレンズの厚みは心配したほどではありませんでした。
かけたときにメガネが軽いのには驚きました。
この点は快適です。
後はレンズの寿命ですが(プラスチックはガラスに比べて短い)、これにはついては数年使ってみないとわかりません。

2015 10月24日












 


 

昨年(2014)の晩秋でしたか、台所で皿洗いをしていると突然妙な音が聞こえてきました。
「フォフォフォ~ッ」
それは見たこともない怪鳥の鳴き声のような、不気味な音でした。

この不審な音はその後も時折繰り返し聞こえてくるようになり、私は正体不明の怪音にしばらく怯えていました。
が、とうとうその音の源がガス給湯器だということをつきとめました。
ネットで調べたところ、こういう音がするのはウチだけではなく、給湯器の具合が悪くなるとそういう警告音が鳴るのだということを知りました。
ノーリツ ガス給湯器のエラー警告音

しかし、給湯器自体には目立った故障はなかったので、そのまま使い続けました。
 
ところが12月末ごろになると、コントロールパネルのボタンを押しても電源がオンにならなくなることがあったり、逆に勝手に電源がオンなっていたりという現象が出るようになり、さすがにこれはまずいと思いメーカー(ノーリツ)のメインテナンスの人に来てもらいました。 
メインテナンスの人の診断によると、燃焼機能は衰えたといえどもまだ大丈夫だが機械に指令を出す部分(CPU?)がおかしくなっているということでした。 
「それは人間でいうと、まだ体は動くけどボケが来たという感じでしょうか」
と私が聞くと、
「その通りです」
というお答えでした。

体が動くなら、少々ボケたからといって見捨てるのも可哀そう(ほんとはケチなだけだがw)と思い、いよいよダメになるまでこのまま使い続ける旨をメインテナンスの人に伝えました。

その後も給湯器は不気味な鳴き声を上げたり、電源がなかなかオンにならなかったりと不具合を続けましたが、最終的にはお湯は出るのでだましだまし使い続けていました。

ところが今年の8月、とうとうお湯が途中で水になってしまう現象が時折起こるようになり、いよいよ別れの時を覚悟しました。
まだシャワーが水でも耐えられる夏にダメになってくれて、けなげなヤツです。

メーカーのメインテナンスの人に昨年来てもらった際に見積もりを出してもらっていましたが、私はまずつきあいのある地元の工務店に電話を入れました。

あの東日本大地震で家の2階の屋根が崩れてしまった時も、私はこの工務店に修理を依頼しました。
実はこの時もほかの工務店にも見積もりを出してもらったのですが、修理代金が倍以上違っていました(もちろん地元の方が安い)。
家の修理・維持については、必ず複数の業者から見積もりを出させるのは鉄則です。

かといって、安ければいいというわけでもない。
ネットでかなり安く請け負う業者も多数ありますが、全く知らない業者に頼むのはリスクもあります(価格・サービスともに満点の業者もあるようですが)。
価格と信用が家の修理依頼については一番大事なポイントです。

また、どこかの紹介だからと言って、安心はできません。
テレビがデジタル放送に切り替わった際、ウチも地デジ対応テレビを購入しましたが、テレビを買ったコジマ電気の紹介で業者にアンテナをつけてもらいました。
ところがテレビは映りません。
その業者は、ウチの電線が古くて細いので電流が減衰してしまうのだ、とイケシャアシャアとぬかしました。
そのくらいのこと、業者ならアンテナをつける前に分かりそうなものです。
この当時は母親の介護のこともありバタバタしていたので特に文句も言わず、工事代を払って(7万ちょっと)引き取ってもらいました。
その後通販でマスプロアンテナを購入して、自分でアンテナを取り付けテレビは見られるようになりました。
そして、数年後のある台風の夜、2階のてっぺんにあった業者がつけた役立たずのアンテナは吹き飛んで、その残骸は今でも屋根に放置されています。

先の壊れた屋根の修繕費でぼったくり価格の見積もりを出した工務店も、区の紹介の建設会社の下請けの工務店でした(親方と打ち合わせをした時点で嫌な感じはしていました)。

さて、話が少々それてしまいましたが、今回の給湯器についてはメーカーと地元の工務店の二つに見積もりを出してもらいました。
信用度では互角。
価格でいうとメーカーの方が少しだけ安かったのですが、今後のおつきあいも考慮して工務店経由での給湯器交換を依頼しました。
給湯器の工事費込の価格は地元の工務店が一番高いというネット情報もありましたが、これはケースバイケースだと思います。

取り付け工事には70過ぎのおじいちゃんが一人だけ来て、黙々と作業していました。
腰痛ベルトを巻いていたので、用済みになった古い大型給湯器をワゴン車に運ぶときはお手伝いしました。
この時、給湯器はかなり重いことを知りました。

ウチの旧給湯器は2000年に取り付けたものなので、享年15歳。
これは給湯器としては長寿な方だと思われます。
ググってみると給湯器の寿命は7~12年、10年前後が一般的なようです。 
中には、30年、27年という驚異的な長寿情報も見受けられました。
今の給湯器は昔と違って作りが複雑なのでこれほどの長生きは望めないようです。
 ガス給湯器の寿命はどれくらい?

繰り返しになりますが、給湯器も含め家のメンテナスについては価格も様々、サービスの質もだいぶ異なります。
実感として詐欺まがいの業者も決して少なくありません。
複数の業者に見積もりを出してもらったうえで交渉して、総合的に判断するのが望ましいかと思われます。


梅雨時から夏にかけ、自宅の庭に草があとからあとから生えてきます。
ほっておくと庭が野原になってしまうので草をむしるわけですが、これが重労働。
まずこの時期は暑い、それに大量発生した蚊に襲われます。
虫よけスプレーをしても、根性のある蚊は刺してきます。
長袖、長ズボンで作業すると、地獄のように暑い!
引っこ抜くと、スポッと根から抜ける素直な雑草は良いのですが、ウチにたくさんはびこっているのは、根っこがぬきにくくて地を這うように葉茎を伸ばすいやらしいヤツ。

mehisiba

延々と草をむしり続けていると、握力がなくなり、爪に土が入りこんでドロドロになり、体のあちこちが蚊に刺されてむず痒くなり、暑さで頭クラクラしてきます。
熱中症一歩手前です。

ついに草むしり(草刈り、草取り、草引き、草抜き…地方によって言い方は様々)に疲れ果て、除草剤を使うことにしました。
 
DIYで除草剤を買って使ったことはありますが、今回はダイソーで税込108円の除草剤を使ってみることにしました。
DIYの除草剤は安くても一袋1000円ぐらいはします。
108円で効果あるなら儲けもの、ダメでも損失も小さい。

jos

DIYで買った除草剤は、顆粒状で土に蒔くタイプですが、ダイソーの除草剤は液体で水で薄めるタイプです。
1リットルのスプレー容器も買い、水で10倍に希釈しました(除草剤100ml、水900ml)。
1リットルはちょと多いのではないかと思ったのですが、意外に早くなくなります。
グリホ4、1本で100㎡(約30坪)の雑草駆除が可能と書いてあります。

雑草の葉っぱに霧状の除草液を吹きつけてゆくのですが、除草剤の散布の際に気をつけるのは、お天気を確認すること。
散布後6時間以内に雨が降ると効果が薄まってしまうそうです。
あと、枯れてほしくない植物に除草液を吹き付けないこと。
芝地に生えている雑草が厄介なのですが、他のブロガーの方は丁寧に筆で除草液を雑草の葉に塗りつけてました。
100均の除草剤の実験効果

さて肝心の効果はあるのか?

一言でいうと、あります。

ただし、効果が表れるまで時間がかかります。
数日はなんともなってないので不安になりますが、10日以上たつといつの間にか草は枯れてなくなっています。
(ただし、葉肉の厚いものなど種類によって枯れにくい草もあるようです)。

ジワジワ雑草を殺すタイプのようで、ちょっと恐ろしい気はしますが、108円という価格を考えると素晴らしいコストパフォーマンスです。
速やかに雑草をなくしてしまいたいという方には不向きですが、草むしりで熱中症になるくらいならこれはおススメです。














 
 

自宅のサザンカに毛虫が大量に発生しました。

毎年5~6月に毛虫が出ることは知っていましたが、今年はやけに多いような気がします。
調べてみると、サザンカについている毛虫はチャドクガの幼虫であることが判明しました(チャドクガの幼虫は9~10月にも発生します)。

chadoku1

サザンカ(ツバキ)に毛虫がいるかどうかは地面を見るとよくわかります。
黒もしくは濃緑色の丸い小さな糞が落ちています。 
一見黒っぽい砂のようにも見えますが、チャドクガの幼虫の糞です。

chakudoku2
 
とにかく私は見つけ次第高枝切りバサミで毛虫が付着した枝葉を切除してしまいます。
切除した枝葉はすぐにゴミ袋にいれます。
低い位置にいるモノは普通の園芸用の鋏でも切れますが、毛虫との距離が近いとヤツラの毒毛を浴びる可能性があります。

高枝切りバサミは軽量をおススメします(特に女性、高齢の方)。
ライザップに半年通った私でも(ウソ)長時間重い高枝切りバサミを持っているとかなり腕が疲れます。







先にお話したチャドクガの毒毛が散るため、気をつけているつもりでも、この駆除作業が終わった後は首や腕が痒くなります。
皮膚が弱い人は長そでやタオル、軍手で肌を防御することをおススメします。

地面に落ちた毛虫付き枝葉は、できれば長いハサミのようなものでつまんでゴミ袋に入れるのが良いかもしれません。
(ダイソーで柄の長い万能トング売ってました)


サザンカは値段が安いので生け垣などによく使われるそうです。
そのせいか、自宅の狭い敷地でもサザンカが6本もあるので、2、3週間ほどで45リットルのゴミ袋がパンパンになりました。
ゴミ袋は口をちゃんと閉じてください。
ヤツラは生きていると脱走します。

5、6月は次々と新しいチャドクガの幼虫が孵化するので、毎朝のようにチェックしなければなりません。
小さな毛虫なので見て見ぬ振りをするのも一つの方法ですが、ここから巣立ったチャドクガがまたここに戻って卵を産みつけるかもしれないと思うと、やはりここで悪循環を断ち切らねばなりません。
それに道路に面した側にあるサザンカは毛虫がついていると通行人にも迷惑です。

毛虫はいつも目に付くところにいるわけではありません。
むしろ目につきにくい葉の裏側などに付着していることも多い。
それから、木の幹のところにびっしりついている時は枝切りバサミでは対処できません。

こんなときは殺虫剤が有効です。

私は、キンチョール、フマキラー、ゴキジェットを試しましたが、いすれも有効です。
ゴキジェットはゴキブリ退治用なので他二つよりも殺傷力が高いような気がします。
殺虫剤を噴射した直後は変化はありませんが、しばらくすると悶絶して落下します。
糸を出して吊り下がるやつも多いので、長い棒状のもので糸を切ってください。

糞は落ちているのに姿が見えない、という場合は殺虫剤を噴霧しておきます。
翌日になると毛虫の死骸が地面にたくさん落ちています。

ただ、殺虫剤を使うと他の虫も殺しますし、植物への悪影響が心配という方にはおススメできません。

















←少し値は張りますが、これだと毛が飛ばないらしい

 
 

このページのトップヘ