Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

カテゴリ: TV・映画









黒部ダムの上からスタート。

k1

今回はさらに上を目指すようです。

k2

タモリさんは高所恐怖症なので尻込み。

k4

ちょっとSがはいる近江アナw

k3

水しぶきが上まで上がってきている。

k7

恐々放水をのぞく。

k6

観光放流は6月26日~10月15日だそうです。

k8

案内人は先週に引き続き関西電力の上坂薫さんです。

k10

これからタモリさんたちが向かうのは大観峰。
ここの展望台からは黒部の地形を一望できます。

k11

タモリさんブルーw

k12

ケーブルカーの黒部湖駅

k13

メンテナンス担当の窪田さんがお出迎え。

k15

ケーブルカーで黒部平駅に行きます。

k16

タモリさん弱気w

k14

標高差373m。

k21

最大傾斜31度。

k18

全線地下式ケーブルカーは全国でここだけ。

k19

一難去ってまた一難w
黒部平駅からロープウェイに乗ります。

k20

駅から見るロープウェイの景色。

k22

乗りたくない…w

k23

紅葉シーズンのロープウェイ。

k24

続きを読む









港区三田にあるさぬき倶楽部。
ここは空耳アワーでもちょいちょいお世話になっているが、香川県出身の人が主に利用する施設、というお話。

t2

ゲストはクリス・ペプラーさん、

t3

そして本日の主役、トリプルファイヤー吉田靖直さん。

t4

吉田くんはタモリ倶楽部三度目の出演。

t5

その独特なキャラクターはタモリさんにも認められる。

t7

彼の本業はトリプルファイヤーというインディーズバンドのボーカル。
今年の夏はFUJI ROCK FESTIVAL'17にも出演しました。

t8

しかし、華やかな活動の裏で、吉田くんは今もアルバイトで生計を立てている。

t10

バイト生活は本人のキャラクターが完全に裏目に出て苦難続き。

t9

バイトがなかなかうまくいかない吉田くん。
今回は彼に向いているお仕事を探します。

t11

場所移動。

t12

トリプルファイアーのメンバーにも来てもらいました。
左から、ギター鳥居真道さん、ベース山本慶幸さん、ドラム大垣翔さん。

t13

まずは吉田くんのアルバイト事情を聞いてみます。

t14

吉田くんが一番長く続いているバイトは、新宿御苑近くにあるスナックしろくま。

t15

2015年12月からオープニングスタッフとして働いています。
しかし、古株にもかかわらず、最近シフトを外され気味。

t16

注文は2つまで。
それ以上の注文はキャパオーバーですw

t17

早大出身だが、試験問題は2つ同時には出てこないw

t18

そのへんのところをしろくまの店長、田代幸久さんに聞いてみる。
田代さんは吉田くんとはバンド仲間。
吉田くんの人柄にひかれてバイトに誘ったそうです。

t19

思っていた以上にお客さんとの会話ができない。

t20

酒の作り方を覚えられないというか、覚えないというか…。

t21

「味が毎回違う」というお客さんの声w

t22

バーテンダーなのに接客ができない、酒が作れない。
それは最初から期待していなかったから良いが、遅刻は許せない。
毎回遅刻してくる。

t23

そのくせ、パチンコは暑い日でもちゃんと朝から並んでいるw

t25

最初は週3でシフトに入っていましたが、

t24

今では月3に。

t26

吉田くん以外のメンバーはそれぞれ予備校の事務、スタジオの受付、会社員と真面目に働いています。

t27

続きを読む









「万馬券を当てるところが見たい」という欲望シリーズ企画。

m1

万馬券に挑戦するのは競馬歴14年のジャンポケ斎藤さん。
競馬番組のMCもつとめています。

m2

自信満々のジャンポケ斎藤。

m3

斎藤が勝負の場に選んだのは名古屋競馬場。
ここは、名古屋以外の地方競馬の馬券も買うことができる。

m4

3連単で万馬券を当てる作戦。

m5

地元の常連さんによると、名古屋競馬はかたいレース(番狂わせが少ない)が多い。

m6

第2レースは1,8が圧倒的人気。

m7

1,8は必ず3着以内に入る。
万馬券を狙うなら8番人気の5を狙うしかない。

m8

そこで斎藤が買った馬券は、1-8-5、8-1-5。

m9

第2レーススタート。

m10

最終コーナーで1と8は予想通り先頭をキープ。

m11

5は惜しくも4着。
3着は3番人気の馬だった。

m12

やはり名古屋はかたい。

m13

作戦変更。
万馬券が出やすい浦和競馬で勝負。

m14

浦和第2レース。
1~3番人気の馬は安定感がなく信頼性が薄い。

m15

斎藤の作戦は、1番から3連単総流し。

m16

1番を軸に3連単168通り。
16800円。

m17

1番が3着以内に入ればよい。

m18

1番3着に入る。

m19

はたしていくらついたのか?

m20

おおー!
3連単216790円。

m21

ジャンポケ斎藤見事な勝利。

m22

馬券代差し引いてもほぼ20万円の儲け。

m23

この手の番組の企画で、これだけの結果を出すことは珍しいそうです。

m24

マツコもかつては競馬をたしなんでいたw

m25

続きを読む









プレゼンターはサバンナ高橋さん。

k1

ショートスリーパーせいじ。

k6

お前が横文字言うなw

k7

ということで、今回は”眠り”に関する説。

k3

ジミー大西はすごい。

k2

大晦日にやる某番組より。

k8

低周波で筋肉がビクビクしているのに起きないジミーちゃんw

k5

まず芸人たちに寝たら起きない人を推薦してもらう。

k4

バイきんぐ小峠が推薦したのは…

k9

相方の西村。

k10

西村には酒を飲みながら対談をしてもらう。

k11

酔った状態で眠らせるのが目的。

k13

宿泊先のホテルへ。

k14

寝るのか…

k15

と思いきや復活。

k16

ご機嫌で就寝w

k17

起こす仕掛けは難易度に応じてポイントが設定されている。

k18

落書き(5P)、毛抜き(10P)、霧吹き(20P)と順調にクリア。

k19

100Pのフラッシュコットンに挑戦。

k25

着火。

k21

ボワッ。

k22

西村「アーチーッ!」

k23

起きたw

k24

続いて、レーザーラモンRG推薦のプロレスラー天山広吉。

まずは寝ている天山にネイル(5p)。

k26

次はミサンガ(5P)とタトゥーシール(10P)。

k27

鳩(50P)。

k28

2羽で100P。

k29

あっ。

k30

起きたと思ったが、再び眠る天山。

k31

RGは高得点の毒霧に挑む。

k32

毒霧プーーーッ。

k33

起きた。

k34

寝起きがオネエな天山w

k35

続きを読む









プレゼンターは有村崑さん。

s1

ゲストはこちらの方々。

s3

今回は映画「スラムドッグ$ミリオネア」をヒントにした企画です。

インドの貧困層の少年が、日本でいえばみのもんたさんがMCをしていた「クイズミリオネア」のようなクイズ番組に出演。

s4

少年はなぜか難易度の高い問題も次々と正解してしまう。
なぜなら、それらの問題はすべて少年が過去に経験していたことに偶然に関係があったから…。

s5

そこで今回はタレントさんたちにクイズに答えてもらいます。
クイズはタレントさんたちが過去一週間に経験したでき事の中から出題されます。

s2

挑戦するのはニセのトーク番組収録で呼び出されたこの3人。

s6

モニターオン。

s9

すべてを察する3人。

s10

怖い番組の怖い仕掛けw

s8

問題は全5問。
答えはすべて1週間以内に見たり聞いたりしたモノから出る。
3人はそのことは知らない。

s11

Q1.前回の東京オリンピックがきっかけで日本に広まった街でよく目にする「車」は何?

やさしい問題ではないはずだが、3人はあっさり正解。

s12

なぜなら、

s16

3人はタクシー運転手からその話を聞いていた。

s17

そのことを思い出す3人。

s13

小宮は流しのタクシーだった。

s14

なわけないw

s15

とにかく、このクイズの構造には気づいた3人。

s18

正解すると、上からボトッとカードが2枚落ちてくる。
部屋から脱出するための必要不可欠なアイテム。

s20

Q2.10月11日生まれの有名人3人を答えなさい

s21

この問題の答えも、3人は林家ペーから聞いていた。

s22

初対面なのにペーパーにグイグイ来られて引いているノブw

s24

3人は林家ペーから10月11日生まれの有名人をたっぷり聞かされていたw

s23

小宮が2人思い出し(ドロンズ石本、秦基博)、ノブが巨人の菅野智之選手を思い出す。

s25

上からカードがボトッw

s19

カードはイ、ス、マ、キの4枚に。

s26

Q3.明治時代ビーフシチューを料理人に作らせたが和風の調味料しかなく、それが肉じゃがの誕生のきっかけになった人物といえば誰?

s27

実はこの一週間で、新人アイドルグループの楽屋挨拶を受けていた3人。

s28

自己紹介につぐ自己紹介w

s31

そして、ここに正解があった。

s29

しかもこのコはこの企画のキーマンだった。

s30

続きを読む

このページのトップヘ