Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

カテゴリ: TV・映画









名古屋港からスタート。

a1

ここはトヨタ自動車の積み出し港。

a2

今朝ホテルのエレベーターでトヨタの社長に遭遇したタモリさん。

a3

船に車を積み込むのはギャングと呼ばれる15人1組の作業員チーム。

a5

10㎝間隔で車を積み込む。

a4

黄色い車は積み込みを終えたギャングたちを連れ戻す。

a6

旅のお題「名古屋が生んだ”ものづくり日本”とは?」

a7

案内人は、6月放送の名古屋の回でもお世話になった名古屋市教育委員会の木村有作さん。

a8

都道府県別製造品の出荷額。
愛知県は38年間連続日本一。

a9

名古屋に自動車産業が生まれたのに、大きな役割を果たした川がある。
まずはその川を見に行きます。

a10

タモリさんたちがやって来たのは、港から北に8キロ、町の中心を流れる川です。

a11

ここで自動車産業と川の関係を探ります。

a14

丸太が船で運ばれているのはヒント?

a12

ここは前回の放送でも登場した堀川
堀川:名古屋城と海を結ぶ物流のため
江戸時代初期 人工的に掘った運河

a13

今タモリさんたちがいる場所は江戸時代は海の近く。

a15

あそこは何?

a16

木が渡してあり、石垣がある。

a17

大正時代の同じ場所。
水門のようです。

a18

ここは白鳥貯木場という貯木場でした。

a19

江戸時代の初め、木曽のヒノキが木曽川を下って名古屋に集まるようになり、ここに貯木場が作られたのです。

a20

かつて貯木場だった

a22

昭和45年ごろの白鳥貯木場。

a21

一番栄えたころは名古屋ドーム3.3個分(16万㎡)の広さがあった。
年間60万本もの木材が集められたという記録もあるそうです。

a23

ところで、木材の集積地とものづくりには何か関係があるのでしょうか。

a24

木材が集まる名古屋では、木材を使った加工技術が発展した。

a25

その加工技術の一例がこれ。

a26

お茶を運ぶからくり人形。

a27

続きを読む









最近渋谷で女子高生が学校帰りにしゃぶしゃぶ食べ放題を食べるのが流行っている、というお話。

a1


ゲストはガダルカナル・タカさん、江上敬子(ニッチェ)さん。

a2

自宅でラーメンを自作する自作ラーオタの間でひそかなブームになっているのが、

a3

ヴィンテージ製麺機。

a4

昭和に活躍した手回しの家庭用製麺機ですが、そのレトロで武骨なフォルムに惚れこんでいるマニアがごく一部ながら存在しています。

a5

本日はマイ製麺機を持つ愛好家4名を召集。

a6

料理に一家言を持つタカと江上とともにヴィンテージ製麺機の魅力を味わいます。

a7

タイトル。

a8

各々マイ製麺機をもって集合。

a9

佐野さんは山田さんの部下だが、無理矢理製麺機を持たされたわけではない。
ラーメン好きが高じて製麺機に惚れこんだそう。

a10

佐野さんの愛機。

a11

ヴィンテージ製麺機とは。

主に昭和期に作られた鋳物で手回し式の家庭用製麺機。

a12

古い人は洗濯機の絞り器を思い出すローラー。

a13

もともとはうどん用。
昭和50年頃は1~2万円。

a14

玉置さんの愛機。

a15

10~20社のメーカーがあったと推測されるが、ここにあるのはたまたま同じ小野式。
小野式は中古市場の中でもシェアが高く、バリエーションも豊富。

a16

山田さんの愛機。

a17

刃が前後についている両刃。

a03

鬼頭さんの愛機。

a19

麺作りを見ていきます。

a20

強力粉100・水40・かんすい1・塩1

a21

生地をフリーザーバックに入れ一晩寝かす。

a22

生地を1人前分ハサミで切る。

a02

それを製麺機で延ばす。

a23

タモリもやってみたくなる。

a24

圧延は好みの厚さになるまで数回繰り返します。

a25

最終的にこんな感じになる。
ギョーザやワンタンの皮もできます。

a26

次に麺を切ります。
ハンドルの場所を変えると回る刃が変更されます。

a27

楽しい麺作り。

a28

マイ製麺機でこだわりの麺を作り、それぞれお好みの麺料理を楽しんでいるそうです。

a29

Tシャツも製麺機プリント柄w

a30

続きを読む









高級フレンチのフルコースを1日中食べ続けたい

a1

この企画に協力してくれた飯田橋のフレンチレストラン、ソンブルイユ。

a2

今年7月、ソンブルイユをオープンしたシェフ、若月稔章さん。

a3

通常1~2万円のコース(9~10品)を約2時間半で出す。

a4

朝7時から夜11時まで16時間のフルコース!

a5

食べるのは阿佐ヶ谷姉妹の妹、木村美穂さん。

a6

ドレスの生地が上等。
レンタル?

a7

好物:トウモロコシ
苦手なもの:焼き鳥のねぎまのネギ。

a8

1品目
クロワッサン
ブリオッシュ
半熟卵 トリュフピュレ

a9

銀箔。
アルミホイルではないw

a10

レアに近い半熟卵にトリュフピュレがかけてある。

a11

おいしゅうございます。

a12

2品目
炙りホタテ
ビーツのガレット
冷製ビスククラブ

a13

炭を練りこんだ食パンを

a14

焼き目をつけたホタテとドッキング。

a15

困惑w

a16

3品目
ムースフォアグラ
サーモン緑
セロリラヴムース

a17

4品目
マイスデクリネゾン(トウモロコシの冷製スープ)

a18

美穂さんの好物をメニューにしました。

a19

5品目
キッシュと小さ~い生野菜

a20

6品目 
カリフラワーデクリネゾン(カリフラワーの冷製スープ)

7品目
尾長鯛のヴァプール 三種の野菜 緑オイルのソース

a21

テカリを抑える。

a22

8品目
乳飲み仔牛のロティ マロンカプチーノ トランペット

a23

柔らかな肉質。
ミルキーな味わい。

a24

しっとりしているが、脂っこくない。

a25

続きを読む









29歳自営業の方からのメール。

a1

旅行先でお土産を買うとき、1軒目で買うと2軒目3軒目にもっと良い物があり後悔してしまう。
それを反省して1軒目で買わないと、2軒目3軒目では良い物が見つからない。
どうやってベストなお土産を見つけたらよいのか?

a2

すでに買った物より、買ってない物の方が良く見える。
買わなかった物が、目の前の物より良く見える。
「隣の芝生は青く見える」理論。

a3

そもそもたかがお土産にそんなエネルギーを使うな。

a4

あんまり考えすぎると、結果おかしなもの買ったりすることも。

a5

お土産がそんなに嬉しいか?

a6

職場へのお土産は単なる気配りだから、またちょっと意味が違う。

a7

仙台銘菓「萩の月」。

a8

食の保守派の二人。

a9

札幌なら「白い恋人」。

a10

ロイズの生チョコとマルセイバターサンド、じゃがポックルも。
北海道は生もの以外も上手w

a11

広島は「もみじ饅頭」。

a12

保守派の二人はノーマルこしあん派。

a13

生もみじ派の久保田アナは岡山から先に行くなw

a14

沖縄は「ちんすこう」。

a15

マツコは「雪塩ちんすこう」が好き。

a16

お土産は冒険せずに定番が無難?
あくまでも保守派の意見ですw

a17

有吉「井森美幸さんにもらったこんにゃくそばが美味しかった」
自信を持ってオススメできるなら、新商品もOK?

a18

有吉「ハワイのマカデミアナッツチョコはもらっても全然嬉しくない」

a19

マツコ「あと台湾のパイナップルケーキ」w

a20

ハワイと台湾は猛省してくださいw

続きを読む









プレゼンターはオードリー春日さん。

a2

ゲストはこちらの方々。

a1

説はこちら。

a3

東スポの連載などではたけしさんの1人称に「おいら」は使われているが、

a4

最近たけしさん自身が自分のことを「おいら」という場面はほとんど見ない。

a5

日本語の一人称一覧。
100種類以上ある。

a6

しかし、現在も使われている1人称は少ないのではないか。
今回は「おいら」と他の1人称も調査します。

a7

識者に現役の「おいら」はどこにいるか聞いてみる。
「浅草などの下町ではないか。ほんとうにいるかどうかはわからない」とのこと。

a8

そこで下町を街頭調査。

上野。

a9

谷中。

a10

根津。

a11

街頭調査では有力情報を得られなかったので、「おいら」の匂いのする団体や組織にかたっぱしから問い合わせる。

a12

すると、「日本江戸しぐさ協会」という団体に「おいら」を使う人間がいるという情報を得る。

a13

早速その人を呼び出してもらい、隠しカメラでウオッチング。

a14

すると…

a15

なんと開始10秒で「おいら」が出るw

a16

現役の「おいら使い」は存在したw

a17

ここからはその他の「方言系1人称」を調査。
*鳥取の位置が違います。そこは島根

a18

まず「わし」。

岡山県出身・千鳥の大悟。

a19

広島県出身・竹原慎二。

a20

元阪神タイガース・川藤幸三。

a21

「わし」は関西・中国地方で割と普通に使われている。

a22

次は「おら」

「おら」といえば吉幾三。
♪オラこんな村イヤだ~

a23

ということで、吉幾三の出身地、青森で調査。

a24

とってもフレンドリーだけど、何を言っているのかわからないw

a25

続きを読む

このページのトップヘ