Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

2018年02月










岩倉高校・運輸科の授業内容。

a44

運輸科の鉄道科目はオリジナルの教科書を使用。

a2

もちろんテストも鉄道に関する問題が出題される。

a3

分岐器の各部の名称を答える問題。

a4

タモリ全問正解。

a5

平成28年度就職実績。

a6

次は就活面接の練習。

a7

お手本として小田急電鉄に内定した新井さんも入り、グループ面接形式。

a9

まずは挨拶。
新井さんのお手本。

a10

次はタモリの挨拶。
田辺エージェンシーw

a11

六角精児の挨拶。
オジサンたちは所属事務所を言うしかないw

a12

先生から早速ダメ出し。
手は前で組んではいけない。
挨拶し終えてからお辞儀する。

a13

やり直しw

a14

続いて志望動機。
新井さんのお手本。

a15

タモリはJR北海道が志望企業。

a16

上から目線w

a17

六角精児の志望企業はJR東日本高崎支社。

a18

釜めしでオチをつけるw

a19

叱られるw

a20

岩倉高校の部活動。

a21

放送部、

a22

吹奏楽部など、27もの多彩な部活動が行われています。

a23

全国的にも珍しいのが鉄道模型部。

a24

唯一の女性部員、天野昌子さん(普通科1年)からのメッセージ。

a26

最後は鉄道実習。

a27

岩倉高校では211系のシュミレータを使っています。

a28

運転士・車掌の実技授業ができます。

a31

JRの教習用で少し小さめにできている。

a29

タモリ運転士と寺内車掌のペアで実習に挑戦。

a32

空耳アワー♪

a33

続きを読む










上野と言えば、パンダのシャンシャン。
2月から屋外公開も予定されている、というお話。

a1

ゲストは六角精児さん、土屋礼央さん。

a2

上野駅入谷口から徒歩20秒の岩倉高等学校は、今年創立120周年を迎えます。

a3

優秀な人材を鉄道業界に輩出し続ける鉄道教育の名門校です。

a4

2014年に待望の男女共学化。
鉄道業界を目指し入学したJK鉄たちは、いったいどんなスクールライフを送っているのでしょうか。

a5

タモリ電車クラブのメンバーが1日転入して探ります。

a6

タイトル。

a7

タモリも学ランに着替えて学校に潜入。

a8

JK鉄のいる教室へ。

a9

まずは自己紹介。

a10

運輸科3年の寺内三奈さん。

a11

運輸科:鉄道業務を総合的に学べる学科

a12

運輸科の時間割には一般的な科目と鉄道に関する専門的な授業があります。


a13

学校全体では四分の一が女子ですが、運輸科は女子が少ない。

a15

女子の少ない運輸科になぜ寺内さんは入学したのか?

a16

小さいころから鉄道好き。
よく祖父と大宮に鉄道を見に行っていた。
将来は鉄道会社で働きたいと思っていた。

a17

好きな鉄道は東武鉄道とニューシャトル。
ニューシャトル:埼玉県の大宮~内宿を結ぶ案内軌条式鉄道

a18

寺内さんは車両基地の公開イベントにもたびたび参加している。

a19

寺内さんのお宝w

a20

引退したニューシャトル1000系の部品。

a21

同じく1000系のライトの部分。

a22

3年生の寺内さんは京王電鉄に内定済み。

a23

すでに京王新宿駅で駅員としてアルバイト中。

a24

六角精児は京王線ユーザー。
土屋礼央は京王の株主w

a25

続いて、運輸科2年の古関美咲さん。

a26

好きな車両は東北新幹線のE2系。
E2の顔がカワイイ。

a27

母と兄が鉄道好きで、それに影響を受けて鉄道好きになった。

a28

古関さんのお母さんは、推定アラフィフ。
母親は子供に年齢をぼかしがちw

a29

次は運輸科1年の青森真梨弥さん。

a30

続きを読む










プレゼンターはケンドーコバヤシさん。

a1

オリンピックのマークは勝手に使えない。

a3

説はこちら。

a4
熱狂的ファンなら描けるかも。
宍戸江利花さん(アジャの本名)も47歳になりました。

a5

顔のペイントはアジャのトレードマーク。

a6

よく見てみると、複雑なデザイン。

a7

何も見ずに描ける人は存在するのか?

a8

まずはプロレス会場に来ていたプロレスファンに挑戦してもらう。

ファン1の描いたアジャのペイント。

a9

ファン2。

a10

ファン3。

a11

全員色使いもおぼつかない状態。

a12

続いて、レーザーラモンRGに挑戦してもらう。
RGは大学時代プロレス同好会に所属、自他ともに認めるプロレスファン。

a13

RGが描いたアジャのペイント。

a14

ご本人登場。

a15

ファンには嬉しい一斗缶攻撃w

a16

アジャのこの発言が謎だったが、金は黄色のことだったもよう。
わかりにくいからこのネタやめた方がイイw

a17

次は豊本明長(東京03)。
奥さんはプロレスラー、しかもペイントあり。

a18

惜しい!

a19

アジャにも褒められる。

a21

でも間違っていたので、ガインw

a20

次は現役プロレスラーのスーパー・ササダンゴ・マシン。

a22

全然違う。

a23

続きを読む










制限時間内にどれだけ小麦粉を消費できるか、という対決です。

a1

集合したフードファイター、芸人、プロレスラー、シェフ。

a2

フードファイターのアンジェラ佐藤と菅原初代は単独で対決に挑みます。

後は、シェフとプロレスラーのチーム。

a3

そして、芸人チーム。

a4

制限時間は12時間。

a5

この対決のために用意されたマンション。

a6

4チームは食材や調理器具が揃った各部屋に別れる。

a7

各部屋に大量の小麦粉が運ばれたところで、対決スタート。

a8

芸人チームはお好み焼きを作ることにする。

a9

パン屋を経営している菅原はパンとベーグルの仕込みを始める。

a10

料理が苦手なアンジェラ佐藤は、小麦粉を水で練ってすいとんを作る。

a11

ほぼ小麦粉w

a12

総重量720g中小麦粉700gという効率の良さ。

a13

茂出木シェフはグラタンを作る。

a14

グラタンを食べるのはプロレスラー中西学。

a15

しかし、総重量1600g中小麦粉は30g。

a16

茂出木は味にこだわるあまり、この対決の主旨を忘れている。

a17

もちろん、中西がそのことに気づくはずもないw

a18

茂出木はいったん「たいめいけん(経営するレストラン)」に戻り、食材や調理器具を調達。

a20

芸人チームは製麺機とホットプレートを買ってくる。

a19

芸人のホームパーティw

a21

小峠が究極の効率を求めて小麦粉の直食いに挑戦。

a23

無理だったw

a22

なんだか優雅な菅原おばさまw

a24

一方、アンジェラはすいとんに味をつけて食べ飽きない工夫をする。

a25

大量800gの小麦粉を消費。

a26

胃袋の無駄遣いをして茂出木の帰りを待つ中西w

a27

芸人チームは製麺機でうどんを作ることにする。

a28

ホームパーティ感w

a29

うどん8人前(1400g)を完食。
消費した小麦粉1000g。

a31

菅原はパンを仕込んでいる間にお好み焼き4000g(小麦粉1000g)を食べる。

a32

お好み焼き20人前を平らげた腹。

a33

6時間経過したところで中間発表。

アンジェラ佐藤、怒涛のすいとんダッシュ。

a34

茂出木シェフw

a35

後半戦。

料理が得意な菅原おばさまは小麦粉を七変化させて、小麦粉をどんどん消費。

a36
a37
a40
a38
a39

まさかの女子力を見せる小峠。

a41

暫定トップのアンジェラはすいとん作戦続行だが…

a42

限界が近づいていた。

a43

中西は前半戦の成績不振の原因にさすがに気づき始めた。

a44

中西、遠回しに茂出木を批判w

a45

ニョッキ風小麦粉パスタ、トリュフを添えて。
反省の色なしw

a46

残り2時間となったところで、成績の振るわない芸人チーム(小麦粉消費量1983g)と茂出木&中西チーム(同755g)は合体させて一つのチームにする。

a47

バカと芸人の新チームw

a48

たいめいけん出張サービスのセレブパーティ。

a49

最後の作戦に入るアンジェラ。

a50

小麦粉シェイク作戦w

a51

勝負にこだわるアンジェラはひたすら小麦粉を胃に流し込む。

a52

菅原おばさまは自家製菓子パン1200gを完食。

a53

タイムアップ。

a54

僅差でアンジェラ佐藤優勝。

a56

腹がパンパンのザコシショウw

a57

検証結果。

a58

ボロクソ言われる茂出木シェフw

a59

確かにあの日焼けはバカっぽいw

a60










プレゼンターは吉村崇さん(平成ノブシコブシ)。

a1

ゲストは、中岡創一さん(ロッチ)、須藤凜々花さん、勝俣州和さん、森昌子さん。

a4

説はこちら。

a2

いつもの水曜日w

a3

まず、ニセのスポーツ特番企画をでっちあげる。

a5

番組キャッチコピー。

a6

体力自慢の芸能人を集めます。

a7

今回は予選だが、決勝戦の収録は別の日。
もし勝って決勝に進むと、決勝戦の出演はスケジュール的にNGであることをマネージャーから伝えてもらう。
対戦者二人は同じ内容を告げられる。

a8

つまり、こういうことになる。

a9

まずはビーチフラッグ対決。
出演者も豪華で気合が入るワッキー。

a10

マネージャーが事情を説明。

a11

動揺を隠せないワッキー。

a12

渋々ながらも八百長の提案を受け入れる。

a13

一方、対戦相手となる内藤大助にも同じこと(スケジュールNG)が告げられる。

a14

こちらはむしろ食い気味に八百長宣言w
やはりNHKの特番はパワーがあるw

a15

前代未聞の八百長ビーチフラッグが始まるw

a16

スタジオの現場実況とは別に八百長目線の実況も後日収録。

a17

どちらも相手も負けようとしていることは知らない。

a18

ワッキー、スタート直後に転倒(芝居)。

a19

ワッキーに先手を取られた内藤はどうするのか?

a20

内藤、フラッグを避けてダイブw

a21


遅れてきたワッキーも負けじと(?)フラグから離れたところにダイブw

a22

目の前にフラッグw

a23

敷き詰められた発泡スチロールに潜ったまま出てこないワッキー。

a25

内藤、耐えきれずフラッグを手に取る。
勝ってしまった内藤w

a24

そして、ネタばらし。

a26

相手も負けようとしていたことを知る。

a28

子供に見せられない父親の八百長現場w

a27

八百長ビーチフラッグ2回戦は、尾形貴弘(パンサー)対レイザーラモンHG。

a29

二人とも全力疾走で飛び込んだが、微妙にフラッグを避ける。

a30

見えているフラッグの周囲を探し回る二人w

a31

うしろうしろー!w

a32

隅っこに移動する二人w

a33

茶番に耐え切れず実況アナが教えてあげるw

a34

二人は発泡スチロールの中で「(フラッグ)取ってください」と互いに言い合っていたw

a35

続きを読む

このページのトップヘ