「タコスの世界」の案内人は、”タコスにパンクを感じる男”吉川孝一郎さん(40)。

a2

マツコの第一印象w

a3

ブリトーなら数千個食っているマツコ。

a1

トルティーヤ:
タコスやブリトーの具材を包むパン生地

a4

タコスとブリトーのトルティーヤの違い。

a5

メキシコ料理にアメリカの小麦粉文化が合流してできたのがブリトー。

a6

今若い女性の間でタコスがブームらしい。
ヘルシー「志向」だと思うけどね。

a7

タコスの店は都内で増殖中。
約170店舗。

a8

案内人は小平で店舗を構えていた。

a9

大人気タコスチェーン

タコスブームの火付け役となった2店舗。

a10

アメリカの人気チェーン店タコベルは1980年代に日本上陸。
一度撤退して2015年に再上陸。

a11

Guzman y Gomezはオーストラリアのチェーン店。
友達のメキシコ人のタコスに影響を受け、アメリカ人がオーストラリアで起業。

a12

タコスはグローバルなファストフード。

a13

アメリカンスタイルのタコベルのタコス。

a14

小麦粉を原料とした柔らかいトルティーヤ。

a16

マツコ理論では野菜がたくさん入っているから3キロカロリーw

a15

トウモロコシを原料としたトルティーヤを揚げたもの。

a17

マツコは柔らかいほうが好き。
わかる。
堅いトルティーヤは食べてると割れて食べづらいんだよな。

a18

Guzman y Gomezはメキシカンスタイル。
トウモロコシを原料とした柔らかいトルティーヤ。

a19

ライムをかけて。

a20

案内人の主張:タコスはパヤパヤした食べ物ではない

a21

マツコの発祥の「パヤパヤ」が世間に普及してきたw

a22

案内人が思う、タコスの魅力。

a23

メキシコでは具材に昆虫が使われたりするらしい。

a24

マツコ、パンクに納得w

a25

吉川さんのプロフィール。
清瀬市は中森明菜の出身地。

a26

10歳でタコスと衝撃的な出会い。

a27

お父さんが道を間違えてたまたま入った練馬のドミンゴ。

a28

ここのタコスが激ウマだった。

a29

父親の中華料理店を手伝っていたが、モヤモヤを感じパンクバンドで発散していた吉川さん。

a31

39歳で中華料理店をやめメキシコ料理店をオープン。

a30

自由が魅力の絶品タコス

案内人の主張。

a32

口に入れた10秒後にトルティーヤ・具材・サルサが混ざり、独創的かつ調和のとれた味に変化する。

a33

渋谷 Casa De Sarasa ピカディージョ 3p 650円(税抜)

ラー油風味のサルサ。

a34

アルボル(ラー油風サルサ)。

a35

うまい!

a36

グリーントマトをベースにしたヴェルデ。

a37

赤ワイン仕立てのロハは料理感が増す。

a38

ビールをグビッ。

a39

タコスはビールのつまみにピッタリ。

a40

新橋 O'Tacos 「CHORIZO」 1p400円(税抜)

ブルーコーンのトルティーヤ。

a41

これぐらい辛いのがマツコの好み。

a42

中目黒 TACO FANATICO 「チキンモレ」 1p 350円(税抜)

チキンモレはチョコレートを入れたスパイスソースでチキンを煮込んだメキシコの伝統料理。

a43

中目黒はパヤパヤのメッカw

a44

カカオ感がある。

a45

マツコが今日わかったこと。

a46

中目黒だけど、パヤパヤしてません。

a47

世界の食文化と融合した芸術的タコス

マツコは味覚の保守派。

a48

三軒茶屋 LOS TACOS AZULES

メキシコ人の店主が作る日本とメキシコの融合。

a50

ワカサギの天ぷらのタコス。

a51

油揚げのタコス。

a52

国産きのこのタコス。

a53

この味は想像がつかない。

a54

恵比寿 KIYAS

a57

内装も素敵。

a55

レッドコーンは日本では入手しづらい。

a58

レッドコーンのトルティーヤはモチモチ感が強い。

a59

メキシコとイタリアのコラボ。

a56

フォアグラ。

a60

アボカドのリゾット。

a61

インスタ女子が好きそうなパヤパヤ系高級タコス。

a62

最後は案内人のタコス。

a63

メキシコと中国のコラボです。

a64

ソースは2種類。

a66

中国の圧勝w

a65

タコス屋になったのはつい最近。
中華料理のキャリアの方がぜんぜん長いもんなw

a67