JR岡山駅前からスタート。

a1

岡山といえば、桃太郎。
よくわからないけど、岡山が桃太郎推しなのは知っている。

a2

旅のお題は「岡山といえば”桃太郎”なのはナゼ?」

a3

案内人は歴史学者の磯田道史先生。
BSでよく見る先生だ。

a4

岡山のアパート。

a5

鉄道も桃太郎。

a6

吉備線が桃太郎線に名称変更。

a7

すっかり桃太郎ランドになってしまった岡山。

a9

桃太郎伝説は全国各地にあるのに、桃太郎と言えば岡山なのはナゼか?
今回はそれを探っていきます。

a10

第149回 岡山

a11

まず、タモリさんたちはとある神社の参道にやってきました。

a12

桃太郎のお話をおさらい。
かいつまんで言うと、モモから生まれた桃太郎は成長して鬼退治を決意、道中犬・猿・雉をきびだんごで家来にして鬼ヶ島で鬼をやっつける、というお話。

a13

きびだんご1つでよく働く家来たちw

a14

まずきびだんごの謎を探ります。

a15

今はバリエーション豊か。

a17

きびだんごを試食。

a18

きびだんご:
穀物のキビが入っただんご
古くは一般庶民の食べ物だった

a16

キビと吉備(岡山の古称)をかけて、岡山を代表する名物になった。

a19

神社の石碑の字は第29大内閣総理大臣、犬養毅によるもの。
犬養家はこの神社の門前の大庄屋だった。

a20

桃太郎との縁を感じさせる「犬」。

21

吉備津神社:
1500年以上の歴史を誇る神社
本殿・拝殿は国宝

a22

神社の古文書を見せてもらえることになり、喜ぶ磯田先生w

a23

賊(鬼)を退治し民に平安をもたらしたこの神社の神様、吉備津彦命が桃太郎のモデル説。

a24

鬼の身長は約4メートル。

a25

角のようなものがあり、炎を吐いた。

a26

帝が驚いて、第一の尊を吉備に派遣した。

a27

吉備津彦命は天皇の子。
つまり桃太郎は天皇の子?

a28

犬・猿・雉に相当する人物もいた?

a29

犬養(犬飼武)も古文書に登場。
犬養部:犬を飼育し狩猟や守衛をして仕える

a31

桃太郎と家来たちのモデルは解明。
鬼は?

a32

鬼の正体を解き明かすため、タモリさんたちは倉敷市に向かいました。

a33

この丘は何?

a34

古墳時代以前のお墓(墳丘墓)だそうです。

a35

喜び勇んで階段を上がる磯田先生w

a36

タモリさんもこの場所を知っていた。

a38

楯築遺跡(2世紀後半):
弥生時代、吉備の首長を祀った墓

a40

イギリスのストーンヘンジみたいだな。

a41

倉敷の回でもお世話になった藤原憲芳さん。

a42

この遺跡を復元すると、こんな形。

a43

楯築遺跡の墳丘墓は前方後円墳のルーツになっていると考えられている。

a44

墳丘墓から見つかった石。
今はこの土地の御神体となっている。

a45

首長の顔とおぼしきものが彫られている。

a46

石に刻まれた不思議な文様。

a47

後の時代に造られた奈良の古墳からも見つかっている。
古代の吉備は大和政権も見習うほどの文明を持っていた。

a48

弥生時代後期、岡山市や倉敷市は海の底。
今いるところには港があった。

a49

島に囲まれた港なので交易に適していた。

a51

港跡から桃の種9000個が見つかる。
中国では桃には「魔除けの力がある」と信じられ、吉備でも祭祀に使われていたと考えられる。

a50

「桃太郎」とはヤマト政権。
「鬼」とは当時強大な勢力を誇った吉備だった?

a4

岡山②に続く