大館市から車で1時間半、豊川というところに移動。

a1

油田?

a2

豊川油田です。

a3

原油をすくってみる。

a4

ドロリとした黒い液体。

a5

大正7年頃は700近い油井やぐらが建っていた。

a6

かつて、豊川は日本のテキサスだった。

a7

掘れば出てくるものは石油だけではない。

a9

粘り気のある石。

a10

天然のアスファルト。

a11

人工のアスファルトは石油を精製する過程でできる。

a12

天然のアスファルトは断層破砕帯に石油が滲み込んでできる。

a13

アスファルトは5000~6000年前から人に利用されていた。
ご紹介遅れましたが、豊川油田の案内人は豊川油田研究家の佐々木榮一さんです。

a8

縄文時代の矢じり。
根本の黒い部分がアスファルト。

a15

矢じりと矢柄をつなぐ接着剤のような役割を果たしていた。

a14

縄文時代から様々な用途に使われていたアスファルト。

a16

アスファルトは和名では土瀝青(どれきせい)。

a17

インチキロシア人w

a18

天然アスファルトの採掘場跡。
今は池になってます。

a19

明治35年頃の豊川油田。

a20

ちょうど目の前のあたりを撮影したらしい。

a21

採掘した天然アスファルトを奥の小屋のようなところで製品化していたらしい。

a22

大正12年、東京の舗装道路工事。

a23

舗装道路に使うアスファルトの需要が高まり、天然のアスファルトだけでなく、豊川産の石油で作ったアスファルトも使われるようになった。

a24

現存する日本最古のアスファルト舗装の道路は神宮外苑の絵画館前。

a25

景気が良かった頃の豊川の盛況ぶりを語る加賀谷国憲さん。

a26

油井やぐらの動作音を子守唄代わりにして育ったそうです。

a28

車で2時間かけて、またも大移動。

a29

玉川温泉にやってきました。

a30

日本一の強酸性。
カルデラの縁に当たるこの場所では、マグマに含まれる塩酸などの強酸性の成分が直接湯に溶け込んで湧出している。

a31

強酸性の玉川温泉を体感してください。

a32

ここからは音声のみです。

a33

湯に浸かるタモリさんと林田アナ。

a34

ということは薄めたお湯もあるということ?

a35

ドローン撮影?

a38

音声のみでさようなら。

a36

エンディング♪

a37

次回(11月16日)は秋田・男鹿です。

a39