今日は浅草の河童橋に来ております。
今、包丁以外でカットできるキッチン用品というのが人気でして、一番の売れ筋というのがキッチンバサミらしいですね、というお話。

a1

ゲストは、三四郎の小宮浩信さん、相田周二さん、

a3

為末大さん、松田ゆう姫さん。

a2

老舗料理道具専門店「飯田屋」。

a4

今回のテーマは、売れ筋の反対のシニスジ。
性能は良いのになぜか全く売れないシニスジ商品をご紹介。

a5

タイトル。

a6

シニスジ【死に筋】:売れない商品を指す業界用語

a7

6代目店主、飯田さん。

a8

最初のシニスジは親子二代に渡るビンテージ・シニスジ。

a9

焼きいも鍋 3780円

a10

冬に、1,2個売れれば御の字のシニスジ商品。
先代が芋に強い思い入れがあって仕入れた。

a11

実際に作ってみます。

a12

付属の石を鍋の中に入れる。

a13

さつまいもを石の上に置く。

a14

片面を強火で20分ぐらい焼く。

a15

ひっくり返して中火で20分焼いて完成。

a16

次の商品は、パーティー界の黒船なのにシニスジ。

a17

見ただけでは用途がわからない。

a19

世界的ヒット商品なのに、飯田屋ではシニスジ。

a18

2年前に仕入れてから1回も売れたことがない。

a20

スイカカッター 2916円

a21

実演タイム。

a22

スイカの身と皮の境目に差し込む。
スイカの曲面に沿って差し込んだら、引く。

a23

次にスイカカッターを上下逆にして、切れ目に合わせて差し込む。
引き抜くと、スポッ。

a25

以下同文でどんどんカットできる。

a26

日本人は皮付きで食べるので、売れない。
まあ、売れないのは何となく分かる。

a27

次は進化したフォークなのに、シニスジ。

a28

用途がわからない。

a29

アラームが鳴る。

a32

焼きいも片面20分終了。

a30

ひっくり返してもう20分。

a31

正解はメロンフォーク 1512円。

a33

普通に食べたほうが楽だし、きれいに食べられるw

a34

仕入れてから包丁でもいいことに気づいたw

a35

4品目は女子人気に便乗したのにシニスジ。

a36

一見何の変哲もないポット。

a37

注ぎ口に着目すると、粘度の高い液体を入れる容器?

a38

正解はハチミツ用サーバー。
なるほど。

a39

はちみつを垂らした後、スライド式のフタがはちみつの滴りを許さない。

a40

シニスジ歴3年。

a41

お値段がネックだったw

a42

良い道具=売れやすい道具、ではない。

a43

3年間1度も売れていないw
日本人はそんなにはちみつ垂らさないからなあ。

a44

5品目は究極のラッキー7なのにシニスジ。

a45

フタっぽいものが7種類。

a46

「パスタ?」
千秋に似ている人、正解。

a47

料理好きの在日ドイツ人(南ドイツ出身)は飛びつくだろうなあw

a48

ベルナーツイスト麺喜 4320円
仕入れて5年経つが、料理好きの南ドイツ人はまだ飯田屋に現れない。

a48

アラーム。

a49

焼き芋ができました。

a50

焼きいもの匂いがする。

a51

断面。

a52

味も好評。

a53

キャンプでやると、ちょっとしたイベントになりそう。

a54

最後は本場のイタリア人が歓喜したのにシニスジ。

a56

謎のスプーン。

a57

穴が空いているのがミソ。

a58

4年前に1度売れている。
イタリア人かイタリアかぶれがいたなw

a59

やっぱりイタリア人だったw

a60

タモリ正解。

a61

アルデンテチェック 540円
パスタの茹で具合をチェックするスプーン。

a62

日本人は菜箸でやっちゃう。

a63

空耳アワー♪

a64

アルデンテチェック実演。

a65

アルデンテチェック対菜箸。
菜箸の勝ちw

a66

数本引っ掛けて…

a67

1本取って茹で具合を確かめる。

a68

アルデンテチェック、鍋の中に落ちるも菜箸に救出される。

a69

日本人には菜箸w

a70

次回予告。

a71

amazon