いよいよ来年はオリンピックイヤーですが、JR飯田橋駅のホームがカーブから直線に移設されるのでそっちの方が気になります、というお話。

a1

ゲストは土屋礼央さん、

a2

南田裕介さん、市川紗椰さん。

a3

ロケ地:秋葉原 鉄道居酒屋 Little TGV

a4

今回は鉄道の急カーブの魅力を余すところなく堪能します。

a5

タイトル。

a7

カズレーザーさんもゲスト。
なぜか鉄道企画には毎回非鉄も若干名加わる。

a6

まずは多摩地区を代表する急カーブ。

西武拝島線、萩山ー小川駅間。

a9

カント50㎜?

a10

たぶん関係ないと思うけど哲学者カントの問題w

a11

カント:電車の横転を防ぐためにつけられたレールの高低差

a12

急カーブのVTRを流すので、乗っている雰囲気を出しましょうw

a16

今回はスマートホン向けアプリでカーブ走行時の横Gも計測。

a15

乗客が不快に感じない横Gの目安は0.08G。

a14

出発進行。

a17

カーブに入る。

a18

最大横G0.08でギリギリ。

a19

次は車両の連結部分もチェック。
カーブ走行時の車両連結部分。

a21

小平のブリジストンは陸軍兵器補給廠跡地に建設。
誰も知らないようなことを知っているカズレーザー。

a23

昭和16年、西武拝島線はまだ存在していない。

a25

昭和19年、陸軍兵器補給廠ができると引き込み線ができる。

a26

戦後、西武鉄道が陸軍の引き込み線を流用し旅客線として営業開始。

a27

俯瞰で急カーブをチェック。

a28

ブラタモリじゃないので、そこまでキチッとやりませんw

a29

次は千葉が誇るS字の急カーブ。

新京成線新津田沼駅ー京成津田沼駅間

a30

微妙にイラつく駅と駅の距離w

a32

曲線半径。

a31

最初のカーブで横G0.09.

a33

長いので早送り。

a36

半径120mのカーブ。

a34

ヒールで来なくてよかったw

a38

ここも軍のために敷かれた線路?

a37

昭和初期、ここには陸軍鉄道連隊があった。
陸軍鉄道連帯:戦地において鉄道の敷設・補修・運転などに従事した部隊

a39

鉄道連隊には運転の訓練のために蛇行した線路が敷設されていた。

a40

昭和43年、紆余曲折を経て現在のS字カーブが誕生。

a41

訓練線の一部はほぼ直角。

a42

続いては川崎の歴史的急カーブ。

京急川崎駅ー港町駅間。

a43

出発進行。

a44

超低速で急カーブ進行中。

a45

カーブができた理由は資料がほとんどないため、割愛。

a46

続いて、下町の急カーブ。

東武スカイツリーラインのとうきょうスカイツリー駅ー浅草駅間。

a47

曲線半径:100m カント:30㎜
制限速度:15km/h

a48

浅草駅手前の急カーブ。

a49

ポイント。

a51

到着。

a50

隅田川を越えて、どうしても都心に乗り入れたかった?

a52

大正13年、浅草への延伸を認可される。

a53

しかし、公園の通過は禁止。
さらに駅舎用地は隅田川と並行した狭いスペースのみ。

a54

昭和6年、苦労の末急カーブ誕生。

a0

俯瞰で急カーブをチェック。

a56

ギチギチで特急りょうもうとすれ違う。

a57

西武新宿線の高田馬場駅手前の急カーブ。

a58

小湊鉄道五井駅手前の急カーブ。

a59

続いて、普通鉄道最小半径を誇るカーブ。

江ノ島電鉄、腰越駅ー江ノ島駅間。

a60

曲線半径28m、カント60㎜。

a61

実際の映像。
カーブの理由は不明。

a62

空耳アワー♪

a64

江ノ電急カーブの俯瞰映像。

a65

2014年、江ノ電は土木遺産に認定される。

a66

カーブ遺産も作ろう。

a67

次回予告。

a68