コロッセオ前からスタート。
a1

ブラタモリ、記念すべき初海外ロケ!

a2

タモリさんは初ローマ。
卒業旅行でイタリアに来ていた林田アナ。

a3

旅のお題は「”ローマは1日にしてならず”とは?」

a4

案内人はローマ県公認観光ガイドの栗原大輔さん。
1歳半からローマに住んでいるローマっ子。

a6

2000年前のローマ帝国は広大な領土を支配していた。

a7

第122回 ローマ

a8

まずタモリさんたちが向かったのはコロッセオの西側にある古代の遺跡、フォロ・ロマーノ。
ローマ誕生の秘密を探ります。

a9

フォロ・ロマーノを案内するのは、国立ローマ研究所所長のマッシミリアーノ・ギラルディさん。
イタリアンなご挨拶w

a10

暗殺されたカエサル(シーザー)が火葬された場所。

a11

フォロ・ロマーノ復元図。
フォロとは英語でフォーラム(広場)のこと。

a12

この赤い矢印が指すものは何?

a13

これが赤い矢印が指していたモニュメント。
「ウンビリクス・ウルビス」。
訳すと「町のおへそ」。
この町の中心とはすなわち「ローマの中心」。
ローマは古代の世界の中心なので、すなわちここは「世界の中心」。

a14

ローマのへそ:
3世紀に造られたモニュメント
その1000年前に場所が決められていたという
この場所はローマ建国者のロムルスが掘った穴があったという伝説がある

a15

ロムルスという時計を持っていたタモリさん。

a17

双子の兄弟、ロムルスとレムスはオオカミに育てられたという。
紀元前8世紀、ロムルスはローマを建国した。

a16

フォロ・ロマーノは丘のふもとのくぼ地にある。

a18

丘の上には人が住む集落があり、丘の上の多くの集落が集まってできたのがローマ。

a20

7つの丘の中心のくぼ地がフォロ・ロマーノ。

a19

新たな案内人、ドナテッラ・デ・リータ先生。
専門は地質学。

a21

ローマにも「凝灰岩」はある。
ローマが火山性の地質だということが分かる。

a22

イタリアでも正解連発のタモリ氏。
凝灰岩の中に取り込まれている石灰岩。

a23

2億5000万年前、ローマは陸地がなく海底でした。
貝殻などが堆積した地層が隆起し、石灰岩の山が生まれます。
その石灰岩がローマ周辺の火山の噴火に巻き込まれ、たまたま凝灰岩の中に入ってしまいました。

a24

ローマ周辺は火山の影響を受けた地質と石灰岩の地質があります。
ローマはこの2種類の地質を利用して発展を遂げたのです。

a25

紀元前1世紀に造られたマルチェッロ劇場。

a26

紀元前1世紀は日本はまだ弥生時代だと思うと、感慨深い。

a27

半円部分が客席。
直線部分が舞台。

a28

劇場は石灰岩でできているが、先ほど見た石灰岩とは種類が違う。

a29

海から生まれたのではない石灰岩。

a31

トラバーチン?

a30

トラバーチン:
石灰成分が溶けた地下水がマグマに熱せられ
地表に噴出し固まった石灰岩の一種

a32

目黒のいいとも御殿にはトラバーチンが使われていた。

a34

建物の内側は凝灰岩が使われている。
加工しやすく、簡単に手に入るのでコストがかからない。

a35

石灰岩でも凝灰岩でもない部分がある。

a36

矢印の部分は何でできているか?

a37

かの有名なローマン・コンクリートと言われても…w

a38

ローマン・コンクリートの原料は石灰と火山灰。

a39

石灰、火山灰、海水、岩くずを混ぜる。

a40

煉瓦でつくった枠に流し込めば、2000年もつローマン・コンクリートの出来上がり。

a41

コロッセオの基盤部分もローマン・コンクリートでできています。

a42

築2000年の建物に人が住んでいる!?

a43

確かに上の方は住居ぽいっ。

a44

上から見た築2000年。

a45

築2000年の家に潜入。

a48

住人のファビアーノ・レベッキーニさん。
建築家です。

a46

劇場の客席の上に住居が建てられている。

a49

劇場として使われなくなったあと、商店や貴族の宮殿などになり、アパートへ。

a47

日本は木造建築で地震があるからな。

a52

最上階にあるレベッキーノさんのオフィスへ。

a51

階段に次ぐ階段。

a50

階段攻め。

a53

屋上からの絶景を堪能。

a55

右上にタモリさんたちがいる。

a57

レベッキーニさんのお父さんも建築家で、ここの改装工事を請け負い、ギャラとして一区画を譲り受けたそうです。

a56

ローマ②に続く