今日は埼玉県の八潮に来ていますが、八潮ってついこの間もやって来た…、というお話。
(*2018年6月22日放送 埼玉県八潮市にパキスタン人街が!?パキスタン料理でヤシオスタンと国際交流!

a1

ゲストは竹山隆範さん、

a2

大原優乃さん、安藤なつさん。

a3

今回はうまい棒を作るこちらの工場(やおきん)を訪問します。

a5

一行を出迎えたのは、やおきん営業企画部の田中浩次さん。

a4

年間売り上げ7億本以上を誇る「うまい棒」は、来年でめでたく40周年を迎えます。

a6

そこで今回はうまい棒40周年を祝うとともに、その人気の秘密に迫ります。

a7

うまい棒全22種類。

a8

プレミアムは20円だが、基本1本10円。

a9

さっそくプレミアム和風ステーキを試食。

a10

夏限定レモンスカッシュはシュワシュワする。

a11

タモリもレモンスカッシュの炭酸感を体験。

a12

沖縄限定のさとうきびは甘みが砂糖ではない。
雑味があって良い。

a13

タモリおすすめ沖縄限定さとうきび。

a14

一番売れているうまい棒はどれ?

a15

安藤なつの予想はめんたい。

a16

大原優乃の予想はコーンポタージュ。

a17

タモリの予想はタコ焼き。

a18

正解は大原が予想したコーンポタージュ。
めんたん3位、たこやき5位。
皆さんいい線いってます。

a20

女性を中心に人気のコーンポタージュ。

a21

釈然としないタモリw
タモリの世代はあまりコーンポタージュに縁がない?

a22

ここからは、うまい棒の人気の秘密を探ります。

a23

うまい棒は39年の歴史の中で、58種類販売されている。

a24

最初は3種類発売。
赤いのは今も販売されているもの。

a25

ギョ!The味は餃子の味。

a26

想像力を掻き立てる梅おにぎり味。

a27

新商品が投入されると、旧商品のどれかが退場するシステム。

a28

続いてパッケージの秘密。

a29

納豆味は水戸(茨城)つながりで水戸黄門。

a30

味とは関係なく、当時流行っていたものがパッケージなるパターン。

a31

1982年は「スリラー」発売でマイケル・ジャクソンブーム。
ドラえもんにしか見えん…。

a32

1979年頃発売のソース味。
マッケンロー大活躍のテニスブーム。

a33

2007年頃発売の豚キムチ味。
ヨン様フィーバーで湧いた韓流ブーム。

a34

竹山「ドラえもんモチーフではないんですよね?」
やっぱりそう思うw

a35

いやいやいやいやw

a36

田中「うまえもんです」
半笑いw

a37

うまい棒の人気の秘密の一つは、39年間「10円」であること。

a38

うまい棒を「10円」で維持できるのは、1本1本個別包装にしたから?

a39

あえてコストをかけ個別包装することで、保存期間を延ばした。

a40

これにより全国搬送が可能になる。

a41

空のパッケージが山になっているのに、包装紙の確認のためにまた新しいうまい棒を開けるw

a42

特別企画:自分だけのオリジナル味を作ろう!

a43

15種類のフレーバー粉末をブレンドして、自分だけのオリジナル味を作ります。

a44

フレーバー粉末をつけていないプレーンはほぼ味がしない。

a45

タモリのブレンド:チキンカレー、モッツァレラ&カマンベール

a46

大原のブレンド:コーンポタージュ、シュガーラスク

a47

安藤のブレンド:やさいサラダ、サラミ

a48

まずは安藤のオリジナル味。

a49

ビニール袋にプレーンの棒とフレーバー粉末を入れてシャカシャカ。

a50

タモリ「ほぼサラミだね」w

a51

続いては大原のオリジナル味。

a52

これは好評。

a53

タモリのオリジナル味。

a54

粉末の分量も自ら配分。

a55

最後に納豆も加える。

a56

タモリ「まとまりがない」w

a57

個性がぶつかり合っている。

a58

空耳アワー♪

a60

うまい棒をよりおいしく食べる方法。

a61

海苔?

a62

以上w

a66

タモリ「うまい。海苔とめんたい合う」

a63

海苔で巻いて食べる(特にめんたい味)。

a64

海苔は偉大なり。

a65

次回予告。

a67