「ロープウェイの世界」の案内人は、”全国168か所のロープウェイ・ゴンドラを全線制覇した歯科医師”中島信さん(62)。

a1

中島さんは鉄道とロープウェイの二刀流。

a2

ロープウェイは「魔法のじゅうたん」。
誰でも絶景を見られるのが魅力。

a3

中島さんの手書き路線図。

a4

支柱の数や傾斜も調べて記入。


a5

1か所につき3~4回乗る。

a6

4回目ぐらいになると、(ロープウェイ関係者に)事情を聞かれるw

a7

日本唯一の2階建てロープウェイ、新穂高ロープウェイ。

a8

車両内に階段があるわけではなく、ホーム自体が2階建てになっている。

a9

日本で一番長いロープウェイは苗場のドラゴンドラ。

a10

ドランゴンドラの名付け親はユーミン。

a11

山の起伏がドラゴンの背のように見えるので、ドラゴンドラと名付けたそう。

a12

中島さんの家族(妻・娘2人)はロープウェイに興味ない。
まあ、そうでしょうねw

a13

乗って帰ってくるだけだから家庭は平和。
これがコレクションものならそうはいかない。
お父さんの積みプラは叩き売られて家族旅行の資金になるw

a14

2004年に国内の鉄道を全線制覇。
2009年に国内のロープウェイ・ゴンドラを全線制覇。

a15

ロープウェイなども広い意味で鉄道。
宙に浮くもの(ロープウェイ・ゴンドラ・リフト)は索道。
リフト(特殊索道)は2000以上あるのでコンプリートは難しい。

a17

 全国の絶景ロープウェイ

東京はロープウェイがないが、よみうりランドのロープウェイが一瞬東京を通る。

a18

よみうりランド ゴンドラスカイシャトル。

a19

全国で唯一県境をまたぎ、ジェットコースターをくぐるゴンドラ。

a20

東日本はロープウェイが多いが、千葉県の鋸山ロープウェーは「ウェー」表記。

a21

アクアラインの通行料金が安くなって、内房線は廃れてしまった。

a22

鉄道ファンの政治批判。
道路にばかり税金をつぎ込むな。

a23

バラエティ番組なので政治批判はNGですw

a24

全国の絶景ロープウェイ一覧。

a25

尾道の千光寺山ロープウェイ。
脱走した受刑者が向島から泳いで渡った尾道水道が見えるw

a26

余計なことは言わなくても良いw

a27

時事ネタをぶち込んでくるタイプw

a29

ロープウェイは下の方(上りなら後部座席側)が景色が良い。

a30

夜景が美しい函館・神戸・長崎にはロープウェイがある。

a31

ロープウェイの中では景色を見ないカップル。

a32

山頂についてから初めて景色を見る。

a33

穏やかな顔で毒を吐くスタイルw

a34

別府湾を一望できる別府ロープウェイ。

a35

マツコも乗った徳島の眉山ロープウェイ。

a36

大塚製薬の工場も見える。

a37

マツコをロープウェイマニアにしたい案内人。

a38

下にもっていくw

a39

 空から紅葉を見てみよう

中央アルプス駒ケ岳ロープウェィから見る紅葉。

a40

山頂付近の紅葉はすでに終わっている。

a41

日本一長い(5481m)苗場のドラゴンドラ。

a42

あえてのかぶせ?

a43

編集を見越していたw

a44

スタジオに用意したマツゴンドラ。

a45

似合いすぎるコスプレw

a46

敬礼w

a47

マツゴンドラ出発。

a48

臨場感w

a49

ドラゴンドラは14号支柱が有名らしい。

a50

これが14号。

a51

なんで有名なんだ?

a52

谷底に清流が流れる。

a53

上空から撮影したドラゴンドラ。

a54

往復大人2600円。

a55

苗場ドラゴンドラは11月11日(日)まで営業。

a56

黄金色の針葉樹。

a59

ユーミンが気になるマツコ。

a60

ユーミンがドラゴンの背に似ていると思ったのは、二居湖周辺の山並み。

a57

余計なことは言うくせに、大事なことは言わないw

a58

小豆島の寒霞渓(かんかけい)ロープウェイは日本三大奇景のスレスレを通る。

a61

蔵王ロープウェイは冬にオススメ。

a62

往復大人1500円。
ロープウェイ駅までJR山形駅からバスで45分。

a63

マツコは防寒仕様w

a64