「包丁の世界」の案内人は、”日本人より日本の包丁に詳しい外国人”ビヨン・ハイバーグさん(49)。

a1

マツコの第一印象w

a2

よくお似合いでw

a3

包丁業界の変化。
今やプロもステンレスを使う時代。

a4

マツコパパはマツコママのために包丁を砥石で研いであげていた。
ステンレスの包丁も研げるそうです。

a5

ビヨンさんのプロフィール。
カナダ生まれのデンマーク育ち。

a6

17歳の時、翻訳された「子連れ狼」を読んで日本の刃物に興味を持つ。

a7

23歳で来日、バーテンダーなどを経て刃物メーカーに就職。
35歳の時、持っていた刃物コレクションを押収される。

a8

デンマークの法律が変わり、実家の刃物コレクションを押収されたそうです。

a9

その反動で包丁を集めまくっているビヨンさんw

a10

ビヨンさんが経営する大阪の包丁専門店。

a11

東京のソラマチにも店舗があります。

a12

包丁の切れ味で料理が美味しくなる理由①

断面がきれいだと空気が当たる面積が少なく酸化が遅くなる。

a13

包丁の切れ味で料理が美味しくなる理由②

フライパンと肉が完全に密着するため、表面が全体的に焼けて肉汁が出にくい。

a14

日本人はせっかく良い包丁を作っているのだから、包丁の良さをわかってほしい。

a15

 最強ステンレス包丁セット

堺兼近作 銀三本鍛錬 三徳包丁 22000円(税込)

肉・野菜・魚が切れる万能選手のステンレス包丁。

a16

三本の鉄をそれぞれ職人が鍛え上げ合わせた包丁。
切れ味抜群にもかかわらずステンレスなので錆びにくい。

a17

3層にすると丈夫で加工しやすく研ぎやすいため切れ味抜群になる。

a18

切れない包丁でもマツコが使っていた包丁よりも切れる。

a19

銀三本鍛錬でニンジンを切ったマツコのリアクション。
通販番組っぽくなってきたw

a20

力を入れなくてもスッと切れる。

a21

切れない包丁と切れる包丁とでは断面が違う。

a22

鶏肉(もも)もスイスイ切れる。

a23

マツコ様お買い上げ。

a24

多和 ダマスカスVG10ペティナイフ 12500円(税込)

ペティナイフは確かにあると便利。

a25

金属を何層も重ねて作ったダマスカス模様は、切れ味抜群で名品である証。

a26

オレンジの皮も手で剥くのと、ペティナイフで剥くのとでは味が全然違う。

a27

余計な皮や筋などがないため、口に入れた瞬間断面が直接舌にあたり果汁が広がる。

a28

多和 ハイス鋼柳刃9寸 47000円(税込)

最高級の粉末ハイス鋼を使用したステンレス刺身包丁。

a29

柵で買って家で切った刺身は美味い。
割安だしね。

a30

マツコオススメ刺身包丁。
ただ、高いw

a31

 切れ味マニアの包丁コレクション

MAC MK-40 モーニングナイフ 2808円(税込)

果物・野菜・チーズなど小型なので切りやすい。

a32

ネギのみじん切り。

a34

しなるので取りやすい。

a35

MAC キッズキッチンナイフ 2138円(税込)

a36

指のすべり止め。

a37

先が丸くて安全。

a38

切れる部分との境界線を表示。

a39

堺兼近作 青二鋼ダマスカス黒染め 出刃包丁 〇〇〇円(税込)

a40

27万円也。

a41

見ていて飽きない。

a42

27万の包丁が欲しくなったマツコw

a43

amazon