本間家11代目当主、本間万紀子さん。

a1

水戸藩主、徳川斉昭公直筆の掛け軸。

a01

加藤清正公が朝鮮から持ち帰ったと言われる青磁。

a02

本間家は商いで得た利益を4つに分けた。
① 寺社への寄進
② 公共事業への寄付
③ 藩の支援
④ 本間家の家計

a2

当主のお話をカラスが邪魔するw

a3

カラスを叱るw

a4

石クイズを出されて当惑する林田アナ。

a5

庭には全国から集められた石がある。

a03

なぜ全国から石を運んできたのか?

a7

空荷になると船が不安定になる。

a8

北前船は帰りは船底に石を積んで船を安定させていた。

a9

必然的に全国の石が酒田に運ばれる。

a11

北前船で繁栄を極めた酒田はまさに日本の中心でした。

a10

タモリさんたちは港が一望できる日和山公園にやってきました。

酒田港の弱点とは?

a12

強風。

a13

酒田では風速10m以上の日が年間100日を超えることもあります。

a14

風が強いのに海岸線はフラットで、船が避難する場所がない。
なぜこのような港が西廻り航路の起点として繁栄できたのか?

a15

その理由がわかる場所に行く前に、まさかの山村先生退場w

a16

タモリさんたちは酒田港にやってきました。

a17

飛島行きのフェリー乗り場

a18

鳥海山は2236m。
「夫婦で見ろ」で覚えてください。

a20

この飛島があったから、酒田港は西廻り航路の起点になれた。

a19

地図を見た時の二人の温度差が著しいw

a21

フェリーに乗って沖合39kmの飛島に向かいます。

a22

酒田港ー飛島はフェリーで1時間15分。

a23

舘岩
ほぼ垂直に切り立った岩山。

a25

急な石段を上る。

a26

舘岩の頂上に着きました。
a24

舘岩と島の海岸線に囲まれた港。

a27

舘岩は風よけになっている。

a30

強風の時、船はいったんこの港に入り、天候の良い日に酒田港に行く。

a31

飛島は風待ち港だった。

a28

酒田は2つの港で繁栄した。

a32

流紋岩:
粘り気の強い溶岩
噴火して流れ出るときに低く広がらずに高く盛り上がる

a29

流紋岩でできた舘岩が壁になって天然の良港ができた。

a33

海から舘岩を見る。

a34

都合よく溶岩が盛り上がって港ができた。

a35

最初は米だけだと思っていたが、酒田は面白かった。

a36

エンディング♪

a37

次回(10月6日)は箱根です。

a38