「栗スイーツの世界」の案内人は、”10年間、栗のことしか考えていない男”竿代信也さん(47)。

a1

ちょうど栗まみれになりたかったマツコw

a2

竿代さんのプロフィール。

a3

38歳の時、運命的な栗との出会いがあった。

a4

40歳で和栗専門店をオープン。

a6

46歳で栗農園を作る。

a7

栗人生のスピード=借金のスピードw

a8

さらに今年日本唯一のモンブラン専門店をオープン。

a9

今世の中はできたてモンブラン時代?
モンブラン=寿司??

a10

栗は鮮度が命らしい。

a11

できたてモンブランにこだわった竿代さんのモンブラン専門店、モンブランスタイル
このお店「有吉くんの正直さんぽ」でも紹介してましたね。

a12

ちょっと面倒くさい匂いがしてきたw

a13

ということで、実際に竿代さんが「できたてモンブラン」を作る。

a14

① 香りの豊かなモンブランクリームで土手を作る

a15

② コクと旨味の濃い渋皮のクリームを真ん中に入れる

a01

③ 2つのクリームをつなぐ低温殺菌クリーム

a16

④ 食感を出すためのメレンゲ

a17

⑤ 仕上げはモンブランクリームを贅沢に重ねる

a02

⑥ 粉糖をお皿全体に振りかけ完成

a18

栗そのものの甘さを最大限に引き出すため、必要最低限の味付けしかしていない。

a19

栗を食べているみたい。

a20

生クリームは二つの栗クリームを中和させるために入れている。

a21

 2大農家が作る絶品焼き栗

栗和スイーツといえば、栗羊羹。
やまり菓子舗(山形県・白鷹町)栗蒸しようかん 1本2900円(税込)

a22

マツコ、「うまい」三連発。

a23
a24
a25

栗とようかんが一体化している。

a26

完成度の高さに脱帽。

a27

さて、この栗蒸しようかんの中に入っていた栗の産地はどこでしょう。

a28

ヒント① 栗の生産量日本一
ヒント② 都道府県の魅力度最下位

a29

正解 茨城県
実は最初から分かっていたが、わからないふりをしていたマツコw

a30

茨城は「いばらき」問題。

a31

そもそも地元の人がなまって「いばらぎ」と言っているのだからあんまり神経質にならなくても。
でも、正解は「いばらき」らしい。

a32

茨城栗農家の重鎮。
小澤一男さん(75)と酒井一郎さん(82)。

a33

一気にからくりTV感w

a34

焼き栗の第一人者、小澤さんがスタジオ裏手で作る焼き栗。

a35

小澤さんが作っている栗の品種は「丹沢」。
酒井さんが作っているのは「倉方」。

a36

栗は焼き栗が一番?

a37

栗はそのままでスイーツ。

a38

矛盾点を鋭く突かれるw

a39

「倉方」は粒が小さいため、出荷されると金額が安く叩かれる。

a40

どちらの焼き栗も美味。

a41

 伝説の職人が作る茨城栗スイーツ

水戸市にあるフランス菓子ルブランというお店の「レジオン・ド・マロン 岩間70%」という栗スイーツ。

a42

レジオン・ド・マロン 岩間70% 1本5000円

a43

うま~い。

a44

栗系のお菓子の欠点は、栗が悪目立ちしてしまうところだが、さっきの栗蒸しようかんもこのケーキもそれがない。

a45

数量限定です。

a46

栗蒸しようかんもレジオン・ド・マロンも同じところから栗を仕入れている。
それが、小田喜商店。

a47

全国の名店が仕入れる栗加工メーカー。
あの虎屋もここから栗を仕入れている。

a48

栗スイーツ業界のゴッドファーザー。

a49

ゴッドファーザー登場w

a50

「栗はもともと美味しい」が小田喜さんの信念。

a57

27歳年の差婚。

a51

日本国民がこの年齢差にもあまり驚かなくなったのは加藤茶のせいだと思うw

a52

小田喜商店の栗甘露煮 1926円(税込)

a53

味の秘訣は「愛」。

a54

なわけねーだろw

a55

同じく小田喜商店の栗菓子・ぎゅ 3個セット2063円(税込)

a58

栗の旨味をギュッと詰め込んだ味。
年内品薄です。

a56

最後に。

a59

マツコのツンデレにやられた案内人w

a61